の短答試験となりました

納得しかねる問題がいくつかありましたが、それでも逆らえないのが本試験ですね

残念な結果になった受験生の方は、どうかその何問かにこだわるのではなく、

そういった問題が来年もあったとしても、それを抜きにして超えられるよう

リスタートを切って欲しいと願うばかりです


表面的に分析するのではなく、試験委員の意図をくんで、私たちも対策しなければならないと思います

私も普段は実務をしているので、実務家の試験委員経験者とお話ししたりする機会がありますが、

意外に私たちが深読みしているだけということって多いです

そんなことまで裏を掻くようなこと考えてない!とか・・・


論文直前期なので、論文対策についても、そのあたりもしっかりと踏まえなければならないと思っていますが、

短答試験で残念な結果になった受験生の方は、リスタートの切り方について是非相談してくださいね

ちょうど本日、ガイダンスがあります

5月28日(木)19:00−@水道橋本校

本来は初級向けガイダンスですが、短答対策についてももちろんお話ししますし、

・短答落ちを経験⇒短・論・口一気合格の直近合格者

・短答一発合格者

・最終合格まで一発合格者

の3名にヘルプに来てもらいますので、きっとためになる話が聞けると思います

私のインタビュー形式でお話を聞いたうえで、個別相談にも乗ってもらいたいと思ってます

また、個別相談会も実施します

2015年5月30日(土)17:30〜20:30

2015年6月6日(土)17:30〜19:30

2015年6月12日(金)18:00〜20:00

2015年6月13日(土)17:30〜19:30

水道橋本校にお電話で予約を取ってくださいね。
※5月30日は一気にいっぱいになってしまったので、時間を1時間延長しました!

では、待ってます