病院 それは生死の境目に存在する黄昏の国。
1
せめて 患者様の気を安らかにするために
2
ちょっとした心配りで 私たちを和ませる。
3
でも時にそれは
恐怖の存在でしかない場合もあるのは 仕方ないのかもしれない。
4
今日もまた 生死をさまよう哀れな患者が。。。
5
あぁ
帰ってきてくれ!
6
仕事しようよ。