コメが無くとも

面白画像をそのまま貼り付けしてもつまらない。 そんな投稿者のわがままで 適当な物語風にしています。 真実を隠して 嘘で固めたこのサイト。 生活の種にはならないが 笑いのネタになれば幸いです。 なおコメ(コメント)が無くとも頑張っておりますが、 コメ(コメント)があれば嬉しいです。 (米が食いたい。。。) なお老舗面白ネタサイト pya! に転載しています。

タグ:熊

穴があったら入りたい とか言わないで出ておいで。まったく 2度と戻ってくるんじゃないよ。街の風紀が乱れるから。  ...

世界各地に生息するクマ。以外にも 野生の王国アフリカでは生息していないのは意外でした。もっともローマ時代にはアトラスヒグマがいたそうですがコロセウムでの見世物の格闘のため乱獲され1870年代には 絶滅したそうです。大きくて力強すぎるためペットにするには不適か ...

力強く愛情表現をするクマさん。そんな 愛の勇者クマさんがあなたの家に訪れたら あなたはどうされますか?ちょっと 大きすぎるから家で飼えないと思ったら専門業者に任せてください。きっと クマさんを 安寧の地に誘ってくれるでしょう。だってクマさんは とっても需 ...

心優しき 強大なる力を持つ合わせたクマさんがあなたの家に訪れたら みなさんはどうされますか?一緒に遊んでくれるかな?それとも。。。捨てちゃヤダ!ちょっと オヤジっぽいけど可愛いじゃないですか。ああっ~!どうして そんなに酷いことをするの?可愛そうなクマさ ...

普段お茶目に見えても大きい動物って 洒落にならないくらい怖いですよね。で 熊の被害の画像は ちょっとお見せ出来ないくらい怖いので牛さんで 代用。お祭り用の牛だけど 攻撃力は半端ないです。こんな仕打ちを受けたらお婿に行けなくなっちゃう!ただ違う世界に 飛び ...

もしもあなたが 森で熊と出会ったらどうします?更に 突進してきて『熊だよ!』なんて言われたら パニックです。『ねぇ それはアライグマでしょ。 話の展開が荒すぎない?』『良いんだよ。 みんなそんな細かいこと気にしていないから。』『でも さすがにちょっと。。 ...

街に溢れたコスプレーヤー。たくさん 目を楽しませてもらいました。でも 祭りは過去のモノ。終わってしまった。後に残ったのは取り残されたモノだけ。でも私は忘れない。コスプレの楽しさを。  ...

親子仲睦増しく 戯れる熊さんは 見ていて心がホッコリします。でも 最近は食料を得る事が難しく子育てどころか 自分の食べるモノさえ十分に確保できず街におりてくることも しばしば。最強生物と言われるだけあって 襲われたら 大変な事になります。かと言って 食べ ...

立派に育ってくれましたね。そして あなたはとっても綺麗です。これから 彼の事を頼みますよ。さぁ これからは2人手をつなぎどんな 困難にも打ち勝って幸せな生活を送って下さいね。あなたたちに 永遠の幸せを。  ...

背後から忍び寄るモノ。研ぎ澄まされた鋭い爪は襲った獲物を逃がさない。強力な牙で獲物を捕らえ破壊的な体重で 獲物を押し倒す。最強生物の一角を担う熊。そのためか街におりてきた熊さんは駆除対象になってしまうことがあります。昇天クマさん。安らかに。  ...

それは  日々の特訓の最中であった。異変を知らせる声。何があったのか?多くの仲間が 集結し始めた。そして そこにいたのは 最強と言われる熊。おらおらおらの相手をしてくれよ。。。すっかり ワンコの相手に飽きてしまった熊。取り敢えず お友達から宜しくお願い致 ...

ネットで買った熊さんは 予想外に痩せ細っていました。でも 愛情を込めたことで すっかり大きく育って今では 家族のアイドルです。いつも 傍にいて 私を守ってくれる 頼もしい存在です。でも成長と共に だんだんと大きくなりすぎて  家の中では育てられなくなりま ...

勇ましい熊さん。ゆったりして愛嬌のある表情をしていますが縄張りを守る時には 人柄が変わります。そのパワーは 計り知れないものを持っています。人相手であれば 簡単に吹っ飛ばしてしまう腕力があるにもかかわらず攻撃力だけでなく 防御力にも優れた熊同士では なか ...

梅雨明けして 一気に気温が上昇。昨日は 体温以上の気温。汗だくで 大変でした。こんな日は 水浴びでもしたいな。とか言いつつ中学校卒業以降 水着を着た事のない投稿者でした。(高校は プール予定地しかありませんでした。)なので 水浴び以外で涼しくなれる方法  ...

木登りして 下界を見下ろすのって楽しいです。地を歩いているだけでは 見る事の出来ない様々な世界が見えるのですから。でも降りるのは 苦手だったりする。。。その点 熊は子熊の時は木登りしますが大きくなると 木登りしなくなりますね。トラウマになるのかな?大きく ...

このページのトップヘ