スポンサーリンク
今読まれている人気記事

0コメント

takarakuji
528: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/06/16(水) 16:01:23 ID:ru9LuHHm
10年前の12月俺はバイト先の友人が年末ジャンボ買うと言うから、暇だしついて行った。
友人はどうせなら少しでも確率上がるから、一緒に金出して3万分買おうと言ったが、
金持ってなくて断ったんだ。
そしてそのことは忘れて、元旦の朝・・・
そいつから電話「1億5千万当ったから来てみ?」と!
急いで家に行くとホントに番号が合っていたんだよ・・・
俺「マジかよ!しかし俺は一緒に買うの断ったし・・・まあ上手く行けば100万くらいはくれるかも♪」
などと夢想していた。

0コメント

lgf01a201309190900
874: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/15(木) 16:46:35.63 ID:NGx0Ch18
DQN返しともいえる、祖父の武勇伝。当時子供だったので聞きかじりです。

20年以上前、当時健在だった祖父が所有地の整理を始めて、いくつか土地を売った。
まだバブルの恩恵が残ってた頃で、そこそこ高値で売れていく中、マンション開発に交渉された土地があった。
そこは、理由は不明ながら祖父は売りたくなかったらしいけど、相手側に「マンションかハイツを建設したい、
最上階角部屋を破格値で分譲するから土地を売ってくれ」と言われ、一人暮らしの祖父を案じていた父達が
賃貸住だった叔父夫婦にそこに住んでもらえばどうかと勧め、祖父も合意した。
で、マンションというには.微妙な高さのマンション完成。
そしたら、立地条件よし・広さや値段も手ごろだった為、完成前後に完売御礼になったらしい。
無論、叔父夫婦が住む予定だった部屋も。
話が違うと祖父や父達が相手先の会社に訪問したら、「証書もないですしねえ」とヘラヘラ。手違いで売買したのではなく、
口約束だけで法的な書類がないのをいいことに、故意にやったんだろうとわかった。
新築の広い部屋に移れると思っていた叔父夫婦ショボーン。父や他の兄弟も、「高い勉強代だったと思うしかないな」と慰めた。

このページのトップヘ