『フリーダム!』 (慈悲より自由を!)
braveheart1
メル・ギブソン監督・主演した
スコットランドの独立運動を描いた歴史映画
『ブレイブハート』 で叫ばれていた名言です(1995年上映)。

今でも スコットランドでは彼らの勇姿は語り継がれ
映画が上映された時には スコットランドの民の意識の変化があったそうです。
1
1a

5

もっとも
映画映えするように脚本されて 敢えて史実と違っている点もあるそうです。
※スコットランドの象徴的に着用していたキルトは この当時は 着ていなかった。
 顔を蒼く塗るのも ほかの民族の風習。
 時期やロマンスなどの曖昧さ などなど。。。

また
一般兵士のエキストラが サングラスや腕時計をしていて 撮り直しをしていたり
白いバンが写ってしまったシーンもあるようで
間違い探しをするのも 楽しいかもしれません。
2言わないでね
ただ
3
日本人にとって イギリスのイメージと云えば 
ドラゴン伝説とか
6
切り裂きジャックとか
7
血みどろのイメージがあったりもする。

『フリーダム!』
我々の命は奪えても 自由は奪えない

その精神は
イギリスから独立したアメリカ国民にも 
受け継がれているようです。

8