2011年10月29日

2011 TAIWAN LGBT PRIDE

taiwanlgbt2011


nabechann at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2011年09月18日

梨花女子大学キャンパスセンター

LIHUA

食い倒れツアーのガイドさんにお願いして連れてきてもらった。

庭園の地下に建てられた谷のようなキャンパスがカッコイイ。

時間が無くて外観だけしか見られなかったが建物の内部も覗いてみたい。


nabechann at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アート・建築 

2011年08月13日

OUR MAGIC HOUR

yt2011


ヨコハマトリエンナーレ4回目のメイン会場は特設会場ではなく既存の横浜美術館。どんどん影が薄くなっていくなぁって思ったら、主催が事業仕分けの対象になっていました。運営主体が横浜市に変わった上に、震災の影響も受けてすっかり地味なイベントになってしまったようです。

なんだか横浜美術館(建物)がどうも好きになれない。丹下作品だけどワクワクさせてくれません。期待はしていたはずなのにいろんな要素が絡まって、すっかりネガティブモードで鑑賞スタート。美術館正面に並ぶウーゴ・ロンディノーネの12体の像がなんとか気分を盛り上げようとしてくれます。

テンションが低い中、興味を引かれたのが石田徹也の絵画「捜索」。部屋の中で鉄道模型と一体化しながら死んでいる青年。それを窓の外から見ている誰か。窓の外の誰かは青年を探しに来たのだろうか?外界と繋がらない箱庭の中で横たわる死体を見ているとグッときます。他にも横尾忠則、池田学、立石大河亜らの作品がハートを鷲づかみ。

もう一つの会場である日本郵船海岸通倉庫は物流倉庫を改築したイベントスペース。倉庫の雰囲気が残っていて好みな空間です。ここではインスタレーションや映像が中心に展示されています。どっちかっと言うと美術館より倉庫の方が作品が派手でトリエンナーレな感じがするかも。一通り見終わって併設されたカフェでしばし休憩。なんだ、けっこう楽しんじゃったな。

nabechann at 02:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アート・建築 

2011年07月30日

奈良

東大寺

JRのCMにまんまとやられて新幹線に乗ってしまった。乗換えを何度かして到着した長谷寺駅は僕たち以外に乗降客が誰もいない。参道は人がまばらで静かでそれで良かった。途中、店に入り温かいそうめんで腹ごしらえ。空きっ腹にうまい!傘をたたんで仁王門をくぐると本堂へとつづく登廊が長く伸びている。すべて登り切る頃には汗が噴き出し軽く息が上がってしまった。外舞台にまわって景色を眺めて休んでいると本当に気持ちがいい。寺社をたずねるとたまに波長が合うというか心地の良い空間に出会えてうれしい。それでいて選んだ写真は東大寺。

nabechann at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2011年05月14日

大阪2011

usj

USJで遊んで、ヨシモトで笑って、串カツ食べて・・・。

コテコテの大阪旅行だったけど5人でわいのわいのあっという間だった。

最近、一人旅してないなァ。

nabechann at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2011年03月04日

九份

通りには軒先に赤い提灯をぶら下げた店がびっしりと並んでいる。数え切れないほどある食べもの屋やら雑貨屋やらを眺めているだけでもおもしろい。でも・・・、現地ガイドのチョウさんがぐんぐん先に進んでっちゃって、商店街をただ通り抜けてるだけのような感じになってねえ!?どっかでお茶でもしたいなって思っていたら、「ホテルの食事があるので急ぎますよ」だって。えぇーっ!!!てなりながらマイクロバスに乗り込む僕ら。あれは文句言ってもよかったな。

jiufen3


nabechann at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2011年02月22日

国立新美術館

MUSEUM1

うねうねしたファサードがインパクト大な国立新美術館。

今日はシュルレアリスム展を見に来ました。

どんな思いを込めて作品を完成させたのか本人に聞いてみたいです。

nabechann at 02:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アート・建築 

2010年12月11日

伊勢

なばな2

残された道はもうパワースポット巡りしかないのか!?

のこのこ来てみたけどなーんも感じなかった・・・。

友達と行き当たりばったりな旅ってのもいいもんですね。


nabechann at 02:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)旅行 

2010年11月25日

板門店

imujin

兵士は微動だにしないで、向こう側を監視している。一段高くなったコンクリートが半島の北と南が分断されていることを示す。緊張を感じてもいるのに、この境界線を越えたくらいで何も起こらないんじゃないかって気もする。あれから一月、北朝鮮が韓国を砲撃するというニュースが流れてきた。

nabechann at 06:38|PermalinkComments(4)TrackBack(0)旅行 

2010年11月24日

尾道

転校生

おれがあいつであいつがおれで。

階段、転がっちゃおうかなぁ。

あ、ひとりでやっても意味無いか。。

nabechann at 06:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2010年09月21日

B-1グランプリin厚木

B-1

B級グルメの祭典、B-1グランプリがついに神奈川で開催〜。

ってか人多すぎ。しかも暑いっ!

楽しいイベントのはずなのに、みんな不機嫌顔なのが印象的ですた。


nabechann at 01:08|PermalinkComments(4)TrackBack(0)食べ歩き 

2010年08月14日

表参道ヒルズ

直島での地中美術館に感化されて、安藤忠雄設計の表参道ヒルズに足を運んでみた。建物の高さを街路樹に合わせたり、内部にも坂を取り入れたり、もともとある風景に溶け込ませるための作品だったとしたらそれは成功してるのかも知れない。さて、今日の本来の目的は友達が参加するイベントを見ること。ヒルズを一周して代々木公園へ。パレードや踊ったりする友人たちがふだんは見せない表情をしていてとてもカッコよかった。
表参道ヒルズ


nabechann at 03:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)アート・建築 

2010年08月01日

ハーモニー(ブッフェ)

レストラン「ハーモニー」はロイヤルパーク汐留タワーの24階にあります。とあるサイトでは厳しい意見もあったので、不安を抱えつつエレベーターに乗りました。だけど、そんな心配は必要無かったみたいです。店の接客態度も問題無くて気分よく利用できました。

たしかに口コミどおり、ブッフェ台は狭くすぐに列ができましたが、それも最初だけのことであまりストレスは感じませんでした。何よりどの料理もおいしい!ほぼ全種類を制覇して、なんじゃこりゃっ?てのは一つも無かったです。その場で作ってもらえるフォアグラオムレツやステーキもたまりません。この時点ですでに腹が苦しいのに、やはりデザートは無視できず何度も手を伸ばしてしまいました。

ただ、制限時間が90分なので優雅に談笑しつつ食事をするのは難しそうです。ここは食べることに集中して後の喫茶店で盛り上がりましょう。ホテルのレストランだからと言って、いろいろなことを求めすぎると楽しめなくなってしまうかもしれませんね。

harmony


nabechann at 00:47|PermalinkComments(6)TrackBack(0)食べ歩き 

2010年07月31日

エイサー

acer

新宿駅で電車を降りるとすごい人だかり。

なんじゃろーって見てたらエイサー祭りでした。

パフォーマンスを楽しむよりも、エイサー好きの人がこんなにいることに驚き!

nabechann at 00:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)生活 

2010年07月25日

高松3

香川県庁

高松に滞在しているのに市内観光ができてないことに気づきホテル近くの香川県庁へ行ってみた。コンクリートながらも伝統的な木割が日本美を感じさせる丹下健三の代表作。素敵。ぜひ庁舎の中も覗いてみたかったけど休みで閉まっていた。ところで、横浜にもタンゲ作品ってあるんだろうか?調べてみると意外なことにみなとみらいの横浜美術館が彼の設計だった。うーん、微妙。

小豆島では田園風景の中を散策しながら作品を鑑賞。日射しが強くてくらくらする。小一時間ほど歩くと竹で造られた大きな建物が見えてきた。アジアな雰囲気が漂う王文志、小豆島の家。中はけっこう涼しくいい感じ。ちょっと休憩していこう。

交通整理をしている人に聞いて千枚田の位置を確認する。期待して細い道を上がっていくとたしかに棚田の風景が視界に広がった。アレ?このちょっとガッカリした気持ちは何だろう。自分的に小豆島のメインだったんだけど。・・・そうか。棚田に水が張ってないせいだと思い当たる。ガイドブックの写真では水面が夕日で紫に輝いていたっけ。仕方ない、それはまたの機会に。

小豆島の家


nabechann at 02:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0)旅行