「お化け」や「妖怪」などと非難を受けた李さん。 


 年間300万人が施術を受ける“美容整形大国”となった中国から衝撃的な一報が届いた。中国河南省の少女・李蒽熙さん(15)は美容整形手術後、その美しく変貌した顔をSNSで公開したところ、 あまりに白すぎる肌や、とがった顎やアニメ絵のような目が違和感を持って受け取られ、ユーザーから「お化け」や「妖怪」などと一斉に非難を受けてしまったという。台湾のニュースサイト「アップルデイリー」が10日に伝えている。

 しかし、本人はそんなネガティブな声には屈せず、「賛否があればあるほど、私がきれいということ」と強気な発言を続け、さらに李さんの美容整形に否定的なユーザーに向けて改めて反論している。”私に文句を言っている人たちへ……”と口火を切り、「あなたは15歳の時に毎日ブランドの香水をプレゼントされたことがあるのかしら? あなたは15歳の時に毎日高級車で迎えに来てもらったことがあるのかしら? あなたは15歳の時にいろんな都心に行ったことがあるのかしら? あなたは15歳の時に1か月で50万元も使ったことがあるのかしら? もしないのなら、おだまりなさい。 私に文句をいう資格はありません。 今の社会はどんどん進んでるの、乗り遅れるわけにはいかないわ」と続けている。

●注目記事:

整形手術前は可憐な美少女だったのに…

 SNSでは手術前の李さんの顔も見ることができるが、その素顔は美容整形など必要ないと思えるほど可憐で可愛らしい。また、不自然にまで膨らんだバストを見る限り、豊胸手術まで受けたものと思われる。15歳の若さでなぜこのような行為に走ってしまったのか。両親はどう感じているのか。そのあたりの疑問については一切報じられていない。

 杭州は昨日から寒い天気である。
この記事を見てますます寒くなった。中国人はまだ他人との比較で幸せになったり不幸に感じたりするレベルである。国民全体がそうなのだ。
かつての日本もそうだった。隣が車を買ったから車がほしい、海外旅行に行きたいなどということは、自分の幸せ基準が他人や世間の物差しであったことを物語っている。
日本人が変わったのはいつごろだろう。バブルが崩壊した頃だったろうか?
自分のものさしで人生を歩いていこうという機運が高まった。
自分は自分、そう思うようになって日本人は変わった。
考えてみれば、まだ20年前の話だ。
中国人の考え方はまだ昔の日本人だ。この国が変わるのはいつだろうか?いや、永久に変わらないかもしれない。