1月末から続いた仕事のドタバタもようやく落ち着きそうな雰囲気になってきました。


先週の5日の日曜日はそんな中で篠山マラソンを走って、結果はFBでも投稿したんですが3時間7分44秒と久しぶりに3時間を超えてしまいました。

言い訳としては2月が思うような練習がほどんど出来ず、特に後半から3月頭にかけては仕事の疲れがピークに達していて、トレーニングどころではなくなっていたというところでしょうか。

レースは序盤は自分のペースが全く制御出来ずに乱高下して、5km過ぎたあたりからは強烈な眠気というか気だるさに襲われ、32km過ぎから残りはキロ4分半で十分だと思った途端に完全にスイッチが切れてしまい、36km過ぎからは歩いて走っての繰り返しでなんとかゴールしたという感じでした。

僕を知っている人はご存知かと思いますが、僕は序盤のスピードが遅い代わりに後半のタレがないというか一定のペースで淡々と進んでいくのが僕の得意技なんですが、今回においては全くペース感覚が狂っていたうえに制御が出来なくなっていて、周りからするとペースが上がったり下がったりと走りにくいランナーに写ったと思います。

それと、5kmからの強烈な気だるさなんですが、こんな感じになったのはマラソンやトライアスロンを通じて初めてのことで、決してハンガーノックとかではないんですが、とにかく横になって眠りたくて仕方がなかったです。


あと、今回は過去に突っ込んで潰れて歩いた2010年の奈良マラソン以来歩いたのは2回目なんですが、やはり途中で歩いてしまうとダメですね。

まあ、世間ではいろいろ流行っているみたいですが、僕の場合は一度歩いてしまうともうダメで、そこからまた仕切りなおしてって出来るほどインターバル耐性もメンタルも強くないですね。



そんなこんなでなんとかゴールはしましたが、16回のフルマラソンで最低の内容となりました。

タイム的にも2011年3月の初サブスリー以降、肉離れを起こした大阪マラソン以外は全て3時間は超えなかったんですが、僕もついに現役サブスリーではなくなってしまいました。

身体的には歩いたのでダメージはほぼ無しなんですが、気持ち的に折れてしまったというのが少し引っ掛かるところです。

ただ、気持ちが切れてしまったのは事実なので、いくら疲れていようがそれはフルタイムで働きながら参戦する市民アスリートである以上は必ず付いて回るものなので、今回で浮き彫りになった最大の過大かと思います。(決して気合や根性といった類のものではないですが。)



とりあえずは、ちょっと態勢を立て直さないと今年のトライアスロンにも大きく影響を及ぼしそうなので、当面はパフォーマンスの低下はもう既にかなり落ちているので、焦らずに脳みそをリフレッシュさせたいなと思います。

そこで仕切り直して、来週のヲギノブ練でみんなとワイワイガヤガヤ楽しく遊んで、もう一度コツコツと積み上げて行こうかと思います。


まあ、今回のレースで良かったことと言えば、ずーと現役サブスリーを維持してきて、自信にもなった反面プレッシャーでもあったので、少し気楽になったというか、一度ぐらいはタイム度外視で誰かのペーサーとかエイドで食べ歩きとかしてみたいものですね。

あと、元サブスリーになったのでランについてもあまりエラそうなことは言えなくなりましたが、まあ時々毒を吐くぐらいは許してもらうとしましょう。
(いまだに3時間半程度なら男女問わずジョグだけで十分で、何よりも大切なのはペース感覚であるという考え方は間違っていると思ってません。)


と、いうことで元サブスリーになってしまいましたということで、今日はこの辺で。