2005年03月04日

雪とか降るし

そういえば昨日から大雪がふりますよってニュースで言ってましたね。
僕も昨日は朝4時までジョナサンで勉強しとって、夜1時くらいに急に降り出したのを覚えとります。
でも大雪っていってたけど全然つもんないじゃん。
東京全体で80人も滑ってこけてケガしたひとがおるというのが信じられんです。
雪国(?)出身者としてはね。

だいたいみんなセカセカ歩きすぎ。雪の日にいつもと同じペースで歩くのは危険ですよって。
それにみんな姿勢よく歩きすぎ。雪がふっとる日にはおばあちゃんみたいに腰を曲げて、前傾姿勢で歩かにゃいけませんよって。

てなかんじでえらそうにしとりますけど自分も今日一回滑りかけたw

ちなみに僕の出身地では雪が降る前の前兆として、
必ずすごくでかい雷が鳴る
→そのあと急に風が強くなる
→一気に寒くなって粉雪の嵐
→ある程度降ったあとボタン雪に変わって積もりだす
ってかんじで雪が降るもんだったと覚えとります。
なんか「雪ツウ」っぽいでしょ。ひひひ。

ちなみに経験したMAX積雪は、高校受験の年の平地で90センチくらいだったような気がする。
庭にカマクラは造れました。ハイ。
JRとか動かないっすよ。まじで。
まー昔のことだから誇大妄想かもしれませんが…。

とにかく積もるならガーッ30センチくらい積もれよと思う今日この頃でした。  
Posted by n_o_a_h at 18:23Comments(0)TrackBack(0)いろいろ

2005年02月11日

かぜ

かぜで動けません。14からテストなのに・・・
インフルエンザじゃないことを願って寝ます。  
Posted by n_o_a_h at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月03日

砂漠にオアシス

本日は久々にバイトへ行く。ほんとは2月はバイトのシフトは入れてなかったんですよ。忙しそうだったから。んで、たまたま今日は夜時間空いててESでも書くか〜なんて思ってたら会社から電話。「西日本が大雪の予想でスリップ増えるっぽいから緊急シフトインしてくれ」との要請。まぁ空いてたしいいか。久々にバイトのやつとも会えるし。というわけで急遽出勤。


実際今日、西日本は大して雪も降らなかったようで、会社の予測とは外れ入電は少なかった。いつもにましてヒマだった。最初の入電まで25分近くイスに座って暇をもてあましてたくらいだから。本来、隣の座席に小○田さんが入る予定だったので、UFJの話を聞かせてもらおうと思って期待してたのだが、小○田さんはお休みだった。残念。両隣に誰もいないので話し相手もおらず、他の周りの人も超新人で知ってる人がいない。陸の孤島で一人切なく過ごす。


ヒマをもてあました後やっと休憩。仲いいやつも今日は誰もいないし、ほんと何しに来たんだ(バイトしに来たわけですが、笑)と思いつつテレビを見てたところ、声をかけられる。おおっ、同期の○米ちゃんだ。まさに渡りに船、砂漠にオアシス、救命ボートで漂流中に海上自衛隊のヘリが来ましたよ万歳、な状態。休憩残り25分をひたすらしゃべくりまくる。久々に会っただけあって話すネタも豊富で、しかも今日はなぜかボケも冴えに冴えて推定50回は笑わせた(と思う)。面接でこれが出せればいいのだが。あ、出しちゃダメか。とりあえず「今日おもしろいよ」と言われハッピーになる。(いつもは全然つまらんってことなのか?笑)
話によると○米ちゃんは明日初セミナーに行くらしい。そういえばついこないだまで茶〜金髪くらいで「田舎のヤンキーじゃん」とか言っていじめてたのに、いつの間にか黒くなっていた。黒にすると女の子はまたぜんぜん感じが違ってくるわな。ちょっと幼く見える気がする。「まりりん黒髪も似合うね〜超かわいいじゃん♪一枚写メとらして☆」などとオヤジ的にいじめてみたが「○○くんキモイ〜」といつものように返された。笑。そんなこんなで休憩は楽しめた。仕事しにきたのに息抜き(?)できた。バイト来た甲斐があった。○米ちゃん相手してくれてありがとう。明日はセミナーがんばって。


結局今日は事案は3件だけだった。通常は8件くらいだからめちゃめちゃヒマな一日だ。会社的には、たぶん自分が追加シフトに入る意味はゼロだったが、事故が少ないのはもちろん何よりございます。皆さんも安全運転で!  
Posted by n_o_a_h at 23:44Comments(0)TrackBack(0)バイト

2005年02月02日

マイヤヒ〜

セミナー予約などネットサーフィンをしていたら、変なFLASHを発見。なんじゃこりゃ。2ch系。マジおもろい。はまってしまった。

ttp://ikari0310.hp.infoseek.co.jp/flash/maiyahi.html

空耳アワーだけじゃなくて歌自体もステキだ。なんでもモルドバという国のアーティストの歌で、ヨーロッパのチャートを席巻した曲らしい。しょっぱな、どこかの民族音楽かヨーデルかようわからんマイヤヒ〜♪で面食らう。なんじゃいこりゃ。そしてサビの「飲ま飲まイェイ♪」がもう頭について離れない。思わず着メロダウンロードまでしてしまった。一回聞いただけだとハマんないかもだけど、3回くらい聞いたら絶対マイヤヒ〜信者になります。ためしてみたってくだされ。

それにしてもモルドバとゆうマイナーな国にもこんな世界で大ウケする曲があるなんて。世界は広いっすね。


飲ま飲まイェイ♪ 飲ま飲まイェイ♪ 飲ま飲ま飲まイェイ♪  
Posted by n_o_a_h at 23:35Comments(0)TrackBack(0)気になるモノ

2005年01月28日

男は甘え上手な女が好き

男に、
「君は人間としては素晴らしいよね」 「仕事ができるね」
などと、人格や仕事に関しては褒められるのに、いざ付き合うと、
「君は一人でも生きていける」
と言われ、去られる女性は多いでしょうね。彼女達は今まで一人でなんだってやってきた。だから今更、
「わからな〜い」
「私できな〜い」
などと言うような、気持ち悪い女にはなれず、男に甘えることができないのよ。
でもね、男は女から見たら最低とも思える、そういう気持ちの悪い女が好きなのよ(笑)
何故なら太古の昔から、男は狩りに出て、女は家で子供を育ててきたわけでしょう。
女は男が食べ物を取ってきてくれないと、子供もろとも飢え死にしてしまうから、男にヤル気を出させる為に、
「私はあなたがいなければ生きていけないわ〜。だから、今日も頑張って獲物を捕らえてきてね〜」
とブリブリしながら頼ったのよ。そして男は好きな女にそう言われると嬉しくて、
「俺に任せとけっ!」
と調子に乗って、危険を顧みず狩りにいそしんだわけよ。
そんな長い歴史の中で、頼り上手な女こそが男をやる気にさせる「アゲマン」となり、頼り下手な女、すなわち強い女は、男にとっては ヤル気が出ない、興味のない女に成り下がっていったのよね。
ですから女性の皆さん、彼氏が欲しいと願うのなら、ブリブリに甘える気持ち悪い女になりましょう。
例えば電球が切れたら、椅子に乗って変えれば良いと思っても、
「やって〜」
とワントーン高い声を出して、男にやってもらうのよ。


なるほどねぇ。おもしろい。もちろんコピペです。時間無かったもんで。  
Posted by n_o_a_h at 23:03Comments(0)TrackBack(0)いろいろ