2020年1月より放送開始の「へやキャン△」の聖地巡礼記事になります。
へやキャン△と言う事で主に部室内でのショートストーリーかと思っていましたが「梨っこスタンプラリー」と称して山梨の観光スポットをまわっていくストーリーになるみたいですね。
第1話はイントロダクションで何も出てきませんでしたが、第2話より巡礼スポットが登場してきましたので順次カットの追加していきたいと思います。

もくじ(クリックするとリンク先へとびます。)

 【第2話 ふじさんがたくさん】
   富士山世界遺産センター
   富士山世界遺産センター(南館)
   FUJIYAMA CAFE

 【第3話 激走!河口湖ラリー】
   河口湖大橋
   大石公園
   河口湖自然生活館
   しまりん家

 【第4話 ある日のしまりん】
   県道404号線

 【第5話 新説・カチカチ山】
   河口湖パノラマロープウェイ
   たぬき茶屋

 【第6話 あのころは、ふたりとも】
   身延山久遠寺
   南部橋
   ハッピードリンクショップ南部内船2号店
   ハッピードリンクショップ身延宮木店

へやキャン△聖地巡礼マップはこちら。

第2話 ふじさんがたくさん

撮影日:2020年1月18日
富士山世界センターは同名の施設が富士宮と富士吉田の二つあるのですが、へやキャン△に登場したのは富士吉田の方になりますので注意。
電車でアクセスする場合は富士急行線で河口湖駅まで行きそこから徒歩20分ほど、車でアクセスする場合は中央自動車道富士吉田線の富士吉田ICのすぐ近くになります。
当日は私は御殿場川から車でアクセスしたのですが、雪の影響で路面に薄っすらと雪が積もっていました。冬の時期はスタッドレスタイヤ装着が無難です。

 開館時間 9時00分~17時00分(7月~9月 8時30分~18時00分、12月~2月 9時00分~16時00分)
        ※パンフレットより

詳細は富士山世界遺産センターのホームページを参照して下さい。


富士山世界遺産センター

施設正面入り口のカット。
02話(001)-horz
9時の開館時間に合わせて訪問したのですが、すでに多くの人でが居ました。
ほとんどが外国人(主に中国人)で日本の観光客は私ぐらいしかいなかったんじゃないでしょうか。
02話(017)-horz
二階へ上がる階段。
02話(018)-horz
当日は作中と同様富士山は見えませんでした・・・。
02話(019)-horz
02話(020)-horz
02話(021)-horz

富士山世界遺産センター(南館)

なでしこ達が見学した富士山の巨大模型(はりぼて??)が有るのは南館になります。
02話(002)-horz
2階部分は富士山を囲うような見学ルートとなっており、壁にはパネルが設置されています。
02話(003)-horz
1階の広がる富士山の世界(床地図)です。作中よりも若干展示物が追加されています。
02話(004)-horz
同じく1階の胎内ビジョン。富士山の巨大模型の内側に設置されているスクリーンに映像が映し出されます。
02話(005)-horz
こちらは2階のスクリーン。順路通り進み、1階へ降りる階段の少し先に設置されています。
02話(006)-horz
南館入口の巨大鳥居。
02話(007)-horz
02話(008)-horz
作中では階段の下にスタンプが設置されていましたが、実際はありませんでしたw
そのうちコラボ企画とかでスタンプも設置されそうですね。
02話(009)-horz
02話(010)-horz
02話(011)-horz

FUJIYAMA CAFE

北館2階にあるカフェになります。
作中でなでしこが食べていた「青い富士山カレー」1300円。青色ですが本当にカレーの味がしました。
監督のTwitterにあげていたロケハン時の画像と比較すると具材が若干変わっているようです。
02話(013)-horz
02話(015)-horz
02話(016)-horz
ちなみにこちらが大垣が食べてた「ようがんから揚げ」450円。
02話追加(003)
私は注文しませんでしたが、こちらが犬山が食べていた「逆さ富士ゼリー」650円。
02話追加(001)
北館1階のカットもありましたが、こちらは撮影禁止の表示がありましたので無難にカット合わせは行いませんでした。
02話追加(004)

第3話 激走!河口湖ラリー

撮影日:2020年1月25日
第2話に引き続き河口湖周辺が舞台になっています。
なでしこ達はレンタサイクルを利用していましたが、1月のこの時期さすがにきついかと思います。
雪こそ積もってはいませんでしたが、路面凍結などの恐れもありますしね。

河口湖大橋

河口湖の東側に架かる橋。河口湖駅から徒歩20分程度。
当日は雲がかかっていて富士山は見えず。
03話(001)-horz
03話(002)-horz
03話(003)-horz
早朝(7時ごろ)撮影しましたが、結構な交通量でした。
03話(005)-horz
03話(006)-horz
03話(007)-horz
03話(009)-horz
03話(011)-horz

大石公園

河口湖駅から徒歩60分程度。結構離れています。
こちらの大石公園も富士山世界遺産センター同様各社のバスツアーのコースに含まれているっぽいのでひっきりなりに観光客が来ます。
やはり中国人の観光客が多かったですね。
03話(012)-horz
駐輪場。実際には駐車場となっており、看板前に車が止まっていました。
(車が居なくなった隙を見て撮影。)
03話(013)-horz
ラベンダーソフトクリームの旗も一致します。
03話(014)-horz
富士山の集いモニュメント。
03話(015)-horz

河口湖生活館

朝9時開店。9時より前は店内はもちろん、屋外のスペースにも入れませんので注意。
若干改装されており、カットが合わない部分もありました。
03話(017)-horz
03話(018)-horz
03話(019)-horz
03話(020)-horz
こちらのカットは一致する場所がなかったので雰囲気で撮影。
03話(021)-horz

しまりん家

最後のほうに登場したので一応載せておきます。(昨年の夏撮影。)
場所は身延町古関、県道404号線沿いです。
ちなみにドラマ版ゆるキャン△のしまりんの家のモデルとは別の場所です。
03話(023)-horz

第4話 ある日のしまりん

撮影日:2020年2月1日
第3話の後半にも登場しましたが、しまりんの自宅付近が登場。場所は身延町古関付近です。

県道404号線

身延町古関出張所付近。廃校を利用した施設ですかね。
左側の黄色い看板は一致します。
04話(001)-horz
背景の民家は微妙に一致しませんね。
04話(002)-horz
04話(003)-horz
こちらが武田書店のモデルと思われる建物。
古関出張所から道なりに南に進めばあります。
04話(004)-horz
県道404号線に沿って流れる反木側。
しまりん家付近で撮影。
04話(005)-horz
バイトの帰り道。
上記と同じく身延町古関出張所付近です。
04話(006)-horz
04話(007)-horz
04話(008)-horz

おまけーゆるキャン△梨っ子町めぐりー

当日は身延町で「ゆるキャン△梨っ子町めぐり」と称したコラボイベントが行われてましたので探訪に合わせてそちらも訪問してきました。
コラボイベント自体は2020年3月31日まで行われている予定なので興味があれば是非訪問してみてください。
また、2月1、2、8、9日限定で「本栖高校自由参観日」及び「ゆるキャン△梨っ子号」の運行が行われています。

詳細は下記ホームページ参照。


【本栖高校(旧下部中学校)】
2月1日にラッピングバス除幕式が午前10時よりグラウンドにて行われました。
今後定期的に運行するそうなので身延に訪れたときは是非利用してみましょう。
04話追加(001)
外観も車内もゆるキャン△一色でした。
04話追加(007)04話追加(008)
04話追加(009)04話追加(010)
ドラマで使用されて図書室のセット。
原作の図書室が忠実に再現されていました。
04話追加(002)
野外活動サークル部室。
こちらもそのまんまでしたw
04話追加(003)

【JR身延駅】
「ゆるキャン△梨っ子号」は静岡⇔甲府 間を往復で運行。
甲府からの折り返し便を身延駅にて撮影しました。
04話追加(005)
ヘッドマークが可愛らしいですね。
04話追加(004)
車内には野クルメンバーのマネキンもw
04話追加(006)
「ゆるキャン△梨っ子号」のチケットは発売と同時にすぐに売り切れてしまった為、私は購入することはできませんでしたが、次回同様なイベントが行われた時には是非乗車したいですね。


第5話 新説・カチカチ山

撮影日:2020年2月6日
第5話に登場したのは河口湖東側にある富士山パノラマロープウェイ&たぬき茶屋になります。
第2話、第3話に引き続き河口湖が舞台です。

詳細は下記ホームページ参照。


河口湖富士山パノラマロープウェイ

ロープウェイは「うさぎ」と「たぬき」の2種類あり、作中でなでしこ達が乗っていたのは「たぬき」の方になります。
(「うさぎ」が赤色の機体で「たぬき」が黄色の機体。)
おおよそ15分間隔で運転しているので、作中と同じ雰囲気を味わいたい場合は時間を調整して搭乗しましょう。
頂上駅までの所要時間は約3分で料金は往復900円。
05話(002)-horz
中間地点で「うさぎ」のロープウェイとすれ違います。
作中と同じカットはさすがに撮れませんねw
05話(003)-horz
こちらは山頂駅にて撮影。機体の上部にたぬきの人形が飾られています。
05話(001)-horz
ロープウェイ内のも再現度は高かったです。
平日舞台探訪したのですが、かなりの観光客がいた為、降りる時に隙を見て撮影をしました。
05話(004)-horz
05話(005)-horz

たぬき茶屋

ロープウェイ山頂駅から歩いてすぐ。
たぬき茶屋屋上へ向かう階段は2ヵ所ありますが、作中に出てきたのは店舗裏手(北側)のものと思われます。
05話(006)-horz
たぬき茶屋屋上からの眺め。
屋上にはなぜかこたつが設置されていましたw
05話(008)-horz
同じくたぬき茶屋屋上から撮影した河口湖です。若干改変が入っていますかね、湖の形が合いませんでした。
05話(009)-horz
05話(010)-horz
うさぎとたぬきの人形。
ちなみにこの人形は山頂とふもと駅に数体ずつあります。
05話(011)-horz
05話(012)-horz
05話(013)-horz
05話(014)-horz
05話(015)-horz
05話(017)-horz
若干人形と背景の富士山の位置関係がずれていました。
05話(018)-horz
05話(019)-horz
05話(020)-horz
05話(021)-horz
なでしこ達が食べていたのは「たぬき団子」と「抹茶」ですね。
たぬき団子は400円、抹茶は300円。
たぬき団子はみたらしがかかった団子でその他に「うさぎ団子」があり、こちらはきな粉がかかった団子になります。
(うさぎ団子も同様に400円。)
05話追加(002)
こちらのたぬき人形は先ほどとは別のものです。
05話(022)-horz
05話(023)-horz
春節の休みも終わり中国人観光客もさすがに減ってきたのではと予想していましたが、今回もかなりの数の中国人観光客の姿を見かけました。
ロープウェイの始発が9時30分だったのでそれに合わせて探訪したのですが、それでもこの人数。さすがに人を避けて撮影するのは困難でしした。
まぁ、こればかりは仕方ないですね。

第6話 あのころは、ふたりとも

撮影日:2020年2月15日
第6話はこれまでの河口湖周辺から一気に移動して身延及び南部町が舞台となります。

身延山久遠寺

身延駅から少し離れた場所にありますのでアクセスにはバスもしくは車を利用した方が無難です。
車でアクセスする場合はロープウェイふもと近くに有料駐車場がありますのでそちらを利用しましょう。
料金は最初の一時間が300円で以降30分ごとに100円。
久遠寺までは無料の斜行エレベーターも利用することができます。
(久遠寺まではロープウェイは使用しません。)
三門からも徒歩でアクセスできるのですがかなりきつい階段を登らなければなりませんw
06話(003)-horz
大垣がスケッチをしていた場所はおそらく『報恩閣』前の階段かと思われます。
06話(004)-horz
06話(005)-horz

南部橋

ゆるキャン△本編にも登場した南部橋。
南部の火祭りは実際に毎年8月に行われているイベントです。
南部橋北西の河川敷より撮影。
06話(006)-horz
06話(007)-horz
06話(008)-horz
06話(009)-horz

ハッピードリンクショップ南部内船2号店

なでしこ達が南部橋の後立ち寄ったポイント。内船駅から北へ1kmほどの場所にあります。
06話(012)-horz
06話(013)-horz
06話(014)-horz
06話(015)-horz
06話(022)-horz
近くの民家で飼われている犬がかなり吠えますので、早朝の撮影時などは注意したほうがよさそうです。
06話(023)-horz
06話(024)-horz
また、静岡から甲府への主要道路は国道52号線ですが、こちらの県道10号線側も交通量が激しいので道路向い側からのカット撮影時には要注意です。
06話(025)-horz

ハッピードリンクショップ身延宮木店

回想に登場した方のハッピードリンクショップです。
上記の南部内船2号店とは別の場所になります。
犬山と大垣の生活圏を考慮してのチョイスでしょうかね。近くに犬山のバイト先であるセルバ身延店もあります。
自動販売機の色が若干作中と違っています。
06話(016)-horz
背景の民家が一致。
06話(017)-horz
06話(018)-horz
06話(019)-horz
06話(020)-horz
06話(021)-horz
こちらは上記の南部内船2号店よりかは格段に交通量が少ないので撮影は容易でした。


以上、へやキャン△聖地巡礼でした。
なお、ブログ内で引用しているアニメの比較画像は研究目的で使用しています。画像に関しては著作権を侵害することを目的としていません。
著作権は、C-Station、野外活動サークル、あfろ 他にあります。
著作者からの申請があった場合、直ちに画像の使用を停止いたします。