"naelog"


2012年3月17日に息子が誕生しました。超❤かわいい!!
主に息子のことと、カメラのこと、在宅ワークと、散財について。

データのお片付け

仕事を開始する前にどうしても終わらせておきたいこと…

ひとつは息子の写真&動画の整理。
そしてもうひとつは、自宅の模様替えと片付け!!

今回は、写真&動画管理のお話。

動画の管理



動画の管理についてはひたすらnae*log!!でも書いたように、
Final Cut Proを使ってBlu-ray化するのと、 YouTubeにバックアップをとることでなんとか完了。
もちろんどんどん増えゆくものなので、また最近データ整理しはじめました。
今年の3月分あたりから。3月は息子の誕生日があったので撮影しすぎでデータ多くなかなか終わりません。

YouTubeへのバックアップは画質劣化がすこし気になっているので
MTSを直UPせずにMOVあたりに変換かけてからあげてみようかな〜と思ってます。
手間が増えるけど…。

Blu-rayの作成も結構な手間なので、今後働き始めたらやってられないかも。
でね、ちょうど他でも使用用途がでてきたので、実はWindowsを買ったんですよ。
PCじゃなくて、OSね。macちゃんに入れるのです。Boot Campで。

まだmacの内蔵HDDに空きがなくて試してないんだけど
データ整理したら、Windows、入れる予定。

そしたら、ソニーのデジカメとPanasonicのデジカメについてきた
写真管理ソフト、どちらも動画管理もできるみたいで、Blu-ray作成もできるようなので
(さすがAVCHD、ソニーとパナの共同開発でしたっけ?)
そっちも試して見ようかな〜なんて思ってたりします。はい。
MOV動画も混ざるから、単純にAVCHDディスクを作ればいいわけでもなく。
種類で分ければいいんだけどさ。後でみるとき絶対時系列でまとめて見たいと思うんですけど。
どうなんでしょうね。凝り過ぎ???


写真の管理



これについてはバックアップはひたすら、Flickrにあげてます。
容量も1TBでしたっけ?しばらくはこのままいけそう。
あとはBlu-rayにもデータディスクとしてバックアップとってます。

問題は印刷ですよね。

普通にL版に印刷すればいいんだけど。
最近の5円プリントはお安くて印刷も綺麗でおすすめですよ〜
写真にこだわりがない人とかスマホで済ませてる人は是非是非5円代のプリント試してみて〜

5円プリントで私が好きなのは、しろくまフォトです。
最近iPhoneのアプリもできた模様。

  しろくまフォト-5円写真プリント for iPhone App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料


この5円であまり納得がいかずの私なので、もうちょっといいとこで印刷したくて、
値段と品質のバランスがいいとこ見つからなくて困っとります。

個人的によかったのは、楽天にあるアライカメラさんvivipriさん、
あとは手動補正つきのFUJIFILM用紙&機会の手動補正のお店・・・
キタムラとか、しまうまプリントの職人仕上げとか。でもこれは高い。
(あ、しまうま使うならTポイントたまるTプリントのほうがいいかも。)


この他にほぼ趣味として、スマホアプリnohanaで毎月一冊フォトブックつくってます。
これはまた別記事をあげる予定で…下書きにいるんだけどなかなか時間がない!!
毎月一冊150円で作れるので興味のある方はぜひ一度お試しください。おすすめ。

ノハナ(nohana) - 毎月1冊無料フォトブック App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料


で、その他に今回新たに追加しようとおもっているのが・・・・

こちらを参考に、ざっくりアルバムを作成しようかと。

 ■子ども写真の整理方法~アルバム編~■ : OURHOME 

でもこのままそっくり真似するのではなく…
iPhotoには便利なインデックスプリント機能があるので
そこを活用して、日付とコメント追加して、PDFで出力して
そこからそのままネットプリントかコンビニプリントにでも出そうかなと。
自宅プリントでもいいかも。一回試してみる。

で、L版の印刷はいい写真を数枚。
ざっくりアルバムにほとんどの写真をいれて、これらは実家にもプレゼント。

という流れで行こうかな〜〜〜〜と。

いやすでに2年分が適当なことになってるのでね…
一気に片付けたいです、はい…。

がむばります。

 

雑記…明日は久々にのんびりするぞ〜

  • 2014年04月07日
  • 04:15
  • 雑記
用事がいろいろ重なったのと、お花見シーズンだったのとで
10日間くらいずっと、出かけっぱなしでした。

楽しかったんだけど、出かけていると息子のお昼寝は車で移動中になるし、
夜は疲れて寝付かせついでに私も爆睡してしまうしで、
自分のことをやる時間がまっっったくない!!!! 状態でした。

そのせいか、なんか、疲労のせいか、なんなのか、すっごく、無気力。 

明日は久々に、何の用事もない日なので…家でのんびりしたいなあ〜と思ってます。
天気がよければ自転車でいける範囲くらいで動こうかな…。

最近のこと。

息子が2歳を迎えたので、写真撮影をしてきました。


過去に2回…お宮参りと、1歳の誕生日と撮影してきましたが、
今回の2歳を迎えての撮影はとてもとてもお利口さんで、ニコニコ撮影して
サクサクっと終わりまして・・・成長を感じました。本当に。
ちなみに、利用しているのはキタムラ併設のスタジオマリオですが、、
これ、3歳まではここで撮ろうかな〜とおもってるけど、七五三あたりからは
スタジオアリスに替えようかな〜と思ってます。なんとなく。衣装とか少ないような…マリオ。
よく、割引券もらうのでそれで利用してきたんですけどね。
今も1年間有効の無料券もってるので、3歳まではここで撮ろうかなと。

とうとうカメラを買いました!


悩んで悩んで、FUJIFILMのXQ1のBLACKを購入してきました。
前述の息子撮影のときにキタムラ店頭でみたら、ネットの最安とも1000円くらいしかかわらなかったので。
本当は増税前に買おうと思ってたんだけど、忙しくしてたら買うタイミングを逃してしまって。
マリオの無料券もついてくるし、すぐに手に入るし、もうこれでいいわ〜と。
30,400円とかでした。確か。1,500円くらいで5年保証もつけました。
キタムラの保証は年数経過しても上限額が変わらず、何度でも利用OKとのことで。えらいわー。
いま充電中。あとでネックストラップと、貼り付けグリップと、予備バッテリと、小さなポーチを購予定。

そういえば、キスデジのケースとストラップも必要なんだった・・・さすがに出費が痛い。





コンデジ用のかわいいネットストラップ検索中・・・いいのないなぁ…

職探し開始しようかな〜


金銭的につらくなってきたのと、ちょっと自分のいる環境を変えたい・・・子育てだけしてるのもなあ〜という気持ちになってきた…気持ちに余裕がでたのか、はたまた余裕がなくなったのか、ちょっとわからない、のですが、ともかく職探しを開始しようかな〜と思います。とりあえずはハロワにいって失業保険もらおうかな〜と。で、真剣に調べてみて、条件にあう仕事があれば。働いてみようかな〜と思ってます。家計にプラス2万くらいでもいいんだけど・・・。夫が激務すぎるから、フルタイムで働いたら倒れるだろうな〜と思っているので。

キッチンにカッティングシートを…壁を一部有色に…


結構、片付いてきた我が家(といっても息子がいるので常に散らかり放題ですが)なので
やっと細かいところに気が回るようになりました。
ずっと気になっているキッチンの暗さ・古さを改善したく…。
カッティングシートを戸棚に貼りたいのと、一部だけでいいので壁紙を張り替えたい。
張り替えたいというか、賃貸なので仮貼りしたい、です。
お小遣いためてからだけど…やりたいこととして、一応、メモ。


そんなこんなでグダグダと過ごしています。はい。
ずうっとずうっとやっている動画の管理と写真の管理はだいぶ落ち着いてきました。
動画についてはながながと書いたとおり、FCPXからのBlu-rayとYouTubeで管理続けてます。
写真の印刷はストップしちゃってるんだけど…金欠で。えへへ。
nohanaは少しずつ注文してます。今月分急がなくちゃ。あと2冊。
このへんもあとで記事にしようしようと思いつつ…。グダグダ。便利ですよnohana。

  ノハナ(nohana) - 毎月1冊無料フォトブック App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料


あと、iPhotoがなんか、どうしても消せないファイル(スライドショー)があって
それが気になって気になって気になってしまって、今新規ライブラリ作成中。
iPhotoの再インストールでもダメだったので…
スライドショーを除くデータベースごと移動できないか、トライしてみます。 

ああ眠くなってきた。ではでは。
 

AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (11) imgファイルをライティング

【前回までの記事】
nae*log!! | 息子の動画のBlu-ray化をmacちゃんで!!(1)前置き
nae*log!! | 息子の動画のBlu-ray化をmacちゃんで!!(2)とりあえず結論。
nae*log!! | 息子の動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (3) iMovieでAVCHDのアーカイブ作成
nae*log!! | 息子の動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (4) YouTubeにバックアップ
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (5) Final Cut Pro を使う理由
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (6) Final Cut Pro 素材を読み込む
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (7) Final Cut Pro : トランジションとタイトル
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (8) Final Cut Pro : チャプターマーカー
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (9) Final Cut Pro : Blu-ray オーサリング
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (10) Compressorでオーサリング

************************************

ここまできたらもう何も難しいことはありません。FCPXやCompressorで書きだしたimgファイルをBlu-rayディスクにささっと書き込んで、完了!!

macちゃんはBlu-rayに非公式対応…のはずが、mac標準の「ディスクユーティリティ」で焼くことができます。Finderからでもファイルなどのバックアップ、普通に焼けるみたい…。本当に?

確かに、Blu-rayドライブ接続してディスクを入れると、「空のメディアが挿入されたよ〜どうする〜?」ってmacちゃんに聞かれるし、Finderの左のバーにもBlu-rayちゃんと表示されてるし…。

なんか、macでBlu-rayのライティングするならToastよっ!!って声が聞こえた気がして購入したものの、Toastを購入した意味はあったのだろうか。いや、ファイルのライティングには、便利だから使ってるけど、何かこの先、別の用途はあるのかな・・・


話が逸れましたが、では早速、imgファイルを書きこんでいこうと思います。

ちなみに、これ、再度書いておきます。


 

大前提として

 

Blu-rayディスクの書き込みのできるドライブと、Blu-ray ディスクが必要です。macに対応した(使えたという情報のある)製品を用意してください。ちなみに私が使っているのはこちら。

 

 

 2012年に購入したのでもう過去の製品です。後継機はこちら。 

 

 

 

 ディスクについては、なんかハードコートとかはエラーが出て全然焼けず、安価なこちらを使用しております。25GB(片面一層)で2時間くらいの動画ならいけると思います(設定によるけど)。

 

 

 

 

 ちなみに私がつかっている上記バッファローのドライブ、電源ブースト用のUSBがついていますが、これをつないでも動作が不安定かつ、USBがスロットの2つのうち1つを外付けHDDで使っているので、USBは1つだけつないで、ACアダプタで電源供給してます。電源つないでおかないと、動作が本当に不安定です…。

 

これから使うディスクユーティリティって何?

mac標準のアプリケーションですが、使ったことがない人もいるのでは…。その名の通り、ディスク関連のユーティリティ(日本語訳がよくわからない・・・設備?便利な機器??)です。DVDやBlu-rayのディスクもそうですが、HDDなどのディスクもここでのディスクに含まれます。ディスクの検証をしたり、修復をはかったり、初期化したり、できます。そんなアプリケーションです。


ディスクユーティリティでimgファイルを開く

作成したimgファイルを右クリック(Control+クリック)skitch

「このアプリケーションで開く」→「ディスクユーティリティ」を選択。

または、ディスクユーティリティを開いたあとに、メニューから「ファイル」→「ディスクイメージを開く」で選択することも可能です。

 

ディスク作成の設定

imgファイルを開いたところ。skitch

選択したまま、画面上部に「ディスクを作成」ボタンがあるので、クリック。

書き込みの設定画面が開きます。スクリーンショット_2014_03_19_5_36

ドライブを接続して、ディスクをセット。そうすると、ブルーレイドライブが選択可能になります。ドライブ名の右にある▲をクリックすると、書き込み速度などを設定できる画面が開きます。

設定が完了したら、右下の「ディスクを作成」をクリック。

しばらくまって・・・完成!!

私の環境で2倍速で40分くらい、4倍速だと20分くらいで、書き込みが完了します。skitch 

 

これで、ブルーレイが完成しました!!わーいわーい。

あとは、お好きなだけ、ご鑑賞あれ♥♥♥

我が家のブルーレイ再生機器はPS3しかないのでそこでしか動作確認していませんが、おそらく民生機で普通に再生できるんじゃないかな〜と予想…。PS3はちょっと特殊というか強い気がするので、いろんなディスク読めちゃうのかもしれないけど、多分、他でも大丈夫なんじゃないかと。

明日(というか今日)あたり実家に帰省するので、ちょっと焼いたブルーレイもっていって、再生してみます。ちなみに実家にあるのはシャープアクオス一体型のブルーレイプレーヤー。

 

あああ。長かった。興味ない人(大半)にとっては非常にどうでもよいと思われる今回の「AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!!」はこれにて終了!!です。多分。

あ、でもあとToastで作る方法と、もし時間があればAdobeのEncoreについても書きたいんだった。それと、タイトルの「日付/時間」について…。

iMovieで作る方法も試したかったんだけど、私のmacちゃんだともう、おもすぎておもすぎて。動かすことが困難な感じなので、もし時間があれば短めの動画でチャレンジしてみようと思います。

 

わたしなりに、一年近く、何をつかってどうやればいいの?って模索してきたので、長々と記事にまとめてみました。FCPX高いけど、Compressorまで用意してとても高くついたけど、、作業はらくらくになりました。はい。きっとWindowsの人なら標準でいろいろついてるんだろうなあ。ドライブは元からBlu-ray対応だろうし…。ソフトもデジカメについてきたやつとかでなんか、なんとかなっちゃったりするの!?いいなあ〜。でも私macちゃん好きなので。この方法で今後もチクチクと頑張っていこうと思います。

ちなみに、息子は先日2歳になりましたが、この記事かいているうちに2年間分のBlu-rayを作成し終えまして。全部でねえ・・・17枚!!17枚もできました。いつ見るの・・・・?

 

この記事たちが誰かのお役にたちますように!!

ちょっと寝ます。おやすみなさい〜

 

 

 

AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (10) Compressorでオーサリング

【前回までの記事】
nae*log!! | 息子の動画のBlu-ray化をmacちゃんで!!(1)前置き
nae*log!! | 息子の動画のBlu-ray化をmacちゃんで!!(2)とりあえず結論。
nae*log!! | 息子の動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (3) iMovieでAVCHDのアーカイブ作成
nae*log!! | 息子の動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (4) YouTubeにバックアップ
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (5) Final Cut Pro を使う理由
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (6) Final Cut Pro 素材を読み込む
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (7) Final Cut Pro : トランジションとタイトル
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (8) Final Cut Pro : チャプターマーカー
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (9) Final Cut Pro : Blu-ray オーサリング

************************************

前回書きましたとおり…FCPXでBlu-rayに書き出し(共有)しようとするとエラーが出るのか何なのかmacちゃんがストップしてしまうので、私は編集をFCPXで行ったあと、CompressorでBlu-rayオーサリングを行っています。

今回はそんなCompressorのお話。


そもそもCompressorってナニ

macちゃん搭載の辞書で調べたところ、

コンプレッサーcompressor空気などの気体を高圧に圧縮する装置。圧縮機。圧縮装置。エア-コンプレッサー。

だそうです。まぁつまるところ、あれです。動画の形式の変換ソフト。

動画ファイルを、DVDに焼ける形にしたり、サイズを小さくしたり、してくれます。私の目的はBlu-ray化ですが、これもばっちり、出来上がります。ちなみに、FCPXと同じくAppleさんのアプリケーションなのでFCPXからの連携ができます。 FCPXでCompressorに書き出すって選ぶと、つけたチャプターなんかそのまま引き継いでファイルを持っていくことができます。

私はコイツが5,000円って安い!と思ったのですが、レビューを見ると散々でした….(゚д゚)
なんか、うまく使えない的な…?
とりあえず、私の環境ではちゃんと書き出しできているのでどう使っているか書いていこうと思います。

 

Compressor App
カテゴリ: ビデオ

価格: ¥5,000

 

FCPXからCompressorへプロジェクトの引き渡し

FCPXでプロジェクトの編集が終わったら、Compressorへ引き渡します。

持って行きたいプロジェクトを選択し
メニューの「ファイル」→「Compressorへ送信」をクリック。
skitch

 

Compressorが自動的に立ち上がり、
「現在」のタブに、今もってきたプロジェクトが表示されます。skitch

読み込み途中なのか、最初はプレビュー画面に何も表示されませんがこのあとプレビュー画面と、チャプターが反映された・・・ような・・・ちゃんと確認しておらず、すみません。ここでチャプタの追加などもできる模様。

 

ブルーレイへの書き出し設定

無事、プロジェクトを持ってこれたら、出力を追加をクリック。
「出力」というのは「変換設定」という意味合いの模様。

 

変換の設定画面が立ち上がるので、何をしたいのか選択します。skitch

私の場合はBlu-rayの作成をしたいので、迷わず「Blu-rayを作成」を選択します。下に表示されるのは、作成されるファイルです。動画ファイルと音声ファイルが作成される模様。ちなみに、これらをBlu-ray化するためのimgファイルを最終的に作成(オーサリング)してくれるので、正しくは3つのファイルが作成される流れとなります。

場所というのは、変換したファイルの保存場所。これまた、空き容量、余裕のある場所を指定したほうがいいと思います。音声ファイル(Dolby Digitalって書いてあるファイル。できあがるのはac3ファイル)は数百MB程度ですが、H.264という動画のファイルと、その後作成されるimgファイルは数十GBになる(H.264 とimgファイルがふたつ生成される)ので、目的のほぼ倍の容量を必要とする計算になります。

 

それぞれ設定したら、OKをクリック。

書き出しの設定がセットされます。が、右下にエクスクラメーションマーク(!)が。skitch

多分ですが、これ、私はドライブを繋がずに、つまにBlu-ray Discを未挿入の状態で作業してるせいだと思います。ここのエクスクラメーションマークをクリックすると、さらなる詳細設定の画面がでます。

どこかで見たような書き出しの設定画面…FCPXと同一!!skitch

「操作」という場所がオーサリングの設定箇所です。見た目も項目もFCPXと本当に一緒です。細かい設定についてはこちらの記事に書いたので省略。

ここで出力デバイスをブルーレイドライブ(ディスク)指定ではなく、HDD指定にすると先ほどのクスクラメーションマークは消えると思います。または、ドライブをつないでディスクを指定するかですね。私はやっていないのですが、おそらくドライブ(ディスク)を直接指定した場合は、自動的にライティングまでやってくれるんだと思われます。便利〜ですが、前にも書いたかな・・・私のドライブではブルーレイの書き込みでエラーが出ることがあるので速度を落としてライティングしたい為、一度HDDにファイルを書き出して、後に別途ライティング作業を行うという方式で進めています。

上記の詳細設定の画面で(多分)唯一FCPXと違うのが「タイトル」という欄です。これが編集できます。(FCPXだとプロジェクトの名称が自動的に設定されてしまう。)

 

ファイルの書き出し

色々な設定が完了したら、画面下の「バッチを開始」をクリック。

「アクティブ」のタブに移動します。skitch

こんな感じで、現在進行中のジョブが確認できます。FCPXでAVCHD動画をメインに、フルHDの2時間前後のプロジェクトを毎回作っていますが、その書き出しでだいたい10時間くらいかかります。

ちなみに、私の環境はこんなのです。非力。skitch

10時間もかかるので、このまま放置して寝ます。またはお出かけします。FCPXで書き出ししようとしたときと違って、macちゃんで他の作業をすることも可能でした。(フリーメモリが1〜2GB程度残ってる感じ)ただ、たまにファンが、ファー!ファー!とすごく唸っているので、macちゃんが早死してしまわないかと心配で心配で・・・。こわい。

 

書き出し完了!!

しばらく(といっても10時間とかですが)すると、書き出しが完了します。完了すると、「完了」タブにジョブが移動します。

こんな感じで・・・成功しました。と表示される。Compressor

ファイル右側のルーペマークは、ファイルの場所へのリンクボタンにもなっております。

ちなみに、上記で「失敗しました」の赤文字も見えてるかと思いますが、これはおおまかにいうとFCPXでの編集時点でエラーがあったものです。

FCPXでの編集についての記事でも書きましたが、FCPXで赤帯が出ている箇所、削除しないとエラーになります。上記の失敗は、この赤帯が最後の最後に出ていたのを見逃したまま…残したままCompressorにかけたのでエラーになりました。

Final_Cut_Pro

何時間も待ったあげく、エラーとなったときのあの悲しさ…。

しっかりチェックしてからプロジェクトを持ってきて、しっかり設定をチェックしてから書き出しを開始することをオススメします。

 

書きだされたファイルたち

そんなこんなで、無事、指定した場所にファイルが書き出されました。skitch

このあと、ブルーレイディスクに焼く(ライティングする)際に使うのは、imgファイルのみ、です。
残り2つはimgファイルを作るために作られた動画&音声ファイル…だと思われます。FCPXでブルーレイに共有したときはimgファイルだけが残っていたような・・・?まぁ、あとで削除すればいいだけなのでこのまま放置しておきましょう。(念のため)

 

さて、ようやくこれでブルーレイに焼くためのファイルができあがったので、あとは焼くだけ!!

次回はディスクライティングのお話。最終回!!かな??

AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (9) Final Cut Pro : Blu-ray オーサリング

【前回までの記事】
nae*log!! | 息子の動画のBlu-ray化をmacちゃんで!!(1)前置き
nae*log!! | 息子の動画のBlu-ray化をmacちゃんで!!(2)とりあえず結論。
nae*log!! | 息子の動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (3) iMovieでAVCHDのアーカイブ作成
nae*log!! | 息子の動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (4) YouTubeにバックアップ
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (5) Final Cut Pro を使う理由
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (6) Final Cut Pro 素材を読み込む
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (7) Final Cut Pro : トランジションとタイトル
nae*log!! | AVCHD動画のBlu-ray化をmacちゃんで!! (8) Final Cut Pro : チャプターマーカー

************************************

なんかすっごい長くなってきた。もうちょっとで終わるぞ。ようやくBlu-ray化のお話。

大前提として

FCPXだけでもBlu-rayが作成できます。できますが、ドライブは必要です。macに対応した(使えたという情報のある)製品を用意してください。ちなみに私が使っているのはこちら。

 

 

 

2012年に購入したのでもう過去の製品です。後継機はこちら。

 

 
 
 
 
…安くなったなあ〜私が買った時7980円だったけど今見たら上記の現行モデルは5980円だったよ〜。
2000円もやすいっ。あれ。でもACアダプタがついてないのかな?USBケーブルを2つつないでもまだ不安定なので、私はACアダプタをつないで使ってます。そうしないとほぼ使えない…。私が購入したやつにはACアダプタついてたんだけど…これはついてないみたいだな。その分安くなってるのかな。

ディスクについては、なんかハードコートとかはエラーが出て全然焼けず、安価なこちらを使用しております。

 

 

 

macちゃんで焼いて、PS3で見てますが今のところ問題なし。
その他のプレーヤーでは試してないので今度実家のBlu-ray一体型AQUOSで試してきます。

では、FCPXの話へ進みます。

 

共有について

編集したプロジェクトを他で見れる形式に変換することをFCPXでは「共有」と呼びます。ディスクに焼くとか、他の形式のファイルへ変換するとか、youtubeへUPするとか…私の目的はBlu-ray化ですが、FCPXには標準で、Blu-rayへ共有というプリセットがあります。

 

エラーが出続けるBlu-rayへの共有…

しかし…なぜか私の環境では、この共有→Blu-rayではエラーが出ること多々…。エラーというか、止まっちゃう? なかなかBlu-ray用のファイルが出来上がらず…私は結局、FCPXでBlu-rayに書きだすのは諦めて、この後で書く「Compressorへ送信」して、Blu-rayのオーサリングはCompressorで行っています。

でも、短い動画なら問題なく、FCPXでBlu-ray化できました。単に処理に時間がかかりまくっているか、マシンパワーが足りなくて途中でmacちゃんがあきらめてストップしちゃっているのか、なんなのか…見てると、どうやら最後のBlu-rayオーサリングでこけてるみたいなんですけどね。オーサリング前のエンコードは完了してて、動画と音声のファイルは出来上がっているように見えるので。オーサリングってのはざっくりいうとBlu-rayの形に仕上げること、かな。


とりあえず、FCPXでBlu-rayへ共有する方法

上記のとおり、エラーになるかもしれませんが、手順だけ書いておきます。

まずは変換したいプロジェクトを選択した状態で、「ファイル」→「共有」→「Blu-ray」を選択。skitch

 

Blu-rayへの共有画面が立ち上がります。skitch

ここで記載されているタイトル=プロジェクト名は、そのままBlu-rayのタイトル(メニュー)画面で表示されるタイトルになります。もし変更したければ一度この画面を閉じて、編集画面でプロジェクト名を変更してくる必要あり。問題なければ次へをクリック。

Blu-rayの設定画面。skitch

各項目の私の設定とざっくりとした説明を・・

【出力デバイス】

Blu-rayドライブを接続していてディスクも挿入されている場合、ここでドライブを選択できます。ドライブを指定しておくと、ファイルの書き出し後、自動的に直接そのディスクに焼いてくれます。便利〜。
しかし私はドライブではなくHDDを指定してます。そうすると、指定した場所へファイル(ディスクイメージファイル (.img))の書き出しのみ行ってくれます。この場合は出来上がったファイルを自分でディスクに焼く作業が必要です。ちょっと手間は増えますが、私はドライブが不安定でたまにライティングエラーが出るので、手動で焼きたい(ライティング速度をマニュアルで落として焼きたい)のでHDDを選択してます。ちなみに、出来上がったファイルはmac標準搭載の「ディスクユーティリティ」で問題なく焼けます。

【レイヤー】

自動で振り分けることもできますし、そもそも1層しかメディアを持ってないので1層に収まる範囲の長さでプロジェクトを作っていますが(私の持ってる映像素材でいうと合計2時間半くらいまでのプロジェクト)念のため1層を指定してます。多分、容量オーバーの場合には最小限の圧縮をかけてくれるんじゃないかな〜と勝手な予想。未検証です。

【ディスクテンプレート】

何種類かあります。Appleさんらしいシンプルでおされなテンプレです。私はいつも黒。これ。

【ディスク読み込み時】

メニューを表示 or ムービーを再生が選べます。私はムービーを再生に設定しています。

【マーカー】

チャプターマーカーについて説明した通り、ここにチェックを入れておくと入力したチャプターの名称を字幕として表示させることが可能になります。私はチェックいれてます。撮影日時と時間をチャプター名称にしているので、字幕をONにすると再生中動画の撮影日時が確認できるようになってます。

画像が使い回しなのでわかりづらくてすみません。

字幕は画面下中央に白文字で表示されます。ピンクで囲んだ箇所が字幕箇所です。IMG_2634

※タイトルは字幕とはまた別です。別途設定が必要

【ループ】

ループ、つまりリピートボタンの設定。あんまり必要性は感じませんが一応オンにしています。オンにすると、メニュー画面にループのオンオフボタンが作られます。

【背景、ロゴグラフィック、タイトルグラフィック】

使ってない項目なのでおそらくですが、自分で上記項目をカスタマイズできるのかと…。背景くらいは替えようかな〜と思ってましたが、面倒で、デフォルトの真っ黒画面、タイトルも普通の文字のまま作ってます。フルサイズの画像を用意するのが面倒だったってのもある・・・。

 

最後に・・・テンプレートなんですが、プレビューが小さくてどんなのか確認しずらいと思いますので、私が実際に使っている「黒」だけですが、実際に作成したBlu-rayをテレビで再生したものを写真に撮ってみました…見づらいですが。参考までにどうぞ〜

※映り込みでバッチリ私と室内干し中の洗濯物(*_*; がうつっちゃったのでモザイクかけてますが、実際は真っ黒な背景です。

これがタイトル画面。DSC06501

「ディスク挿入時:メニューを表示」に設定しておくと、この画面が表示されます。私はディスク挿入時→ムービーを再生にしていますが、再生機(私の場合はPS3)でトップメニューに戻る、を選択すると再生が終わってこの画面になります。

左上のタイトル=プロジェクト名です。その下に再生時間が表示されます。上記だと1時間45分22秒のムービーですってことね。

 

右下のボタンたちのアップ。

DSC06504

左からループ再生、字幕、チャプターのボタンが並んでます。

チャプターのボタンを押すと…

 

チャプター選択画面。

DSC06506

ここにも左上にはタイトル=プロジェクト名とムービーの合計時間が表示されます。
表示されているチャプター名称は、プロジェクト編集の際につけたチャプター名称です。
すごいシンプルな画面で、サムネイルなどもないのでチャプターつける場合には、名称もできればわかりやすいものに変更しておいたほうがいいかも…。

 

そんなこんなで設定をいじったら、右下の「次へ」をクリック。

これから作成するimgファイルの名称と保存場所の確認です。skitch

名称はデフォルトのままで良いと思います。場所は余裕のある場所を選択してください。片面でもBlu-rayは上限25GB。作成したい動画の長さに見合う、同じだけの空き容量が必要です。(数分の動画なら数GBで済みますが・・・)

で、保存を押すと共有(ファイルの書き出し)が始まります。

バックグランドタスクのウィンドウで確認できます。skitch

 

で・・・私の場合は、2時間程度の動画をこうしてBlu-ray化しようとしたら途中で進まなくなってしまったのですが、試しに15分くらいのプロジェクトを作ってみたら、ちゃんとBlu-ray向けに共有出来ました。

違う作業してたけど、共有が終わるとmacちゃんがアラートで教えてくれました(^^)skitch

確認してみると、指定したフォルダに、ポツンとimgファイルが作成されてました。 naelogtesut_br

※こちら、Blu-ray共有のテスト用に作ったフォルダとファイルなので、上記までと名称が異なります。すみません。

 

そんな感じで、Blu-rayオーサリング完了!!

 

なんでエラーになっちゃんだろうな〜。今度時間があるときにまた2時間くらいのプロジェクト、直接FCPXでBlu-rayに書き出しできるか、再確認してみます。

同じくエラーがでてしまう人がいたら、Compressorを手に入れたら幸せになれるかも…。

というわけで、次回はCompressorでのBlu-rayオーサリングのお話。

 

上記 or Compressorで作ったBlu-rayのimgファイルを実際にディスクに焼けばBlu-rayの完成!!
最後にimgファイルのライティングまで書いてこのシリーズは終了!!
長かった〜。あと2記事で終わるかな・・・?

about me.
nae* nae*

夫と息子と3人で暮らしています。
主に息子の事と散財について書いてます。
電化製品とカメラとインテリアとお買い物と音楽と歌うことと文字を書くことが好きです。

Twitter
★Twitterもやってます。
nae*(@uch_nae) | Twitter

naelog(ブログ)よりも更新頻度高。

TweetsWind
記事検索
月別アーカイブ
AD
記事検索
カスタム検索
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
naelog