去年の入門生と昨日少し水道橋本校の階段で立ち話をしました(*・ω・)ノ

「先生の「結実の77」あるのを知らなくて、後でweb配信をお願いして採ったけど、終わりきらなかった」

と言ってました

結実の77は、いわば直前ヤマ当て講座ですが、77テーマで分量が多く、それを見越して超直前ではなく、
GW実施だったので、実施時期が遅くなるとキツイだろうと予想がつきます

4月に入ってからの短答対策は、やっぱり時間の確保ですからね

ネットを一切遮断して、家に籠って集中していたとのことで、弁理士サイトも本校の掲示も見なかったと

その姿勢はある意味すごく正しいと思います

私も予告くらい、短基礎が走っているうちに出来ればよかったと後悔しています

それで、昨日のガイダンスに参加されて、リスタートをどう切ろうかという話に及びました

最近は、私の教え子講師たちが個別相談会を開いて、相談にのってくれているみたいですが、

私自身にも相談が結構きます

ゼロから一緒に考えて欲しいという相談よりも、何らかのプランを持ってきて、それを「追認」して欲しいというような趣旨の場合が多いです

中上級の方たちは、少なくとも1年間受けてきてのリスタートなので、当然の状態かとは思います

けれども、持ってきたプランに固執することなく、耳を傾けて欲しいなと思います

思っている以上に、弱点や課題について「主観」と「客観」のギャップはあるものです

是非、個別相談会にも足を運んで、正しい情報を早くgetして欲しいと思います