October 17, 2014

女性の自転車にGPS

京都府警右京署は16日、自転車のサドルに衛星利用測位システム(GPS)機器を設置し、女性(26)を見張ったとして、ストーカー規制法違反の疑いで、京都市右京区の男性会社員(43)を書類送検した。

 同署によると、会社員は、女性が以前勤めていた 商業施設に客として訪れて好意を持ち、2011年秋ごろから女性の後を付けるなどのストーカー行為をするようになった。12年春ごろ、女性の自転車のサド ル裏に小型のGPS機器を設置。約1週間後に回収し、行動データをパソコンで確認後、再び取り付ける行為を繰り返していたという。

 書類送検容疑は8月20日夜、サドル裏にGPS機器を取り付け、見張るなどした疑い。

 当初、女性はストーカー行為に気付いていなかったが、この会社員を職場だけでなく、自宅近くなどでも見かけるようになり、不審に思うようになった。8月26日、自転車に乗った際に違和感があり、サドル裏の機器を発見。右京署に相談した。

 調べに対し会社員は「好きになったが告白できなかった。思いを捨てきれず、女性の行動まで知りたくなりやってしまった」と話しているという。

43歳ですか。まじめな人と言う評価をする人、変態という人、陰湿だという人。

さまざまだろうが、この会社員は普通の人にとって意味のないことで興奮する変態である。しかし、並の変態ではない。究極の変態である。

性欲は脳の視床下部と言うところがつかさどってる。視床下部から出る脳内ホルモンが興奮を呼ぶ。視床下部はイメージを想像する。この女性が行ったところで難をしたのかとか、いろいろ想像する。そのイメージがホルモンを分泌させ、興奮を興す。

視床下部の変態をつかさどる部分が男のほうが、女より大きいのでそういうことになるのだが、後進国の人と先進国を比べると、明らかに先進国の人のほうが大きい。

これが日本を変態大国に押し上げた原因である。

脳は常に進化をしている。そしてこの進化は極めて速い。特に幼少の頃の思い出に影響を受ける。

などと朝から真面目なことを書いてみる。



nabesholtd at 07:05|Permalink

臨死体験

昨今、街中のいたるところで目にするようになった備え付けの医療機器「AED(自動体外式除細動器、Automated External Defibrillator)」は、心停止状態の人に電気ショックを与えて救命する機器である。日本国内での設置台数は、約40万台と急速に普及してきた 事実の裏を返して言えば、公共の場での心停止は決してドラマや映画の中だけのことではなく、十分、身近な範囲で遭遇し得るものであるということだ。 2009年の東京マラソンに出走していた芸能人が心停止状態に陥り「AED」を用いた救急処置によって助かった出来事も記憶に新しい。

 そのような心停止患者2,000人以上を調査した研究内容が公にされて話題を呼んでいる。この研究によって、身体が機能を停止した後にも暫く我々の意識は続いていることが濃厚になったというから驚きだ。


■死後数分間はものを見て聞いている!?

 いったん肉体の機能が停止した後、奇跡的に息を吹き返した人間がその間に体験するという「臨死体験」は、これまでも多くの人々によって語られてきた。しかしながら体験者の話だけに依存する研究であるため、なかなか科学的な手法で切り込むことができなかったのも事実だ。

 だが今回、英・サウサンプトン大学の科学者たちは、英国、米国、オーストリアの15の病院で、心停止に陥った患者の事例を4年間で2,060件収集し、この大量のデータを分析することにより臨死体験の解明に取り組んだのだ。

 調査によれば、心停止から蘇生した人々の実に40%が、息を吹き返すまでの間にも"意識"のようなものがあったと話しているということだ。

「臨 床的な死を迎えた後の最初の数分は意識が続いていることになります。その後、次第に意識が失われていくことになるのかどうかはわかりませんが、少なくとも 死の直後にはまだ意識はあるのです」と、研究を主導した元サウサンプトン大学研究員で現在はニューヨーク州立大学に籍を置くサム・パーニア博士は語る。

  臨死を経験した男性の1人は、死の直後に意識が肉体から完全に離れ、数分後に息を吹き返す自分の姿を部屋の片隅から見守っていたと語っている。また、サウ サンプトン在住の57歳の心停止体験者は、3分間の"死"の間の看護士の動作や医療機器の音を今でも詳細に覚えているという。

「心停止後、 20~30秒後に脳の機能も停止すると考えられていますが、この事例は心停止後にもかかわらず3分間は意識があったことを示しています。死後の世界を見た という体験はこれまで、死の直前や奇跡的な蘇生の直後に見る(天国や神などが現れる)幻覚や妄想であり、現実の出来事とは関係ないと思われてきましたが、 これらの患者のケースでは、死後に周囲の現実の光景を見ているのです。これは驚くべき証言ですよ」とパーニア博士は話す。

 また、インタビューに応じた心停止からの"生還者"、330人のうちの140人は、自分がいつ生き返るのかある程度予測できたと話しているということだ。


■死から戻ってくることができる!?

  この研究は、イギリスの病院で行なわれた18カ月に及ぶ試験調査の成功を受けて、ヨーロッパや北アメリカにも調査を拡大して2008年にスタートした。心 停止に陥った患者に病院で鎮静剤などの薬を投与しなければ、臨死状態の際に何らかの体験をする者の数はもっと増えているだろうと、パーニア博士は考えてい る。

「深刻な病気や事故によって、心肺と脳の機能が停止して訪れる"死"は、決して後戻りできない地点ではなく、もしかしたらまだ『戻って くることができる』状況なのかもしれません。戻ろうとする試みが成功すれば生き返り、失敗すれば正真正銘の死がやってくると言えるのかもしれません」と パーニア博士は仮説を立てている。


昔のフランス。

多くの人がギロチンに送られ首を落とされた。

ある科学者がギロチンにかけられる直前に友人に言った。

「首を切られても脳はまだ生きているかもしれない。僕のことをよく見ててくれ。首が切られた後の僕の顔を。」

科学者はギロチン台にのって、頭と胴体を切断された。コロコロと転がる頭。

友人は確かにウィンクする科学者を見た。

まあ、これは作り話だろうが、ギロチンにかけられる者は目隠しか袋をかぶせられる。

切断された頭は下の籠に入る仕掛けが一般的だ。見えるはずはない。

それでもこの話が出るということは死んでも少しは生きているということを知っていたのだろう。


人の死は不思議だ。

避けては通れないからこそ、脳は死の間際のことまで考える。恐怖がないように。

この世に永遠なことなどない。それがこの世の習わしだ。



nabesholtd at 06:34|Permalink

October 16, 2014

南山学園 UBS証券と野村証券に計約88億4500万円の損害賠償

南山大学などを運営する学校法人南山学園(名古屋市)がデリバティブ(金融派生商品)取引で約229億円の損失を出した問題で、南山学園は16日、UBS証券(東京都千代田区)と野村証券(東京都中央区)を相手取り、計約88億4500万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたと発表した。

 南山学園によると、UBSには約67億円、野村には約21億円を求め、それぞれ先月と今月に提訴した。学園は「公的性格の強い私立学校を設置する学校法人に対し、説明不十分なまま、活動に支障を生じさせるようなリスクの高い取引を勧めており、説明義務違反」と主張している。

 南山学園は両社を含め証券会社6社と取引していた。別の1社とは訴訟外で和解が成立している。学園は、他3社についても、訴訟が可能で適切と判断した場合は提訴する方針としている。

 個人投資家はだめで学校は損害賠償できるというのはおかしいような気がする。
大体、公共性の高い機関がリスクの高い投資をするというのもおかしい。



nabesholtd at 13:37|Permalink

中国 日系企業で焼身自殺

香港メディア・東網の15日付の報道によると、中国広東省東莞市にある日系の工場で14日、従業員1人が焼身自殺を図って日本側の会社幹部を巻き添えにしようとし、2人がやけどを負う事件があった。この事件後、やけどを負った従業員を会社側や警備員らが助けなかったとして、ほかの従業員ら約2000人が抗議のストライキに入った。

報道によると、焼身自殺を図った従業員は工場内のロッカーに入れていたスマートフォン「iPhone」がなくなったと訴え、会社に賠償を求めたが聞き入れられなかった。その後、抗議のため自らに火を点けたという。

スト参加者ら約2000人は工場のドアを壊すなどし、ストは14日深夜まで続いた。

報道によるとこの工場は日本の電子製品メーカー、ホシデンが出資し、1988年に発足。従業員は約2000人で、電子部品やモーターなどを生産している。

どういうもんなんでしょうか?
命より大切なiphoneなんでしょうかね。




nabesholtd at 12:05|Permalink

日本の電力の新規買い取りを停止で中国企業大打撃

 中国メディア第一財経日報は13日、日本の電力会社が太陽光などの再生可能エネルギーによる電力の新規買い取りを停止したことで、米国市場に上場している中国系太陽光電力関連企業が打撃を受けると報じた。

 記事は、米国に上場している太陽光電力関連企業の株価が近ごろ続落しており、チャイナサナジー(中電光伏)、英利グリーンエネルギーなどの企業は5日間に14%-20%前後下落したと紹介した。そのうえで、米国株式市場の全面安や太陽光電力関連製品の価格下落、中国国内市場の開拓不足に加えて、日本の電力企業による電力の新規買取りストップを背景に挙げた。

 そのうえで、今後の送電線接続量が実際の太陽光電力の需要を上回ることを理由に、沖縄電力、北海道電力、四国電力、東北電力、九州電力がそれぞれ新規受け入れの中断を発表したことを紹介。

 現在、ある上場企業が日本で合計405メガワットのプロジェクトを抱えており、そのうち150メガワットで送電線接続の認可を得ている一方で、今回の新規受け入れ停止により135メガワット分の開発に影響が出るとした。

 どうなんでしょうか。



nabesholtd at 11:54|Permalink

コーセーがIPS細胞?

コーセーは15日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、67歳の日本人男性の肌の細胞を、同じ人の36歳時点の肌とほぼ同じ状態に若返らせることに成功したと発表した。同じ人から1980年以降、定期的に提供を受けていた、36~67歳の五つの異なる年齢の肌の細胞を、京大のiPS細胞研究所でiPS細胞にした。同社が分析したところ、老化の指標となる染色体の状態は五つのすべての年代で回復し、67歳時点のものも36歳時点とほぼ同じ状態になった。

 同社は今回の結果を使い、老化のメカニズムを解明していく。まだ基礎研究の段階だが、将来的には、一人ひとりの肌アレルギーに対応したオーダーメード化粧品の開発にもつながるという。

コーセーが化粧品から一歩踏み出て、IPS細胞まで研究しているとは、びっくりである。
すごい研究費なのだろう。でも画期的だな。


nabesholtd at 11:07|Permalink

酒飲み

 昨日はここのグループで酒を飲みに行った。
思いついて、今日は呑みに行くというと全員が来る、それどころか他のグループからも参加してくる。昨日は近くの中華料理屋に7人で行った。まずビール。次にヤンメイ白酒、その後に紹興酒、最後に毒蛇白酒であった。白酒は52度。中華料理は計20皿。
それで500元であった。

酒飲みに関する記事。
欧州では「酒の席では無礼講」といった考えが日本のように強くなく、さらに吐いたり泥酔したりするのは、自分をコントロールできない恥ずかしい人間という意識が日本より強い(といっても欧州も、週末の夜は路上で吐いている人は多いし、フランスでは女性含め、お酒を飲んだ帰り道にトイレが無いと、平気で道端で立ちションをするのだけれど……)。
列車内で寝れば常にスリの危険が隣り合い、路上で寝れば、それこそ高価なものは身包みはがされるため、寝ようとする人は少ない。そして、いかにも酒に溺れているという身なりの人ではなく、スーツを来た人が路上で泥酔し寝ているアンバランスさも、彼らにとって新鮮に映るのかもしれない。

そんな日本の酔っぱらい文化の1つが「飲み放題」だろう。これはフランス人たちにも好評で、仕事や留学で日本に住んだ経験がある人は、皆声をそろえて「日本は飲み放題があって楽しい!」と言う。特に学生の場合、一定料金を払えば時間内で好きなだけお酒を飲める飲み放題のシステムは、とても魅力的に映る。どこの国でも、同様のサービスを思いつきそうなものだが、なぜフランスには飲み放題がないのだろうか? 

日本人と比べフランス人はアルコールに対して強いので、日本の感覚で飲み放題を設けたら、いくら酒があっても足りないから店がやらないのだと、勝手に考えていた。しかし、どうやら違うらしい。じつは法律で禁止されているのだ。

仏行政サイト「セルビス・ピュブリック」によれば、定額飲み放題でのアルコール販売は禁止だそうだ。これは2009年に可決された法律によるもので、そのため現在レストランやバーは、同種のサービスを提供できない。イギリスも2010年にアルコールの定額飲み放題を禁じている。飲み放題以外にもイギリスでは「早飲み競争」「女性はアルコール無料」「デンティスト・チェア(歯医者のイス:周りの人が口にお酒を流し込むこと)」も禁止された。

ということで、ここ中国でも日本人が一番酒が強いと評判なのだが、それは私の回りが言っている話なので、わたしのことを言っているのかもしれない。
杭州の日本料理では、飲み食べ放題というのが合ったが、今は少なくなっているようだ。
日本料理にも中国人が押し寄せ、たくさん注文してたくさん残すからだろう。
毒蛇酒だが、その効果はあったかどうか。秘密である。


nabesholtd at 10:15|Permalink

中国人 紙おむつ買占めで逮捕

紙おむつを大量に買い付ける資格外活動をしたとして、兵庫県警外事課などは15日、入管法違反容疑でチィ雪峰容疑者(31)=同県明石市大久保町大窪=ら中国籍の男3人を逮捕した。いずれも否認しているという。

 3人は調理師の在留資格で入国していた。中国では日本製の紙おむつが高値で売買されており、同課は中国で販売する目的だったとみている。

 逮捕容疑は、神戸市や明石市のスーパーなどで、乳幼児用紙おむつを大量に買い付ける資格外活動をした疑い。外事課によると、3人は買い取り役の中国籍男性におむつを渡していた。1人150パック以上を1日で購入したこともあったという。 


 中国人は法律を知らないから、なんでつかまったのかわからないだろう。
でも日本の製品を中国でそのまま売ることはできないから、インターネット販売をしているのだろう。金のためなら何でもする。たくましいね。

面白いのは、「いずれも否認している」、中国人は絶対自分の罪を認めない。
自分の子供が使うといっているのだろうが、何十年分を買ったのなら売る以外の目的はないでしょ。



nabesholtd at 09:28|Permalink

ジャパンディスプレイ あまりにもひどい業績

東証1部上場のディスプレイメーカー「ジャパンディスプレイ」は、2015年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が100億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2015年3月期通期連結業績予想:ジャパンディスプレイ

売上高営業損益純損益
前回予想7500億円400億円268億円
今回予想7400億円65億円△100億円
前期実績6145億6700万円276億2400万円339億1800万円

大口顧客への出荷遅延や中国におけるフルHD市場の立ち上がりの遅れ、タブレット向けディスプレイの販売不振に加え、深谷工場の閉鎖に伴い70億円の特別損失を計上することから、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

深谷工場は、元東芝のテレビ工場である。昔はテレビ全盛でフル稼働していたが、いまは閉鎖ですか。寂しいですね。



nabesholtd at 09:18|Permalink

エル・シー・エー・ホールディングス 預金差し押さえだが

東証2部上場の経営コンサルティング業「エル・シー・エー・ホールディングス」は、東京都により申し立てられた預金の差押えについて、10月7日付で差押えの決定を受けたと発表しました。

対象となったのは滞納している法人事業税の元本と延滞金の約3830万円で、そのうち預金の差押えを受けたのは5万6327円です。これらの債務については第三者割当増資などによる資金調達で納付する予定だったものの、東京都との間で分割納付の協議が出来なかったことから今回の事態となりました。

なお、同社によると税金などで約5億4500万円、社会保険料などで約2億6000万円の未払いがあるとのことで、これまでにも税金・保険料の滞納により預金債権や不動産資産の差押えを受けています。

預金が5万6327円しかないということでしょうか。



nabesholtd at 09:16|Permalink

エボラ感染者 来年一月に140万人

 WHOによれば、エボラ患者数は8000人を超えたということであるが、CDCの報告は来年1月には140万人に達するといっている。
この数字は体液感染では説明できない。ある記事ではエボラは微粒子を介在して移ることができるという。中国にきたら大変だ。

 遠い昔、ヨーロッパでペストが流行した。全世界で8500万人が死んだという。
このペストは中国雲南省が発生源である。ペスト菌を持ったノミがねずみに寄生して人に感染したのだ。中国では大昔から何回もペストの流行に見舞われている。しかし、モンゴル帝国が西に勢力を拡大する中で次第にヨーロッパに拡散していった。
考えてみれば、SARSだって雲南省が発生の地だ。なぜ雲南省がそういうところになっているのだろう。これは雲南省が地震が多いからかもしれない。地震がおきたとき地中深くにいた病原菌が出てくるかもしれない。また地震により多くの人の命が奪われると、生死感がかわり、麻薬や同性間の性交渉も多くなる。また雲南省では二階に人が住み、一階に豚などの家畜を飼っていた。
これらがあいまって、雲南省は伝染病の発祥の地となった。

 さて、エボラであるが中国への感染は目前だ。
これから汚染がひどい冬を迎える。エボラがPM2.5の粒子にのって広がれば、中国はパニックになる。経済活動は停止する。世界恐慌が起こり、食料を求めて殺し合いがおきるかもしれない。
その前に、各国の政府が協力し合い、治療薬の開発をしなければならないのだが。


nabesholtd at 09:14|Permalink

イスラム国 奴隷制を宣言

過激派「イスラム国」は15日までに、インターネット上に掲載した英字機関誌「ダビク」で、イラクで拉致したクルド民族少数派ヤジド派の女性や子どもを人身売買していることを認め、「奴隷制の復活」を宣言した。イスラム国が人身売買を明確に認めたのは初めてとみられる。

 ダビクの「奴隷制の復活」と題した記事などによると、イスラム国が8月、イラク北部シンジャールを武力制圧した際に拉致したヤジド派の女性や子どもは「戦利品」として、作戦に参加したイスラム国の戦闘員に分け与えられた。記事はイスラム法がこうした奴隷制を認めていると主張した。

ムハンマドは奴隷を所有していただけでなく、さらに戦争捕虜の奴隷化と売買、ついでに捕虜として確保したユダヤ人の女性を妻としている。このためイスラム教は奴隷=悪という立場をとらない。

いまどきということであるが、自分たちのやることを正当化したに過ぎない。



nabesholtd at 08:27|Permalink

October 15, 2014

中国式仏教

 山西省の五台山は、由緒ある寺院が多くある「仏教の聖地」として古くから知られている。唐代には、渡航した日本人僧がわざわざ五台山を目指したとの記録もある。最近では、観光地としても人気だ。中国中央電視台(中国中央テレビ、CCTV)はこのほど、「五台山の今」を紹介する番組を放送した。訪れる善男善女は何度も何度も、さまざまな名目で金銭の支払いを要求される。道に立ちふさがり、「功徳のためだ金払え」と、酒臭い息ですごむ“僧形の男”もいた。

 中国中央電視台はまず、仏教界における五台山の位置づけを紹介。「四川省の蛾眉山、安徽省の九華山、浙江省の普陀山と並び、中国仏教の四大名山のひとつ」、「中心部だけで保存状態のよい寺院が47カ所。現存する世界最大規模の仏教古建築群」、「中国で最も早くから発達した、最大の国際的な仏教道場」、「いずれの季節に訪れても、読経が聞こえ香がただよう」、「休日ともなれば、訪れる人は絶えない」などと並べた上で、「まずは、記者が10月1日に始まる国慶節連休に五台山を訪れた観光の体験をご覧いただきましょう」と番組を進めた。

 五台山地区では、とにかく「金銭絡み」で物事が進行していた。五台山のエリアに入るのには180元程度の入場料がかかる(100元=約1740円)。地元民は自由に出入りできる。そこで、地元民が客引きだ。同行すれば地元民扱いで無料にできる。1人当たり80元の「案内料」を払ってくれれば「安上がりに中に入れる」との“商談”を持ちかける。

 エリア内では、「環境保護車」と呼ばれるバスが運行されている。入場者は、利用してもしなくても、乗車券を買わねばならない。係員に、「乗らないのに、なぜ乗車券を買わねばならないのか」と尋ねても「規則だ」の一点張りだ。
 仏殿に到着。龍袍という衣服を販売している。仏に対する帰依心などをあらわすため、仏像に着せかけるものだ。もともとは「心ある信者」が寄進するものだったが、現在では購入を強要される。買わなければ、仏殿に入っての礼拝はできない。価格は100-900元だ。

 仏殿に入るとすぐに、「龍袍は、そこに置いていきなさい」と言われる。本来ならば、自分が購入した龍袍を僧侶が仏像に着せかける姿を目のあたりにすることで、あらためて信仰心を篤(あつ)くすることができるはずだが、それもかなわない。

 寺院と寺院を結ぶ山道を歩く。すると、僧侶の姿をした男数人が立ちふさがった。

さらに先に進むには「ここで礼拝をせよ」と言われる。言われる通り、合掌をしてから、深々と3度、頭を下げる。すると、「寺に功徳をするように」と言われている。何のことかと尋ねると「カネを払え」とのことだった。

 “僧侶”と言い争いになった観光客もいた。5元を渡そうとしたら「100元を支払え」と言われたからだ。「こういうことは、気持ちの問題ではないですか?」と言ってもだめだという。観光客につめより「とにかく100元」と言い続ける“僧侶”は、とにかく「酒臭かった」という。

 金を要求された観光客は「あれは偽物の僧侶だと思う」と述べた。もしかしたら、「僧侶ではない。そんなはずはない」と信じたかったのかもしれない。

 五台山では以前にも、偽の僧侶が訪れる人をだまして金を巻き上げたり、僧侶が女性信者を取り囲んで殴られる事件も発生した。僧侶と工事関係者がトラブルになり、僧侶側が工事用車両を破壊していたので「僧侶にあるまじき行為」と思って写真撮影したところ、「僧侶の攻撃対象」になってしまったという。

 中国政府・国家宗教事務局は宗教関係者でないものが僧侶や道士などの姿をして喜撰を求めたり占いをしたり物品を販売することを禁止する規則を定めた。同規則を受け、五台山も2013年2月に新たな管理規則を定めた。

 中国中央テレビは「国家宗教事務局のこのような規則はよいものだ。しかし、規則が実行されていないなら、その規則は全くの空念仏だ」と批判した。

  私は駅のケンタッキーでフライドチキンを食べている僧侶を見たことがある。
腕にはローレックス、携帯はiphoneだ。ろくな者ではない。お釈迦様も泣いているだろう。


nabesholtd at 12:21|Permalink

中国 天然ウイルス「M1」 がん細胞のみを死滅

海南島から分離された天然ウイルス「M1」が、がん細胞のみを死滅させ、正常な細胞は傷つけないことを、中国・広州中山大学医学院の顔光美教授の研究チームが発見した。14日付で香港メディア・東網が伝えた。
動物実験を行ったところ、尻尾の静脈から注射されたMIウイルスが腫瘍のみに感染し、腫瘍の成長を抑えることが分かった。正常な器官が傷つけられることはなかった。臨床標本の体外組織培養模型を使った実験でも、この新たな腫瘍溶解性ウイルスの有効性と特異性が証明された。
新たな天然腫瘍溶解性ウイルス「M1」が、がん細胞のみを死滅させることを突き止めたことは、新たながん分子標的治療薬の開発にとって重要な意義を持つと記事は指摘している。

本当でしょうか?
STAP細胞みたいなことにならなければ良いが。


nabesholtd at 10:43|Permalink

ウサギが風呂に入る?

[画像を見る]
 ウサギの赤ちゃんが1人でできるもんのお風呂タイム。前足で顔を洗い、水をピチピチと思いのほか上手に入浴できていたみたいなんだ。
[動画を見る]
[動画を見る]
 お顔を洗うよ
[画像を見る]
 肩までつかるよ
[画像を見る]
 水は叩くよ
[画像を見る]
注意(記事アップ後追記):ウサギの飼育法によると入浴や水浴びは基本的に避け、衛生上やむを得ない場合(フケや排泄物がこびりついてぬぐい取れないなど)は慎重に行い、その後水分をしっかり拭きとらなければ病気になることもあるそうだ。なので安易にマネをしないようにして欲しい。なお、この動画の入浴も汚れを落とすためだったそうで、今も元気にしているようだ。

【ウサギの入浴シーン。思いのほかひとり上手だった】を全て見る

私はミニウサギを10年くらい飼ったことがあるが、粉シャンプーで洗ったくらいで、風呂に入れたことはなかった。このウサギは呼ぶと来るし、抱っこしてもおとなしくしていた。
面白いのは、焼肉をすると部屋中、足で音を出しながら走り回る。みんなに危険を知らせるためだ。自分たちが食べられると思うらしい。


nabesholtd at 09:32|Permalink

イスラム国の予言

シリアの町ダビクで、80の軍旗を掲げた背教徒の軍勢がイスラムの軍勢と終末論的な戦いを繰り広げる。イスラム教徒たちは殺りくされるが、最後には勝利し、終末の到来を告げる。

 この太古のイスラム教スンニ派の預言──預言者ムハンマドの言行録で言及されている──はイラクとシリアで活動するスンニ派の過激派組織「イスラム国」の「イスラム聖戦士」たちのスローガンとなってきた。8月にダビクを掌握して以降は、その声がさらに高まっている。

 ダビクは、イスラム国が掌握するシリアのラッカやイラクのモスルと比べると軍事的価値はほとんどない。しかし、イスラム国の戦闘員たちが米国の主導する空爆を受けるなか、ダビクの象徴的価値の重要性が明確になってきた。

「(ダビクは)士気を高める」と、米シンクタンク、ブルッキングス研究所のシャディ・ハミド氏は語る。さらに同氏は、「(イスラム国の)戦闘員の圧倒的多数がこういった話を信じていると推測してもよいだろう」と述べた。

 ソーシャルメディア上のイスラム国支持者の間でダビクは西欧との戦いの代名詞となり、イスラム聖戦士を爆撃する米国とその同盟国は現代の「十字軍」として描かれている。イスラム国は公式雑誌の名称すら「ダビク」と名付けた。

「イスラムのライオンはダビクにカリフ(預言者ムハンマドの後継者)の旗を掲げた」とチュニジアのあるイスラム国支持者はマイクロブログのツイッターで最近、つぶやいた。「今、彼らは十字軍の到来を待っている」

 ダビクの預言はいくつかのバージョンで語り継がれているが、どのバージョンでも、イスラムの軍勢と背教徒の軍勢の戦いが語られている。この数週間、イスラム国の支持者たちは、この預言が真実であることを示しているとして、さまざまな出来事を関連づけてきた。

 米軍が主導する有志連合への参加国数──現在すでに60国以上──が、預言されている「80の軍旗」に達するのを注視している人もいる。また、米軍のマーチン・デンプシー統合参謀本部議長が地上軍の投入の可能性を示唆したことが、預言されていた戦いの兆候だと信じている人もいる。

■預言された「カリフ国」

 あるイスラム国支持者はツイッターでこう述べた。「(米軍主導の部隊が)空軍力に失望したならば、われわれはダビクで待っている」

 語り継がれた預言の一部のバージョンでは、イスラムの軍勢は戦いの後、東ローマ帝国の首都だったコンスタンティノープルに進軍し、同市を陥落させるとされている。

 そのため、トルコが先週、対イスラム国の戦闘に参加することを決めた際には、一部のイスラム国支持者らから預言の前兆であるとして歓迎の声が上がった。

 預言はイスラム国が、アブムサブ・ザルカウィ容疑者の下で「イラク聖戦アルカイダ組織」を名乗っていたころより、そのイデオロギーとしての役割を果たしてきた。

 ザルカウィ容疑者は、2006年に米軍の空爆で死亡する前──そして運動がイスラム国となるはるか以前から──、すでにダビクの戦いについて言及していた。

「イラクに火がついた。その炎はダビクで十字軍を焼き尽くすまで広がり続けるだろう」とかつて、ザルカウィ容疑者は述べていた。

 イスラム国は今年、イラクの広い地域を支配下に置き、アブバクル・バグダディ最高指導者を「カリフ」と宣言して以降、支持者らを結集させるために再び預言に言及するようになった。

 ムハンマドの預言のひとつは「預言の道のりの中でカリフ国」が立ち上がるというもので、バグダディ最高指導者によるカリフ宣言の少し前、イスラム国の広報担当者は「神の約束」は目前だと語っていた。
だがソーシャルメディア上のイスラム国支持者の一部は、バグダディ最高指導者を預言されたカリフとして支持しているものの、ダビクの戦いの到来についてはより慎重な姿勢を示している。

「神のみぞ知る。もしかしたら(起きるのかもしれない)。ハディス(預言の書)には、敵は80の軍旗と書かれている。現在、確か60軍旗だったはずだ」と、シリアにいるイスラム国の英国人戦闘員はAFPにツイッターで返答した。

「(戦いは)今すぐ起きるかもしれないし、将来起きるかもしれない」と、イスラム国への支持を表明している英国のイスラム教説教師、アンジェム・チャウダリー師は語った。「だが(ダビクの戦いを)何がなんでも実現しようとしているイスラム教徒はいないのではないか」

 とはいえ、一部のイスラム国支持者は、預言された戦いが近いと信じている。

「ダビクは必ず起きる。米国と同盟国は、空爆が失敗したと分かったとたんにシリアに進軍するだろう。それは神とその使徒により約束されている」と、ある支持者はツイッターで述べた。

 この戦争をイスラム対キリストにすれば、世界中のイスラム教徒が立ち上がるのだろうか?イスラム国としてはそれを狙っているわけだが。イスラム教もいろいろな宗派がある。
そんなことにはならないと思うが。



nabesholtd at 08:56|Permalink

エボラ 加速度的に拡大

世界保健機関(WHO)は14日、西アフリカで急増しているエボラ出血熱に関し、新規感染者が現在の週1000人程度から、12月上旬には約5000~1万人に膨らむ恐れがあると警告した。

 エイルワード事務局長補は、ジュネーブのWHO本部で記者会見し、疑い例を含めた死者が14日までに計4447人、感染者は8914人に達したと明らかにした。リベリア、ギニア、シエラレオネを中心に感染は加速度的に増加しており、11月上旬までに感染者が2万人を超える可能性が高いと予想している。

 事務局長補は、封じ込めに向けた活動が本格化している一方で、対策が効果を発揮しているかどうかの判断は「時期尚早だ」とも強調。最近の新規感染者は週約1000人に上り、「感染は地理的に拡大している」との認識を示した。

ねずみ講と同じで子が子を作る。恐怖で本国に帰る人が多くなったら、感染拡大を防げるだろうか? 



nabesholtd at 08:42|Permalink

October 14, 2014

中国 ばかなやつ

 UPI通信などの報道によると、中国南部の衡陽(こうよう)市在住の52歳男性が、尿道に長さ約13センチ、太さ約3ミリの鉄の棒を挿入。棒がぼうこうを傷つけた。激痛を伴ったため、近所の病院に入院。手術で棒は取り除かれたが、男性は危険な状態だという。

 男性は性器の勃起力に不満を抱き、ペニスに鉄の棒を挿入するアイデアを思いついた。ガールフレンドとの関係を続けるための対策だったという。

 細いチューブを併用しながら、棒を尿道に挿入。棒が奥に行きすぎて、ぼうこうまで達してしまった。「いつかは棒が出てくるだろう」と数カ月待ったが、状況は変わらなかった。


 馬鹿は死ななきゃ治らない。



nabesholtd at 22:34|Permalink

雲南省トップ解任

14日の新華社電によると、中国共産党中央は雲南省トップの秦光栄党委員会書記(63)を解任し、後任に李紀恒省長(57)が昇格する人事を決定した。秦氏は中央の閑職とされるポストに就くとみられる。  秦氏は2011年から同党委書記。交代の理由は不明だが、雲南省では沈培平副省長、張田欣・昆明市党委書記(共に当時)のほか、省党委書記を務めた白恩 培・全国人民代表大会(全人代)環境・資源保護委員会副主任委員が汚職で摘発されており、責任を問われたとの見方も出ている。

みんなやってるんじゃないの?
無能だが品行方正がいいってこと?どっかの国の議員みたい。


nabesholtd at 22:29|Permalink

株式会社サンマックス 倒産

神奈川県横浜市港北区に本拠を置く太陽光発電システム販売の「株式会社サンマックス」は、10月2日付で横浜地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

同社のホームページによると、2004年に設立の同社は、太陽光発電システムやオール電化関連商品の販売を主力に事業を展開するほか、人材派遣事業も手掛けていました。資本金は334万円、従業員数は39名です。

株式会社サンマックス(SUNMAX)は二社あるようだ。ここは太陽電池が主の会社で、一方は床暖房の会社らしい。



nabesholtd at 17:21|Permalink