2019年7月19日公開予定の新海誠最新作「天気の子」に登場する東海汽船のさるびあ丸に乗船してきましたので、紹介したいと思います。

撮影日は2019年7月14日。

2019年7月21日追記
天気の子本編に登場した神津島の巡礼記事はこちら

さるびあ丸納涼船とは

さるびあ丸は東京~神津島を結ぶ航路を運航している東海汽船所有の大型旅客船になります。
(時期によっては東京~八丈島航路を運航していることもあります。)

通常は下記の運航スケジュールにて運転を行っていますが、夏季限定で17時40分から23時00分までの空き時間を利用して東京湾をクルーズする納涼船として利用されており、乗船料金2600円(ネット予約だと2400円)を支払えばだれでも乗船することができます。
(料金はアルコール類の飲み放題も含む)

東京~神津島
000-0
神津島~東京
000-1
東海汽船ホームページより。

納涼船タイムスケジュールは以下の通り。
 乗船開始時刻 :18時45分
 出港時刻    :19時15分
 帰港/下船時刻:21時00分

納涼船運航時期
 2019年6月28日~9月23日

詳細は下記のページ参照してください。
東京湾納涼船2019ホームページ

ちなみにさるびあ丸は2020年の6月頃に引退予定の為、納涼船として乗れる期間は今年までとなります。
そのため気軽にカット合わせができなくなりますので、乗船を考えている方は早めの訪問をお勧めします。

竹芝旅客船ターミナルまでのアクセス

最寄りのJRは浜松町駅になります。駅から徒歩15分ほど。
また、ゆりかもめを利用すれは竹芝駅からほと1分です。
納涼船の利用時期はかなりの混雑が予想されますので、余裕をもって行動しましょう。

アクセスマップ


乗船~船内の様子

乗船開始時刻の30分ほど前に並び始めたのですが、それでも結構な人がすでに並んでいました。
乗船開始前には和太鼓のパフォーマンスなんかもやっています。
002003
18時45分、乗船開始。
004
座席は指定ではなく、立食タイプになります。ところどころにテーブルが置いてありますので、空いていればそちらを利用しましょう。
また、飲み物は無料で飲み放題ですが、食べ物は船内の屋台で購入ことになります。
現金の使用は不可で、支払いは金券(事前に購入or船内で購入)もしくはSUICAで行う必要があります。
005012
出港してすぐ進行方向右手に東京タワーを見ることができます。
その後、レインボーブリッジをくぐり東京湾に出ます。
009010
また船内ではダンスショーもやっていたのでそちらを楽しむのもアリかと思います。
013014

天気の子カット

公開前の2019年7月16日の時点で判明しているカットは以下の2カット。
1枚目は最上階デッキ前方へ向けてのカット。
作中ではレインボーブリッジバックのカットですが、かなりの混雑だった為同様のカット撮影は断念。
下船時にタイミングを見計らって撮影。
PV02(001)PV02(001)
2枚目のカットは同じく最上階デッキ後方。
作中と同様のカットを撮影するには広角レンズが必要になります。
(24mmで撮影)
こちらも同じくかなり混雑しますので、乗船直後か下船直前での撮影をお勧めします。
PV01(004)PV01(004)

下船~竹芝旅客船ターミナル

途中、工場地帯、羽田空港、東京ディズニーリゾート なども確認することができます。
ご一緒したフォロワーさんが詳しく解説をしてくださり楽しい時間を過ごす頃ができました。
011
約1時間45分かけて竹芝のフェリーターミナルまで戻ってこれます。
ちょっとした飲み会にもってこいのクルージングですね。
015

前述にもお伝えした通り納涼船として乗れる期間は今年の9月23日までとなりますのでご注意を!
以上、天気の子、さるびあ丸乗船レポートでした。
なお、ブログ内で引用しているアニメの比較画像は研究目的で使用しています。画像に関しては著作権を侵害することを目的としていません。
著作権は、東宝、新海誠、他にあります。
著作者からの申請があった場合、直ちに画像の使用を停止いたします。