みなさま、5日なのにすみません。

あけましてめでとうございます。今年もよろしく〜ん。

さてさて、ここのところ夜の時間があまりとれず何もせずに寝るという日々が続いていましたが、高杉さんの所の日記読んだりしていたら、なんとなく破天も出たしやろうかな〜という気になり、某尼に破天はどうよ?ときいたところ、新参者ゾーンなるものがなかなかよろしいと聞いたので、さすがの正月。夜くらいは時間が取れたので、思い切って2アカ分のキャラ復活+アップグレード。見事復活と相成りました。(何故2アカ復活させたかは・・・ひ・み・つ  とても言えない。)

んで、さっそく新職業、傾奇者を作成。どうも忍者と神職を足したような技能をもってます。

ので、始めは魅力と器用ふりかな〜とおもったけども、徒党では器用はいらなそうなのと、忍者並にのびるということで、致命的に低い耐久(2!)にふって、あとは技能をいっぱい使いそうなので、枠を増やすために知力ふりました。魅力・腕力は必要なら付与で補うため無視。

結果、4・9・5・9・3。となりました。

まずは隠れ里に降り立ち、施設巡りとお約束のネズミやコウモリ、盗人を倒してこいというクエストをこなします。報告で経験・お金がもらえるのはいいのですが、何故か一緒に習得もくれる。しかも半端無く。

「屯所兵長にあってこい」という1分で終わってしまいそうなクエストでも1800とかくれます。おかげさまでな〜にもやらなくても、レベルも上がるし、技能も覚えてしまう。武具もクエストの課程で結構良い物がもらえます。まさに至れり尽くせり。

1日でレベルが12、あで上がってしまいました。

高レベルが入れないので、生産もお金もクエストも自力で集めないといけません。合計で1貫もかからない生産で出資計算なんて久しぶりにしましたw 20文の清水でなやんだり。頼るところがなく、正に初心に帰った思いでした。

傾奇者には心得、能楽、演舞、外連の目録があり、あとは懐健術、剣術、槍術があります。

心得は採集(傾奇者は材料採集)、回避は極意まで、あとは戦闘が終わって無敵時間に15%気合回復なんてものあります。能楽は歌を歌ってその場に特性をもたせたりします。演舞は地勢の強弱をつけたり。属性付き攻撃があったり。あと陣形もあります。外連は物理系や、気合韻などなど。殺陣もここで覚えます。

武器の3つも必要なものはあり良い感じ。

新参者クエストは基本的にソロでやることが多いのでまずは、さくっと施設周りで反撃を覚えて、

序盤は当たると回避があがる技能+回避入門でさくさく進みます。

レベルが上がって枠増えたら回避入門入れたり、新参者連撃いれたり。逆に傾奇者の技能は徒党で役にたつので入れる必要はないかも。

12の時点で心得、演舞、能楽、外連の2まで皆伝。かな〜り良い感じです。

昨日は、前の日の続き。いよいよ隠れ里が敵対しているという波多野家の領土に入っていきます。

足軽から鎧奪ったり、米盗んだり、重心を倒したり。ここまででレベルは16。心得・外連の3皆伝です。

いよいよ、波多野家頭首様との戦闘です。敵は3体ですが、回避応用+回避があがる攻撃の2が神で3体でもさほど苦労せず撃破。その後怨霊になって復活。

レベルが19だったのでさすがに無理だろうということで落ちました。今日にでも徒党くんで終わらせよう!

久々の信長ですが、新鮮でなかなかいいものです。