コメが無くとも

面白画像をそのまま貼り付けしてもつまらない。 そんな投稿者のわがままで 適当な物語風にしています。 真実を隠して 嘘で固めたこのサイト。 生活の種にはならないが 笑いのネタになれば幸いです。 なおコメ(コメント)が無くとも頑張っておりますが、 コメ(コメント)があれば嬉しいです。 (米が食いたい。。。) なお老舗面白ネタサイト pya! に転載しています。

タグ:トランプ

果てない落ち葉相手に 人はどれだけの労力を費やしてきたのであろう。しかし 熊手があればこの通り!そして熊手は こんなところでも重宝されているんですよ。シャベル顔負けの万能っぷりには頭が下がります。つい先日も 某大統領の御髪を掻き繕ったりもしましたがこれが ...

冷戦が終わっても 尚 強大な存在感を示す米ロ両国。この2国が 仲違いしたときのことを思えば両国が平穏無事な関係にあることは 私たちにとって大切なことである。そんな世界最凶を自負する国 アメリカのトップ トランプさんに今様々な疑惑の目が向けられている。世間 ...

彼は とってもユーモアのセンスがあって小さな僕にも 敬意を払ってくれた。ボクは 彼が好きだった。なのに。。。なに こいつ。絵画ですら 困惑しているこの 雰囲気。どうしれくれるんだよ。ボクだって できれば笑顔で迎えたいよ。その証拠に他の人とは とっても有意 ...

新聞の一面を飾る世界情勢。北朝鮮のミサイル発射を含む挑発的な行動。ほほ笑みの国タイで 多発する軍政権に反対するテロ。移民受け入れの可否について揉める欧州。久しぶりに4番に座った筒香の活躍 などなど。そんな中トランプ大統領が 中東を訪問し 新しい世界を開こ ...

それは偶然の一枚だったかもしれない。まさかこの時 私が彼の後を継ぐとはだれも感がていなかったでしょう。少年期は 運の強い無邪気なボンボンでした。無軌道な行動は 周囲の人々を巻き込み騒動を起こしまくりました。それが 誰もが認めるこの国のトップに。だれもが  ...

大人買いができるほどの大金持ちの彼。最近の流行にも敏感です。ただ 彼に行動には誰もが 目を狂わされます。何がしたいのであろうか?    自分をアピールするのが そんなに楽しいのか?     金持ちだからって 何でも許されると思うなよ!取り敢えず私のところ ...

2度の世界大戦でも 本土は被害を受けずただただ 進軍あるのみであった強国アメリカ。しかし今 平和の恩恵がこの国の姿を変えてきています。軍需景気を含め 国の そして個々の金儲けにしか興味を失った弛みきった資本主義がまるで 麻薬のようにこの国を蝕んでいます。 ...

新しく生まれ変わろうとしている国がある。従来までの国主を 外に追い遣り新しく国主になるのは悪魔の化身か?そrとも フサフサか?新しい国主は自らの国の象徴であった女神からその冠を奪い貞操を奪ってしまうかもしれません。----------------------------------------- ...

『USA! USA!』街中に響き渡る声援の元 次期アメリカ大統領がスランプさんに決まりました。豊富なネタ画像を誇るスランプさんは一時期 絶望的と思われた状況から 激しい中傷合戦の結果奇跡的な勝利となりました。強いアメリカの再構築を掲げたスランプさんの ワ ...

党首として求められること。それは 決断力かもしれません。歴史的和解を行う決断。国を守るために戦う決断。決して 頭でっかちなだけでは 勤まりません。ただ それをできる人は 極僅かな人数しかいないかもしれません。今 世界を見渡すと薄っぺらな人混乱しているレン ...

髪型が話題を呼ぶトランプ氏。著名人と一緒に 写真撮影を撮影されるなど 昔から注目されてたんですね。さすがに この頃は 髪の毛フサフサですけど。日米同盟の縮小や イスラム教徒への過激な発言で 世論の高い支持を受けておりますが気を付けてくださいね。彼の背後に ...

このページのトップヘ