コメが無くとも

面白画像をそのまま貼り付けしてもつまらない。 そんな投稿者のわがままで 適当な物語風にしています。 真実を隠して 嘘で固めたこのサイト。 生活の種にはならないが 笑いのネタになれば幸いです。 なおコメ(コメント)が無くとも頑張っておりますが、 コメ(コメント)があれば嬉しいです。 (米が食いたい。。。) なお老舗面白ネタサイト pya! に転載しています。

2019年09月

愛のカタチは 人それぞれ。出会いと 別れ。憧れと拒絶。異性への歪んだ思いはやがて 屈折した行動へと。それでも 人は諦めない。いつかきっと この思いが通じるときがあると。日米で多くのプレーを私たちに見せてくれた イチローは言います。『やれることは全てやった ...

最強の鎧を持つ 防御力に特化したカメ。そのため 悠然とした食事が可能なのかもしれません。そのオハナも食べちゃうの? しかし あまりにも悠然としすぎたため 必ずしも 食事にありつけるとは限られないのです。いや それだけなら良い。問題は 鈍重さゆえに 捕獲され ...

最初に 前作・前前作の続きとしていつも真面目な情報発信ブログらしく 最新(?)の学会での流れをご紹介。最近『恐竜はなぜ鳥に進化したのか』という本を読みました。内容は むしろ副題の『絶滅も進化も酸素濃度が決めた』が投稿者には 新発見でした。シアノバクテリア ...

様々な角度から物事を見る大切さ。どんな一生を送ったとしても感じ方によっては 幸せを感じるしその一方で 世の中の不条理に戸惑いを覚えることが出来ます。前作品である『環境少女』が転載先であるpya様で 大きな反響を受けていました。わずかに残った森林・植物がどんど ...

新たなるキーワード『環境少女』ことグレタ・トゥンベリさん。国連での 環境問題に無頓着なトランプ大統領を見るその目は16歳の少女の目ではなく親の仇を見つけたような強い怒りを感じさせました。世界の首脳らに対し『温室効果ガス排出問題に取り組まず 自分たちの世代を ...

生きることは苦しい事。この世に未練を残しつつ 自らの命を絶ってしまう人がそれでも この世に留まり続ける。その姿を見ることが出来るのはほんの一部の人だけかもしれない。でもこの世には 怨霊に取りつかれた人たちがいるのは否定できない。なぜなら私たちは 絶対の力 ...

以下 音楽と共にお楽しみください星を廻せ 世界の真ん中で ※銀河系を高速で回り続ける太陽と地球などの惑星たちのGIFくしゃみすればどこかの森で蝶が乱舞君が守るドアの鍵デタラメ恥ずかしい物語舐め合ってもライオンは強い生き残りたい生き残りたいまだ生きてたくな ...

人はそれぞれにそれがある。どんな個性であれ それは尊重するべきである。どんなに気に入らなくてもそれを隠していては むしろ不自然である。大切なのは 見た目じゃなくて中身なのです。大丈夫。君はとっても 格好良いよ!堂々としていれば何の違和感もないのです。お骨 ...

SpaceX 世界最強ロケット”ファルコンヘビー”打ち上げ成功に喜んだ私たちの目に現れたのは地球上に出現した巨大な宇宙船。島だ と言い張る人もいますが 人は何故 信じようとしないのでしょう。この世には 未知の世界があることを。絶滅したはずの恐竜が 見つかった時 ...

全然 売れる気配がなかったのに平賀源内の策略にはまり 大好評になったウナギはいつの間にか絶滅が危惧される 希少な生き物となりました。※『土用の丑』は コピーライター平賀源内が作った言葉と云われています。庶民の魚であったイワシやアジも 気が付けば高級魚と思 ...

実はこのブログ。海外から閲覧している人もいるのアクセス履歴を見ると何を頼りに来たのか見当がつきませんが(香港 マレーシア ルーマニア メキシコ ウクライナなどなから各1アクセス)ウェルカムです。そんな投稿者は海外のサイト(英語圏・ロシア語圏)から ネタ探 ...

千葉県に続いて 九州を襲った台風。被害状況を聞くだけで 悲しみで一杯です。 ラジオで 九州に仕事に行く人が 前の便まで欠航が決まっていていたが予約した便は判断中。 モヤモヤした気分で空港に向かう。 というリスナーのお便りがありました。飛行機は 無理じゃな ...

世界各国に広がる 戦略物質の不明な流れ。それらが今 地球に牙を剥いています。私たちはただただ茫然と それらを見守るしかできないのでしょうか? 貧困にあえぎながら日本海に バンバン一部では飛翔体とも形容されるミサイルを飛ばす某国はきっと花火をたくさん買いす ...

世間は醜いです。ちょっとしたことで 争いごとが起きています。日々 連行される極悪人たち。稀につかまる 冤罪の人々。何も悪いことをしていなかったのにとばっちりを受ける人たち。何よりもつらい仲間だと思っていた相棒の裏切りは立つ気力さえ奪い去ります。絶え間ない ...

話がまとまらない。。。。中途半端で申し訳ないです。。。~~~~~~~~~~~~~~~~~子供も大好きなお話ってありますよね!※ペットセマタリー: ホラー小説家スティーブン・キングが描いたホラー映画ヒマラヤ山脈のたまに見かけられるイエティ。足跡を目にした人 ...

このページのトップヘ