弁理士 納冨美和のすっぴんブログ

弁理士の納冨美和です。一燈国際特許事務所に勤めながらLECで講師をしています。弁理士試験、弁理士業務、そして目に入れても痛くないほどかわいい愛犬マロンの話etc...についてお話します。

☆お疲れさまでした☆


論文試験を受験された受験生の皆さん、

お疲れさまでした(*・ω・)ノ

試験当日、何とか私も応援に行きましたが

実は、ちょっと体調が悪く・・・

恒例の打ち上げもそこそこに、帰ってダウン(≡ω≡.)

ブログの更新が遅くなって、本当にごめんなさい

北海道在住の元ゼミ生弁理士からも、ブログの更新がないことを心配して

連絡をもらってしまいました

遅れてしまいましたが、本試験の日の写真です

立教大学にて

今年の乙先生は普通の装いでした


体調もようやく落ち着いたところで、レジュメ締切の怒涛の嵐

受験生の皆さんも大変ですが、週末は、

12日に「論文本試験分析会」の後、「口述はじめの一歩」の実施です

皆さんも、疲れがどっと出ないように、体調に気を付けて乗り切りましょう


論文最終道場告知


を行わせていただきます(*・ω・)ノ

去年の受講生2名から紹介文を頂いたので、紹介させていただきますね

◆受験2年目で受講

先生の論文最終道場は、一言で言うと、「論文受験生の最後最良のピットインです!!」

 模試や答練が全て終了した昨年の今頃、自分がやるべきことと方向性に不安を感じていました。そのとき、先生の論文最終道場を受けて、目の前に立ち込めていた深い霧をさっとなぎ払いされたことを覚えています。先生の最終道場の特徴は、大きく3つあると思います。

(1)自分の培ってきた論文読解能力を最終確認する機会

(2)1週間前だからこそできる「真の」直前対策(いわゆる山あて)

去年の本試験の山あてだと、主に以下の項目が挙げられ、本試験中、「驚きと安心を持って受験した」記憶があります。

特実:判例(インクタンク、ウォーキングビーム)、184系等

意匠:登録要件、抵触等

商標:4条1項8号、審判(46条、50条、51条)等

(3)+α

何よりも有り難く感じたのは、最後の精神面でのアドバイスです!この精神的サポートを実感できるのはこの最終道場の最大のメリットでした。

 そのおかげで論文合格できた私が今ここにいると思っています。


 

◆1年合格者

 

 先生の最終道場は、「ヤマ当て講座」として有名ですが、私はそれ以上のものに感じました。「ヤマ当て」はもちろん、「受験生の弱点をカバーしてくれる」講座だと思います。受講生は大なり小なり「これは、そういうことだったのか」、「この話は、こういうカラクリになっていたのか」という感想を持たれるのではないでしょうか。そういう意味では、受験生の痒いところに手が届く論文本試験前の最後の講座だと思います。

 あとは、本試験前の良いタイミングで問題を解く機会を得れるとともに、先生に質問したり、残り一週間をどのように過ごすかを相談したり……私にはいいカンフル剤になりました。根詰めて勉強を積んできた後で最終道場を受けたため、とても良い精神状態で本試を迎えることができました。今年の受講生の方々にも、先生の「最終道場」を受け、自信と確信を持って本試を迎えて欲しいと思います。

 納冨先生は、この最終道場に向けてものすごい準備をしてくださっています。決してその努力に無礼のないよう、徹底的に勉強を尽くしてからこの講座に挑むと良いと思います。

 一年目で論文試験を合格できたのも、先生の最終道場のおかげだと思っています。


 ちょっと自分では言いにくいところもあり・・・合格者の方の声を頂いて嬉しかったです

ありがとう!

そして、今年の論文受験者の皆さん、6月28日@水道橋本校 お待ちしてます

論直メンバーとの約束


で、ここで論直最終回の講評を行います(*・ω・)ノ

よって、通信等でまだ受講されていない方は、ネタバレになりますので、ご注意ください


問題機歙潴筍韻砲弔い
・4。隠韻硲喚。隠欧竜饑簍由の問題でした。
添削を行ったほとんどの答案で、両方の拒絶理由に言及出来ていた点はよかったです。
・一方で、要件をすべて挙げられていない答案が散見されました。多くの方が
完璧にあてはめてくる条文ですので、相対的にみて、不利です。要件の落ちに注意して下さい。

問題機歙潴筍欧砲弔い
・とにかく措置の落ちが散見されました。
・50条と51条は両方に該当することが多いです。解説講義で行った構成のプロセスを踏むようにして
項目落ちをなくしましょう。
・項目を挙げたら、要件をあてはめる・・・よく出来てきたと思います。ただ、あと一歩、問題文をフルに使ってあてはめてほしいです。問題文は基本的にすべて使うということを忘れないでください。
・譲渡・放棄交渉は、今回は×です。問題文のなお書き・但し書きに注意してください。書いてしまって即アウトというわけではありませんが、余計なことを書く結果、今回のように後ろが詰まってしまって、結果、思うように点数が取れないということになります。

問題供歙潴筍韻砲弔い
・ほとんどの答案で必要なことが言及出来ていてよかったです。

問題供歙潴筍欧砲弔い
・これもよくできていました。
・差がついたのは、理由づけです。今回、68−32を行う理由は、そのまま出願した場合には、
4。隠阿乏催してしまうからです。問題文の状況に応じた理由づけはしっかりと書くようにしてください。

◆論直を終えて
1回目から回を追うごとに答案が良くなっていっていると感じています。
それは、みなさんが、講義をしっかりと聞いてくれて、次の回にそれを活かす復習をしてくれた結果だと
嬉しく思います。この成果は、きっと本試験での成功に結びつくことでしょう。
特に、要件をすべて挙げてあてはめるということがコンスタントにできている答案が多くなり、
そのような答案は、他にミスがあっても結果、助かっているという状況です。
本試験でも、「皆、傷を負いながら合格していくもの」です。
ミスをカバーする力は、余計なことをたくさん書くことではなく、聞かれていることに対して、
条文の要件・効果をもとに、しっかりと説明する力です。題意把握を一番大切に、本試験では
この一番重要なことを絶対に忘れないようにしてほしいと願います。

6月28日(日)は、いよいよ最終道場です☆最後に有意義な講義にして、皆さんに自信をつけて
もらって、送り出したいと思っています!

では、最後までがんばってくださいね



 

巻頭言


を書きました(*・ω・)ノ

法学書院から出ている受験新報です

今回は、短答試験直後だったこともあり、来年からの試験制度についての言及を望まれましたので

それについても触れましたが

ある受験生の方のエピソードを書きました


最近、個別相談会と称して、試験後の進路相談を行っています

そんな中で、女性受験生の方から、子育てしながら受験することについての相談が多いと感じます

そこで、直近のゼミ生でフルタイムで働きながら、2人の幼いお子さんを抱え、短答試験に臨んだ女性について書かせてもらいました

彼女こそが真の「スーパーウーマン」だと思います

去年の丁度今頃、その個別相談会で号泣した彼女が、今年はボーダーをはるかに超える点数で

論文試験に向かって頑張っています

「先生、去年相談会で泣いてよかった」と速報会の後言っていました

結果を受け止めることは、勇気と強い心が必要だと思います

けれどもまた、その一つの区切りをつけることが、リスタートには必要ではないでしょうか

男性はなかなか人前で泣けないと言われると思いますが、

思いのたけを吐き出し、一度、心の重荷を下してみませんか?

講義後にでも時間をとりますので、是非、話にきてもらえればと思います


20日は、入門講座ですが、今年は特にたくさんの受講生と共にスタートを切りました

皆さんの気合、気迫がすごいです

例年にない試みも行っているので、きっと来年の結果に結びついてくれることと思います

待ってますよ






波乱


の短答試験となりました

納得しかねる問題がいくつかありましたが、それでも逆らえないのが本試験ですね

残念な結果になった受験生の方は、どうかその何問かにこだわるのではなく、

そういった問題が来年もあったとしても、それを抜きにして超えられるよう

リスタートを切って欲しいと願うばかりです


表面的に分析するのではなく、試験委員の意図をくんで、私たちも対策しなければならないと思います

私も普段は実務をしているので、実務家の試験委員経験者とお話ししたりする機会がありますが、

意外に私たちが深読みしているだけということって多いです

そんなことまで裏を掻くようなこと考えてない!とか・・・


論文直前期なので、論文対策についても、そのあたりもしっかりと踏まえなければならないと思っていますが、

短答試験で残念な結果になった受験生の方は、リスタートの切り方について是非相談してくださいね

ちょうど本日、ガイダンスがあります

5月28日(木)19:00−@水道橋本校

本来は初級向けガイダンスですが、短答対策についてももちろんお話ししますし、

・短答落ちを経験⇒短・論・口一気合格の直近合格者

・短答一発合格者

・最終合格まで一発合格者

の3名にヘルプに来てもらいますので、きっとためになる話が聞けると思います

私のインタビュー形式でお話を聞いたうえで、個別相談にも乗ってもらいたいと思ってます

また、個別相談会も実施します

2015年5月30日(土)17:30〜20:30

2015年6月6日(土)17:30〜19:30

2015年6月12日(金)18:00〜20:00

2015年6月13日(土)17:30〜19:30

水道橋本校にお電話で予約を取ってくださいね。
※5月30日は一気にいっぱいになってしまったので、時間を1時間延長しました!

では、待ってます




記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

☆訪問ありがとう☆

青本
短答式攻略法
論文攻略法
条約攻略法
合格者
livedoor プロフィール

n_miwa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ