みなさんは宇宙とか星とかに興味ありますか?
私は実家も今の住まいも悲しきかな都心に近かったりして
夜空を見ても それほど星が見られない環境なので
星座とか 星の名前をあまり知らないのですが
宇宙の成り立ちとか そういったお話は 素人レベルで大好きです。
現在も 日々 様々な人々が宇宙に夢を託して 研究を続けておりますが
その中の一つとして 地球以外に生物がいるかを 研究している人たちがいます。

生命の発生のメカニズムは 未だ解明しておりませんが
地球と同じような環境の惑星が 発見されていたり
暗い恒星は寿命が長いので その恒星の惑星は生命を育む時間=チャンスが多くあるのでは?
とか ワクワクするようなお話がたくさんあります。

もちろん 地球とは異なる環境でも 生物が繁栄する可能性は十分にあり
全く別の未知の生物が繁栄している方が自然と思うのは 普通の事だと思います。

現在 地球では 無酸素状態の時代から 嫌気性(酸素が嫌い)の微生物から
その後 光合成により発生した酸素を利用するような 好気性(酸素が必須)の生物まで
数多くの生物が育む 生命の星となっております。
酸素を利用することが可能となった事で 生物は活発的に活動できるようになりましたが
酸素は 高濃度になり過ぎると その爆発的なエネルギーによって
人類には有害にもなり得ます。

でも この爆発的なエネルギーを制御する機能をもった生き物がいたら
地球には 現在とは異なる生物が繁栄していたかもしれません。
1パラサイトイブ?

また もしも大昔に絶滅した生物が生き長らえたりしたら 
現在の環境に適した もっと違う生き物として
地球を闊歩していたかもしれません。
2

現在
宇宙から侵略してきたとして 唯一地球外生物として確認されているニャンコも
未来では人類との交配を続け
半ニャ人が 誕生している可能性も 否定できません。
3すでにいるの?
4


そして
現在も
未知の生物として 世界各国で報告のある
ビックフット。
5
人間っぽい半魚人。
6


環境が異なっていれば
人類に代わる生物として 地球を闊歩していたかもしれませんが
悲しいかな
7
その多くが 抹殺されていることは
一部のマニア以外 だれも知らない事実です。