人類の歴史を学んでいくと
1
それは
争いとともに 成り立っていったのがよくわかります。
2
石器から 青銅 そして鉄。
技術の進化は 武器の進化とリンクし 新たなる時代の幕開けを迎えてきました。
3
そして 
ヒトラーの存在は 未来永劫 歴史に残るのかもしれない。
https://imgur.com/qwwo8YK リンク先を見てね

そして 彼と対をなすのが
地球を愛し 平和活動を行っていた
4b
ドイツに生まれたユダヤ系という
ヒトラーの時代に生まれたのが災難であったとしか言えない
天才科学者アインシュタイン。
5
アインシュタインが唱えた一般相対性理論 時空は曲がるという予言は
皮肉にも 第一次世界大戦後 ドイツと敵対していたイギリスにて
皆既日食時に本来 太陽の後方にあるはずの星の位置がズレて観測されたことにより
その理論の正しさが 証明されました。

しかし 宿敵イギリスとも交流があり 平和主義者であり
そしてユダヤ解放の運動もしていたインシュタインの存在は
第二次世界大戦直前のドイツ主義のナチス 
およびそれに付随した科学者によって邪魔な存在であり
「一般相対性理論を理解できるのは 世界に数人しかいない!」などと評され
祖国ドイツから非難され 強制捜査を受けるなど命の危機も感じさせるようになり
亡命せざるを得なかったのは 悲しい事だったでしょう。
6
しかし 平和主義者のアインシュタインが導き出した
E=mc2 世界一美しい公式といわれたこの式から
物質の質量の減少は 莫大なエネルギーを産み出す この考えから生まれた原子力の兵器化。
人類は 開けてはいけない扉を開いてしまったのは皮肉な話です。
dcbf
核兵器の開発に尽力したように 勘違いされるアインシュタインですが

https://imgur.com/cszQYJj リンク先を見てね

暴走する祖国ドイツに開発され これ以上の悲劇を産み出す前に
亡命先であったアメリカに開発された方がマシ。
そのために 原子力とその軍事利用の可能性をアメリカ大統領に提案した文書
俗にいう「アインシュタインのルーズベルト大統領への手紙」にサインをしたことで
(文書そのものは アインシュタインは書いていません。)
アメリカは 世界的な科学者の署名で 核爆弾の開発に力を入れました と云います。

ピカ ドン。
7
その核爆弾は 当初の目的であったドイツではなく
アインシュタインも愛したといわれる日本に投入されました。

もしも 時間を遡ることができたなら
アインシュタインにとって 不名誉な原子力爆弾への関与という
間違った認識を改めてもらえたのかもしれません。

いや もしかしたら 時は書き換えられない。
アインシュタインなら そう答えるかもしれません。
8

「ラッセル・アインシュタイン宣言」というものをご存知でしょうか?
イギリスの哲学者ラッセルとアインシュタインが中心となり
冷戦中にアメリカとソ連で競争するように行われていた核兵器の水爆実験を廃止し
科学技術の平和利用を訴えた宣言文です。

米朝会議の結果が気になるところではありますが
平和って なんなのでしょうね。