Happy Job Hunting 

海外のスピリチュアルコミュニティでしばらく暮らした後、帰国。50代でコネなしキャリアなしの職探しをする羽目になりました。その過程も学びの一つとして楽しもうと決めました。 living in the spiritual community, I came back to Japan and started job hunting without any significant career and connections at over 50's. That was a very tough journey but I wanted to enjoy the process. I am writing how to keep the motivation, how to be happy no matter what is going on in our life.

My journey to Scotland 2019(5) – The Orkneys


028












After finishing the workshop I left Cluny and headed to the Orkneys immediately to the north of Scotland.

 

I managed to book myself onto a bus which was going directly from Inverness to the largest island in the Orkneys – an island called The Mainland.

 

The bus started off at around 7 am and was scheduled to arrive at Kirkwall - which is the biggest township in the Orkneys - at around noon.

 

The bus was a tour bus. Most of the passengers on the bus were on a tour which travelled around the Orkneys to visit the main sightseeing places in one day.
 

The story told by the bus guide was interesting.

 

At one point he asked us, "Do you know what the main industry in The Orkneys is?"

 

None of us had any idea.

 

The guide said, "The main industry is wind energy and as we travel around you will see a lot of wind turbines. It's very windy all the time here in the Orkneys and the turbines create enough energy to supply all the islands.

 

The second most important industry is the distilling of Scotch whisky for which, of course, the whole of Scotland is famous.

 

There are many whisky distilleries here in the Orkneys. If you visit any one of them, you will be able to see the process of making whisky and get a taste of the whisky itself.

 

The third most important industry is sightseeing. A lot of people visit Orkney for sightseeing every year.

 

These three industries support Orkney financially.”

 

After a few hours we arrived at John O Groats, a township at the northern most tip of the Scottish mainland from which the ferry to the Orkneys leaves and to which it returns.

 

Before we left the bus guide suggested that we should get something to eat and drink at the ferry terminal as there were no shops on the ferry, so most of us joined the queue to get food.

 

Then we got on the ferry to go to Kirkwall.

 

A few minutes after the ferry started off, an announcement came over the speaker:

"A red suitcase has been left at the ferry terminal. If you think it is yours, please come and see the staff. "

 

Oh my god! It's mine!

 

All the other passengers only had back packs and in all the confusion of offloading from the bus I had completely forgotten I had brought a suitcase.

 

 I went to the staff and told them the suitcase was mine.

 

I was told to go and see the captain of the ferry.

 

He told me that the ferry was going to Orkney after which it would return to John O Groats and then go to Orkney again.

 

He said, We will get your suitcase and bring it back at 5pm when you will have to come and pick it up at the ferry terminal.”

 

I told him I would do this.

 

I had been looking forward to going to my hotel as soon as I arrived at Kirkwall but now this was impossible.

 

My bad luck still continued....

 

After arriving at the Orkney island of Mainland, the bus proceeded from the ferry terminal on to the town of Kirkwall.

 

The tour bus stopped in Kirkwall for a short time so that the passengers could have lunch.

 069














The bus driver told me to stay at Kirkwall until the bus had finished its tour of the Orkney Mainland and returned to Kirkwall where I would be picked up and returned to the ferry terminal to get my suitcase.

 

So I had to stay at Kirkwall for more than three hours...

 

Unfortunately, Kirkwall's most significant sightseeing place, St. Magnus Cathedral, was closed because of a funeral.


071

 














I visited a museum and some shops.

081

 














Hours later, I got on the bus again to go back to the ferry terminal.

 

To my surprise, on my way back to the ferry terminal, the bus stopped at an Italian church.

014

 













008












The previous time I had visited Orkney, I had gone to this church, which was built by Italian prisoners during World War 2, and had been very impressed.

 

It was only a very short visit but I was very happy to see it again.

 

The guide told us a very interesting story about the love between an Italian prisoner and a local girl.

 

Anyway, finally the tour ended at the ferry terminal and I was able to get my suitcase.

 

I had expected to be able to come back to Kirkwall and then to go on to Stromness from there but the bus driver told me that he would not be going back to Kirkwall.

022

 













What?

 

The bus driver suggested that I should get off the bus and wait for another bus which went directly to Stromness via Kirkwall.

 

So I was left alone at the bus stop with the next bus scheduled 40 minutes later.

 019













But after 40 minutes had passed the bus hadn’t come and I started to worry...

 

It was windy and cold which made me regret that I was wearing a short sleeved T shirts.

 

Then a Dutch family arrived to catch the bus and told me that they were going to Kirkwall.

 

This calmed me down to some extent.

 

Finally the bus arrived and we all got on board it.

 

When the Dutch family got off the bus at Kirkwall, the husband said to me: "I hope you don’t have any more bad luck..."

 

Finally I arrived at Stromness.

 

Luckily, the hotel was very close to the bus station.

 

It had been a long day and I was very tired.

012

 

 

 

 

 

 

スコットランドへの旅2019(8)ストロムネス

なんとか港に着き、スーツケースをゲット。

ほかのみんながインヴァネスに戻る一方

私はまた同じバスに乗り込んできた道を引き返すことになった。

途中から乗客は私だけになり

運転手さんと興味深い会話を交わした。
022













彼はオークニーが気に入り、5年前にイギリスのケンブリッジから引っ越してきたのだという。

オークニーのどこがそんなに気に入ったの?と聞くと、

通りかかった人に手を振って、「これだよ。」という。

「ここではだれもが俺を知っている。俺もみんなのことを知っている。」

なるほど。

「でも時々、木が恋しくなるんだ。」

オークニーには木が全くない。草と藪があるだけだ。

分かる気がする。

「どうしても恋しくなると、ケンブリッジに戻るんだ。」

ふ~ん。

考えて見れば、私がスーツケースを置き忘れなければ

運転手さんとこんな会話をすることもなかっただろう。

なんか意味があるのかもしれない。

その晩泊るストロムネスに行くために

カークウオールにいったん行ってそこでバスを乗り換えなくてはいけなかった。

ところがバスの運転手はもう仕事は終わりなので

今日はもうカークウオールには行かないという。

えーっ?じゃあ私はどうなるの?

「途中のバス停で下してあげるからそこで待ちなさい。

そこに来たバスに乗れば、ストロムネスに直接行けるから」

ということで、途中で下ろされてしまい

次のバスの時間は40分後という状況になった。

海辺なので風が強く、寒い。

40分たってもバスは来ず、不安は募る。

020













途中からオランダ人の家族が来たので、

かれらと少し話をしてバスは来るはずだといってくれたので

少し安心した。

やっとバスが来て

彼らはカークウオールで降りた。

降りる際に、「今度は旅がスムーズに行くよう願ってるよ。」

とご主人が言ってくれた。

そのままバスは走り、やっとストロムネスに到着。

もう疲労困憊。

幸いにもホテルはバスターミナルのすぐそばだった。

012












ようやっとチェックイン。

7時過ぎになっていた。

通された部屋はものすごく大きくて

ベッドが3,4人分くらいある。一人だけなのに。

そのままディナーに直行した。

025





スコットランドへの旅2019(7)オークニー

ワークショップが終わった後も1日余分にクルーニーに滞在し、

そのあとで次の目的地であるオークニーに向かうことにした。

体調はほぼ回復。なんとかオークニーに行けそうであった。

ただ、高速バスに5時間も乗らなくてはいけないので

大丈夫かちょっと心配だった。

インヴァネス7時発の高速バスに乗るために朝5時起き、

なんとかバスに乗り込んだ。

このバスはツアーバスでもあり、

ガイドさんがオークニーについて喋り捲り

退屈しなかった。

オークニーの3大産業は?

風力発電。(風が強いからね)

ウイスキーの醸造。(醸造所があちこちにある。)

観光。(だから私たちが行くのね)

そのうちにスコットランド本土の北端、John O'goats に到着。

そこでしか食料が調達できないということで

みんな売店に並んでる。

私も並んだ。

飲み物をこぼさないようにして

もう出発しようとしてるフェリーに慌てて乗り込む。

乗り込んで、ほっとしたのもつかの間、

アナウンスが入った。

赤いスーツケースが港に一つ残されてます。

お心当たりのある方はお申し出ください。

うわ、私だ!

他のお客がみんな軽装だったので、

ついつられて一緒にフェリーに乗り込んだんだった。

手荷物だけで。

スーツケースをバスの中に忘れてきた。

乗務員に申し出ると、船長のいる操縦室に行くように言われた。

このフェリーはオークニーに向かっていて

また帰ってくる。その時にスーツケースを載せて

またオークニーに来るのが午後5時ごろなので

5時ごろに港に来なくてはいけないという。

あああ、ほんとならついたらすぐにホテルのある

ストロムネスに向かうはずだったのに、

カークウオールに足止めを食らうとは・・・

悪運はまだまだ続くらしい。

オークニーに着いて、カークウオールで

他のみなさんは簡単にランチを食べ、

そのままツアーに出かけて

午後にまた戻ってくるのでその時に

合流してまた港に行くことに。

ということで一人でカークウオールで時間をつぶすことになった。

取りあえずランチを食べることにした。
069












071












それから聖マグナス大聖堂に行こうとしたら

その日はちょうどお葬式が行われていて

親族しか中に入れないという。

ちぇっ。仕方ないので近くのお城やミュージアムを

見て過ごした。
081












092












いろんなお店はたくさんあるので

ウィンドウショッピングは楽しかったが、

方向音痴の私はすぐに迷ってしまい

元の場所に戻るのに時間がかかった。

なんとか時間通りにバスターミナルに戻り

バスに乗せてもらって港に戻る。

途中で(これはツアーに入っていたらしいが)

思いがけなくイタリアンチャーチに寄ってくれた。
014













時間がほとんどなかったので

入って説明を聞き、すぐに出てきたが

8年前に来たときにとても感銘を受けた場所だったので

嬉しかった。

ここは公共のバス路線から外れているので

ツアーでないといけないと聞いていたからだ。

この時初めて聞いた話もあった。

第2次世界大戦のとき、捕虜としてスコットランドに

連れてこられたイタリア人兵士たち。

彼らがこのスコットランドの北の果てに

美しい教会を作ったのだった。
008




予算がないので、床はトイレのものを使ったとか、

とにかく手に入るものはみんな利用して作ったらしい。

内部があまりに美しいので、そんなことは信じられないが

それが本当らしい。

戦争が終わってイタリア人兵士たちはみな国に帰ったが

何人かは帰ってきてオークニーの女性と結婚したという。

彼らがいる間にたくさんのカップルが誕生したらしい。

私はぶっきらぼうなスコットランド男性も好きだけど

イタリアは恋の国だし

イタリア人と比べたら勝てないのかもしれない。

悲しい恋のストーリーもあるという。

祖国に妻と子供がいるのに

オークニーで地元の女性と恋に落ちた。

戦争が終わって涙ながらに別れを告げ

国に帰ったが彼女のことは秘密にしていた。

それがばれてしまったのは、

彼が彼女の写真をこっそり持ち帰って

大切に持っていたからだった。。。。

イタリアンチャーチの神殿の入り口の床には

ちいさなハートがはめ込まれている。

よく見ないとわからないほど小さい。

彼が残していったものだという。

なんてロマンチック。

007










My journey to Scotland 2019(4) Synchronicity

027










I was gradually recovering from my sickness but I still wasn’t 100%.

 

I got tired very easily and couldn't do the things I wanted to do at Findhorn.

 

I have been really missing swimming in the sea and sometimes I dreamt of walking on the beach.

 

But I had no energy to do it.

 

Though it made me feel sad I had no choice but to let go of my wish.

 

I only managed to walk in the Cluny Garden and down to the town of Forres.

 

That was enough to make me exhausted.

 

I wondered about how I could go to Orkney after the workshop......
007







 



013










At the workshop Roger told us some very interesting stories.

 

One of the stories was about Wilco Johnson, a British rock musician who was diagnosed in January 2013 with late stage pancreatic cancer.

 

The doctor told him it was incurable and that he had only 9 or 10 months to live. He elected not to receive any chemotherapy.

 

After Johnson decided not to have any treatment he started a farewell tour which he performed very passionately.

 

Two years passed following the tour and he was still alive.

 

Then the doctor told him that it was possible to take out the tumor.

 

The operation took 11 hours but he survived.

 

At a certain point in Roger’s telling of the story I thought, "I know that story!"

 

One of my bosses at the school I taught at in Japan used to live in UK and she had told me about Welco Johnson..

 

She was a big fan of Johnson and had been his friend so she went to almost all of his concerts wherever they were.

 

At one time she had asked me to teach her class as a substitute teacher while she was away at Johnson’s rock concerts.

 

She went to London, Edinburgh, Glasgow.....When Johnson performed at Fuji Rock Festival; she went to Fuji as well.

 

A few years after this I asked her, "How is your rock musician friend?"

 

She answered, “He had an operation for his cancer and survived!"

 

In the story she told me, Johnson had told her that he had become rather lost as he had lived focusing upon death.

 

After the operation he had to think about how to live.

 

After I heard Roger's story I told him I already knew the story and how that had come about. Both of us were very surprised.

 

I think that this was a synchronicity and contained a lesson.

 

The lesson was that when we live for our life mission the Universe will help us to manifest it.

 

If he had chosen to have chemotherapy, he would have died. Instead he chose to follow his mission.

 

I heard a similar kind of story in Japan which I shared it in the group.

 

The story was about a woman who was diagnosed as having a late stage of cancer.

 

The doctor told the woman’s daughter, "Your mother has only 1 year to live. Please let her do whatever she likes. "

 

So the daughter asked her mother, "Mom, what do you want to do?"

 

Her mother replied, "I want to be a singer. I've wanted to be a singer for a long time".

 

Guess what the daughter did.

 

She made contact with a lot of nursing homes for old people and organized a singing tour for her mother.

 

Her mother was very happy, singing on the stage.

 

The old people listening to her song were very happy as well.

 

They continued doing it and found that after some time her mother's tumor has gone.

 

The lesson in these two stories was very clear.

 

We need to be happy. That is what we have to be.

 

And to be happy we need to do something we really love.

 

It was also interesting that although half of the people at the workshop were British none of them knew about Wilco Johnson.

 

No one else in the group did either. I was the only one apart from Roger who knew the story.

 

Life is interesting.



 

 

 

 

 

スコットランドへの旅(6)シンクロニシティ

少しずつ体調も戻り、

空いた時間にフォレスの町に行ったり

昼休みにクルーニーのガーデンに行ったりすることができるようになった。
023












026












ただまだ疲れやすくてあまり遠くまで行けなかった。

お気に入りの散歩コースもほんの少し歩いただけで

まだ十分に回復してないことを思い知らされた。
007













なんとかフォレスの町に行き

チャリティショップで自分のサイズの服を見つけた時は

嬉しかったけど、すぐに疲れてしまい

カフェに入ってケーキとコーヒーを注文しても

食べられないという始末。

もっと元気だったら

お気に入りの散歩コースをずっと歩き(2時間くらいかかる)

森に行ってお気に入りの木に挨拶したり

ビーチに行って泳ぐこともできただろうに。

身体がものすごく弱っているのを実感した。

028













ワークショップのあとはオークニー諸島に行くことになってるけど

こんなんで行けるのだろうか?

ワークショップではロジャーが時々面白い話をしてくれた。

そのうちの一つが Wilko Johson についての話であった。

びっくりした。この話、私知ってる。

彼はイギリスのロックミュージシャンであり、

長年連れ添った妻をがんで亡くした2年後に

自分も治療不可能なすい臓がんにかかり、

治療を拒否して世界中をツアーで回ることにした。

医者から10カ月しか生きられないと言われたのに

2年たってもまだ生きていて、

お腹は腫瘍で大きくなっていたけど

医者が「今なら手術でとれる」と言ったそう。

生存率10%という難手術に挑み、彼は生還した。

これからまだ生きられるということがわかった途端に

彼はウツになってしまったそう。

実は私が教えている英語塾の上司が彼の友達で

彼のツアーの最中、ほとんどすべての公演に駆けつけていた。

それはロンドンだったり、エジンバラだったりするので

日本から行って帰ってくるのは並大抵のことではないが

それをやっていたのだった。

当然、私はよく彼女の代講を頼まれた。

その流れでそのロックミュージシャンの話を彼女から

よく聞かされた。

富士ロックフェスティバルにも参加したらしい。

(もちろん彼女は富士ロックに出かけて行った)

しばらくたって、私があのロックミュージシャンのお友達は

どうなりましたか?まだお元気ですか?

と聞くと、「手術して生還したのよ!」と

言う。

でも「死ぬつもりで生きていたので、これから生きるほうに

焦点を当てるのが難しい」

と言っていたそう。

う~ん、想像できないけど、でもそういうものなのかもしれない。

とにかく、ロジャーの口からその話を聞いた時は驚いた。

こういうのをシンクロシティというんだな。

はるばる日本からスコットランドにやってきて

ワークショップでその話を聞くなんて。

グループのメンバーの半数はイギリス人だったけど

誰もその話を知らなかった。

知っていたのは日本人の私だけ。

なんか意味があるのかもしれない。

自分のミッションを知り、それに邁進していれば

宇宙が助けてくれるということかな。

でもJohnsonが生還後、鬱になってしまったというのが

興味深い。

また新しい生きる目標を見つけなくてはいけなくなって

困惑しているということらしい。

人生、何が起こるかわからない。

それに抵抗するのでなくて、今自分にできるせいいっぱいのことをするべきということかな。

026









スコットランドへの旅(5) お任せする

001












004












まだ十分に体力が回復したとは言えないにせよ、

少しずつ食べられるようになってきた。

とはいえ、少量の野菜と果物、それに卵だけだった。

久し振りに半熟卵を食べた時は感激した。

少しだけ塩を振った卵がすごくおいしかったのだ。

卵ってこんなにおいしかったかしら?

このころになると、自分の休暇が最初に神様にお願いした

リラックスした楽しい休みにならないことがわかってきた。

リラックスどころかサバイバルキャンプである。

天気はずっと悪いままだし、

スーツケースもコンタクトレンズも見つからず

同じ服をもう4日も来ている。

さすがにTシャツは薄汚れてきた。

下着だけは友人に街に連れて行ってもらって

新しいのを2,3買った。

OK, 神さま、わかりました。

もう抵抗しません。あなたが必要だと思うことを

私に起こしてください。

すべて受け入れます。

食中毒になったことも、天気が最悪なことも、荷物がなくなったことも

古いメガネでワークショップに出なくてはいけなかったことも。

そして4日目に荷物が帰ってきた。

そして、ベッドサイドテーブルの下に転がっていたコンタクトレンズケースを見つけた。(どうしてそこにあるのかわからないが)

4日目の午後からはメガネなしで新しい衣服で行くことができた。

体調もかなり回復し、「元気になったね」と言われるようになった。

ワークショップが瞑想をメインにしたものだったのも幸いした。

普通こんな状況だったらきっとパニックになっただろうけど

珍しくとても平静だったのだった。

瞑想って役に立つんだと今更ながら納得した。


006

My journey to Scotland 2019 (3)

007










At midnight, I woke up. 

Noticing that I was still wearing my contact lenses I went to the sink,

took them out and put them into their case.

Then I went back to bed and went to sleep again.

Next morning I felt a little better and thought that I might be able to attend the workshop that day.

But when I was getting ready to go to the dining room for breakfast,
I couldn't find my contact lens case.

I looked for it everywhere but still couldn't find it.

So I had to go to the workshop wearing my glasses, I was still wearing the same clothes.

This was certainly not what I wanted.

But anyway, I was finally able to attend a workshop session and meet all the other people on the workshop.

The workshop participants included people who were current members of Findhorn as well as former members of Findhorn. 

Other participants were from New York, London, Germany etc. – a wide variety of countries.

Our teacher, Roger, didn't seem to have changed at all. 

He looked just as the same as when I had said good bye to him 8 years before - very calm and loving. 

The first thing we did was to meditate. 

023













035











Different groups around the world use many different kinds of meditations.

Some meditations are based on simply staying still while others also involve saying a mantra over and over again.

But our workshop meditation was different. 

We simply had to sit and soften our hearts while letting thoughts come and go. 


That's all. We didn't need to do anything else. 

However, even though the meditation was only twenty minutes or so, I found it very difficult.


Actually, just sitting quietly doing nothing was very painful to me. I felt rather shocked at this.


Maybe the pain had arisen because I hadn’t made time to meditate for quite a while. 

In my daily life, I was always running around in my efforts to make a living, always fighting to get something, worrying, struggling.

I saw that I hadn't done anything for a long time that relaxed and softened my heart. 

I realized then that it was why I had come to the workshop.

スコットランドへの旅2019(4)ワークショップ

035 - コピー











というわけでワークショップ初日は出席できず

部屋のベッドの中でほとんど死んでいた。

ひたすら眠りつづけて真夜中に目が覚めた。

まだ気分は悪かったが

コンタクトレンズを付けたままだったのに気付き

這うようにして洗面所に行きコンタクトを外してケースにしまった。

またベッドに戻って眠った。

翌朝、胃の不快感が少なくとも少しは収まっていた。

これならワークショップに出られるかも?

シャワーを浴びて、さてコンタクトレンズを入れようとしたら

見つからない。

あまりに気分が悪かったのと真夜中だったので

どこにおいたのか覚えてない。

くまなく探したが見つからない。

仕方なくメガネで朝食に行った。

もちろん、食べられたのはバターをつけないトーストと

紅茶だけ。

何もつけないトーストと紅茶は

具合の悪いときに食べる定番らしい。

日本のおかゆと梅干しみたいなものだ。

小さくてかわいいリンゴがあったのでそれも食べた。

リンゴだけは大丈夫だった。

なんとかましになったので

ワークショップに出ることにした。

着の身着のまま、メガネだけど

しかたない。

久し振りに会ったロジャーは全然変わってなかった。

8年ぶりなのに信じられない。

参加者はフィンドホーンの元メンバー、現メンバー

ニューヨークからやってきた大学教授のカップル

ロンドン在住のダンス教師のカップル、

ドイツからやってきた教師など、

さまざまだった。

まずは瞑想をした。

これが苦痛だった。

以前は定期的に毎日瞑想をしていた私だが

忙しさにまぎれてやめてしまっていた。

瞑想の習慣がないと

ただ座って目を閉じて静かにしているのが

もの凄くつらいのである。

なんとか耐えて最初の瞑想が終わった。

わたしたちはみんな目を閉じて静かにするということを恐れている。

いろんな内面の葛藤に直面したくないからである。

ずっと瞑想をやらなかったのは

自分と向き合うこと、神様と対話することを

避けていたのだとわかった。

002 - コピー





My journey to Scotland(2) I'm not feeling well.

I took a  train to go to Forres. 

It didn't go well as I expected. 

There was an update with trains so we had to  get off the train

and change to the bus at some point. 

So the train trip took a longer time than I thought. 

 When I arrived at the station, I found there was no taxi.

I decided to walk to my hotel as I had walked this way many times.

But it was'nt easy because I was very tired.

Luckly, someone from Cluny found me walking and gave me a lift to the hotel.  

So, finally I managed to get to the hotel. 

The hotel was very close to Cluny Hill, where the workshop was to be held.

As I had arrived there very late, it was soon time for dinner.

006












005












004












The meal was great but I felt it was a little too much. 

After having dinner, I went to bed.

But I couldn't sleep. I felt very uncomfortable in my stomach.

It was getting worse and worse. 

At midnight, I rushed into the bathroom.

I had diarrhea and I vomited.

It happened again and again all night.
003











Next morning, I was very sick and I couldn't eat anythig. 

(Although I was very looking forward to eating Scottish Breakfast at this hotel! )

I had some fruit and yoghurt at breakfast then I vomited it after 20 minutes.

Anyway, I checked out the hotel and had to go to the workshop place.

Checking  in Cluny HIll for the workshop, I went to my room to get some rest.

I was not feeling well at all.

I decided to skip the first session of the workshop as I felt almost dead.

I vomitted on the carpet of the room. 

My roommate was asked to move to another room.

That made me very miserable. 

I had come here all the way from Japan to join the workshop

and as well as not being able to join the first session

I had lost my roommate!

On top of all this, my suitcase hadn't arrived yet. 

002











スコットランドへの旅2019(3) さらなる困難

アバディーンに戻り、鉄道に乗ってフォレスに向かった。

チケットを買ったときには気づかなかったけど

今アバディーンとフォレスの間では一部列車が通じてなくて

バスで輸送していたのだった。

つまり列車に乗っても途中で降りてバスに乗り換えないといけない。

他の方法はない。

何が起こってるんですか?と聞いても

「今アップデート中なのです。」とだけ。

選択の余地はないらしい。

ということでフォレスに着くのが遅くなってしまった。

タクシーの姿は見つからない。

でも大きなスーツケースを引きずっているわけじゃないし、

歩いていくことに決めた。

以前にもしょっちゅう歩いた道だ。

と思ったのだけど

何故か疲れていて骨が折れた。

途中まで来たところでクルーニーのメンバーの一人が

車に乗せてくれて助かった。

今夜の宿のクルーニーバンクホテルに到着。

003












すごく可愛いお部屋に通された。(高いから当然だ)

しかも離れになっていて他の部屋から離れている。

どうも新婚さん向きの部屋らしい。

もの凄く大きいダブルベッドもある。

すぐにディナーの時間になり、

豪華なディナーをいただいた。
005












006












004












ちょっと重すぎて胃が苦しかったけど

そのあとすぐに疲れていたのでベッドにはいった。

なぜか眠れない。そのうちに胃に不快感を感じ始めた。

苦しい。

夜中の3時ごろにトイレに駆け込んだ。

そのあとはベッドとトイレの往復。

嘔吐も始まった。

一晩中苦しんだ。

朝になっても気分はよくならず

もちろん朝食は食べられない。

少しだけフルーツとヨーグルトを食べたら

20分後に吐いてしまった。

ホテルのイギリス式朝食を楽しみにしていたのに残念だ。

よろよろしながらやっとの思いで支度をして

ワークショップ会場であるフィンドホーンのクルーニーに

到着した。

チェックインしてすぐにベッドに倒れこんだ。

もの凄く気分が悪い。

そのうちに床のじゅうたんの上に吐いてしまった。

私のルームメイトは他の部屋に移動になり

世話役のマヤが掃除をしてくれた。

その日の午後からワークショップが始まったが

最初のセッションは欠席せざるを得なかった。

あまりに気分が悪くて何も考えられなかった。

どうも食中毒らしい。

ひょっとしてあのハンバーガー?

買った後、紙ナプキンに包んで持ち歩いてたから。。。?










スコットランドへの旅 2019(2)最初の困難と最初の観光


004












セントレアから飛行機で飛び立ったのが7月4日。

まずヘルシンキに行って、そこからマンチェスター、そしてアバディーンという旅だった。

ところがマンチェスターに向かう飛行機が

途中でまたヘルシンキに引き返したのである。

なんでも荷物のバランスが悪いので、

並べ直すとかいう話だった。

そのせいでフライトは1時間ほど遅れた。

マンチェスターで乗り換えるときは

ギリギリで、私が入った後はゲートが閉められた。

そのせいだと思うが、

アバディーンで荷物が受け取れなかった。

手荷物のみでアバディーンのホテルに向かう。

こういう時って、本当にリラックスできないのよね。

だってパジャマもないんだもん。

翌朝、チェックアウトした後、

次のホテルに向かうはずだったが、

チェックインタイムが午後4時だった。

荷物もないことだし、この際アバディーン周辺で観光しようと思いついた。

2008年に初めてスコットランドに住み始めた時の

最初の休暇にStoneheaven に来て

そこにあるお城 Dunnottar Castle に連れて行ってもらったことがある。

これは有名なお城でよくスコットランドのカレンダーに載っている。

私の一番好きなお城である。
009












その昔、まだイギリスに行ったこともないときに

旅行雑誌でそのお城を見つけ、いつか行きたいなあと

夢見ていた。

スコットランドにきてから友人の住んでいたStoneheavenのすぐ近くにそのお城があるのを見つけ

頼み込んで連れて行ってもらった思い出がある。

またあそこに行きたい。

アバディーンから列車に乗って

Stoneheaven に行き、また帰ってきて

フォレスのホテルに行くのは可能だ。

そう思ったら矢も楯もならなくなって

列車のチケットを購入。

一路Stoneheaven に向かった。

今度は車で連れて行ってくれる友人がいないので

駅から歩くはめに。

そのうちに迷ってしまった。

散歩中のご夫婦に聞くと

ともかく街まで行ってそこでタクシーを拾うのがいいだろうという。

歩いてやっと町まで来た。

タクシー乗り場を探し、やっとタクシーに乗り込む。

運転手はとてもフレンドリーなお兄さんだった。

帰りが心配なので、2時間後に迎えに来てもらうように手はずした。

やっとDunnottar Castle に着く。

切り立った崖の上に建っているすごく印象的なお城である。

もう廃墟になっているのだが、

とにかく美しい。
021













036












011











今回時間をかけて見てみて

幽霊が出るとかいう話を初めて知った。

まあ、イギリスの古いお城にはたいてい幽霊がいるので

驚くことではない。
051












060












またここに来ることができて満足だったが、

思ったよりも早く見終わったので

タクシーの運転手さんに電話をして

早めに来てもらった。

待ってる間に駐車場の横にあるお店でハンバーガーを買った。

タクシーが来て、駅まで送ってもらった。

いろんな話をして、結構楽しかった。

どうも私には初対面の人とすぐにペラペラおしゃべりできるという

才能があるらしい。

日本語であろうと英語であろうと同じである。

大笑いしながら駅に着いたら

運転手さんが料金を少しおまけしてくれた。

”Because you have been so nice." 
(あなたがとても感じがよかったから)

だそうである。

私のお喋りを気に入ってくれたらしい。
056







My journey to Scotland 2019 (1)English version



004



















I'm back in Japan now after my journey to Scotland
in July.  

 

This was my second journey to Scotland since 2011,

and it was very different from the previous one.
 

 

Before going, I asked God to give me a calm, relaxing, and comfortable trip.

I
t turned out that God had very different ideas

because I had lots of troubles, challenges, and unexpected happenings.  

 

It was more of a survival journey,

though another word for it an adventure and,

as you know,
adventures aren’t always "comfortable" 

 

Sometimes, adventures are very uncomfortable, even scary,

but there are also
unexpected meetings with the new and beautiful 

 

The adventure part of my journey began when I arrived at Aberdeen airport

and found that my suitcase was missing.  

 

Although this wasnt the first time this had happened to me

I was
still shocked but I tried to manage to stay calm. 

 

I stayed one night at the hotel in Aberdeen without my suitcase.  

 

The following day I was supposed to go to Forres to book into my next hotel

but, since the check in time wasn’t until 4PM,

I decided to go to a place
very close to Aberdeen called Stonehaven

w
here is an ancient, ruined castle called Dunnottar Castle

which I’d been to about ten years before and thought it would be good to visit again. 

 

So I took the train to Stonehaven, 

when I arrived there was no taxi at the station

so
I started walking and found a taxi when I arrived in the town center. 

 

The taxi driver was very nice and friendly

and because there was no bus connection to get back to the station

I asked him to come back to the castle after 2 hours. 

 

Dunnottar Castle is very famous and often appears on the calendars of Scotland.  

009








 











036



















060



















021



















015



















The Castle
is in an amazing landscape on a cliff on the edge of the sea

and I thoroughly enjoyed visiting it again.
 

 

While I was waiting for the taxi,

I bought a hamb
urger and when we arrived back at the railway station,

the taxi driver discounted the price

because (he said) "You have been so nice
." 

 

I had just enjoyed talking with him.

But I was glad to hear it.
 

 

スコットランドへの旅2019 勢いで予約

003










7月の初めに4年ぶりにスコットランドへの旅をした。

今回は4年前とはかなり違う。

まず、2015年はフェイスブックでお願いして、すべて寄付で賄った。

米ドル4000ドル以上を集め、すべて寄付だったのだ。

2011年に帰国してから、生きるのに精いっぱいで、

スコットランドに帰る経済的余裕が全くなかったので、

苦肉の策で寄付を募ったのである。

これは自分でも驚いた。

行く前にやりたいことを全部書き出し、

その90%を実現した。

友人二人がインバネスの宿と 南西部でのコテッジに泊めてくれた。

美しい場所に連れて行ってくれた。

私は何にもしなくてよかった。

本当に感謝だった。

さて、それから4年後の今年である。

今年は全く事情が違ってくる。

仕事ばっかりしていて、休暇が欲しいなあ

スコットランドに戻りたいなあと思っていたけど

バタバタしているうちに4年が過ぎ、

寄附については、

FBフレンドの誰かから

あなたのしてることは乞食と同じだ、

自分で稼いだらどうなの?

と言われてすごく傷ついた。

私は今度は自分でお金を作らないといけない時期に来ていると
思った。

ただでさえギリギリの生活なので、

楽ではなかったが、今年こそ行こうと決意。

ちょうどそのころ予期せぬ臨時収入が入ってきて

これならいけるかもと希望を持ち始めた。

フィンドホーンのワークショップを調べたが、

あんまり、興味の持てそうなものがない。

ほとんどのものをやったことがあるのだ。

私はエコビレッジとかそういう関係にはあまり興味がない。

もうワークショップはあきらめて

ただ旅行だけにするかなあと思い始めたところに

一つ見つけた。

昔私がクルーニーに住んでいたころ、

毎年のように訪れてセッションをしていた

ロジャー・リンドンのワークショップである。

彼はNon duality(2元論)のteacherで

私はNon dualityが何かよくわからないにも関わらず

彼のことが大好きだった。

とても静かで落ち着いた信頼できるひとなのだった。

何回かした個人セッションでは

最初から最後まで泣きっぱなしだったこともある。

たった一人でフィンドホーンに来て、

誰も頼る人がなくて闘っていたので

肩に力が入っていたのである。

ロジャーと話して力が抜けると

堰を切ったように涙が出た。

2011年にフィンドホーンを去って以来、

お逢いしてない。

今会いに行かないともう会えないかも?

フィンドホーンで彼に会うチャンスだと思ってしまったのだった。

ということで勢いで申し込んでしまった。

本当は9月くらいのはずだったのだけど

それまでにはお金も貯まるだろうと思っていたのだけど

ちょっと予定が狂って7月の初めになってしまった。

さあ、それからが大変。

なんと当てにしていた仕事がキャンセルされた。

そのあとも立て続けにキャンセル。

どうしよう?まかなえるの?

と不安になり、これってホントは行ってはいけないというサインなのかも?と思いだした。

とはいえ、もう航空チケットは予約しちゃったし、

これはキャンセルできない。

行くっきゃない。

それで準備を始めた。

これも簡単ではなかった。

以前から使っていた機内持ち込み用のバッグが

完全に壊れていたのである。

新しいのを買わなくてはいけない。

ついでにスーツケースを調べたらこちらもかなりガタがきていた。

これも変えた方がいいかも?

ちょうど洗濯機が壊れていた。これも買い換えが必要だ。

いろんなものが年月を経て買い替え時期に来ていたのである。

ただでさえ、お金に頭を悩ませているのに。

そして旅行期間を2週間にしたけど

1週間目はフィンドホーンのクルーニーヒルでロジャーのワークショップだけど

2週目はどこに行くのか?ずっと決められなかった。

あれこれ考えて、スコットランドで行ってないのは

シェトランド諸島だけだと思い、

シェトランドへのフライトを予約しようとしたが

取れない。

どうもハイシーズンなので満員らしい。

そこで挫折。

出発のなんと1週間前にやっとオークニーへ行くバスと

宿を予約。

ホテルもB&Bも最後の1室だった。

直前までバタバタしていたまま

それでいいのかどうか確信が持てないまま、

出発になった。














愛されるためにはこうしなくてはいけないという思い込み。

019















長いこと生きてくると、

その過程でいろいろなことを手放していきます。

私にとってその一つは

人に好かれようとすること。

今までの人生でわかったことは

いくら好かれようと努力しても

ある人々は私を好きになってくれないし

どんなことをしようと

ある人々は私を受け入れて

愛してくれるのだということ。

いったんそれを手放してしまうと

好かれよう、愛されようと

必死で頑張っている人たちのことがすごくわかるのです。

これをすれば愛される

こうしなくては好かれない。

そう思い込んでいるのです。

だからなにかいいことをするのでも

それは愛から出ているのではなくて「

これをしないと自分は愛されないと思っているからなのです。

こういう人たちに今までいっぱい会ってきました。

そこまで頑張らなくてもいいのになあと思ってしまいます。

そしてそういう人たちを見ているとちょっとイライラしちゃいます。

私の妹がそうです。

妹はすごく純粋な人なのですが

傷つきやすく、

私が何か言うとすぐに噛みついてきます。

妹の(私以外の人に対する)態度を見ていると

まさにこれです。

満点以上の態度。

だから親戚や知人の妹に対する評価は抜群です。

礼儀正しく親切。

何かあると一生懸命に助けてくれる。

それはいいことなのですが

彼女自身は喜んでやっているというより

がんばりすぎて苦しいように思えます。

それはその行動が本当にしたいことではなく

愛されるためにはそうしなくてはいけないと思い込んでいるからなのですね。

以前に聞いたことがあるのですが

一度自分の苦しみと不安を親友だと思っていた人に

泣いてぶつけたことがあるそうです。

その友人はあまりの激しさに恐れをなして

それから妹との接触を断ちました。

この友人はそれを受け入れるだけの強さがなかったのでしょう。

でもそれ以来

妹は感情を封印するようになりました。

そして時々他人に封印されているネガティブな感情が

家族に向かって爆発してしまうのです。

母はいま老健に入っていますので

残っている家族はわたしだけということになります。

たまったもんじゃありません。。。

でもみんな多かれ少なかれそういう面を持っています。

がんばっていい人になろうとしている人は多いです。

無理している人、

いい人に見せようとしている人。

最近はそういう人たちを見抜けるので

なるべく避けるようにしています。

とっても無理していて大変そうなので

見ていて苦しくなってしまうのです。

無理するのをやめませんか?

本当の自分を見せちゃっていいんです。

本当の自分を見せてしまえば

本当の自分を好きになってくれる人が現れます。

その方が楽じゃない?

バレンタインのオンラインワークショップ

バレンタイン

















志麻絹枝先生のオンラインバレンタインワークショップに参加した。

先生とは長い付き合いで

私のスピリチュアルな旅路のきっかけになったと言ってもいいくらい。

そのころ自分の人生に嫌気がさしていて

何か変えたくて東京まで行って

セッションを受けた。

それから何回か年に1回か2回ずつセッションを受けていたが

先生はどんどん有名になられて本も出され

りっぱな経営者になり

セッション費用が私の手の届かないものになってしまったので

ここしばらくはお会いすることもなかった。

ただフェイスブックではつながっていたので

いろんな情報はそこから得ていた。

先日先生がズームで無料オンラインレッスンをするということを聞いて

その日は仕事がなかったため、

参加した。

実を言うとズームは2年ほど前から使っていて

慣れているのである。

その日のワークショップは3部に分かれていて

1部はデトックス。不要なものを出す。

2部はヒーリング。癒し。

3部はヴァイブレーションを上げる。

1部でハートに手を当てて自分のハートをイメージしていると

ハートはピンクで柔らかい感じだった。

ただ、釘みたいな金属の何かがいっぱい刺さっているのである。

ハートに向かってエネルギーを送っていると

その小さな金属が取れて行った。

まだ完全には取れてないと思うが

かなりとれた。

2部でヒーリング。癒しを必要とする状況や場面を思いだしてと先生が言う。

私の場合、子供のころでなくて

大人になってかなりたってからの場面が出てきた。

50を過ぎてからスコットランドのスピリチュアルコミュニティに住んでいたころだ。

それはダイニングルームで

私は別れたボーイフレンドが新しい彼女と一緒に座って

微笑み合っているのを見た。

そのうちに彼らの顔が近づき、キスしそうになった。

私はあわてて目をそらした。

同時に私のテーブルでフィンドホーンの古いメンバーが

私はフィンドホーンのスタッフになる器だと最初からみなされていなかったと

言う話を私にしていた。

これはいつかスタッフになってずっとフィンドホーンにいたいと思っていた自分にとって

身を切られるように辛い話だった。

あなたはふさわしくない。

あなたは十分でない。

あなたのことはいらない。

そう言われるのが一番つらいのだ。

その時のつらさを思いだし、その時の私を呼び寄せて

抱きしめてあげて

「つらかったね。悲しかったね。

大丈夫。泣いていいよ。」

といってあげていた。

2部が終わった時私も泣いていた。

涙がぽろぽろと流れていた。

そして3部。

やはりハートに手を当てて

ハートが拡大していくのを感じる練習。

これはあまりうまく行かなかった。

でも終わった時何かが違った。

前よりもグラウンディングしているのだ。

落ち着いている感じ。

地に足がついている感じ。

その晩は久しぶりによく眠れた。

朝気持ちよく起きられた。

今年はヒーリングの年にするべきかもしれない。


人にはいろいろ事情がある  

004
















先日ある年配の生徒さんと話していたら

彼女が「腹が立って腹が立ってしょうがないの。

センセー、聞いてくれる?と言うので

聞きました。

100歳を超えるお父様が大往生され

お葬式の準備のために実家に帰ったのだそうです。

仏壇のある応接間にお父様の遺体が安置されていて

ふすまを隔ててすぐ隣の部屋に

お嫁さんと生れたての赤ちゃんが寝ていたのだそうです。

「普通、赤ちゃんが生まれたらしばらく実家に帰るのが

筋なのに、遺体のおいてあるすぐ隣の部屋に寝てる。

その上、仏壇にはお花もなく、

どうしてないのか聞いたら

アレルギーがあるから花は飾れないとのこと。

お父様が可愛そうで泣けてきたというのです。

私は「ひとそれぞれみんな事情があるんでしょう。」と言ってのですが

腹が立って腹が立ってしょうがないのだそうです。

そんなに腹が立つのなら直接お嫁さんに言えばいいのにと言うと

いや、それは絶対にできない。

そんなことしたらすべてぶち壊しになっちゃう。

と言います。

でもどうにもおさまらない。

う~ん、私だったらどっちかにするな。

言いたいことをお嫁さんに言っちゃう。

その上で向こうの事情も聞く。

もしくはもう気にしない。

どっちにしてももう彼女の家ではないし

腹立つだけ無駄じゃない。

お父様は花がなくてもきになさらないだろうし。

でも彼女はどっちもできなくて頭から湯気を立ててます。

これって精神衛生上よくないですよね。

この状況は客観的にみると

彼女がお嫁さんをジャッジしてるということになる。

だってお嫁さんにどんな事情があるか知らない。

実家に帰れない何か事情があったかもしれないのです。

実家のお母さんが入院中とか。

何らかの事情があったはず。

それも知らずに判断するのはよくないです。

長年生きてきてわかったのは

人それぞれ、みんな事情があるということです。

ずいぶん昔になるけど

フィンドホーンであるワークショップに参加したとき、

参加者の中にどうしても虫の好かない人物が二人もいて

ガックリしたことがあります。

週末2日間だけのワークショップでとっても楽しみにしてたのに

そのせっかくの休日を気に食わない相手と過ごさなくちゃいけないなんて。。

最初の家はかなりぎくしゃくしてたけど

そのうちにシェアリングの時間で

彼らの裏の事情を知り

納得できました。

どうして彼があんなに皮肉っぽくて怒りやすいのか、。

どうして彼女があんなに高慢にふるまうのか。

彼は前の結婚で子供を亡くしていました。

そのせいで妻とうまく行かなくなり

離婚。

心に深い傷を負っていたのでした。

彼女の場合

この彼女は魔性の女と呼ばれていて。

ほとんどすべての男が彼女に参ってしまうのです。

過去に彼女にボーイフレンドやパートナーを奪われた女性がいっぱいいて。

当然女性には嫌われます。

そこで彼女は自分を守るために

高慢にふるまい、

あなたたちに気に入られなくても全然気にしないわという態度でいたのでした。

実は気にしていて、どうして女性たちは

みんな私のことを好きでないんだろうと悩んでいました。

驚いたことに

この二人の事情が分かった途端に

私の二人に対する反感は消えてしまったのです。

そんなものなのです。

彼女と話しているうちに

2人とも相手が自分を嫌っていると思っていたことが判明。

私は彼女は私になんて興味ないとおもっていたから無関心を装い

彼女は彼女でどうせ嫌われているんだからとお高く振る舞っていた。

なあんだということになって

2人で笑いました。

結構話しやすい女性だったのです。

もう一人の彼の方も

ワークショップ以来、

少しオープンになってくれるようになりました。

シニカルなことを言われても

事情を知っているから許せるのです。

そしてきっと彼も私の事情を知ったから

優しくできるようになったのでしょう。

このワークショップで私は貴重なことを学ひました。

人にはみんな見えない事情があるのです。

その人の事情を知り、

ありのままのその人を受け入れてしまえば

人間関係がすごく楽になるのです。

今人間関係で悩んでいる方、

ちょっと考えてみて。

どんな事情がその人にあるのか

ほんとうのその人はどういう人なのか。

そしてその人をありのままに受け入れてしまう。

とっても楽になること請け合いです。










思いやりのない人って?

049















思いやりのある人ってどういう人なんでしょうか?


自分よりも相手のことを考えて


行動できる人?


私は思いやりのある人とは


想像力のある人だと思います。


つまりこんなことを言われたら相手はどう思うか


こんなことをされたら相手はどう感じるか


想像できるひとだったら


ひどいことはできないはずですよね?


平気でひどいことができるのは想像力のない人だからです。


でもってじゃあどうやって想像力をつけるのか?


これも私が思うに


経験しかありません。


いろんな経験を人生ですれば


おのずと想像力が養われます。


だってそうでしょ。


大学受験したことのない人には


受験生の気持ちはわからないし


失恋したことのない人には


失恋の気持ちはわからない。


たくさん経験すればするほどより想像力が付きます。


それはポジティブ、ネガティブ両方です。


挫折の経験がなければ


挫折した人の気持ちはわからない。


そうすれば挫折した人にやさしくなれます。

思い返すと今までの人生で

こんなに傷ついたことないと思うような

ひどいことを言われたことが何回かあります。

その時のことは今でも

ハッキリと蘇ります。

いつもは忘れているのですが

何かのきっかけで戻ってきて私を苦しめます。

こんなに私の心に食い込んでいる痛みを与えたことを

はたして相手は知ってるんだろうか?

知ってないと思います。

想像力のない人だからです。

今でも心が痛いです。

もちろんきっと私も気づかないうちに

誰かを傷つけているかもしれません。

全く誰も傷つけないで生きていくことは

そもそも不可能です。

小学校の時、妹は学校でいじめられていました。

それを見て私はいじめはいじめられる方にも

問題があるんじゃないかと思っていました。

いじめっ子に何もできない妹も責任があると思っていたのです。

私は学校でいじめられることなく卒業し、

そのまま年を取りました。

中年を過ぎて海外のコミュニティで働き始め、

その時初めていじめにあいました。

いじめとはこういうものなんだと、初めて分かりました。

誰も助けてくれない。

まわりのみんなは

私が悪いと思っている。

いじめはとても陰湿で巧妙で

誰も気づきませんでした。

いじめの張本人はとても人当たりの良い人で

みんなに好かれていました。

暗い顔をしている私の方が悪いということにされました。

そこはHappy でいなくてはいけないという不文律みたいなものがあって

Happyでない顔をしている人は非難されました。

でも幸せでないのに幸せなふりをしなくちゃいけないの?

納得できませんでした。

そのセクションのメンバー全員からフィードバックを受けた時のことは忘れられません。

私のどこが悪いの?

神さま、助けて!

その時の気持ちは忘れられません。

もちろん私にも非はあったとは思いますが

2人の人間の間にトラブルがあった場合

どっちか片方だけが悪いなんてことはありません。

双方に責任があるのです。

ともかく、それ以来

私はいじめには無関心ではいられなくなりました。

あれからもう10年近くたち、

いま思うのは

あの経験が私を成長させてくれたのだということでした。

帰国してから妹と話す機会が増え

妹の気持ちも理解できるようになりました。

そして予備校で教えるようになって

日本にいかにドロップアウトが多いかを

思い知らされました。

そういう子たちにずっと以前より優しい目を向けることができるようになったのも

私自身がそれを経験したからです。

いかに大変か想像できるからです。

ですからもしあなたが思いやりのある人になりたかったら

想像力のある人になりましょう。

そのためにできるだけたくさんの経験をしましょう。

つらい体験だったとしても

いつかきっと役に立つ日が来ます。

それはあなたをもっと想像力のある

もっと思いやりのある人間にしてくれるからです。











心が折れるとき



フルーツサンド Ⅱ


















最近体調がよくない。

持病の逆流性食道炎が悪化。

咳が止まらず苦しいことこの上ない。

仕事にも支障をきたしている。

母が入院してから

ほぼ毎日か2,3日おきに病院へ行っていたのだけど

先週から5日ほど病院へ行けなかった。

もうしんどくなってしまったのだった。

もちろん体調のせいもあるけど

それだけではない。

心が折れてしまったのである。

一生懸命に母のために

病院に行きたわいない話をして

母の好きそうな食べ物を持って行って

というようなことが急にできなくなってしまった。

きっかけは妹の電話である。

ある日、母のところに行こうとして

なにか調理しようとしたが

もう全然気力が出ないこと

だるくて仕方ないことにきづき

何も持たずに行って

駅前で食べ物を調達していった。

ヨーグルトとサンドイッチ。

サンドイッチはおかずサンドは

カツサンドしか残っておらず仕方なくそれを買った。

おやつ用にフルーツサンドを買った。

生クリームにブドウが入っているやつである。

母は喜んでおいしいおいしいと言って食べた。

といっても多すぎると思って

半分以上はわたしが分け合って食べた。

翌日妹から電話がかかり

丁寧な口調で

「お母さんにいろいろ持ってきてくれるのはありがたいけど

腸閉塞をやったひとは半年以内に再発する人が多くて

再発すると手術しか手がない。

だから特に肉とか揚げ物

それに生クリームは避けてほしい。」

ということだった。

理屈にはあっているが

私はわたしなりに一生懸命にやっているのに

それを否定されたので

なんか心が折れてしまった。

もうやってられないわ~と思ってしまったのだった。

結果5日間も病院に行けなかった。

今日久し振りに病院に行くと

何と妹も5日間来なかったのだという。

私が電話のことを話すと母は

「私がカツサンドとフルーツサンドをあんなおいしいものを

食べたことないと言ったから

気分を害したんだね。」という

なるほど、それで納得。

妹は一生懸命母のために尽くしてくれているのだけど

どうも自己肯定感が低いのである。

私が持って行った食べ物を母が

こんなおいしいものを食べたことないと言っただけで

自分が否定されたように感じ

私にそんな電話をかけたのだろう。

まあ私だって妹に否定されて

傷ついて心が折れてしまったのだから

お互い様なのだけど。

自己肯定感が低い人は

よく見るといっぱいいる。

先日ある人が私のフェイスブックページの記事に

LIKE してくれたので

フェイスブックページに招待した。

LIKE してくれたのだけど

その午前中バタバタしていて

お礼ができなかった。

するとすぐに

自分から頼んでおいて

お礼の一つも言えないなんて

人間の価値がない。

LIKE はすぐに取り消しましたけどね。

とメッセージとタイムラインに投稿された。

そりゃお礼をしなかった私が悪いんだけど

正直、お礼をしなくてそのままの人たちって

結構いるのだ。

特に海外の人は

あんまりこだわらないみたい。

だからそれに慣れちゃって甘えてたのかもしれないが

こういう文句をすぐに言ってくる人って

なんか悪意を感じる。

別に言い訳をするわけじゃないけど

お礼をしない人がいたら

あ、そうという感じでスルーすることはできないの?

いろんな人がいていろんな事情があるのだ。

よく知らないうちにその人のことを

ジャッジするのってどうかと思う。

もし誰かが

あなたを傷つけるようなことを言って来たら

それはその人の自己肯定感が低くて

そのせいで

そういう行動に出たのだと考えるといいかもしれない。

いろんなことを全部人のせいにするのはよくないけど

反対に全部自分が悪いのだと思い込むのもよくない。

バランスなんだ。









心が病気を作り出す 


Findhorn autumn 2009 025
















フィンドホーンにいたときに

Concious Medicine というコンフェレンスに参加したことがある。

手っ取り早く言うと自分の心が病気を作り出すのだということだ。

そこにアメリカ在住の日本人女性がいて

インタビューに答えていた。

彼女はいつも家族のために尽くしてきて

子供や夫が病気になったり具合が悪いときに

世話をしてきた。

特に夫がうつになってしまったときは

一生懸命に世話をした。

そして何年もたってから

今度は彼女がガンになってしまった。

自分の心がガンを作り出すとしたら

どうして自分がガンになったのか知りたいと

彼女は言った。

プレゼンテーターの女性(ガン経験者)

とのやり取りの中で

結局彼女は人の世話ばかりしていて

自分にかまってもらうことがなかったので

関心を集めることができる病気になってしまったのだとわかった。

病気になればみんなが心配してくれて

優しくしてくれて

みんなの関心が自分に集まるから。

かまってほしかったのだ。

これって残酷なようだけど

真実だと思う。

この彼女は日本人で

なおかつ体験週間のワークデパートメントが

クルーニーのホームケアだったので

1週間一緒に働き友達になった。

病院に行ったらもう手遅れで

あと3カ月の命ですと言われ、

「それじゃ息子の高校の卒業式に出られない。。」と嘆いていた。

彼女はコンフェレンスのあともフィンドホーンにとどまり

結局家族に囲まれてフィンドホーンで死んだ。

それが彼女の望みだったというから満足だったと思う。

でも忘れられない記憶である。

人間の心ってすごくパワフルで

病気を自分で作り出すこともできちゃうのだ。

もちろんみんななりたくて病気になってるわけではない。

遺伝とか、どうしようもない場合もある。

でも

世の中には

病気を言い訳にしている人が多くいる。

何かあると具合が悪くなる。

「私は病気なのよ。

病気なんだから優しくしてもらう必要があるの。

病気なんだから特別扱いしてもらう必要があるの。」

という人。

こういう人は病気を言い訳にしているので

治りたくないのだ。

治って普通の人になっちゃうと

みんなに優しくしてもらえない

特別扱いしてもらえないから。

でも意識的にしているわけでないので厄介だ。

件の彼女も意識的に病気になったわけでない。

息子の卒業式に出られることを切望していた。

でもかなわなかったのだ。

母親と娘の二人暮らしだったとする。

娘が旅行に行こうとするたびに母が病気になる。

これもそうである。

然しこの母親も意識的に病気になったわけでない。

心って難しい。

でも自分で病気になった原因を突き止めて

それを受け入れることで

ある程度人生が楽になる気がする。

私は身内にそういう人がいるので

もう見ているとあまりにもあからさまである。

都合が悪くなると

もしくは自分が受け入れられないことを頼まれると

病気になる。

突然ベッドから起きられなくなる。

私は、ああまたかと思うばかりである。

身体って正直である。

心と体はつながっているのだ。

何か具合が悪くなったときは

心の方にどんな問題があるのか

自分に聞いてみるのがいい。









HSPの人に敬遠される私

025















私はあんまり繊細なタイプではないと自分でも思う。

いろんな細かいことに気づかないし、そのせいで大変なことになったことも数知れず。

予備校では個人レッスンの生徒をダブルブッキング、

同じ時間に生徒が二人来てしまったり、

フィンドホーンでも上司に

そこにシーツを置いておくからそれを届けてねと言われていたのに

そのシーツが見つからず、仕方なく自分で他で調達して届けた。

あとで彼女はまだシーツがそこにあるのを知って

私が届けなかったと思い激怒。

ちゃんと届けたというと

「目の前にあるのにどうして気が付かなかったの!」としかられた。

そんなことばかりである。

標識がちゃんとあるのに気が付かず

迷ってしまったことも多い。

またある人たちからは、あの時のあなたのあの言動でとても傷ついた。

と2か月以上たってから言われたりする。

え~っ、何のこと?こっちは覚えてなかったりする。

そして傷ついた訳を聞いても

どこがそんなにひどいのか理解できなかったりする。

いいえの言い方がきつかったとかで責められるのだ。

一生懸命自分なりに努力しているけど、これが私なのだ。

この年になるともう自分を改善したいという気力が失せてる。

それよりもありのままの自分を大事にして

他人に振り回されないようにしたいと思っているのだ。

こういう大雑把な人間なので

いわゆる繊細な人と付き合うと大変だ。

HSP Highly Sensitive Person というらしいけど

大きな音もダメ 強い香りもダメ 人がたくさんいてもダメ

いちどにたくさんのことをするのもダメ

その他一杯ダメなものがある。

ある項目は私も当てはまるけど

私は明らかにHSPではない。

HSPの人に敬遠されるタイプだ。

そして私も実を言うとHSPの人たちが苦手である。

別に差別しているわけじゃないけど

普通のことをしたり言ったりしただけで

傷ついたとか言われて反対に攻撃されたりする。

その攻撃がまた半端ない。

ずっと我慢していたらしいのでだいぶ経ってから突然爆発する。

あなたといると辛いのでもう会いたくないですとか

距離を置きたいと言われる。

あの~私は確かにおおざっぱで鈍感かもしれませんが

私だって傷つくんです。

今までそういうことで散々悩んできた。

ある人はその話をすると

「あなたはエネルギーが強いからね。」

と言った。

そうなの?

自分ではわからないのだ。

どうもHSPの人はエネルギーが強い人のそばにいられないらしいのだ。

でも友人や家族がHSPだったりすると

こんなこと言っちゃいけないかも?

とかこんなことするべきでないかも?

といちいち心配しながら接するのは嫌だ。

せめて親しい人たちは安心して言いたいことを言いたい。

あなたは普通の口調が強すぎるのよと

非難されたこともある。

どうすりゃいいんだ?

まあひとつ言えることは

そういう人だということを認めて

自分なりの付き合い方を試行錯誤していくしかないのかもしれない。

今まで散々自分を責めてきたけど

それって私だけが悪いわけではないのだ。

そして非難されようとも避けられようとも

私はもう自分を変えられないので

そのままの自分を愛して大切にしてあげるしかない。

HSPのみなさん、

こんな私をお許しください。

でもできればありのままの私を受け入れていただけると

嬉しいです。


記事検索
プロフィール

アイリス

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ