2007年03月

2007年03月31日

メガテン径莪谿象感想

前、第一印象的な感想を書くの忘れてました。

まず、システム面ですが…
まぁ、問題はないです。
シリーズ恒例のオートプレイはなかなか使い易いです。
と言っても、俺はあまり使いませんが。

なぜなら、正直このゲームは難易度が高いから。
これもメガテンシリーズでは当たり前、というか「らしさ」なんですが。

これまでのマップやダンジョン、謎解きの難易度は従来のシリーズ作品より多少低いですが、戦闘の難易度がけっこう高い。

ターン制を派生させた行動回数制で、弱点さえ突けば何回でも攻撃を続けられるため、一方的に戦闘を終えることがしばしば。

それは逆も然り。
ひとたび敵からバックアタックされたり、こちらの弱点を突かれると、何もできずに全滅、ということが珍しくない。

かなりシビアですね。
結構な戦略性を要求されます。
シリーズファンはさほど驚かないでしょうが、初心者やヌルゲーマーにはちとキツイかも。

ただ、代々シリーズ作品に受け継がれている「センスのよさ」は健在。

ストーリーのセンス。
キャラのセンス。
独特の世界観。

さすが、かっこいい。
これまた確実に人を選びますが、ハマる人はどっぷりハマります。

俺が特に感じたのは、戦闘中のBGM。

凝ってるんですよ。
場面、ステージ、ダンジョンが変わる度に変わるBGM。

新しい街に行くたび、「今度はどんなBGMなんだろう?」とわくわくしてます。

俺は特にしょっぱな、シンジュク衛生病院での戦闘BGMが好きです。
ほんとセンスいい。

こーゆう細かさが、マンネリ化を防ぐいい工夫となってます。

もちろん、仲魔集めや合体、マガタマ選びなど楽しむ要素は多種多彩。

アクの強いアトラス独特の雰囲気に馴染みさえすれば、良ゲーと言える作品でしょう。

nabe648 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ゲーム 

2007年03月30日

久しぶりのオタロード

今日は朝から大学に学生証をもらいに行きました。

手続きは数十分で済むかと思ってましたが…

甘かった。

さすがマンモス校。
長蛇、長蛇の列。

2時間弱もかかりました。
昼前には終わると思ってたのに、終わってみれば昼をとうにすぎてました。

で、せっかく外に出たので当初に予定通りそのまま日本橋へ。

お目当ては水曜日に発売されたゆかりんこと、田村ゆかりさんのベストアルバム。

夏以来だし、純粋にブラブラするだけでもおもしろいのでそれも。

本屋やゲーム屋を中心にブラブラしました。

ほんとはガンダムのプラモ屋とかも回りたかったんですが、大学で長い間立ったまま待たされたせいで体力が持ちませんでした(汗)

買い物はすべて、アニ○イトで済ませました。

今日の収穫はこちら。

6ade9890.jpg


・田村ゆかりベストアルバム「Sincerely Tears...」
・涼宮ハルヒの詰合〜TVアニメ「涼宮ハルヒの憂欝」激中歌集シングル〜
・涼宮ハルヒの激奏パンフレット

ゆかりんのベストは予定どおり。それにしても店の陳列具合が凄かった。壁一面、ゆかりん一色。
さすが、アイドル声優四天王。

詰合は、前々から欲しかったんです。
3曲入ってるんですが、特にアニメで聞いた「God knows...」が個人的に神だったので。
スーパー電波ソング、「恋のミクル伝説」も入ってます(笑)

激奏パンフレットは、一目惚れです。完璧な。
めっちゃかっこいいです。
始めは全く買う気がなかったというか、存在自体知らなかったくらいなんですが、思わず手に取ってしまいました。

久しぶりの日本橋、オタロードで久しぶりに金をいっぱい使いました。

朝の大学の件を除けば、有意義な一日でしたね〜。

それにしても…

もう普通〜ですね。
こうゆう店に入るのが。
少し前までためらいがちだったんですが、今となってはなんの抵抗も無く入っていけてしまってます。

とうとう、アニ○イトでポイントカードまで作ってしまい。

これはアレですよ。
「これからも利用するぜ」っていう決意表明ですよね。
もう引き返せません。

もうオタク確定です。
自他ともに認める、ってヤツです。

リアル友達にはまだバレてないですけどね。

これは、進化と言っていいんでしょうか。
間違っても退化では無いことを祈ります。

世間的には退化かも…orz

nabe648 at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!アニメ | 声優

2007年03月29日

今週のマガジン

・巻頭グラビア
安田美沙子。
あまりタイプではないですが、関西弁丸出しなのは高評価(ぇ

・ダイヤのA
先輩スタメンの凄さを確認させられる話。
沢村と降谷、試合で登板することも決定。
久しぶりに御幸とのバッテリー復活!?

・エリアの騎士
駆の何かを掴みかけていること、高瀬の異変、GKのスタメン争い、他校の情勢と1話でかなり話が動いた。
高瀬はサボりではないような気が。

・スマッシュ!
美羽の揺れ動く心の話。
うらやましーなコンニャロww
最後の先輩の話はどうでもいいです。まだ大してキャラが立ってないのに。

・魔法先生ネギま!
ネギま部(仮)って…まんまだな、オイ。
エヴァの思惑は一体何でしょう?

・はじめの一歩
マスコミ、世間は八百長を知らないため、ゲドーを格下としてしか見られていない…
これはやりにくい。
相手のペースになってる気がすでに。

・Over Drive
クロスケ爆発、愛のパワー。
しかしチャモがこのまま終わるハズがない…

・さよなら絶望先生
普段真面目な人はたまに嘘をついても嘘と思ってもらえない、「逆狼少年」な話。
甚六先生がどんどん訳分からないキャラに…

nabe648 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!漫画 

2007年03月28日

メガテン轡廛譽て記

シンジュク衛生病院、地下施設からスタート。

2F連絡通路でイベント、ピクシーが仲間に。

強制戦闘、ガキ。
セキュリティカード入手。分院へ。

途中、コダマ、シキガミを会話で仲間に。
パーティー4人体勢固定。

ボス戦、フォルネウス。
間髪入れずジオ、突撃で攻撃。回復せずに前に勝利。

病院脱出。

ヨヨギ公園でのイベントはピクシーを引き止め、パーティー残留。

シブヤ到着。
マッカを稼ぎ、マガタマを新たに2個購入。

回復の泉前でレベル上げ。

レベル10でピクシーがハイピクシーに。

今回はここまでで終了。

現在の状況。
主人公・レベル9
ハイピクシー・レベル10
コダマ・レベル6
シキガミ・レベル7

nabe648 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!ゲーム 

2007年03月27日

やっと見つけた!!

前々からほしいほしいと言っていた「真・女神転生-NOCTURNE」を今日発見!!

これまでずっと品切れ状態で、某ゲームショップに立ち寄る度にあるか見てたんですが、やっと見つけた!

迷わず即購入。

3年以上前の作品なので、1980円と懐事情にやさしい値段。

時間がなかったのでまだ導入部までしかプレイしてませんが、これからこれまで浪費していた暇を取り戻すが如くやっていこうかと。

ICOは一時中断ですね(笑)
楽しみにしてくださってくれていた方々には申し訳ないです。

キミキスのファンディスクの方はなるべく合間を見てやっていきたいです。

結構大作なんで、クリアにどれだけかかるかわかりませんが、クリアした後アトラス熱が高いままなら、そのままペルソナ3フェスに突撃しようかな?

nabe648 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ゲーム 

2007年03月26日

今日はゲームを主に

・色々買ってきました
昨日、やっと暇ができたので書店へ。
買ってきたのはこちら。

すもももももも〜地上最強のヨメ〜7巻
ファミ通
2007年版プロ野球選手名鑑

すもも、かなりおもしろかったです。久しぶりに大爆笑しました。やはり原作が一番です。
プロ野球選手名鑑は、ここ数年欠かさず購入しています。これを読みながら、脳内で戦力分析や打順考察するのが好きなんで(笑)

・デビルメイクライ4新着情報
ネロの右腕がなんか凄い、ってことは前々からわかってましたが、詳細が判明。
敵やアイテムを引き寄せられたり、逆にものを掴んで自分を引き寄せたり。
あと、これまで敵キャラではないかと考えられていた前作までの主人公ダンテ。そのダンテも操作できることが判明。しかも、前作ではステージ開始時に一度決めると変更できなかったスタイルを、いつでも変更可能に。これはかなり嬉しいです。
映像もかなりの質。これは楽しみ。

・リメイク版FF
PSPでリメイクされるファイナルファンタジーの情報。
アドバンス版での追加要素だった隠しダンジョン、ソウルオブカオスはもちろんのこと。
PSP版の新ダンジョンも追加。その名は時の迷宮。時間が経つと段々HPが減少していくという特殊なダンジョンで、魔法や逃げるなどのコマンドを差し出すことと引き替えにHP減少を一定時間食い止めれるそう。なかなか歯応えがありそうです。
ファイナルファンタジー兇癲グラフィック一新で登場。これも楽しみ。
ファイナルファンタジーは4月19日発売予定、兇6月7日発売予定。

・ファンディスク感想記事始めます
パソコンが来たので、暇を見つけて放置していたキミキスファンディスクの感想記事を書いていこうと思います。
3枚もあるのでボリュームはたっぷりですね。

2007年03月25日

今日は声優ネタのみ

今日は、週末忙しかったせいでファミ通を買えなかったのでゲームネタは無し。

ラジオの声優ネタのみでお送りします。

・RADIOアニメロミックス
ゴートゥハッピーのコーナーでの「いいもの」が、ダルマであることが判明。まぁファンにとっては何でも「いいもの」には変わりないでしょう。
今週の小林ゆうさんの宛先紹介、いつもと変わらないような声の気がしたけどよかったなぁ…
なんと!ゆうゆうコンビは来週の放送で卒業!!
このコンビ好きだったのに、残念だなぁ…(T_T)
やはり、二人とも人気が出てきてお仕事が増え忙しくなってきたからでしょうか。

・今週の「田村ゆかりのいたずら黒うさぎ」
ゆかりん、プロ野球に「ペ・リーグ」なんて無いよ?(笑
ゆかりん、妄想の中での彼氏はシュワルツェネガーだそうでww
3月28日、ベストアルバム発売。とうとう今週です。
多分買います。
ファンの方、初回特典がかなり豪華だそうなのでお早めに。

nabe648 at 02:00|PermalinkComments(7)TrackBack(0)clip!声優 

2007年03月24日

キミキスコミック イン ヤングアニマル

キミキスvarious heroines
Asuka 5th KISS「助けて!コーチ」

・いきなり水着で登場
渡り廊下を歩く光一のもとに、水泳の授業終わりの明日夏が。
再テストの結果が思わしくないと部活を禁止されるので、助けてほしいと。
水着の美少女に手まで握られて、断れるわけがありません。

・図書室で勉強会
小テストまでの一週間、部活を休んで共に図書室で勉強することになった二人。
順調に勉強を進め、日にちを重ねていく。

・脇役として本来のメインヒロインが登場
ある日、いつものように光一は図書室に向かう。
入り口で図書委員らしき女の子に、「最近…がんばってますね…」と声をかけられる。
中に入ってみると、明日夏は勉強疲れのためか、寝てしまっている。
「このところがんばってたからな…………」
光一は明日夏の寝顔を見つめる。

・未遂
寝顔を見つめていた光一、明日夏の唇にそ〜っと顔を近付ける。
明日夏が起きかけたため未遂に終わるものの、先程の図書委員の女の子にばっちり目撃される。
恥ずかしがっていると、明日夏が目を覚ます。

・大きな夢
勉強を続ける二人。
ふと、明日夏は「相原君には聞いてもらいたい」と、将来の夢を語り出す。
それは、プロの選手になること。
これからももっと努力しなきゃね、と言う光一に、勉強もサッカーもがんばるからこれからも見守ってほしいと言う明日夏。
「相原君がそばにいてくれれば私…好きなことはもっと好きになって嫌いなことも段々好きになれる気がする…」
二人は手を握り合う。

・明日夏のお礼
数日後、グラウンドで水まきをしている明日夏を見つける光一。
どうやら勉強の甲斐あって小テストをクリアした明日夏。
勉強を教えてくれた光一に何かお礼かしたいと言う。
遠慮する光一に、明日夏は「あ…あれ見て…」と横を見る。
つられてそっちの方を見る光一。
すると明日夏、その頬にそっと唇を触れる。
「今はまだほっぺただけど………」
「恋のレッスンも少しは上達しましたか?コーチ」



今回の話は、ゲームよろしく、すっきり爽やか淡〜い 恋のお話。
エロくはなかったです。
読んでるこっちまで恥ずかしくなってくるような青春話。

どんどん明日夏が積極的になっていくのと同時に、確実に光一に想いを寄せてきてます。

また、思わぬ形で星乃さんが登場。
完全に脇役キャラとしての登場なものの、これから先の活躍を思わせるような思わせ振りな登場の仕方。
まさか、次のヒロインは彼女?確かに胸の大きさ順なら次は星乃さんですが(笑

次回はとうとう、アスカターンが完成。ストーリーの大きな山場です。

2007年03月23日

待望のパソコンが!

とうとう、わが部屋にパソコンがやってきました!
人生初、自分用パソコン!

ほとんどがタダで済ますためにもらいものなので古いものが多く、ディスプレイはバカでかいブラウン管タイプ。

でも、本体の方はかなり新しそうです。

まだ工事してないのでネットはできないですが、やはり嬉しいです。

ワードとネット以外は全く知らないので、少しずつ勉強していきたいと思います。

ちなみに余談ですが、投稿日時が素晴らしいことに。

nabe648 at 23:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!日記 

2007年03月22日

すもも最終話感想

アニメ
「すもももももも」
最終話

・「いつもの日々へ」
最終回です。
やっぱ、22話で終わりですかそーですか。

・対天我戦
やはり原作とは多少異なる感じですね。
やはり原作の方が感動もするし、手に汗握ります。

・解毒剤
1人分しか無いので、孝士かもも子か、どちらが飲むかを決めなくてはならないことに。
勘のいい方は展開が予想できますよね。

・ラストバトル
生き返ったのはもも子。
孝士を死なせてしまった怒りと悲しみで古代の力が爆発。
天我もなんとか装甲でパワーアップ。
久しぶりに格闘ものアニメだと思い出させてくれる戦闘シーン(笑)

・孝士、覚醒。
母親が幼い頃に封印させてた力が、もも子の涙の一粒で覚醒。んな強引なww
孝士の一睨みで、天我が硬直。その隙をついてもも子フィニッシュ!

・戦いの終わり
なぜか、孝士生き返ってます。原作ではなぜ生き返ったかとか細かい説明あるんですが、アニメしか見てない人に果たしてわかるんでしょうか。
なんか色々詰め込みすぎな感じで駆け足で展開されていく。

・いつもの日々が
アパートへ帰ってきた一行。
もも子は自宅で療養のため、孝士は何も出来ずぐうたら生活。
そして気付く、もも子の存在の大きさ。
帰ってきたもも子。
なんかもう端から見たらラブラブに見えます。

・終わり
そのままエンディングへ。本当に駆け足。原作未読の方は絶対ついてこれないと思います。

・総括
1クール目、特に第1話から天下初登場時くらいまでは最高でした。文句無かったです。何度も爆笑させていただきました。
しかし残念なのは、中盤に無駄にオリジナルの話を挟みすぎて中だるみしたことと、それのしわ寄せで後半がかなり詰め込まれた感じで終わってしまったこと。
始めが良すぎたため、失速も失速、大失速。
やはり、制作側も序盤に頑張りすぎたのかね…仕事が粗くなりましたね。

今のところ、DVDを買う予定は無いです。
放映されてない話が収録された分だけは考えてみようかな。

これからは原作の方を楽しみにしていこうかと。
月末には最新巻発売。

この感想記事を読み続けていただいた皆様、長い間ありがとうございました。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: