March 17, 2008

ホーム開幕愛媛戦

やっぱりホームで勝つってのはいいね!
いくら試合内容がアレでもソレでも
後で印象に残ってるのは勝ったって言うことだけだし、
なんといっても広島のレッツゴー3匹(昭和的表現)劇場の
楽しさ好印象でアクセスの修羅場っぷりは相殺じゃない?

・・・ってコアサポ(笑)としては早く来て遅く帰ってるので
俺とかまったく修羅場っぷりが分かりませんうへへごめんね。

という事で先に馬鹿サイドの更新を。
まじめサイドはINFS-BLOGを見てね(笑)


・しまなみダービー
 とか言われても、海を挟んじゃうと別の国なのでどうにもこうにも。
 さらにJ1での実現なら
 「お前らよう来たのう。勇者よ、世界の半分をry)」
 みたいなラスボステイストを漂わすことも出来るんですが、
 こちらが落っこちてきてしまった以上、そんなかっこ悪い事できないわけでして。
 という事で普通におまいら良くいらっしゃいましたねと。
 更にきっちりお礼参りされてしまうその広島テイストにホロリ(笑)


・試合内容
 悲観もしてないけど楽観も出来ない。
 まさにこんなもんじゃねえの?って試合。
 相手が超J2サカーをしてくる以上、どうしても合わせてしまうわけで。
 ここで超KYに上を見据えたサッカーをして相手を粉砕できるようなら
 それ以前に落っこちません(笑)
 結局はシュートの精度とFWの質の差。
 最初寿人平繁が動きまくっていい加減ヘロヘロになってきたころに
 規格外FWさんと運動量マッスルさん投入という反則。
 3月の3試合はこれで勝ってきてるんだよね。
 おそらくこのパターンで相当勝ち星が拾えるとは思うんだけど、
 怖いのはこれに慣れちゃうこと。
 出場停止とかでこの前提が崩れた時が怖い。
 という事で今のうちにいろいろ試したいんだけど何でJ2はベンチ5人なんですかキー!!
 7人になった時はそんなにいらねーよプッ、とか思ってたんですがこれに慣れると
 もう体が戻れません助けて!


・人がいっぱい!
 17250人てすげーよすげーよ!
 何でこんなに来たんですかと思いましたところ、
 やっぱしゼロックス優勝だよ。
 だって広島のプロスポーツって「優勝」って文字に飢えてたわけじゃん?
 更に試合は地上波全国中継だったわけで。
 やっぱこれはでけーよ。
 サポシとか明らかに客層がいつもと違ったもん。
 初めて来てみたって人も多かった感じ。
 久保登場時の反応がバクスタより鈍かった事がソレを物語るw
 おそらく今日始めてきた人の印象は最高でしょう。
 これを上手く続けてガッツリ取り込んでいくといいじゃないかな。


・白バイ&パトカー展示
 なんか征服してやった!
 と妙な勝利感を覚えた人、先生は怒らないから手を上げてみなさい。
  
Posted by naclfball at 17:25Comments(2)TrackBack(0)サンフレッチェ

March 10, 2008

開幕戦!

つー事でいよいよJリーグ開幕です!

8日はハァハァしてきてたまらんので
味スタにガスVS神戸を見に行ってました。
東京出張してるとこういう特典があるのが良いww

去年はここから全てが始まったんだよな〜と
バックアッパー最上段から観戦です。

試合前暇なのでぼけっとしてたんだけど、
開幕ゲスト山本高広wwwwwwwwwwwwww
今日のスペシャルゲストは織田さんです!
じゃねーだろガスwwwww
笑わせていただきました。
こういう面白ネタも仕掛けて欲しいですがうちのチームじゃ無理かorz

試合は思ったよりも面白かった。
やっぱしカボレとハニューはやベーわ。
神戸のパス回しもなかなか鋭かったし。
個人的にはロスタイムのゴールが決まってガス(´・ω・`)
が見たかっただけに残念wwwww
いやまあ、チーーーーン状態の京浜東北線電車内でニヤニヤ出来たので
十分元は取れましたがね(笑)  続きを読む
Posted by naclfball at 13:19Comments(0)TrackBack(0)サンフレッチェ

March 06, 2008

更新再開&ゼロックス&開幕

おまいら超お久しぶり(*・ω・)ノ!

いやー1年半ぶりぐらいの更新ですな。

この期間はみくしー(笑)やらINFSブログやらでおまじめな文章とかを書いてて
そろそろ飽きてきたのでまたこの馬鹿ブログを再開してやろうかと。


そんで遺憾ながら今期サンフレさんはJ2で戦うことになりやがりました
であるからしておまいら今期は気合入れて応援しますということです。

早速今週末南東北前橋で開幕戦ですよ。
正直草津の試合ってTVでも一回も見たこと無いんだけど、
植木さんが監督やっているという事で、結構いやらしいサッカーを
してくる予感。
スタジアムの雰囲気もまだ分からないし、初めての地ってのは
ちょい緊張してしまいますな。

確実なのは、
・敷島はボロイ&使用料をちょろまかしても役所がなかなか気付かない(古傷)
・湯もみ娘の平均年齢って結局のところどうなんですか(禁句)?
・草津といいつつ試合会場は前橋砂漠
ってところ?

ひとまずおいらは超長期東京出張中なので電車でのほほんと移動できる
のがラキーです。
にしてもwikiとかで前橋駅前の写真とか見るとやべーな。
事前の食糧確保が重要だと思われます。


さて、J2のハードな戦いを前に
日本プロサッカーの日本一を決める、UEFACL、ちばぎんカップと並び称される
世界三大CUPゼロックススーパーカップを大人の余裕で取ってしまったわけですが、
J2主力欠きまくりキャンプ上手く行かずハーフタイムのフォーメーションチェンジが
上手くいかずへなちょこミドルで2失点したチームにさくっと追いつかれて
PK2本宇宙開発した挙句審判に八つ当たりして開幕戦CBがいなくなった
2007年Jリーグチャンピオン(笑)ってどこにいるんでしたっけ?
にしてもこういうタイトルの取り方広島らしいよなあー。
愛してるぜこのネタチーム(笑)

そいや馬鹿島さんとピッチに舞い降りた80年代ツッパリ(笑)の皆さんへの
処分はまだでしょうか?
いくら国交が無い鹿島国住民の仕業とはいえ、国立競技場は日本国の領内ですから、
日本の国内法で裁かねばいけません。
予算委員会で子供のけんかをしてる暇あったらがんばってね日本政府!

と再開一発目から愛たっぷりでお送りしました(笑)  
Posted by naclfball at 12:57Comments(1)TrackBack(0)サンフレッチェ

September 29, 2006

おひさ!

おまいら超お久しぶり!

ずんどこだった数ヶ月前に比べ、
ホームでも勝てるようになってきたし、
少しずつ浮上してきたじゃないですか!


・・・ということで残りの試合、
まずは確実に勝利を!

んで、まだ近場でのアウェーがあります。
みんなで一緒に遠征しようぜ。

詳しくは
http://www.infs-hiroshima.jp/tour-2006-oosaka.htm
までドゾー

結局これが言いたかったという(笑)  
Posted by naclfball at 08:24Comments(0)TrackBack(0)サンフレッチェ

July 14, 2006

もうすぐ再開!!

シーズンオフなので社畜してたらもうこんな時期ですよ(笑)。
・・・助けて労働基準局!!

こないだ電車の中で「テポ○ン」ごっこをしてたヤングボーイの君たち、
超不謹慎ダゾ☆
なにしろ・・・

----------------------------------------------
管理人さんは疲れています。
しばらくお待ちください

  ◎
 ¬|∠
----------------------------------------------

いきなりジニ移籍・・・orz
戸田や駒野を最終ラインで使ってたからやな予感はしてたんだよねー。
ジニが抜けると吉弘や槙野以外はストッパータイプなんで
フィードの出せるDFが不足するもんなー。

あー、それにしてもこのチームは頑張ってくれた外国籍選手に対して
お別れを言う機会をなかなか与えてくれないチームですね。
最近でちゃんと「ラストゲーム」ができたのは
サンパイオとエルチェグぐらいじゃねー?

まあ決まっちまったもんはしょうがねー。
再開に向けて気持ち入れてきますよ!  
Posted by naclfball at 23:39Comments(0)TrackBack(0)サンフレッチェ

June 27, 2006

オシムジャパン

結局、欧州、南米チームがベストコンディションで挑んでくる
ヨーロッパでのW杯で、
日本は1分5敗得点3。
チームとしての総合力を発揮するという点で、
まだまだ世界とは大きな差があるということを痛感させられましたな。

これでAFCにオーストラリアが入ってきて
出場枠が狭まったりしたら、
激しい予選が再び・・・すげー面白そう(笑)


ところでキャプテソがさりげなく漏らしてるオシムジャパンですが、
走れる選手、チームのためにプレーできる選手、プロ意識の高い選手ということで
なんちゃって海外組が外れたとしてこんなメンバーキボンヌ。

---------------------------------------------

 田中達  佐藤寿

  長谷部 松井

  阿部 佐藤勇

服部 水本 中澤 駒野

    川島


久保
ナカータ
松田
遠藤
石川
増川
苔口
小林大
西川
---------------------------------------------  
Posted by naclfball at 12:49Comments(0)TrackBack(4)サッカー

June 20, 2006

ほらほら

まさに俺の予想通りじゃんww)
--------------------------------------------------------
オージー戦●←相手の高さにやられまくり
クロアチア戦△←チャンスを作りまくるものの決定力を欠く。
      某局楽観論、スポーツ新聞悲観論全開
      某電波ライター「だから俺がry)」
      ネット大荒れ   ←今ココ!!
ブラジル戦○←奇跡の勝利、他力でなんとなく予選突破
-------------------------------------------------------
おめーらがたがたすんな。

-------------------------------------------------------
ブラジル戦翌日のスポーツ新聞見出し

「巻、予選リーグ敗退の危機を救う執念のアシスト!!
FW5番手からシンデレラボーイへ!ドイツで旋風を起こす!(得点者:駒野)」
-------------------------------------------------------

・・・こうなるから悪いこと言わんG子よ、駒野と巻出しとけって。
いい加減4-6-0はいいから
FWの選手を出そうぜ(笑)!

・・・後はベットさんがロナウジーニョに電話すれば完璧だなwwwww)  
Posted by naclfball at 12:22Comments(0)TrackBack(0)サッカー

June 14, 2006

ドキドキ

なにやら俺の予言どおりじゃないですか、展開までw)
まあお前らバタバタすんなや。
こっから意味不明に持ち直してなんとなく結果だけ出て
評論家がすげーコメントに困るという
楽しい展開が待ってますよ。

そんときにはここ神サイトということで。

とにあえずオージー戦のハイライトは
負のオーラをまとって出てきた人間力!
何してんだお前ww)

駒野はよかったよー。
ディフェンスでもオフェンスでもよく顔を出して効いてたし。
ほら、左サイドの通訳さんとか画面に出てこなかったじゃん?
まーこっからですよ。
G子よ、次も使ってね。  
Posted by naclfball at 12:47Comments(0)TrackBack(2)サッカー

June 05, 2006

マルタ戦

マルタとキプロスの区別がつきません。
いやー、駒野が出てなかったら5分で寝てるよ(挨拶)!

相変わらずヨソトスのサイドに偏ってボールが来ないしよ。
中盤の連中も駒野にパス出しやがれ。
特に黄金のry)、ミスが多いんじゃ!

・・・まあ、G子ジャパンは相手が強ければ強いほど、
やばい状況になればなるほど輝く佐渡サドサカーですから、
まあなに?今はやりのリフレクソロジー?
反射面って足に多いそうですよ(意味不明)

なんか
オージー戦●←相手の高さにやられまくり
クロアチア戦△←チャンスを作りまくるものの決定力を欠く。
      某局楽観論、スポーツ新聞悲観論全開
      某電波ライター「だから俺がry)」
      ネット大荒れ
ブラジル戦○←奇跡の勝利、他力でなんとなく予選突破
こんな展開の予感(笑)  
Posted by naclfball at 12:44Comments(0)TrackBack(0)サッカー

May 22, 2006

ナビスコ新潟戦

新潟行ってきましたよ!

なんか同じ東北の辺では代表ヒーバーらしいですが
代表メンバーを出してる大都会チームの洗練されたサポの皆様は
代表の合宿程度では大騒ぎしないのですよ。

ドイツでの駒野の大活躍のときにヒーバーする予定なのでよろしく。

今回はINFSネタコンビが参加してたのにもかかわらず
何事もなくスムーズな遠征でした。珍しい(笑)

新潟って始めて行ったんだけど、とにかく土地が広い!
広島で暮らしている人にとっては新鮮な風景です。
後は道路での車のマナーがいい。
関西なんてry)

本気でいい天気だったので快適な開門待ち。
何しろ今年はチーム異常気象の当たり年ですからもうねry)

んで、ビジターシート超狭い。
いや確かに遠征してるサポの数も少ないんだけどさ。

ビジターシートの売店にはあんまりめぼしい食い物がなかったのが残念・・・(´・ω・`)
ほかのとこに行けばいろいろあったのかな?

俺的にはこの試合をテストに使うなんてもってのほか。
監督が変わってまたある程度リセットになるのがわかりきってるんだから
この試合はただ勝つこと。
いいイメージを持ってキャンプ等に挑むというメンタル的な
プラス要素を獲得するためにやってほしいと思ってた。
メンバー見るとベストメンバー。
さすがモチさん、にやりとしたね。

試合の内容的には、
前半の試合内容はかなり面白かった。
両チームアグレッシブで攻め合いって感じ。
特にベットのポジショニングがネ申。
セカンドボールをほとんど拾って左右に散らして
攻撃を組み立ててた。
前半はやや広島優勢かなって感じ。
何よりこんだけ動くサッカー久しぶりに見た(笑)
寿人のゴールはありゃーもう彼の真骨頂ですよ。

後半は少し足を痛めたらしいベットが交代してしまって
こぼれ球が拾えなくなり、新潟のペースになったわけだけど
ほんとに決定的なシュートってのはなかった。
後相変わらず下田神健在。

とにかくこれで新監督になるわけでひとまずはまた
リスタートなんで、とにかくいいイメージで中断に
入れたのはよかったんじゃないかな。

後はモチさん本当にお疲れ様でした。
あそこまで壊れたチームを引きついで、
8試合で3勝3敗2分の5分。
非情なまでのやり方を貫いて結果を出したわけで、これは
最上級の評価をあげていい。
結果を出した上でチームにある程度の自信を戻した。
確かにエンターテイメントとしては程遠いかったかもしれないけど
サンフのチームポジション的には「J1にいること」が至上命題なのだから
こうやって当然。
サカオタの皆さんは不満かも知れんけどサポの立場からしたらこれで納得。
なにより現地で応援してる感覚で言うと
糞内容の勝利>>>>>>>>>>>>>>>>>>>すばらしい内容の敗戦
なわけです。
ナビスコではある程度の希望を見せてくれたわけだから
これを中断明けにつなげてってほしいね!

後はどんな新監督が来るか・・・。
ドキドキですよおまいら。  
Posted by naclfball at 13:00Comments(0)TrackBack(2)サンフレッチェ

May 16, 2006

ひさしぶりいろいろ

おまえらお久しぶり!
ここが更新されないので枕を涙で濡らしてた子はいないかな☆?



…すいませんただダルかっただけですもうしません。


やはりこの期間の最大のニュースは駒野代表選出!
とにかくめでたい!
まさかアテネ経由ドイツ行きが駒野一人になるとは
人間力もびっくりですが両サイドできるというユーティリティぶりが
G子に評価されたのでしょう。

家事さんの壁はいつの間にか厚いですがこういうポジションであるこそ
思わぬ活躍ができるもの!


ブラジル戦後のスポーツ新聞の見出し予想

巻、予選リーグ敗退の危機を救う執念のアシスト!!
FW5番手からシンデレラボーイへ!ドイツで旋風を起こす!
(得点者:駒野)」

…えー、ほんとにこんな展開キボンヌ。



サンフのほうは何とか勝ち点を二桁に乗せて中断期間へ。
シビアなまでに勝ち点を狙うサッカーをやったモチさんの決断超乙。
この中断期間で以前のサンフのサッカーを思い出すリハビリができれば。
ということでナビスコは気持ちよく連勝で締めようぜ。  
Posted by naclfball at 18:58Comments(0)TrackBack(0)サンフレッチェ

April 21, 2006

決戦

明日はセレッソ戦。
もう何も言うことはないよね。

直接対決。

残留の目安となる勝ち点34まであと30。
ただ混乱しきっていたチームに一筋の道筋はつけられた気がする。
こういうときは交代後の最初の1試合が大事。
こうなったらもう全力のサポートしかない!

監督が代わってほっとしてるやつとかもう一度気持ちを締め直そう。
まだ何も得てないんだよね。


最後になったけど小野前監督には感謝しています。
今年は散々文句を言わせてもらったけど、
こんな終わり方になってしまったのは寂しい。
コーチの能力的には疑いないと思うんで、
またいつかどこかのスタジアムで会いましょう。  
Posted by naclfball at 23:48Comments(0)TrackBack(1)サンフレッチェ

April 08, 2006

フロンタ戦

マゾの皆さんこんばんわw)
ご機嫌いかがですか(笑)



…orz


ひどい。
これしか言葉がない。
川崎が流してたとはいえ、
7-3で攻めていた後半で点が取れないというのが
このチームの状況の深刻さを表しているというか。

んで最近観客が減っていて途中で席を立つ人も多いわけですが、
その原因は、
「優勝争い」
とうたってるクラブと、
目の前で繰り広げられるサッカー、スタジアムの空気とのギャップ。
それに失望してるんだよね。
そりゃ当然だよ。
このギャップを少なく出来ない限り向上はない。

我慢すれば必ず上向いてくるから、
雰囲気は悪くないんだから
…どこが?
サンフだけでJリーグやってるんじゃない。
他のクラブだって向上してきてるんだ。
それで相対的にヘボかったクラブがJ2行くわけです。
他クラブ見てると不安にしかならないよホンマ。

2002年はガジエフダメで全部が統一されてたのに
あんなことになった。
今年は統一されてないだけそれよりヤバイよ。
根拠、裏づけのないモノをただ何も考えず応援するのはただの盲信。
ほんとによくなって欲しいのなら抗議しなきゃ。
別に直接言わなくてもメールとかでもいいからさ。
うち等はサポである前に客だから、クレームつける権利はあるのよ。
その権利を行使した上で応援しようぜ。
結局「広島」には強くあって欲しいじゃん。
出来ないと思ったら文句なんていわないし、
こんなレベルのチームじゃないだろうが。

まあうちらみたいな馬鹿はどうなってもスタジアムに来て応援するさ。
でも天気のよい土曜の試合で7500しか入らなかった。
この重みをクラブは感じて欲しい。
そしてうちらみたいな馬鹿が7500人もいることのありがたさを。

あーもうたまにはこんな落書きを書かせろ(笑)  
Posted by naclfball at 22:56Comments(0)TrackBack(0)サンフレッチェ

April 02, 2006

おいおい

シーズンの6分の1終了。
勝ち点3。
6倍しても勝ち点18。

動くなら早いほうがいいよフロントさん。


1998年に開幕6連敗した時より断然状況が悪いよこれは。

今年は中断もあるし、とにかく危機感を持たなければいけない。

結果が出るまで我慢?

それは目標がきちんと見えていて方向性がぶれてない前提のもとに成立するコトバ。

今の状態じゃお話にならない。  
Posted by naclfball at 22:49Comments(0)TrackBack(1)サンフレッチェ

March 30, 2006

さて

恒例のこれなわけですが、
もう、改変とか超やりにくいの。
ていうか去年のバージョンのマイナーチェンジでできる時点で
進歩しないチームですねと。  続きを読む
Posted by naclfball at 18:37Comments(2)TrackBack(0)サンフレッチェ

March 29, 2006

正念場

大分戦の遠征記の続きですが
開門前になぜか雨が降ってきて雨男を問い詰めてたら何とかやんで
スタジアムの水餃子+豆板醤がウマーで
試合はクソヨワ京都になぜか引き分ける詰めの甘さで
下りの名塩の飯はしょぼくてショボーンで
帰ってきたら次の日ふらふらでしたまる。(省略しすぎ)

何で開幕5戦でこんなに危機感全開にさせてくれるのか
監督らの頭の中をのぞいてみたいわけですが
試合は続くわけです。

ということでこんなときにはよりしんどかったときのことを考えて
気持ちを慰めましょう(後ろ向き)

俺的に一番きつかったのはやはりアウェーの名古屋戦。
試合の行き帰りも話し合いで大変だったけど
ハーフタイム、一点リードされて手気合を入れなおしてたときに出てきた
名古屋さん渾身の演出

グランパス君一家のアイーン体操

・・・いやもう、トラウマトラウマトラウマ
ごっそりと気力を抜かれた記憶があります。
ピッチで繰り広げられるアイーン体操を見つめる俺たちの目はそう・・・

・好きだったあの娘が引越しでいなくなるとき、引越しのトラックを
 土手に上って見つめ続けたあの目

・審判が上川だったときのみんなの目に宿る絶望感

・厨房のときわくわくしてアレな自販機から買ってきたビデオを再生してたら
 テープがデッキに絡まって外れなくなってしかももうすぐ家族が帰ってくる
 状況のときの焦燥感

・進級必要単位を計算してて簡単そうな教養科目を履修したら
 その科目は進級必要単位に含まれない科目だって気づいたときの転落感
・・・こんな感情が混ざってました(具体的すぎ)。


2002のこの試合を知らない奴も、知ってる奴も、
こんなこと体験したくねえだろが?
そういう危機感を持って行動を選択肢よーぜってことですよ。
何も考えずにただ勝利を待つとかいつの間にか手遅れになるよマジで。


・・・そろそろあの縁起物かと思う俺(笑)。  
Posted by naclfball at 12:45Comments(0)TrackBack(1)サンフレッチェ

March 24, 2006

京都戦遠征記その1

皆様お久しぶり大根(神の領域ギャグ)

いやもう試合以外で仕事とか仕事とか仕事とか掲示板とか
大変で荒れアレな感じなので更新が止まっちゃってましたよ☆

ということで恒例遠征記を書いてみようと思うのですが
大分遠征は忘れたというかあんまし面白みのあることがなかった気もするんで
思い出すまでとりあえず京都遠征記でもドゾー。  続きを読む
Posted by naclfball at 21:49Comments(0)TrackBack(0)サンフレッチェ

March 10, 2006

いまさら開幕戦

おまいらお久しブリリアントグリーン(神ギャグ)!!

・・・もう疲れたよパトラッシュ・・・眠いんだ・・・すごく


という感じで各方面でしたがようやく
フカーツしてきましたので大分行ってきます。
モニターの前の君も行こうよ!

ということで開幕戦はよりによってへなぎさんにハットを食らうという
ある意味ネタ好きサンフの本領発揮という感じでしたが、
いつもギリギリのコンビネーションで守っている
サンフDFラインがウソPKで集中力を乱されてしまったのが大きかったかと。
とはいえこの点は昨年から変わってないわけで
何とかしろよということなんですが。

ウェズレイと寿人のケテーイ力が神なので
DFラインがバタバタさえしなければ勝ちを拾っていけると思うんだけどな。

とりあえず勝ち点10が上位に食らいついてく目安だと思うんでよろしく!

後みんな京都も行こうぜ!
特に学生さんとか春休みじゃん?
お安くいこうぜ。  
Posted by naclfball at 13:08Comments(1)TrackBack(1)サンフレッチェ

March 01, 2006

戦力予想その4

お前ら大分行こうぜ大分!
温泉も入れるyo!


…ということで開幕直前!

焦り気味に第4弾をアップしたりしてみる。


川崎

主なIN:米山、井川、マルコン
主なOUT:相馬、久野、アウグスト、山根、下川、飯尾、フッキ

J1復帰年の昨年、順調に勝ち点を積み重ね、中位でフィニッシュ。
補強も実力者を的確にと行きたいところだが
川崎を支えてきた中心選手たちが数多く移籍。
相対的に見て昨年よりマイナスか。
得にアウグスト大先生の移籍は痛い予感。
但し代表で誰も抜けないのは強み(笑)

戦力:C
ライバル度:C

最初5戦
新潟(H) 京都(A) 甲府(A) 東京(H) 磐田(A)
…見ただけでJの日程担当者のそのチームに対する評価がわかる
緒戦の組み合わせ乙(笑)
にしても関東のチームは移動が楽だよな。ムカつくw)

サンフホーム
4/8 7節
スタート5連戦のしんどいところが終わった辺。
ここで一息つかず確実に勝ちたい。
川崎サポはビッグアーチで花見を楽しんで勝ち点3は置いていくこと。

サンフアウェー
9/30 26節
サンフ絶賛ラストスパート中(予定)の1戦。
微妙にデーゲームだったりする予感…暑そう。
とにかく俺がイルカとアザラシを間違えないことが重要です。


横浜

主なIN:田ノ上、吉田、平野、マルケス
主なOUT:大橋、山崎、グラウ

こけまくった昨年を反省してか今期は
的確な補強。
マルケス、吉田なんてかわいげのない…
無意味に大物に手を出してこけてほしいのにw)
ほらほら、類損とかさ。
戦力的に穴は見えないがやはり代表組の燃え尽き症候群と
強豪チームのマンネリズムがマイナス要因か。

戦力:A
ライバル度:A

最初5戦
京都(H) 鹿島(A) C大阪(H) 大分(A) 浦和(H)
やはり日程担当者ry)
よく見るといやな相手がそろっており移動もキツイと
彼はマリノスが嫌いなんだろうか(笑)
なんとなくつまづきそうな予感。

サンフホーム
10/28 29節
リーグ戦も大詰め!
優勝戦線生き残りをかけた直接対決!
…流石だ日程担当者様。
ぜひこの感じで行こう!

サンフアウェー
4/29 10節
GW。
各交通機関がお高いです。
ただこっから連休なんでイケメソの皆様がデズニーデーry)
…W杯中断までいいイメージで乗り切りたい。  
Posted by naclfball at 13:25Comments(0)TrackBack(0)サッカー

February 27, 2006

戦力予想その3

オッケー第3弾!

なんか週末の開幕前イベントは微妙でしたね。
駅前の地下広場じゃ人通りも少ないし音響も悪いし。
まあシャレオさんはお高いそうですからお金がないんだろうけどw)
1〜2年前の数部構成の内容の濃いイベントからみるとどうしても見劣りしたなあ・・・。
やっぱイパーン人にアピールするならシャレオですよ。

後はなんか作ったらしいオフィシャルソングもこのイベントで初公開!
みたいにして、それまで伏せておいたほうがインパクトあったのに。
その前からちょこちょこ情報が漏れてたからね。
この辺はセンスよくやってほしいものです。

まあこの辺にして戦力予想第3弾!


千葉

主なIN:クルプニ
主なOUT:ポペスク、林、高橋

2005シーズンと比べて大きな戦力変動はなし。
但しFWの層が薄くなったのでその辺りはどうか?
今年もオシム体制は継続だし大崩れはしないと思うけど
リーグで優勝できるかといったらどうかなあ?
ただ去年ナビスコを制したように、着実に力はつけてきてる印象。
でも中断期間とか心配だね、被強奪とか。

戦力:B
ライバル度:A

最初の5戦
大宮(A) 甲府(H) 福岡(H) 清水(A) 鹿島(H)
・・・なんですかこのおいしい組み合わせw)
最初が徐々にチームを作っていくといってる大宮に
昇格組*2、清水とはウハウハじゃないですか。
なんとなく盛り上がるカードを組んだ後の残り物組
の匂いもするけどうまくいくと連勝スタートかも。

サンフホーム
7/22 14節
暑い盛り。この辺りは千葉の変態体力が炸裂してイヤな感じだけど
再開直後なのでうまく波に乗っていきたい。

サンフアウェー
11/23 32節
大詰めの11月。
もしここが首位決戦になったりしたらチェアマンが泣いちゃいそうw)
広島サポ的にはスタジアムマニヤ垂涎のフクアリなのに単発休みでショボーンな感じ。
ほらほら、彼女と一緒に遠征してデズニーデートとかもくろんでる
イケメソの皆様が困るじゃないですか。

・・・俺には関係ないけど(笑)


FC東京
主なIN:松尾、川口
主なOUT:小林、近藤、加地

このオフはアモローゾ騒動で
世間の厳しさを知った東京さん。
・・・エニウトン?そんなん忘れたw)
微妙に垢抜けない戦力はそのままに
大事に代表で育成してきた加地さんが移籍。
多分ガスサポとしては納得いかないと思うw)
やはり今年も中位臭がするので上位進出を狙うチームには
いやな障害になりそう。

戦力:C+
ライバル度:B

最初の5戦
大分(H) 新潟(A) 清水(H) 川崎(A) 京都(H)
・・・完璧に中位以下シフトである。ひでぇ(笑)
Jの日程担当者のシビアさには恐れ入りますw)

サンフホーム
10/15 27節
微妙に終盤戦。
恐らくこういう所できっちり勝ち点3を取っとかないときついだろう。
なにしろ去年はこの辺で勝ち点稼げんかったからね。

サンフアウェー
7/29 16節
ちょうど真ん中くらい。
暑い盛りなんでいつも通りガチンコ打ち合いになりそうな予感。
いつも決着が付かないので何とか勝て!
  
Posted by naclfball at 13:34Comments(1)TrackBack(0)サッカー