開業社労士の奮闘日記

浜松市で開業している社労士の日常を気ままに書いたブログです。社労士試験の勉強法やコツから合格後の開業準備・実務までの体験談を書いています。何の役にも立たない趣味などもときどき書きます。

前提として

助成金の問い合わせをよく受けるのですが、
会社によってはその前にやるべきことができていない会社も中にはあります。

例えば、
出勤簿がなかったり、
労働契約書がない。
残業の計算方法が正しくなかったり、
残業代が支払われていない。
就業規則が古く、実際とあっていない。


助成金を受けるにもその前提として、
法律で決められていることをきっちりとやっていることが前提としてあります。


支給申請したとしてもそのあたりも当然チェックされますので注意が必要です。


ただ、これらに関しては、助成金を受ける受けないにかかわらず、
労使トラブルを避けるためにも、しっかりとやっておくことをおすすめします。










働きながらの年金

働きながら年金をもらう方の場合、
その方のお給料によっては年金が調整されることになります。


いわゆる「在職老齢年金」と言われるものです。


細かい制度概要は省略しますが、
社労士として当然よく相談を受けます。


従業員の方の場合もそうですが、
社長さんなどの役員の方も当然対象です。


ここ最近は、そういった役員の方の相談が続きました。
できればもらえる年金は減らしたくないでしょうし、
うまく調整できるのなら調整したいと誰しも考えることでしょう。


まだ読んでないのですが、ちょっと面白そうな本を発見しました。
内容的にもよく聞かれそうな内容です。







やっと、やっと、助成金審査終了しました

65歳超雇用推進助成金。
その中の65歳超継続雇用促進コース。


65歳以上へ定年を引き上げたり、
希望者全員を対象として66歳以上の年齢まで雇用継続制度を導入したり
する場合に支給される助成金です。


60歳以上の従業員の方がいる会社は支給申請できる可能性があります。


今年5月から支給額が変更になり、若干魅力が減ったかもしれませんが、
高齢者を雇用していて、ずっと働いてもらいたいと考える会社にとっては
魅力的な助成金のひとつには変わりありません。


今現在はどうかわかりませんが、私が申請したのは今年の3月。


その審査がやっと終わりましたと先日連絡がありました。
支給申請してから約7カ月。

長いよ・・・・。

ここまで長いのは初めてです。

膨大な申請があるため時間がかかっているとのことでしたが、
待っている身としてはちょっと不安になりますね。

でも支給決定が問題なくおりてよかったです。


助成金の手続きしました

人材開発支援助成金のセルフキャリアドック制度。
昨年まではキャリア形成促進助成金の中にあった助成金です。


今日、計画届を提出してきましたが、
昨年までよかったのに、今年からダメとのことで
修正を求められた個所がありました。


まあ、修正すればいいのでそんなにたいしたことはないのですが、
その年、その年で助成金の申請もころころ変わるので、
その都度合わせるのが大変です。


もちろん、こまめに確認すればよいのですが、
マニュアルには書いてないことなどで実は変わっていたりすると
気づかずにそのまま提出してしまいます。


労働局でも最終的に確認してくれているようなので、
計画届の段階では訂正依頼の連絡がきたらその指示に従って
修正すればOKとなります。


ただし、絶対に連絡がくるとは限りません。
出来るならば事前に確認することがベストです。










電子申請

退職者がいるので退職の手続きを取ることになるのですが、
その手続きも最近は電子申請で処理をしています。


私が使っているのはセルズの台帳というものですが、
慣れてしまうと非常に便利。

サクサクとでき、役所に出向くこともなく、時間もかかりません。


離職票なども通常その日のうちに返信されてきます。
早い時には1時間以内に返信してくれることもあり、重宝しています。


ただ、保険証の回収だけはどうしても郵送(又は持参)しなければなりませんので、
そのあたりが何とかならないものかと思っていますが、
無理なのかな・・・。

1億円を目指すわけではないのですが・・・。

タイトルが面白そうなのと当事務所にも助成金の問い合わせはよくくるので、
購入して読んでみました。



5年で売上1億円を達成した社労士が助成金で顧客をどんどん増やす方法を教えます




知りたかったことがよく書かれて言いますし、
申請する際の注意点なども載っていてとても勉強になりました。


どうしても助成金をやる際は失敗ができないことや
日付や書き方を間違えただけでも不支給になる可能性がありますので
神経を使います。

そのあたりもこともしっかりと書かれていて満足です。

取り扱いやすい助成金にポイントを絞って解説してくれているので
興味のあるかたは是非一読をおすすめします。

29年度版を購入


新しく最新版に買い換えました。
いろいろな質問事例が載っていて参考になります。


読み始めると止まらない

労働保険の年度更新、社会保険の算定もおわり、
ちょっと余裕の出来るこの時期、
何となく手にとって読んだこの本、おもしろく止まらなくなっちゃう。


アキラとあきら (徳間文庫)


仕事とは関係ないですが、
興味ある方は是非手に取ってみてください。
気になるおすすめ商品





Profile
ブログランキング
Archives
コメントありがとうございます!
QRコード
QRコード