弁理士 納冨美和のすっぴんブログ

弁理士の納冨美和です。一燈国際特許事務所に勤めながらLECで講師をしています。弁理士試験、弁理士業務、そして目に入れても痛くないほどかわいい愛犬マロンの話etc...についてお話します。

弁理士試験

祭友季&LEC合格祝賀会


が無事終わりました(*・ω・)ノ

まず、22日は、祭友季という初級+中上級合同の納冨クラスのクラス会です

100名を超える参加者ですごく盛り上がって、みんなにも喜んでもらえてうれしかったです

まずは、幹事の皆さん、本当にありがとう

当日、お手伝い頂いた皆さんも、水道橋のスタッフの皆さんも、そして駆けつけてくれた合格者の皆さんも本当にありがとう

それから、スペシャルゲストとして、卓也先生にも来ていただいて、本当に感謝しています

卓也先生のクラス出身の方もいらっしゃったので会えてみんなにも喜んでもらえました

これだけの規模のクラス会を実施するとなると、裏方は本当に大変ですが、

水道橋ならではの気質で成功できたのではないでしょうか

水道橋の受講生は、中上級者が何となく入門生に声をかけてくれて、口述の練習会なども

行ってきました

普段でも、質問や相談なども気軽に受けてくれる縦のつながりを大切にしています

それが、合格率につながっているんだと思っています

そして、今回の祭友季には、聞かされていなかった予定外の出来事もあり・・・私にとっても忘れられない祭友季になりました

おそらく最後のゼミ生になるだろうと思うと、ゼミ生を目の前にしてつい・・・皆さんをびっくりさせてしまったことと思います

でも、本当に私にとっても改めて「みんなとがんばるぞ!」という思いが溢れてきて、良い機会になったと思います

それから、昨日はLECの合格祝賀会でした

懐かしい受講生の方にもたくさん会えて、本当に楽しい時間を過ごすことができました

いつもそうなんですが、あっという間なんですよね

皆さんと撮った写真を眺めながら、また来年、たくさんの合格者の方と一緒に写真がとれるように

がんばりたいと思います

何から、どうやって始めるか


それがわからない・・・

そういう相談が多いです

論文の発表があった時点で、一区切りです

ただ、気持ち的にはまだ前向きになれないという人も多いと思います

けれども、時間は刻々と過ぎていくものであり、また一方で、時間が必要な試験であることは間違いないと思います

なので、出来るだけ早くリスタートをきって欲しい

そう思うのです

今日、成績が却ってくると聞きました

見たくない気持ち、振り返りたくない気持ちはすごくわかりますが、

やっぱり振り返ることからしか前進はないのではないでしょうか

もう一度、試験問題を見て、どこが出来なかったか?について振り返ることが必要だと思います

そして、なぜダメだったのかがわからないというのであれば、再現と成績を持って、ゼミの先生でも
講座の先生でも良いので見てもらうべきかと思います

論文というのは、「主観」と「客観」のギャップを埋めることが非常に大事だからです

つまり、明らかな間違いでダメだったというのであれば、原因はわかりやすいのですが、意外にそれだけではないケースが多いと思います

周りの友人たちと比べて、同じところをミスしているのに友人は受かっている・・・というようなことはないでしょうか。

ダメだった原因は他にあるということですよね。

きちんと原因究明してこそ、適切な対処が出来るはずです

一番つらい作業かもしれませんが、乗り越えてほしいです

論直メンバーとの約束


で、ここで論直最終回の講評を行います(*・ω・)ノ

よって、通信等でまだ受講されていない方は、ネタバレになりますので、ご注意ください


問題機歙潴筍韻砲弔い
・4。隠韻硲喚。隠欧竜饑簍由の問題でした。
添削を行ったほとんどの答案で、両方の拒絶理由に言及出来ていた点はよかったです。
・一方で、要件をすべて挙げられていない答案が散見されました。多くの方が
完璧にあてはめてくる条文ですので、相対的にみて、不利です。要件の落ちに注意して下さい。

問題機歙潴筍欧砲弔い
・とにかく措置の落ちが散見されました。
・50条と51条は両方に該当することが多いです。解説講義で行った構成のプロセスを踏むようにして
項目落ちをなくしましょう。
・項目を挙げたら、要件をあてはめる・・・よく出来てきたと思います。ただ、あと一歩、問題文をフルに使ってあてはめてほしいです。問題文は基本的にすべて使うということを忘れないでください。
・譲渡・放棄交渉は、今回は×です。問題文のなお書き・但し書きに注意してください。書いてしまって即アウトというわけではありませんが、余計なことを書く結果、今回のように後ろが詰まってしまって、結果、思うように点数が取れないということになります。

問題供歙潴筍韻砲弔い
・ほとんどの答案で必要なことが言及出来ていてよかったです。

問題供歙潴筍欧砲弔い
・これもよくできていました。
・差がついたのは、理由づけです。今回、68−32を行う理由は、そのまま出願した場合には、
4。隠阿乏催してしまうからです。問題文の状況に応じた理由づけはしっかりと書くようにしてください。

◆論直を終えて
1回目から回を追うごとに答案が良くなっていっていると感じています。
それは、みなさんが、講義をしっかりと聞いてくれて、次の回にそれを活かす復習をしてくれた結果だと
嬉しく思います。この成果は、きっと本試験での成功に結びつくことでしょう。
特に、要件をすべて挙げてあてはめるということがコンスタントにできている答案が多くなり、
そのような答案は、他にミスがあっても結果、助かっているという状況です。
本試験でも、「皆、傷を負いながら合格していくもの」です。
ミスをカバーする力は、余計なことをたくさん書くことではなく、聞かれていることに対して、
条文の要件・効果をもとに、しっかりと説明する力です。題意把握を一番大切に、本試験では
この一番重要なことを絶対に忘れないようにしてほしいと願います。

6月28日(日)は、いよいよ最終道場です☆最後に有意義な講義にして、皆さんに自信をつけて
もらって、送り出したいと思っています!

では、最後までがんばってくださいね



 

波乱


の短答試験となりました

納得しかねる問題がいくつかありましたが、それでも逆らえないのが本試験ですね

残念な結果になった受験生の方は、どうかその何問かにこだわるのではなく、

そういった問題が来年もあったとしても、それを抜きにして超えられるよう

リスタートを切って欲しいと願うばかりです


表面的に分析するのではなく、試験委員の意図をくんで、私たちも対策しなければならないと思います

私も普段は実務をしているので、実務家の試験委員経験者とお話ししたりする機会がありますが、

意外に私たちが深読みしているだけということって多いです

そんなことまで裏を掻くようなこと考えてない!とか・・・


論文直前期なので、論文対策についても、そのあたりもしっかりと踏まえなければならないと思っていますが、

短答試験で残念な結果になった受験生の方は、リスタートの切り方について是非相談してくださいね

ちょうど本日、ガイダンスがあります

5月28日(木)19:00−@水道橋本校

本来は初級向けガイダンスですが、短答対策についてももちろんお話ししますし、

・短答落ちを経験⇒短・論・口一気合格の直近合格者

・短答一発合格者

・最終合格まで一発合格者

の3名にヘルプに来てもらいますので、きっとためになる話が聞けると思います

私のインタビュー形式でお話を聞いたうえで、個別相談にも乗ってもらいたいと思ってます

また、個別相談会も実施します

2015年5月30日(土)17:30〜20:30

2015年6月6日(土)17:30〜19:30

2015年6月12日(金)18:00〜20:00

2015年6月13日(土)17:30〜19:30

水道橋本校にお電話で予約を取ってくださいね。
※5月30日は一気にいっぱいになってしまったので、時間を1時間延長しました!

では、待ってます




短答実力診断模試


※これから通信で受講されるかたは、ネタバレになることもあるかもしれないので、くれぐれも見ないでください。

先週末の土日で、短答実力診断模試が実施されました(*・ω・)ノ

私たちが受験生の頃は、短答の模試というと、某予備校の4月中旬くらいのめちゃくちゃ難しいものが一番最初だったので

「この頃に模試があったならな〜」とよく思います

絶対、意識変わりますよ

そして、4月中旬くらいなら何とかならなかった状態でも、この時期だと何とでもなると思います


ところで、模試を受験された受講生の方から、相談が寄せられています

・難易度

・今後の対策

ですね

☆難易度☆

いくつあるか問題=22問
過去問肢=大体2/5 

ということは、外観的な要素で判断すると、平成25、26年の本試験よりも、易しいと思います

問題をざっと見た感じでは、細かいところきく問題もありましたが、全体的にはやっぱり

本試験よりもやや易しいとは思います

☆今後の対策☆

まず、科目ごと、そしてテーマごと(特許要件、審判 etc...)の点数を割出し、明らかに苦手な科目、テーマからつぶしていかれることを薦めます

そして、短答、論文の一気合格を目指すためには、まだ論文を引っ張らなければならないので、

1.論文で使用するテーマ(条文)から進めること

2.論文を解いて、理解・不理解を確認するよう意識して、復習に短答対策を入れていくこと

うまく並行すれば、絶対に相乗効果が見込めます

ただ、実力診断模試で、四法で(総則・雑則・罰則)を除いたテーマ(条文)のうち50%を切り、

かつ、一日の勉強時間が2時間を切る
ようであれば、短答にシフトする方が良いかと思います

もちろん、1年目か、2年目かによって変わってくるので、個別具体的に判断すべきかと思いますよ

それでは、せっかく受けた実力診断模試ですから、絶対に「モノ」にしてくださいね




記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

☆訪問ありがとう☆

青本
短答式攻略法
論文攻略法
条約攻略法
合格者
livedoor プロフィール

n_miwa

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ