45_large四角


西 紗苗 (sanae nishi)
アクセサリー・オブジェの企画制作を行うデザイナー
2015年からはワイヤーアーティスト・Sanae Nishiとしても活動を開始
その時の感情や、過去の思い出をもとに制作を行い
また、自分の作品や行動がなにかの"きっかけ"になれば
という願いを込めて活動している。

制作には、世界を歩き出会った素材、日本の伝統工芸素材などを使用
代表的な使用素材には、オリジナルの組紐"ブレードワイヤー"、イタリア製のフリーメタリコなどがある。

平成9年(1997年)、オーストラリアでアクセサリー制作に出会い色々な素材を独自の方法でアクセサリーに変える楽しみを知る。
平成10年(1998年)、少しずつ作品を制作、販売を始め2006年に独立。その頃、イタリアの新素材「フリーメタリコ」に出会い、資格取得。関西にて講師活動を開始。
平成19年(2007年)、京都市の支援認定を受け、京都で1年間ワゴンショップをオープン
その同時期に、同時代ギャラリーでのギャラリーショップでの期間限定オープンなどを経て翌年、念願の京都三条にて路面店をオープン。
平成20年(2008年)京都市の支援企画対象の10店舗に選出される。
平成24年(2012年)城陽市の金銀糸プロジェクト「燦彩糸(さんさいし)」とコラボレーション
NHKのテレビ番組にもとりあげてもらう。
平成25年(2013年)京都芸術デザイン専門学校非常勤講師として就任。
平成25年(2013年)専門学校での京都染織協議会とのコラボレーション授業の取り組みがNHKのテレビ番組で取り上げられる。
平成26年(2014年)イギリス、フランスにて手芸の技術を学ぶ1か月の修行の旅にでる。
このことがきっかけで翌年から3年間フランスにてイベント出展を行う。
平成27年(2015年)初個展「kashi」をきっかけに、装飾家西紗苗として活動開始
平成28年(2016年)京都の商業施設”新風館”にて直径6m重さ300kgの巨大オブジェ制作
その後、関西、関東で、「繋がり」をコンセプトとしたワイヤーオブジェを、その空間、イベントにあわせて制作
平成28年(2016)より日本橋三越本館7階のはじまりのカフェ内の
一部スペースにてキュレーターとして活動。
多くの京都企業の日本橋三越をはじめとする関東の百貨店への
初出展への橋渡しをしている。
平成31年(2019) 10年いた場所から店舗を移転。西陣ろおじ店として開店


来歴
大阪教育大学附属天王寺小学校学校卒業
大阪聖母女学院中学校、高等学校卒業
高校在学中にオーストラリアへ一年留学
エリザベスマッカーサー高校11年生修了
京都産業大学法学部法律学科卒業

職務経歴
メンズアパレルブランドを運営する株式会社PAZZOにて3年勤務
平成20年に京都にて路面店「naeclose」をオープン。

資格
フリーメタリコマスター
フリーメタリコプロフェソーレ(教授)

受賞歴
平成9年オーストラリアの学生美術展にて部門賞受賞
平成27年京都人間力大賞 魅力発信部門賞
平成27年「第1回手づくりでHAPPYコンテスト」 企業賞(エ・アール・ミキ賞)

経歴
平成23年より5年間燦彩糸プロジェクトメンバー
平成24年度 京都芸術デザイン専門学校 臨時講師 
平成24年よりヴォーグ学園講師
平成25年よりNHK文化センター講師
平成25年度~平成29年度京都芸術デザイン専門学校非常勤講師
平成30年度より京都芸術デザイン専門学校一部カリキュラム授業サポート
その他
平成26年度YEG全国大会の京都大会で城陽宇治合同分科会にて金銀糸ミサンガ作成のレクチャー動画作成に協力
平成28年度より3年間、京都市婚活にて和素材ワークショップ協力
平成30年度YEG近畿ブロック大会の城陽大会第二分科会にて金銀糸アクセサリー講師を務める
平成30年度京都市産業観光局商業振興課ビジネスプラン意見聴取会議委員就任
など




HOMEに戻る