March 20, 2015

中国人 ついに南極へ

どこにでも大挙して訪れ、一部はマナーの悪さで世界のひんしゅくを買っている中国人観光客が、ついに地球の最果てにまで到達した。

 中国のホウハイ新聞によると、南極観光に訪れる中国人が増えており、傍若無人の振る舞いに出る者が後を絶たないという。

 ある中国人カメラマンによると、撮影のために南極を訪れたところ、多くの中国人観光客と遭遇。彼らは、「夢中になりすぎて、ペンギンを追いかけたり、群れの中に入り込んで記念写真を撮ったりしていた」のだという。

 実は南極にはさまざまな規制があり、ペンギンなどの動物を捕まえたり、群れを乱したり、餌を与えたり、触ったり、接触して驚かしたりすることは厳しく禁じられている。観察や撮影の際には、ペンギンや鳥は5メートル、アザラシは15メートルほどの距離をとることが求められている。

 南極に上陸するためには南極条約(南極地域の平和的利用を定めた条約)に定められている許可が必要で、種々の規制については中国人観光客たちも事前に聞かされているはず。これには中国のネット民たちも「南極にまで行って恥を晒して、次は火星で恥を晒すのか!」とあきれている。

 迷惑を被っているのは、追いかけ回されるペンギンたちだけではない。現地にある中国南極観測隊の基地も、同胞旅行者たちの“襲撃”を受けて困っているのだという。多くの旅行客が事前の承認なしに基地を訪れるため、隊員たちの作業に支障を来しているのだ。「押し寄せる中国人観光客の数が増えてきており、基地の観測活動が完全に乱れてしまっています」と、中国国家海洋局の主任も自国民の行動にはお手上げのようだ。

 国際南極旅行業協会の統計によると、南極を訪れる中国人観光客の数は、2003~04年にかけてはたった37人だったのだが、10年後の13~14年には約100倍の3,328人にも上り、現在ではアメリカ人、オーストラリア人に次いで3番目に多いという。

「中国人観光客は、誰も行ったことのないところに行きたがる。帰ってきてから自慢できるから。そのためなら、いくらでも払う」と語るのは、南極ツアーを実施している香港の旅行会社の副社長。彼によると、先日の春節期間に行った全行程15日間の南極ツアーでは、費用が13万香港ドル(約200万円)という高額にもかかわらず、参加した人の3分の2が内地人(=中国人)だったという。

 観光客が少しはしゃぎすぎる程度ならまだいいが、「南極は古来より中国固有の領土」などと言いだしたりしないことを祈りたい……。

 南極に行った中国人は中国製カップヌードルをペンギンに前で食べて、残ったスープをペンギンに与えているらしい。スープを飲んだペンギンは七転八倒したらしい。


nabesholtd at 13:11|Permalink

「竹鶴」 二年連続世界最高に

英国のウイスキー専門誌が主催するコンテスト「ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2015」の最終選考が19日、ロンドンで行われ、ニッカウヰスキーの「竹鶴17年」が、ブレンデッドモルト部門で、世界最高賞に輝いた。「竹鶴17年」での受賞は昨年に続き2年連続、3回目の最高賞受賞となる。

 「スモーキーでありながら甘みを感じさせるバランスのとれた味わいが絶妙だった」との評価だった。

 NHKドラマ「マッサン」で人気上昇しているニッカのウイスキーの主力ブランドがこの「竹鶴」だが、またひとつ栄冠が加わった。

 昨年11月には、サントリーの「シングルモルトウイスキー山崎シェリーカスク2013」が英国の著名ガイド本「ウイスキー・バイブル2015」で、世界最高のウイスキーに選ばれたばかり。ジャパニーズ・ウイスキーの勢いはまだ止まりそうにない。

 「スモーキー」はスモークと同じで、燻製のような味のことである。泥炭を焚いて麦芽に香りをつける。これはスコッチウィスキー独特の手法だが、好き嫌いがある。
アイルランドやスコッチで少々きついものがあるが、日本のウィスキーはほどほどであり、甘いフレーバーが一緒にあるので飲みやすくなっている。ここがキーポイントだ。ピートで焚き、熟成を長くすることにより可能な味わいだ。ちょうど甘い男の色気の中に渋さがあるような感じであろうか。
日本人のこだわりが深みのある味を作っている。


nabesholtd at 12:15|Permalink

TAG Heuer  GoogleとIntelと提携

TAG Heuer(タグ・ホイヤー)は3月19日(現地時間)、スイスで開催されている時計と宝飾の世界的祭典「Baselworld 2015」のプレスカンファレンスにおいて、GoogleおよびIntelと提携すると発表した。スマートウオッチ開発のため。

3社が提携して開発するのは、Intelの技術とGoogleのウェアラブル端末向けOS「Android Wear」を搭載したスマートウオッチ。機能の詳細や価格については明らかにされていない。発売は第4四半期頃になる見込み。

スイスの時計メーカーであるタグ・ホイヤーからスマートウオッチが発売されるのはこれが初めてとなる。

Appleがスマートウオッチを発売すると、時計業界は様変わりするのだろうか?
サムソンやソニーが出しても変わらなかったのに。
なんかすごいなと思う。
Appleが車を出せば、車業界が変わり、Appleがロボットを出せば、ロボット業界は変わる。
そんなことが現実になりそうだ。



nabesholtd at 11:37|Permalink

スカイマーク あとは野となれ山となれ

民事再生手続き中のスカイマークに対し、債権者が返済を求める総額が約2千億円になったことが19日わかった。これまで約711億円とされていたが、航空機の購入をめぐりトラブルになっていたエアバスが、違約金として求めていた7億ドル(約830億円)の債権を裁判所に届け出たことなどで、3倍にふくらんだ。

 裁判所への届け出は18日に締め切られた。エアバスのほか、スカイマークが使用をやめた中型機「A330」をリースしていた米国のリース会社も数百億円を届け出た。両社とも、再生手続きに協力する姿勢を示したことになる。

 民事再生手続きでは、届け出があった債権(スカイマークにとっては負債)を、スカイマークが支援企業から得たお金と営業で得たお金で弁済する。どの程度弁済するかは債権者との話し合いで決める。弁済額を決めたうえで、5月29日までに再生計画案を東京地裁に提出する。6月下旬に開く債権者集会で、過半の同意を得る必要がある。

 民事再生はやめて破産にしたら?


nabesholtd at 11:13|Permalink

米ヤフー 中国から完全撤退

台湾メディアの東森新聞雲は19日、米ヤフーが18日、中国本土で唯一の物理的拠点である北京の研究開発センターを閉鎖し、中国本土市場から完全撤退すると発表したと報じた。200~300人が解雇されるとの情報がある。
報道によると、ヤフーは「資産を再編し、特定の業務をほかのチームに統合する形で協力とイノベーションを促進する」と説明。すでに北京の従業員らに対して、同センターの閉鎖を通知したとしている。
海外メディアの報道によると、同社は2014年末時点で世界に約1万2500人の従業員を雇用していた。ただ、昨年10月以降に700~900人を解雇したとみられ、その大部分が米国以外の地域の従業員とされる。消息筋によると、ヤフーは中国本土での解雇者数を明かしていないが、現地の従業員は200~300人とみられる。
ヤフーのマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)は株主の米スターボード・バリューからコスト削減を求められており、今回の解雇もコスト削減計画の一環だとされる。

中国でインターネットは中国企業しか認められないようだ。
国が管理しているから難しい分野だ。


nabesholtd at 10:14|Permalink

中国経済は自虐の域に

中国国営の新華社はこのほど、「4つの怪奇現象」のために中国の製造業が苦しんでいるとする論説記事を発表した。

 第1の怪奇現象として、日本に行けば洗浄機能付き便座や炊飯器、ドイツに行けば刃物、フランスに行けばトランクやアパレルなど、自国民が海外旅行をすれば、自国で製造しているハイエンド製品を争って買い求めることを挙げた。

 記事は、「中国の製造病が直面している問題は、いかにして製品の品質とブランド価値を向上させ、消費者の信用を得ること」と評した。

 第2の怪奇現象は、「大なたを振るっても小さな分け前しかない」とした。ボーイングやエアバスの旅客機では、中国企業が全行程の3分の1程度を担当するが、利益は10分の1。「iPhone」では、アップル社が利益の6割近くを取り、中国企業は1.8%程度という。

 記事はハイエンド製品について、「スマイル・カーブ」の両端を伸ばすことで中国製品の付加価値を高めよと主張。「スマイル・カーブ」とは台湾のパソコン及び関連機器のエイサーを創業した施振栄氏が提唱した企業戦略。

 下に凸型の放物線のような曲線で、左側は「研究開発」、中央部分は「製造」、右側は「ブランド性やサービス」を意味する。左右の部分が上に伸びているのは、付加価値が高いことを意味する。施氏は、研究活動やブランド性獲得、サービスの充実に力を入れてこそ、企業は大きな利益を獲得できると主張した。

 記事は第3の怪奇現象を「生産過剰なのに輸入」と指摘。工場は在庫の増大で悩んでいるのに、どうしても高い価格の外国製品を輸入することになると論じた。記事は、低付加価値商品から高付加価値商品へと産業構造を転換させねばならないと論じた。

 第4の怪奇現象は「無秩序な競争で自滅」とした。例として家電業界を挙げた。熾烈(しれつ)な値引き競争で、姿を消してしまった企業もあり、生き残った企業もすべて「負傷した」と説明。値引き競争に走らざるを得ないのは核心的技術を掌握していないことで、世界に向かって伸びるためにも、技術こそが勝利を得る鍵と論じた。

 中国人を見て思うことは、一度やったことしかできないということだ。
自分がやったことの無いことはできない、つまり誰もやったことの無いことなどできるはずが無いのだ。これは脳におけるイメージ力が不足していることをさしている。
なぜだろうか?
中国人は過去、現実のみを見つめる。将来などイメージできないのだ。
子供のときから勉強、勉強である。前にある成績だけが目標なのだ。人生に悩むことは子供であっても反抗にしか映らない。
もっと、子供のうちは自然に親しみ、なぜ?という疑問を持つことだ。なぜ?それは中国人にとって危険思想なのだろうか?もしそうだとしたら、脳は単純なことだけ考えるようになる。
イメージは育たない。独創的技術はイメージ無しには生まれない。
評論家の言うことはいいが、もっと根底から変えるべきことがあるはずだ。



nabesholtd at 08:59|Permalink

大日精化工業 中国から撤退

東証1部上場で顔料や着色剤などを扱う色彩総合メーカー「大日精化工業」は、100%間接出資子会社の「DAINICHISEIKA CHEMICAL (SHENZHEN) FACTORY」(中国深圳市)を解散および清算すると発表しました。

1992年に設立の同子会社は、合成樹脂の着色加工を主力に事業を展開しているものの、2013年12月期は営業赤字に陥るなど業績が低迷しているため、現状での事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

3月17日付で同子会社にて解散を決議し、2016年12月末をめどに清算が結了する予定です。

着色加工をしているとあるが、価格で中国企業に勝てるはずも無く。



nabesholtd at 08:44|Permalink

レッツ、バケーション

 杭州はぐずついた天気が続いている。
今週はずっと雨か曇りだ。気が滅入る。
今日は金曜日である。今夜の便でタイのクラビに行く。
天気予報によれば、クラビは晴れ、気温30度である。クラビは1-3月は乾季で雨は夕方にわか雨が降るくらいだ。4月からは雨季となるのでちょうどいいタイミングだ。
土、日、月はそこで過ごす。ビーチで冷たいカクテルを飲むのもいい。
私の友達がクラビに別荘を持っているのでそこに泊まる予定だ。
美味しいタイ料理でも食べよう。

 その後、日本に帰ろうと思ったら、中国ー日本便が満席である。
桜を見たいと、中国人がわんさか日本に行くらしい。ちょうど、4月の周末は三連休だ。3月の月末に行って、連休に帰ってくるスケジュールだろう。中国の桜は貧相だ。まあ武漢の桜は日本と同じで華やかであるが、あれは日本人が植えたものだ。
今月末は桜見物にたくさんの中国人が現れ、そこら中に痰を吐くだろうからうっかり座ることもできないだろう。まあいい、爆買いで日本の景気が潤うなら痰くらい我慢しなきゃ。


nabesholtd at 08:42|Permalink

March 19, 2015

中国のビザだが

 4月3日で1年Mビザが切れるので、月末から更新手続きを杭州でしようと思ったのだが、日本でやってくれとのこと。今まで10年も中国で更新してきたのに?
ビザのところでは、今までがおかしい、できるはずがないとまで言われた。
ん?ん?
去年から厳しくなったとは知っていたが、今年はさらに変わったのだろうか?
まあ担当者が変わって、ルールも変わったのだろう。
日本で取ったら、一回の更新は中国でできるとのこと。
しょうがない、日本で2年マルチ、一回90日滞在で、最短3日くらいだそうだ。
こっちのほうが早いじゃん。

調べてみた。
新しい通知により、中国での滞在1日でもZビザが必要なケースが
2015年1月1日よりスタートする。
ポイントは「子会社」か「提携先」か?
既に出張の予定を組んでいる人も多いと思われ、注意を促したい。
1)仕入先に対する技術指導、検品
  ⇒短期業務任務遂行⇒1日目からZビザ
2)孫会社、合弁会社などに対する技術指導など
  ⇒短期業務任務遂行と認定される可能性あり⇒1日目からZビザ
  ■罰則 不法就労(無断就職)
被雇用者 罰金5,000~20,000元 拘留5~15日
雇用者   罰金1人につき10,000元、再高100,000元」


ということだ。



nabesholtd at 16:59|Permalink

シャープ 3000人のリストラ

 シャープは3月19日、国内従業員の1割に当たる3000人規模の希望退職を募集する方針を固めたという一部報道に対し、「厳しい経営環境を受け、固定費全体を対象として削減について様々な検討を行っているが、役員の報酬返上など以外に決定した事実はない」というコメントを発表した。

 日本経済新聞は同日付けで、シャープが2015年度に国内で3000人規模の希望退職を募集する方針を固めたと報じた。給与水準も引き下げる見通しで、希望退職や福利厚生の見直しなども含め500億円規模の固定費を削減したい考えという。昨年12月末時点の同社国内グループ従業員数は約2万4000人。

 同社は報道について「当社が発表したものではない」とコメント。「抜本的な構造改革を踏まえた様々な検討を行っておりますが、決定した事実はない」としている。新中期経営計画は5月をめどに公表する予定。

 シャープは今期の連結最終損益が300億円の赤字に転落する見通しを明らかにしているが、赤字はさらに膨らむ可能性がある。同社は主力2行に経営再建に向けた金融支援を要請したが、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行はリストラ策を強く求めており、日経新聞によると同社は希望退職実施の方針を2行に伝えたという。

 さらにこういう記事が出た。
 経営再建中のシャープは、グループ従業員約5万人の1割強にあたる6000人規模の人員を削減する検討に入った。
北米の販売会社(2000人強)を縮小するほか、メキシコ工場(2000人弱)などの売却・閉鎖も検討しており、現地で採用している社員の大半を削減する。

前にシャープはリストラはしないといっていたのに。もう忘れてしまったか。
飛ぶ鳥を落とす勢いだったシャープ。草木も靡くシャープ、破竹の勢いだったシャープ。
いまや見る影も無い。奢れる者は久しからずのシャープ、リストラでやせ細ったシャープ。



nabesholtd at 09:45|Permalink

住友商事 赤字転落か?

住友商事は、2015年3月期決算の純損益が赤字になる公算が大きくなった。これまでの業績予想では100億円の黒字を確保する見込みになっているが、資源価格がさらに下がって業績に影響が出る可能性があるという。赤字になれば、1999年3月期決算以来16年ぶりになる。

 住商は昨年9月、米テキサス州のシェールオイル開発が計画通りに進まなかったり、オーストラリアの石炭事業やブラジルの鉄鉱石事業が資源価格の低迷で利益が上がらなかったりして、約2400億円の損失が出ると発表した。この影響で15年3月期決算の純損益見通しを2500億円の黒字から100億円の黒字に引き下げた。

 資源価格はさらに下がり、損失がふくらむ可能性がある。資源以外の分野でも主力の鋼管販売などが市況低迷に直面している。

 住商は月内に、社内の経営改革特別委員会が資源投資などの検証をまとめ、15年度から3カ年の新たな中期経営計画を発表する。

 シェールガスの特損計上で、いろんな部署から損失を計上する動きが出てきているようだ。
100億円くらいの損失じゃ、目立たないから。
まあ、そういうことだから来期はプラスになるんじゃない。



nabesholtd at 09:33|Permalink

八王子 機械装置製造の「株式会社サンテック」倒産

東京都八王子市に本拠を置く機械装置製造の「株式会社サンテック」は、3月4日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

同社のホームページによると、2000年に設立の同社は、複合粉体用自動秤量装置や工業LAN化機器など各種機械装置の設計・製作・施工を主力に事業を展開していました。資本金は1650万円です。

2000年といえば、インターネットバブル全盛期である。
その時期に創業したところは銀行が融資した時期でもあるから、結構な借入金があったんだろうな。

ところで、何で「バブル」というか知っているだろうか?
1720年のイギリスで起こった投機ブームで、南海会社が仕掛け人であった。株が急激に高沸し、急激に下がった。南海会社の株は100ポンドから6ヶ月で1050ポンドまで上がったのである。
それが、2ヶ月後には50ポンドまで下がった。
そのときの急落の原因となったのが、「泡沫会社規制法」であった。
過去にバブルは何回もおきた。1637年のオランダのチューリップバブル。1872年の日本のウサギバブルなど、奇妙なバブルもあった。
実際の経済とはかけ離れたマネー市場の加熱がバブルを引き起こし、多くの人を狂わせる。
あっ、この記事とは関係ないですから。



nabesholtd at 09:27|Permalink

山形市の商業ビル経営の「山形中央開発株式会社」 倒産

山形県山形市に本拠を置く商業ビル経営の「山形中央開発株式会社」は、3月9日付で山形地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1973年に設立の同社は、山形市の市街地にある七日町商店街の商業ビル「セブンプラザ」の管理・運営を主力に事業を展開するほか、関連会社を通じ隣接する立体駐車場の運営や同商業ビルにて衣料品・雑貨店の経営を手掛けていました。

しかし、郊外に大型ショッピングセンターなどが進出したことから商店街の空洞化が顕著となり、テナントの入店が不振に陥ったため業績が悪化、同商業ビルを売却し今回の措置となったようです。

負債総額は約28億円。

私は山形県生まれである。ビートキヨシと同じだ。
山形市は大学一年のときに住んだことがある。七日町商店街は下宿から大学に行くときの通り道であった。結構にぎやかな地域だった。今から40年近く前の話である。
あのときの私は痩せていて、カッコよかった(自画自賛?)
ふふ。



nabesholtd at 09:07|Permalink

油は健康にいい

「コレステロール」と聞いて、まだ多くの人は「血液がドロドロに」「太る」「悪玉と善玉」など、健康に悪いイメージをするだろう。数値の高さを気にしてアブラ(脂質)の摂取を控えている人も少なくない。

 ところが、この"常識"がいよいよ変わろうとしている。「アブラは積極的に摂ったほうが体にいい」――。

 今年2月、米厚生省と農務省が設置した「食事指針諮問委員会」で「コレステロールは過剰摂取を心配する栄養素ではない」という報告書を公表した。各種調査結果から、「食事によるコレステロール摂取と(動脈硬化などの病気の危険を増すこともある)血清コレステロールの間に明らかな関連性はない」と結論付けた。この見解は、米国人の食生活に関するガイドライン(2015年版)で示される。

 日本でも昨今、「炭水化物(糖質)は控えたほうがいい」という「糖質制限」ブームが起きた。これを主張してきた医師の中にも、脂質の積極的な摂取を主張する人は多い。

 これまで3000人を超える肥満や生活習慣病の患者を治療してきた、こくらクリニック(沖縄県)の
渡辺信幸院長は、次のように説明する。

 「コレステロール値が高くなると動脈硬化が起きると言われているが、元々の根拠となっているのは、1913年にロシアの病理学者
ニコライ・アニチコフの実験。ウサギにコレステロールを与えたら動脈硬化を起こしたというものです。草食動物のウサギに無理やりコレステロールを食べさせても受け入れられるはずがない。しかも、このときウサギにできた動脈硬化は血管の外側。血管の内側にできる人間とは全く違う症状でした」

悪者にされたコレステロールは "被害者"だった?

 コレステロールが動脈硬化の原因だと考えられてきたことについてこう言及する。「動脈硬化を起こした血管にコレステロールが付着していたことが発見されたのは19世紀のこと。しかし、近年の研究では、実際には動脈硬化による炎症で傷ついた血管をコレステロールが集まって修復しているということがわかった。火事でたとえると、『火を消すために現場に駆けつけたのに、そこにいるというだけで火をつけた犯人』とされた"被害者"だったわけです」

 コレステロールは、体内に60兆個ある細胞の膜を構成する必須成分だ。そして、もうひとつの大事な役割は、ホルモンの材料になること。よく知られている男性ホルモンや女性ホルモンをはじめ、甲状腺ホルモン、体内の炎症を抑える副腎皮質ホルモンなどを合成する。

最近では、コレステロール不足が脳内物質セロトニンの不足につながり、うつ病やアルツハイマーの原因になることがわかっているという。

卵は一日3個以上食べたほうがいい

 とはいえ、「コレステロールを食べすぎると太るのでは」という心配がある。

 渡辺医師は「食べ過ぎた脂質は人体に吸収されず、最終的には水分と二酸化炭素として排泄されてしまうので、多くは下痢をしておしまいです。動物性脂肪を避ける人が増えていますが、肉の脂肪分には人の体内では合成できない必須脂肪酸が含まれています。体に必要な栄養素を摂らないから、体調を崩したり病気になったりする」と指摘する。

 そこで渡辺医師が推奨するのは、肉(Meat)・卵(Egg)・チーズ(Cheese)を積極的に食べる「MEC食」だ。1日に肉200g、卵3個、チーズ120gを食べるのが基本。これだけで、毎日の必須栄養素をほぼ網羅することが可能だという。

 「穀物・野菜中心の食事では必須栄養素が足りず、人体はガス欠状態になって傷みます。しかし、高タンパク質・高脂質のMEC食は、血液や筋肉や骨になる材料としては十分。その働きを助けるビタミンやミネラルも豊富です」
 
 ただし、すでに世界的に規制の広がっているトランス脂肪酸は摂取を控えたほうがいい。心筋梗塞や狭心症のリスクを高め、アレルギー疾患を増加させる可能性がある。トランス脂肪酸は、マーガリン、ショートニング(食用油)、クリームなど人工的に作り出されたものに含まれる。

へ_、へー!!!目が点になるほどの衝撃である。
今までの常識が次々と覆されることが起きている。ふむふむふむ。
そういえば、コルステロールが多いほど若く見えるのもそのせいか?
中国人は油を飲んでいるくらい摂取量が多いが、昔は痩せている人が多かった。ハンバーガーなどのファーストフードが入ってきてから太りだしたようだ。



nabesholtd at 08:57|Permalink

自分が作ったお菓子は絶対食べない 中国の常識

中国の若者に大人気のスナック菓子“Latiao”。しかしそれを食べ続けることは体に危険かもしれないといった映像が公開され、中国版Twitter「ウェイボー」を中心に若者らが大変な怒りをみせているという。

中国の若者の間で大人気のスナック菓子に、生産している食品会社が53も存在するスパイシーな味付けの“Latiao”がある。このほどその1つである生産工場に潜入して撮影された映像がニュースで公開され、若者らは「いずれはこのスナック菓子が原因で健康被害が出る」と激怒しているもようだ。

この画像は中国のメディア「english.sina.com」が伝えているその記事のスクリーンショット(左下はその商品のイメージ)。河南省開封市にあるJingsong Food Company社の工場に入り込んだカメラが捉えたのは、ギトギトの黒い油脂にまみれた生産ライン、不潔な容器に詰まった調味料らしき赤いドロドロした液体、そして頭にキャップは着用しているものの、マスクも手袋もせず会話しながら作業を続ける女性従業員たちの姿であった。素手に皮膚炎を患っている者もいる。おまけに隣はトイレ。その床は一面が汚水混じりの水浸しで、ある女性はトイレの使用後に手も洗わず作業に戻って行った。

Latiaoの主原料は大豆と小麦粉。そこに調味料や様々な食品添加物が加えられているというが、「北京食品安全委員会(Beijing Food Safety Committee)」は2011年5月、このスナック菓子について安全性に疑問があることから製造販売を一斉に禁じていた。しかしLatiaoは人気商品であるだけに、Jingsong Food Company社も社名を変更しては巧みに製造販売を続けていたという。

北京の保健衛生当局から送られてきたという警告文書にも、「衛生管理とか言われても、ここは田舎ですからその辺はのんびりとしていますよ。河南省にある食品工場のほとんどが、商品のパッケージに本当の住所や電話番号なんて記載していませんし」などと開き直ってみせた。

まあ、道徳もモラルも無い、あるのはばい菌だけ。
今は杭州では売られていないようだ。


nabesholtd at 08:48|Permalink

またマイクロソフトがやってくれました

米Microsoftは3月17日(現地時間)、次期OS「Windows 10」の生体認証機能「Windows Hello」と、サードパーティー製アプリやWebサービスにWindows Helloの機能を追加するためのプログラミングシステム「Passport(コードネーム)」を発表した。

 Windows Helloは、PC、タブレット、スマートフォンでのWindows 10の起動の際に、パスワードの代わりに顔、虹彩、指紋での認証でログインする機能。指紋認証リーダーや、米Intelの「RealSense」のカメラモジュールなどの生体センサーを搭載する端末で利用できる。Intelのカメラモジュール搭載端末は、Acer、ASUS、Dell、富士通、HP、Lenovo、NECなどが販売あるいは販売予定だ。

 Windowsの起動で、指紋認証リーダーに指を置くかカメラに顔を写すことでログインが可能。この機能はオプトイン(初期設定では無効)になっている。

 ユーザーの指紋・虹彩・顔のデータは端末にのみ保存され、Microsoftが収集することはない。例え端末が盗まれてもユーザー本人以外には端末をアンロックできないことになる。

 Windows対応アプリやWebアプリの開発者および企業のIT管理者は、「Passport」を採用することでサービスへのログインにWindows Helloを使えるようになる。Windows 10ユーザーはPassport採用サービスへのログインでは、生体認証あるいはPINコードを利用でき、サービスごとのパスワードを記憶する必要がなくなる。

 Passportは「Azure Active Directory」のサービスをサポートする。また、2月に発表したように、Windows 10はパスワードに代わる新しい認証技術「FIDO」を採用するので、Windows Helloはクリティカルな企業のサービスでも利用できるとしている。

 顔を認識してログインするというのはいいかもしれない。
さらにインターネット経由で、人工知能と常に会話できるようにしたらいい。
あっ、友達のいないさびしい人だと思われちゃったかな。


nabesholtd at 08:38|Permalink

チュニジアの首都チュニスで日本人5人死亡

チュニジアの首都チュニスのバルドー博物館で18日、銃を持った武装集団が外国人観光客らを襲撃し、同国のハビーブ・シド首相によると、日本人5人を含む外国人17人とチュニジア人2人が死亡した。

シド首相は、死者の中には日本人5人のほか、イタリア人4人、フランス人1人、ポーランド人1人、コロンビア人2人、オーストラリア人1人、スペイン人2人が含まれていると明らかにした。同博物館はチュニス中心部にあり、議会にも隣接している。

現場にいた観光バスの運転手は記者らに「彼ら(武装集団)は、観光客らがバスから降りると、いきなり観光客に向かって発砲を始めた」と証言した。

当局者によると、多数の観光客が博物館に逃げ込んだが、武装集団は観光客を人質に取って館内に立てこもった。その約2時間後、治安部隊が突入し、集団の2人を殺害、人質を救出した。武装集団の所属組織などは分かっていない。

テレビ映像では、治安部隊に保護されながら数十人が走って避難する様子が確認できる。中には高齢の外国人や、子どもを抱えて逃げる男性もいた。

ケリー米国務長官は、事件を強く非難する声明を発表し、安全で民主的な国づくりを目指すチュニジア政府への支援を継続する意向を表明した。

チュニジアでは2011年に政変が起き、リビアやエジプト、シリア、イエメンなどに波及した「アラブの春」の発端となった。チュニジアでは政変後、新憲法の施行や議会選が行われ、混乱の続く他国と異なり民主化のモデルとなっていた。

チュニジアの治安部隊は、米政府がテロ組織に指定するイスラム過激派組織「アンサル・シャリア」などと衝突したことはあったが、過激派の攻撃はアルジェリアとの国境近くなどに限られていた。

安全なところはどこも無い。そんな時代になった。
武器を造って売る連中がいる。それを買って人殺しをする連中がいる。なんという時代だ。


nabesholtd at 08:32|Permalink

ミミズ

 昨日の夜から降った雨は夜中には降り止んで、朝は遠くの山まで見える。
朝は30-40分の道のりを歩いてオフィスに来るのだが、途中は妄想、いや瞑想したりしている。
 雨の降った翌日は歩道に大量のミミズがいる。
ほとんどが息絶えているようにみえる。雨が土に染み渡り、呼吸ができなくなって地表に顔を出して、あるミミズはコンクリートの上を迷走する。
ミミズは一般に多くの動物のえさとしての役割があるが、ここでは鳥がミミズを食べているのを見たことが無い。おそらくミミズは有害な物質を摂取して毒ミミズになっているかもしれない。
それが本当だとしたら、ミミズは人間が作り出した汚染物質を取り込んで、食べられなくなるようになったというわけか。考えさせられる事象だ。




nabesholtd at 08:29|Permalink

March 18, 2015

中国 景気減速浮き彫り

 中国財政部が公表した今年1~2月の全国財政収入は経済の減速や不動産関連収入減などで、3.2%増と非常に低い伸び率となった。3月17日、北京青年報が伝えた。
個人所得税は前年同月比7.1%減少した。昨年は同30.7%伸びている。これは、年末のボーナスにかかる所得税を2月に組み入れるか、3月に組み入れるかの対応の違いが影響した。しかし、経済の下押し圧力で個人の所得が減少し、所得税も減ったと指摘する声もある。

 今はお金が回っていないようだ。
売掛金の回収が遅くなっているかもしれない。前金でやるようにしたいものだ。


nabesholtd at 17:54|Permalink

「国のために戦う」 日本最低

国の世論調査機関が加盟する「WIN―ギャラップ・インターナショナル」(本部スイス・チューリヒ)は18日、「自国のために戦う意思」があるかどうかについて、64カ国・地域で実施した世論調査の結果を発表、日本が11%で最も低かった。

 欧米諸国が下位に並び、上位にはパキスタンなど情勢が不安定な国が目立った。

 日本に次いで低かったのはオランダの15%で、日本と同じ第2次大戦敗戦国であるドイツが18%、ベルギー(19%)、イタリア(20%)が続いた。

 一方、最も高かったのはモロッコとフィジーの94%で、パキスタンとベトナムがともに89%で上位。

これで良いんですよ。国民は国のためにいるわけじゃない、国は国民のためにあるんだから。



nabesholtd at 13:26|Permalink