June 25, 2005

こいのぼり

 P505iS0017826050.jpg 水墨画課題の「こいのぼり」です。先日批評とともに戻ってきた先月の作品です。評価のコメントに感激の私でした。

「こいのぼりの下で、子供達が喜び勇んで遊んでいる様子が目に浮かぶようですね」

なんてとっても嬉しい批評を頂きました。

こんな風にお褒めの言葉を戴くと、尚一層頑張らねば、などと思ってしまいます。

 

習字教育者の立場の母は「褒めて育てよ」とよく言います。本当にそうだと思わずにはいられませんね。

 6月22日の中日新聞にて、新城市の「ハス寺」妙躰時(みょうたいじ)の境内でハスが咲き始めたそうです。約80鉢70品種育てておられるそうです。辻本妙恵住職が、約20年前から栽培を始められたそうで、この時期はピンクの「紅舞妃蓮」「紅孔雀」、白っぽい「美中紅」が見頃とか。

 花は夜明けから午前10時頃には閉じるそうなのです。境内を開放されて気軽に鑑賞させていただけるそうですので、是非見させていただきたい!と思っているのです。写真は後日御期待です。

お友達を誘って・・貴方もいかがですか?。



naeko at 10:09│Comments(4)TrackBack(0)作品作り 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ハマちゃん   June 25, 2005 10:22
コメントありがとうございます。

こいのぼり絵、とってもステキっ!

ところで、水墨画歴は長いのですか?
2. Posted by naeko   June 25, 2005 10:39
主人の母がお習字教室を開いているものだから、私も一番の生徒として早十数年ですが、全く熱心さに欠け、年数には比例いたしません。水墨画はたぶん3年位と思いますが、月に一度課題提出のために描く程度で、もう少し頑張らなくてはと、最近・・・・・。
3. Posted by ひろ   June 27, 2005 11:22
さなちゃんの作品いつか見たいと思ってました、私はあまり解りませんが、色づかいや色の配置がとても良いと思いました。
水墨画って黒だけかと思ってたので一つ勉強になりました
4. Posted by naeko   June 27, 2005 15:08
ひろさん、コメントありがとう。この頃は彩墨といって色づけすることが多いのです。水彩画とあまりかわらないような気がしますが、下書きはしません。一本一本の線をすべて生かして表現します。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字