6b880798.jpg1月5日<プレゼンテーション>の続編!

情報伝達には過程(経路)がある。
その過程を通して情報は伝えたい相手に届く。

専門的には爛灰潺絅縫院璽轡腑鵝Ε廛蹈札広瓩箸いΔ、
このプロセス(過程)を分解すると
次のような構成要素に分けられる。

(1)発信者 … 情報の送り手。
(2)記号化 … 発信者はその情報を記号、例えば、
         犖生讚甅牘覗甅牴鮫瓩覆匹派集宗
(3)媒体  … (2)で表現した情報を伝える手段。例えば、
         狹吐鉢甅牋刷甅犖学機器瓩覆鼻
(4)解読  … 発信者が記号化した情報を
         受け手(対象者)が変換。
(5)受信者 … (4)の変換と(1)の発信者が意図する内容とが
         合致した受け手だけが“本当の受信者”。

ほとんどの人がこのプロセスに関心がない。
というより、知らされていない。

日常生活はともかく、
企業が自社の価値並びに、
商品・サービスの販売・提案をする際、
これを理解していることと、そうでないことでは
情報伝達の確率が大きく変わってくる。

前回(1月5日)の例題を振り返ってみよう。
 ‘以
◆‖腓い
 食べられる

なぜ、約4割が「牛」でその他、「豚・馬」
なかには「ワニ・ライオン」と回答する人がいるのだろうか?

前回のブログを思い出してほしい。

狹舛┐燭せは、相手にほとんど伝わらない

実は、前述の(1)〜(5)の中には
伝えたい情報を猩弔泙擦覘畊柔要素が潜んでいるのだ。

それは!“ノイズ”

◎ コミュニケーションをとる
◎ 情報発信をする
◎ プレゼンテーションを行う
などなど、この“ノイズ”が爛ーワード瓩砲覆襦

“ノイズ” = 雑音・騒音

繰り返すが、
狹舛┐燭せは、相手にほとんど伝わらない

情報を猩弔泙擦覘甍玉菌!“ノイズ”
これを退治することで“本当の受信者”を創造していく。

続きはまた次回<プレゼンテーション編>で解説する。


*****************
すべて“潜在需要開拓”のノウハウ!
*****************