コメが無くとも

面白画像をそのまま貼り付けしてもつまらない。 そんな投稿者のわがままで 適当な物語風にしています。 真実を隠して 嘘で固めたこのサイト。 生活の種にはならないが 笑いのネタになれば幸いです。 なおコメ(コメント)が無くとも頑張っておりますが、 コメ(コメント)があれば嬉しいです。 (米が食いたい。。。) なお老舗面白ネタサイト pya! に転載しています。

タグ:車

さてさて そんな投稿者ですが急遽 来週里帰りすることを決意し久しぶりに洗車をしてみました。いや~ 暑かったです。跳ね返った水が 涼しいとか思いながら 滝のように流れる汗と格闘しながらの洗車となりました。多分シャツとか 塩を吹いていたと思います。でね驚いた ...

格好良いですよね。ちょっと運転してみたくなる 車たち。パンク経験豊富な投稿者でも 運転できるか心配ですけど何とかなりそうです。ワイルドな車も素敵ですけどおしゃれな車も 嫌いじゃありません。でもね色々さがしていた中で もっとも驚いたのは最新型デロリアンが実 ...

あなたの役に立てたなら それはとっても嬉しいこと。例え 役に立てなくてもその気持ちだけで 世界は笑顔になれると思うの。人は 誰かと関わり誰かのために 何かをなしてまた 新しい誰かさんと 運命を絡めあうのだから。みんなも 恥ずかしがらずに困った人がいたら  ...

普段日ごろは大人しい人たちだと思うのです。でも 車を運転すると人が変わってしまう人って いますよね。譲ってあげるだけで貴重な時間とお金を 浪費しなくてよかったのに!って 後悔するのが目に見えているのに。最近 無理な煽り運転で 大きな事故が発生して貴重な命 ...

ドライバーテクニック。憧れます。自由自在に車両を操り瞬間的な判断力と諦めない心。その確かなテクニックによって人は安全に暮らしていけるのでしょう。その為にも幼いうちから 英才教育が必要なのでしょう。https://imgur.com/0wwxLvj   ...

最近 会社の契約社員さんが社用車でお出掛け帰り勢いよく田んぼに突っ込み ドクターヘリで救急搬送する事故がありました。幸い 自爆で被害者がいなかったこと本人も翌日には歩けるほどの軽症で 不幸中の幸いです。投稿者は ご存知かと思いますが 運転が下手だと自覚し ...

最初に断っておきます。容量の大きいGIFを多用していますのでリンク先で ご覧いただけると助かります。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~人類が 車輛を手に入れたことで 作業は大きく 素早く行えるようになりました。https://imgur.com/yDg8xE5最 ...

パンク翌日 馴染みの修理工場に無事車を預ける投稿者。パンクしたタイヤで走行したため ホイールもボロボロになった車。新品に履き替えれば そのまま簡単だったのですが貧乏投稿者は 中古パーツで安く仕上げれるか相談。とりあえず修理工場で 使う予定が無いタイヤ2本を ...

いや~ 一週間 お休み頂いちゃいました。ちょっと 現実逃避していました。何があったかって?投稿者の運転テクニックの酷さは 昨年大雪で脱輪して ありえない状態で 運転して修理工場から 即入院を勧められたお話をブログ内で事故報告としてお知られしていましたが幸 ...

一度に大量の人や重量物を 移動させることを可能とした車は私たちにとって とても大切な存在。※広大なアメリカとかでは列車の方が有効だったりもしますけどね。 さすがにあまり無理をさせると 壊れてしまってかわいそうです。だからこそ街に 多くの車修理店があるのか ...

上手に駐車できる男性は とても もてると言われたのは現在も続いているのかな?人は前を見て生きていく生き物と言われていますがバックボーンがあってからこそ だと思います。※買うときに気が付かなかったのかな?視野を狭めてしまうと 何もできなくなってしまうのだか ...

車にとって 大切なもの。それは 見た目の顔 という人がいますよね。でも投稿者は 顔よりもボディが気にかかります。かつてブラジルで バナナの葉を樹脂で固めたバンパーをテレビで見ましたが今は もっと進化しているのかな?海外の車のイメージはとても頑丈なボディー ...

どんな名車でも使っているとどうしても ボロボロになってしまうのは仕方ないことなのかもしれません。 でももっと大切に扱っていたら 車はいつまでも 輝きを失わないのではないでしょうか?ただ街で見かけた 最先端の車は全体が黒光りして 乗車できなそうですが何とか ...

日本には 乙女のたしなみのための戦車道なるものが存在するという。だが本場アメリカでは 気合が違います。幼少のころから磨き上げられた総才能は大学の単位を貰うために教授の車を洗ってポイント稼ぎする必須科目でもあるのです。洗車道。それは戦闘国家アメリカが勝ち得 ...

狩猟民族から農耕民族へ。それは 余剰な食料を生産し第一次産業以外の様々な職種の人間をも養えることを可能としました。その中には 首長・神官といった人々のほかにも道具の開発者 制作する技術者なども養い 文明・文化の進化に大きな影響を与えたと云います。さてその ...

このページのトップヘ