苗坊の徒然日記

読書とV6をこよなく愛する苗坊が気ままに書いてます。 お気軽にどうぞ。

図書館多読への招待 酒井邦秀 西澤一4

図書館多読への招待 (JLA図書館実践シリーズ 25)図書館多読への招待 (JLA図書館実践シリーズ 25)
日本図書館協会(2014-09)
販売元:Amazon.co.jp

「多読」という外国語の身につけ方をご存じでしょうか? 辞書は引かない、わからないところは飛ばす、自分に合わないと思ったら次の本に移る、という三原則で、知らず知らずのうちに外国語のままでその内容を理解できるようになる、という読書法です。まず字のない絵本をたくさん読み、少しずつ語数の多い本を読み進めていきます。この方法は、非常にたくさんの本を必要とするため、個人の力で読み進めるには限界があります。もし図書館に「多読」用の資料が豊富にあれば、利用者は読みたいときにたくさん読めて、自然に語学力を身につけることができます。本書では、多読の方法、資料の種類、図書館での実践例などを豊富に紹介しています。

多読という言葉は聞いたことがありましたが、改めてそのことについて知っていくと面白そうです。
私も英語は単語一つ一つの意味をちゃんと理解してそこから文章を組み立てていくという教科書通りの勉強しかしてこなくて、正直苦手でした。
この本を読んで、私でも多読できるかも!と、少し自信が持てました。やってみようかな。
この本は多読にオススメな作品を紹介するとともに多読をするなら図書館が良いよ!ということを進めています。公共図書館、学校図書館など図書館の中でも様々な館種が登場し、利用の仕方を教えてくれます。
手始めに身近な図書館にペーパーバックがあるか調べてみると、意外とそこそこありました^m^充実しているとまではいきませんが始めるのにはちょうどいい分量でした。
新しいことに挑戦してみようと思えた良い本でした。

<日本図書館協会 2014.9>H30.9.20読了

露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2 三木笙子5

露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2 (幻冬舎文庫)露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2 (幻冬舎文庫)
著者:三木 笙子
幻冬舎(2017-01-26)
販売元:Amazon.co.jp

弟を喪った晴彦はパリに戻り、曲芸一座の名番頭・孝介の下で再び働き始めた。頭脳明晰だが無愛想な孝介を得意の料理で支えながら、贔屓筋から持ち込まれた難問題―皇帝が愛したルビーの呪い、時間を旅する予言者の謎、百合の冠と宝の地図―の解決に乗り出す。次第に心を開いていく孝介だったが、ある事件を契機に晴彦を遠ざけるようになり。

続編ですー!わーまた孝介と晴彦に会えるとはー!
と言いつつ去年買っているのにもったいなくて読めないでいました。すみません。
3年振りにパリに戻って来たというのに着いたその足で孝介にお供することになった晴彦。
相変わらずのコンビです。萌えます←
今回の4つの謎も面白かったです。
そして3つ目の謎、表題作でもありますね。
この出来事によって孝介は晴彦を遠ざけるようになります。お互いに思っているからこそすれ違う感じ…あぁ〜!!もどかしい!たまらないですねぇ!(変態さん)
でもその謎が解決したことで2人は元の鞘に収まると言うかなんというか。
とにかくハッピーエンドになりました。あーよかった。
出来ればまだまだこのホームズとワトソンのようなコンビを見ていたいなと思います。
今回も面白かった!

<幻冬舎 2017.1>H30.9.18読了

名古屋観光(9/15〜16)

諸事情により名古屋に行っていました。
遠征目的ではなかったのですが、少しだけ観光したので残しておきます。
CIMG3568





ミュースカイに乗りました〜。

熱田神宮
CIMG3570





七五三の事前撮りをしていたらしくおめかししている家族がたくさんいました。
みんな可愛かったな。
少し雨が降っていたのですが、こういう神社は少し霧がかっていると幻想的に見えますね。

マハラジャ
CIMG3574





名古屋駅のビルに入っているカレー屋さん。
ふふふ…ようやく行けましたよ。OMGコンでMr.連泊とMr.延泊が(要は剛健)行ったというカレー屋さんです。
三連休だったのでどこも混んでいるし改装中で迷路みたいだったけどこのカレー屋さんはすんなり入れました^^;椅子に座って待ってたって健君言ってたけど、ここで!?ってびっくりしましたよね。ここに剛健座ってたらびっくりするわ。健君は13階か14階って言ってましたが、13階でした。迷いました(笑)
で、私も注文しましたよー。
CIMG3573





日替わりカレーです。チキンと野菜を選べたのですが私は野菜を注文。
辛かったけど食べられないほどじゃなかった。美味しかったです。
でも過敏性腸症候群の私にとってやっぱり旅行先でカレーはダメだったらしく、この後色々大変な目に遭うのですが、まあ結果何とかなったので書きません^m^

御園座
CIMG3576





御園座も見てきました。出来たばかりだから本当に綺麗でした。お土産屋さんなども見えたので行きたいなとおもったのですが、いかんせんお腹が痛くてそれどころではなかったので←スルーしてしまいました。残念…。

白川公園
痛いお腹と闘いながら次の目的地へ。
CIMG3580





ここはあれですよ、あれがあるんですよ…ふふふ。
CIMG3581





羽根〜〜〜!!!
始めはファンの方が健君のソロの羽根みたいと言うことで投稿されてて知ったのですが、まさかの健君もここで写真を撮っていたという。あの羽根。
雨が降っている中、無心で羽根のモニュメントをバシャバシャ撮るおばちゃん(しかもお腹痛い)…怪しかったですね。怪しかったですねーきっと。羽根の真ん中に立ちたかったですが一人だったし荷物持ってたし雨降ってたし怪しいしということでそれは止めましたが^^;ここに来れて凄く嬉しかったです。
この公園内には科学館と美術館があるんですね。科学館はコナンとコラボしてるし美術館はビュールレコレクションをやっているし、大盛況のようでした。ビュールレコレクションはGWにそれこそ滝沢歌舞伎を観に行ったときに東京で観たから良いんですー^m^

愛知県図書館
CIMG3586





県立図書館です。こちらも近かったので行ってみたかったんです。
中は本当に広い。1階はとても開放的でした。カフェはあるし、展示もあるし、観光パンフレットもあるし、過ごしやすそうでした。4階まで本が所蔵されていて5階は会議室とレストランがあるみたいです。

那古野神社
CIMG3590





この字で「なごや」と読むそうです。不思議ですねー。「なこや」としか読めない。以前健君の陳さん(?)が名古屋の事をよく「ナコヤ!」と言っていましたけど、あながち間違いではないのかもしれませんね^m^

ここからジャニーズショップが近かったので行ったのですが、尋常じゃない混み具合で驚きました。NEWSの何かがあったんですよね?(言い方がざっくりすぎ)健タッキーの写真が買いたかったので本当に残念でした…。
でも、翌日時間があったので再び行ってみたら少し並びましたがちゃんと買えたのでよかったです。ほっ。

2日目は本来の目的のため観光はなし。
でも空港できしめんとうな丼を食べました。
CIMG3591





どちらも美味しかったです!
でも、食べ終わった後にお腹が痛くなる私…。飛行機の時間までだいぶあったから良いけど…。
ホント、胃腸が弱くて困ります…。

MステウルトラFES2018

V6が19時台以降に出るということでそこら辺から見ました^^;
ダンスとか振付がテーマなのにダンスメドレーとか言っておいて踊らない曲ばかりチョイスされているのが謎でしたが、Mステは結構謎な部分が多いから…まあいいか。
V6が歌うのは「愛なんだ」
なぜダンスとか振付がテーマなのに…以下略
ということで曲目が分かると「またか…」感が満載なのに。
どうしてぶいおじさんたちがこの曲を歌うとこんなにも癒されて笑顔になれて幸せな気持ちになれて、涙が出てくるんでしょうねぇ…。
で、見終わった後はV6最高ー!!大好き―!!ってなる。
なんか番組側の策略に乗せられてる気がしなくもないですけど、V6も皆さん楽しそうで笑顔なのが見られるからこちらも幸せな気持ちになれます。
まあ言いたいことは色々ありますが(笑)
今日も幸せです。ありがとうございました。

今度は六本木歌舞伎に挑戦!

健君が海老蔵さんと初共演ですって!?
昨日の夜にちらっと情報が入っていたのですが、ソースがどこかわからなかったのでドキドキしながら寝たのですが^^;正式に情報が入ってきましたねー!
シリーズ舞台第3弾「六本木歌舞伎『羅生門』」に出演決定!
健君の新しいお話の情報がもう小心者のファンのキャパを越えてますー!!!
チケットが取れる気がしなくてドキドキしたりもしてますが^^;
そうしたらなんと札幌での上演の予定もあるとか。
hitaruでやるのかな?あそこは音響が良さそう。
凄いな、健君。
自分が好きなものがどんどん自分の仕事になってる。
本当に、尊敬します。

追記
札幌は市民ホールでした。キャパ小さいなぁ…。続きを読む

Voyager

にこ健°
読んでいて泣きそうになりました。
タッキーと翼君に向けたシンプルな言葉が胸に突き刺さります。
至らないわけないじゃないか!!
私が言うのもおかしいけど、健君はタキツバに大きな影響を与えた先輩の1人だと思ってます。
最近はタッキーとの共演が印象深い健君だけど、翼君とも「ネバーランド」でドラマ共演しているんですよね。まあドラマの中身に関しては原作好きな身としては言いたいことは色々ありましたけども←
あのドラマでも健君は一番年上という立場で新鮮だって言ってた気がするな…。
(2人が表紙の写真集も買ったよ…当時高校生だったけど、買うのちょっと恥ずかしかったよ…。)
きっと2人に言いたいことがたくさんあったと思うけど、あのシンプルな言葉に集約されている気がしました。
そしてタイトルの「Voyager」私の大好きな曲です。
分かってはいましたが、改めて歌詞を読んだら泣きそうです…。
タキツバへのそしてタキツバのファンへのメッセージが込められています。
もうこの歌詞が全てですよね。
2人が決めたことだから、2人以外のみんなは見守る事しかできない。
私は「明日に向かって」がずっと頭の中で流れてました。
今は嵐の曲になっちゃってますけど、かつてはJrが歌っていた曲で、タッキーやすばちゃんがセンターで歌ってたなと思って、歌詞も何だか繋がっている気がして…。
見守ることしかできないけど、でも少し悲しんで寂しがって、また復活しようと思います。ファンじゃないのに何だかすみません…。

来週で最後

みんなの手話。
今日が24課、来週がおさらいで最後。半年はあっという間ですね〜。
今回も興味深かったですね。
ろう児や高齢ろう者の特徴、年代によっても違うんですね。
そして森田先生と健ちゃんのCL表現について学ぶ。面白かったです。
チョコチョコもチョロチョロも似たようなもんだと私も思いますけどね^m^
2人のじゃれ合いももう終わっちゃうんですね…寂しいなぁ。
来年どうなるか分かりませんが、ひとまず来週の「これまでのおさらい」をかみしめるように見ようと思います。あと1回…あと1回かぁ…。
しつこくてごめんなさい。寂しいー。
そして4年半も見てるのに全然習得出来てなくてごめんなさい。

砂上 桜木紫乃3

砂上砂上
著者:桜木 紫乃
KADOKAWA(2017-09-29)
販売元:Amazon.co.jp

直木賞作家の新たな到達点! 書くことに取り憑かれた女はどこへ向かうのか
空が色をなくした冬の北海道・江別。柊令央は、ビストロ勤務で得る数万円の月収と、元夫から振り込まれる慰謝料で細々と暮らしていた。いつか作家になりたい。そう思ってきたものの、夢に近づく日はこないまま、気づけば四十代に突入していた。ある日、令央の前に一人の編集者が現れる。「あなた今後、なにがしたいんですか」。責めるように問う小川乙三との出会いを機に、令央は母が墓場へと持っていったある秘密を書く決心をする。だがそれは、母親との暮らしを、そして他人任せだった自分のこれまでを直視する日々の始まりだった。自分は母親の人生を肯定できるのか。そして小説を書き始めたことで変わっていく人間関係。書くことに取り憑かれた女はどこへ向かうのか。

久しぶりに読みました。桜木さん。
どうして読もうと思ったかというと、新井賞受賞作だったからです。
新井賞とは?と思った方はネットで調べてください。話すと長くなるので←
新井さんが選んだ作品だから!と思って読みましたが、やっぱり私は桜木作品はもう良いかな…。どうしようもない、分かっている厳しい現実を突きつけられるから。夢を見ていてもそんなのは叶わないんだよ、現実を見なよってぶった切られているような気分になります^^;
多分、私の今の気持ちと合わなかったんだと思います。私の気持ちがもう少し晴れていたら、また印象は変わるのかな。気持ちが前向きの時に読まないと、桜木作品はダメですね、落ち込んじゃう。
登場人物の中では私は美利がすきだったかな。ちゃんと自分を持っていて地に足付けて生きていて、しっかりしていて頼もしかったです。だから、令央を見ていてイライラするのも分かるなーと思いました。
ミオも若い時はちょっとあれだけど、年を取ってからのミオは素敵でした。こんな風に年を取れたら良いな。太るのは嫌だけど。申し訳ないけど、令央の事はあまり好きになれなかったな。最後、少しだけ変わったのは良かったかなと思うけど。

<KADOKAWA 2017.9>H30.9.12読了

奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの 久住邦晴5

奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの
著者:久住邦晴(くすみ書房・店主)
ミシマ社(2018-08-28)
販売元:Amazon.co.jp

「なぜだ⁉︎ 売れない文庫フェア」「中高生はこれを読め! 」「ソクラテスのカフェ」……ユニークな企画を次々と生み出し、地元はもちろん、遠方からも愛された札幌・くすみ書房の店主。閉店後、病が発覚し、2017年8月末、他界。その著者の遺稿を完全収録。
生前、久住さんと親交の深かった中島岳志さん(東京工業大学教授)が解説を担当。
くすみ書房の「なぜだ⁉︎ 売れない文庫フェア」は、時代に対する痛烈なアンチテーゼだった。品切れ・絶版。本が死んでいく。そんな悪循環に、ユーモアを交えて切り込んだのが久住さんのチャレンジだった。(略)くすみ書房のフェアは、苦境に立つ人間に、常に寄り添っていた。しかし、久住さんは正義を振りかざさなかった。常に笑顔で、優しく、ちょっとした「おせっかい」を続けた。だから、くすみ書房は札幌の庶民に広く愛された。——中島岳志「解説」より

札幌に住んでいる人なら一度は「くすみ書房」という名前を聞いたことがあると思います。個人経営の書店で様々なテーマの本を特集し打ち上げて行った方です。お顔も拝見したことがあります。ずっと行ってみたいと思っていたのですが、結局行かないで終わってしまいました。大谷地へ移転したのもどうしてだったのかなと思っていたのですが、それが苦渋の決断であったことが分かりました。
今回読んだことで久住さんの事を知ることができて良かったです。
息子さんを亡くされていたこと、奥さんの御病気、本当にいろんな苦難を乗り越えて本屋さんを続けられていたんだなと思いました。
またそれと同時に、個人経営の書店がどれほど大変なのかも知ることができました。
また、中島岳志さんの解説も載っていましたが、私は中島さんの講座に参加したことがあります。多分北大にいらした時ですよね。結構フランクに話されていたので、聴きやすかったですし分かりやすかったです。
くすみ書房の存在がこの本として遺ることが道産子としては嬉しく思います。

<ミシマ社 2018.8>H30.9.12読了

32歳ひとり不幸OLが幸せ引き寄せちゃう話  櫻井千姫5

32歳ひとり不幸OLが幸せ引き寄せちゃう話 (小学館文庫キャラブン!)32歳ひとり不幸OLが幸せ引き寄せちゃう話 (小学館文庫キャラブン!)
著者:櫻井 千姫
小学館(2018-05-08)
販売元:Amazon.co.jp

吉永杏珠は、都内で仕事をするおひとりさま女子。でも最近、公私共にトラブル続きで、気付けば不幸のどん底に。そんなある夜、ひとり暮らしの杏珠の部屋に、突如クラッカーの音が鳴り響いた。「おめでとうございまーす!!あなたには天界のキャンペーンで一億人にひとりが当選する、幸せへのヒントを知る権利が与えられましたー!!」ハイテンションで登場したのは、ゴスロリ衣装に身を包んだ妖精ヴィクトリカ(自称三百歳)と、その旦那(!?)でクマのぬいぐるみの妖精クラウド。ふたりは杏珠に、ハッピーになる「引き寄せの法則」を授けると言うのだが…。

タイトルが気になって図書館で借りたのですが、自己啓発本でした。
「引き寄せの法則」は聞いたことがありますし、実際そういう本も持ってます。
私はそういうことは信じているほうだと思うんだけど…どうなのかな。
杏珠は不幸だって思っているかもしれないけど、人として印象は悪くはなかった。不倫はしていたけど。それでも周りの言葉とか自分の境遇とか、頑張っているつもりでもふっとその頑張っている糸が切れそうになってしまう時ってありますよね。
自分が辛いとどうしても自分が1番辛いような気持ちになってしまうけど決してそんなことはなくて。
毎日小さな幸せを見つけて感謝すること。はいつでもどこでもできそうだし見つけられる気がするから、私もまずはそれからやってみようかな。

<小学館 2018.5>H30.9.11読了

チェックできるならいくらでもするのだが

にこ健°
大自然の中でロケをしている言葉の意味がようやく分かりましたねー。
予告を見ましたが本当に大自然…。そして健ちゃんの入浴シーンががが!!!
チェックしてねと言われ、出来るのならいくらでもチェックしたいのですが放送は関東ローカル…こちらでは放送されません…。うえ〜ん(涙)
振り替えでいつか放送してくれないかなぁ…。
健君の入浴シーンが見たいよー!!(そこ?)

そして「SODA」の宣伝も。
チームラボの方とコラボされたんですね。それは楽しみ!
どんな感じになっているのか、今から楽しみです。
そしてそして今日は「恋をするなら坂本昌行」の日ですね(?)
北海道は通常月刊誌は2日遅れなのですが、今回はどうかなぁ…。
無事に手に入ります様に…。

女子大生つぐみと古事記の謎 鯨統一郎4

女子大生つぐみと古事記の謎 (ハルキ文庫)女子大生つぐみと古事記の謎 (ハルキ文庫)
著者:鯨統一郎
角川春樹事務所(2018-06-13)
販売元:Amazon.co.jp

大学で古事記を研究する森田つぐみは、ある日、謎の組織に拉致されそうになり、雑誌記者の犬飼大志郎に助けられる。おまけに身に覚えのない同級生殺しの容疑者として警察からも追われるはめに。なぜつぐみが狙われるのか。二人は逃走を続けながら、その理由を探る。そしてつぐみが、古事記に関するある謎の鍵を握っていることを知る。神武天皇と草薙剣の重大な秘密に迫る、鯨流古代史ミステリー!

鯨さんの歴史ミステリです。
今回のテーマは古事記。ここら辺の歴史は私は今まであまり興味を持ったことが無く^^;子供向けのすら読んだ記憶がなかったので、この本を読んでいても何もわからず、そうだったんだ、へー。と思うことばかりだったのですが。
この作品の最後に出てきた草薙剣の解釈はやはり鯨さん独自のものなんでしょうか。
古事記も、世界史も、分からない時代だったのでそういう解釈もあるのかと私は素直に納得したのですが、まあそれでもトンデモであることは分かりますけども。
参考文献も載っていたので、分かりやすい古事記の本を読んでみたいと思いました。
新解釈は置いておいて物語もハラハラドキドキで面白く読みました。

<角川春樹事務所 2018.6>H30.9.9読了

ヘイ・ジュード 小路幸也5

ヘイ・ジュード 東京バンドワゴンヘイ・ジュード 東京バンドワゴン
著者:小路 幸也
集英社(2018-04-26)
販売元:Amazon.co.jp

花陽の医大受験を目前に控え、春を待つ堀田家。古書店“東京バンドワゴン”の常連・藤島さんの父親が亡くなって、書家だった父親のために記念館を設立するという。すると古書をきっかけに思いがけないご縁がつながって…。笑って泣ける、下町ラブ&ピース小説の決定版!下町の大家族が店に舞い込む謎を解決する人気シリーズ第13弾!

花陽も大学生、研人も高校生、いやー大きくなりましたねぇ…しみじみ。
そして春だからか色々な出会いや別れがありましたね…。
藍子とマードックの決断はビックリ。
研人の発言にもビックリ。
花陽もどうやらお付き合いをしている人がいるようでビックリ。ふじしまんとの関係を期待していたのですが残念。ただのシスコンの変態おじさんと化してるけどいいのかな^^;まあいいか←
いやーもうなんだか自分が近所のおばちゃんになっているような感覚です。
特に研人の告白というか報告というかあれがかっこよすぎてですね…。
おじいちゃんとおおじいちゃんの血を引いているなと思いました。(紺は?)
そして花陽がお墓参りに行きたいと言った時の研人の発言もすんごい好きでした。かっこよすぎる。
そして最後のかんなちゃんの告白。可愛すぎます。
勘一おおじいちゃんはまだまだ元気で長生きしないといけないですね^^
まだまだきっとこのシリーズは続くと思うので、近所のおばちゃんポジションでずっと楽しんでいきたいなと思います。

<集英社 2018.4>H30.9.6読了

死香探偵 喜多喜久4

死香探偵 - 尊き死たちは気高く香る (中公文庫)死香探偵 - 尊き死たちは気高く香る (中公文庫)
著者:喜多 喜久
中央公論新社(2018-01-23)
販売元:Amazon.co.jp

「さて、現場の謎を嗅ぎ解こうじゃないか!」
特殊清掃員として働く桜庭潤平は、死者の放つ香りを他の匂いに変換する特殊体質になり困っていた。そんな時に出会ったのは、颯爽と白衣を翻し現場に現れたイケメン准教授・風間由人。分析フェチの彼に体質を見抜かれ、強引に助手にスカウトされた潤平は、未解決の殺人現場に連れ出されることになり!?
分析フェチのイケメン准教授×死の香りをかぎ分ける青年の、新たな化学ミステリが書き下ろしで開幕!

昨日ネットがつながらなくて本を読むしかできず、小説やら漫画やら読んでいました。
その中の1冊です。
また不思議な探偵が登場しましたね…。死者の香りを食べ物のにおいに感じてしまう潤平。その能力を利用して←風間准教授が数々の事件に潤平を巻き込んでいきます。
事件を解くたびにその香りのものが食べられなくなるので大丈夫かなぁと勝手に心配になっていました^^;この風間という男は潤平の心配を分かっているのかどうか…。
事件そのものについては香りとの関連と解決の導き方は面白かったです。潤平頼り過ぎる気もしますけども。
でも潤平の根本的な問題が解決するのかと思ったらまさかまさかだしこれからどうなるのか。。。
にしても潤平の25歳に見えない童顔と男か女か分からない可愛さというのは気になりますね←なんか耽美っぽさもあったような気がするし、著者さんはこのシリーズを続けていく予定なのか、気になるところです。

<中央公論新社 2018.1>H30.9.6読了

地震

昨日、午前3時に北海道で大きな地震がありました。
私が住んでいる場所は震度4でしたが、それでも大きな揺れを感じました。
実家が震度5強だったのですが無事でした。
昨日はずっと停電が続き、私の家はいまだに復旧していません。
実家が電気がついたとの情報を得たので実家に帰ってきました。
電気が使えるってなんて便利なんでしょ!
スマホの充電が無くなっていくのが恐怖で使えなくなりました。
公衆電話が無料で使えたのがありがたかったです。
公衆電話を探すのも大変でしたけども…。
JRもバスも動いておらず、職場へ行けないので2日連続の休みです。
職場に行くのが色々怖い…。
昨日の朝は信号も全くついていなかったので身の危険も感じました。
コンビニに走る人も見かけましたが、私は米も水も缶詰も作り置きも色々残っていたので大丈夫でした。でも、備蓄って本当に大事ですね。改めて思いました。
昨日1日は情報から遠のいていたので被害状況が分からなかったのですが、ひどい状態ですね…。
うちは電気はついていないのですがガスと水道は使えたのでまだ良かったのかなと思います。初めて鍋で米を炊きました…。
まだまだ予断を許さない状態だと思うのでどうか皆様お気をつけて…私も含め…。
家に帰るときには電気復旧していますように…
(でも、隣の建物は昨日のうちに電気が復旧していたんですよね…。同じ区画なのにバラツキがあるのはなぜ…)

※追記(9/9)
先ほど家に帰ってきました。
昨日復旧したようだと聞いていましたがやはり自分の目で見ないと心配は抜けませんでした。
無事に電気が点きましたー良かったー。
冷蔵庫にあるものはほぼほぼ処分してしまいましたが仕方がない…。
スーパーやコンビニの混雑や品薄は続いていて不安は残りますが、電気とガスと水道が動いていてちゃんと生活できていることをまずは感謝したいと思います。

とりあえずウミガメのスープを仕込もう。 宮下奈都5

とりあえずウミガメのスープを仕込もう。とりあえずウミガメのスープを仕込もう。
著者:宮下 奈都
扶桑社(2018-05-25)
販売元:Amazon.co.jp

「毎月一回食べもののことを書く。食べることと書くことが、拠りどころだった気がする。」(「まえがき」より)
月刊誌『ESSE』の人気連載が、待望の書籍化!
北海道のトムラウシに1年間移住したり、本屋大賞を受賞したり……。さまざまな変化があった6年半の月日を、「食」をとおして温かく描き出す。
ふっと笑えて、ちょっと泣けて、最後にはおなかが空く。やさしく背中を押してくれるエッセイ78編に、書き下ろし短編1編を収録。全編イラストつき。

宮下さんの作品は物語もエッセイもとても優しい。
宮下さん自身がとても素敵な方だからだろうなと思える。初めてお顔を拝見した時、想像通りの優しい雰囲気の素敵な方だなぁと思ったのを思い出しました。
ご家族との食べ物のエピソードはどれも本当に素敵で可愛いし、宮下さん自身の子供の頃のエピソードもよくそんなに覚えているなっていうくらいたくさん登場します。
何百冊も料理本を持っているという宮下さん。1度食卓のお写真もみてみたいな。って言ったら宮下さんは動揺してしまうかも^m^
私の食べ物のエピソードは何だか切ないのしか思い浮かばなかった。
20歳の誕生日、大学生の私は結構ブラックめなバイトをしていて、タイムカードは9時で切るのに遅くまで働かされるような場所だった。誕生日に理由は忘れたけど凄く怒られて、家に帰ってきたのは日付が変わるちょっと前。それでも家族みんな起きて待っててくれて、一緒にケーキを食べた記憶がある。確か泣きながら。
2013年のクリスマスイブ。V6動画で6人が一緒にお祝いは出来ないからみんなで夜8時に七面鳥を食べようと言って、ファンはいそいそと準備して8時を待ってました。8時ピッタリに「メリークリスマス!」と言ってチキンを食べた思い出。みんな食べてるかなぁと思いつつ、当時の年末年始はあまりV6の露出が無くて、寂しかったな。不安だった。
当時の私に来年紅白に出るよ。露出がびっくりするほど増えるよ。小心者のVヲタが怯えるくらい仕事が増えるよ。健君の若さは変わらないよ←と伝えたいです。
他にも食べ物のエピソードを思い出したくなったし、美味しい食べ物を作れるようになりたいとも思いました。

<扶桑社 2018.5>H30.9.4読了

あと少し…

みんなの手話。
今日も健君は可愛かったですね!←
9月に入って、もうすぐ終わるなーと思ってテキストをみてみたら、あと2回で終わることが分かってびっくりしています。おさらいは入れてないのかな?それにしても3回。
3月まで放送はあるけど、新しい放送が見られるのはあと少し。
あっという間ですね…。
森田先生と健君のコンビ、見慣れてきたしお二人のじゃれ合いも面白くなってきたところなのに。ホント、半年はあっという間です。
つい、来年度はどうなるんだろうって今から考えてしまいます。

今回、ろう文化でホサナさんが出てきましたねー。お久しぶりです。
和菓子のお菓子教室がテーマでした。
ろう者は耳が聞こえないから参加を断られることが多いということを話されていて、そういう弊害もあるのかと改めて分かったりしました。
ユイミコさんの和菓子教室、和菓子もおいしそうだし雰囲気も素敵だし、私もやってみたくなりました。
健君がVTRを見てホサナさんを久しぶりに見て元気そうで良かったと言っていたのがなんだかしみじみしてしまいました^^
ホサナさんのあの綺麗な細い指での手話表現、好きだったんです。

頑張るよりも楽しんで!

にこ健°
今日はめちゃくちゃ更新が早かったですね。
舞台の稽古が始まったから、忘れちゃいけないと思って早く更新してくれたのかな。
ストリートプレイは4年振りだから感覚を取り戻すのに時間がかかるかもと言っていましたが、もう取り戻しつつあるんですね。流石です。
ワクワクとドキドキ。健君が毎日を楽しんでいるのが分かります。
それがとても嬉しくて幸せです。
私も頑張らなくちゃ。

三毛猫ホームズの復活祭 赤川次郎5

三毛猫ホームズの復活祭 (カッパノベルス)三毛猫ホームズの復活祭 (カッパノベルス)
著者:赤川次郎
光文社(2018-05-17)
販売元:Amazon.co.jp

高畠和人の母は、“オレオレ詐欺”に引っ掛かり、さらにトラックに歩を進めて重体に。一方、片山と妹の晴美は、別件の“オレオレ詐欺”の犯行を阻止するも、用済みとなった受け渡し役の男は殺されてしまった。事件の捜査過程で得た手がかりを頼りに片山は、“K学院”の寄宿舎で暮らす三輪山和美という女性徒を訪ねる。彼女と詐欺犯の意外な関係とは?さらに寄宿舎には和美の祖父や高畠の娘、おなじみの石津もやって来るのだが…。片山とホームズの推理が冴える、国民的シリーズ第52弾!

三毛猫ホームズシリーズをずっと読み続けている身としてはこのシリーズでテーマがおれおれ詐欺か…と時代の流れを感じずにはいられませんでした^^;
オレオレ詐欺集団?組織?の面々が登場し、色んな人たちと関わりがあり、利用して利用され。醜かったですね…。そして被害者側も上手く書かれていると思いました。何だか良い方が偉そうですが。
被害者がしたことで家族が責めて二次被害に。ありえない話ではないですよね。
修二に関しては因果応報というか…哀しかったです。彼女と出会えたことで生きる希望が出来て良かった。寛治もきっと途中で気づいたのでしょうね。ちゃんと罪を償って二人にはタイトル通り復活してほしいです。
にしても被害者の子供2人(年齢はおじさんおばさん)が何すかあれは情けない。
女性の方もオレオレ詐欺に関与している人なのかと思いましたが、そっちは違ったんですね。妹の方は無事だったんでしょうか。逃げたから無事なんでしょうね知らないけど←ひどい
このシリーズもだんだん現代の問題に触れるようにもなるんですかね。漂う昭和感が好きだったりもしたのですが。昭和の時代知らないけど←

<光文社 2018.5>H30.9.1読了

女も好きなことをして死ねばいい 曽野綾子5

女も好きなことをして死ねばいい女も好きなことをして死ねばいい
著者:曽野綾子
青萠堂(2018-06-08)
販売元:Amazon.co.jp

次々とベストセラーを世に送り出す著者が、いま、あらためて女性の生き方を問い直す! したいことをして生きる心の軸の持ち方。“素"の自分を出し、自由に生きる、最高の贅沢な人生は、恐ろしくもあり輝いてもいる……。ただひとりの存在としての人間の生き方とは? 待望の女性論を一冊に凝集!

タイトルに惹かれて手に取りました。
曽野さんの作品を読んだのは多分初めて。多分ですみません^^;
曽野さんのなかなかの毒舌に痛快というかすっきりするというか。
周りの目が怖くて言えないようなことを代わりに言ってくれているような気がしました。
多分最近の風潮というか世相から考えると批判を浴びそうな感じ。賛否両論かな。
でも、私も割と曽野さん寄りの意見だったので嬉しかったです。
内容は私が書いたら批判を浴びそうなのでここでは書きませんが←
曽野さんに「あなたが共感する筋合いはない」と言われたくないので(直接はないですけど)胸を張って言い訳せず前を向いて生きていきたいと思いました。

<青萠堂 2018.6>H30.9.1読了

メアリと魔法の花5

メアリと魔女の花 [DVD]メアリと魔女の花 [DVD]
出演:杉咲花
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(2018-03-20)
販売元:Amazon.co.jp

田舎町の赤い館村に引っ越してきた11歳の少女メアリは、7年に1度しか咲かない不思議な花「夜間飛行」を森の中で発見する。それは、かつて魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは、魔法世界の最高学府・エンドア大学への入学を許されるが、メアリがついたある嘘が大きな事件を引き起こしてしまう。

昨日放送されていたので観ました。昨日寝落ちちゃったんで今日の朝に^^;
内容を知らずに読んだのですが原作があったんですね。
メアリとピーターの声が可愛い。似合ってる。
話も面白かったです。7年に1度しか咲かない花をメアリが見つけたというのが運命という感というか…なんでしょうね。猫が導いたと言えば導いたのですが。
冒頭に登場した魔女は魔力を失って死んでしまったのかなぁと思っていたので、あ、そう言うことかと終盤に気づきました。遅い?^^;
メアリが原因のところはあるのだけど、ピーターは正義感溢れる良い子でしたね。
終盤までドキドキしたけど、最後はほっとしました。
魔女は実年齢まで老けたんでしょうか。ハウルの魔女みたいに。でも魔法使いだから元に戻るのかな?

図書館のプロが教える<調べるコツ> 誰でも使えるレファレンス・サービス事例集 浅野 高史 かながわレファレンス探検隊5

図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集
著者:浅野 高史
柏書房(2006-09-01)
販売元:Amazon.co.jp

調べものを素早く的確に見つけるためのコツとは? すぐに見つからなかった場合の「次の一手」とは? レファレンス・サービスを提供する図書館員の情報処理ノウハウが、汎用性の高い37のケースで分かる事例集。

前から気になっていたレファレンス集!面白かったです。
架空の街「あかね市立図書館」を舞台に利用者からくる様々なレファレンスを図書館員たちが受けて解決していきます。本当に、いろんな質問がくるし、解決方法もたくさんあるんだなぁと思いました。
1番感動したのは「「萌え」という表現はいつから使われるようになったのか」というレファレンスの答え。
諸説あるけど、美少女戦士セーラームーンの土萌ほたるの名前からっていう説とNHK「恐竜惑星」の萌の名前から来ているという説があるらしい。
セーラームーンに恐竜惑星!!どっちも見てましたよ!どっちも世代!
「恐竜惑星」というのは天才てれびくんの中で放送されていたアニメで、アニメだけどテレビ戦士がバーチャルワールドに入り込み恐竜のいる世界に行って色々巻き込まれていくというお話なんですよ!そのテレビ戦士は山口美沙ちゃん!伊東家の次女!
凄く覚えてるんですよね。アッケラ缶(缶のような亀のようなキャラクター)から名前を変えても良いよと言われて「萌!ずっと前から決めてたの!」って言ってこのバーチャルワールドの中では萌って言われてたんだよね。萌がピンチになると待機してるテレビ戦士のもう一人とアッケラ缶が慌てるっていう^^;いやー懐かしいなー!
っていう色々を思い出して1人興奮してました。
本を読んだ主旨からは外れましたが、色々な発見があるレファレンス業務というのは大変そうだけどやりがいがあるだろうなと読んでいて思いました。

<柏書房 2006.9>H30.8.30読了

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ 深作秀春4

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ (光文社新書)視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ (光文社新書)
著者:深作 秀春
光文社(2016-12-15)
販売元:Amazon.co.jp

海外で修業を積み、数々の治療法を開発。海外の眼科学会で最高賞を20回受賞している眼科界のゴッドハンドが語る、日本の眼科の真実。眼に関する日本の非常識、時代遅れを斬る!併せて最善の治療法を解説。

何度かテレビで拝見したことのある眼科医の先生でした。著書が気になって読んでみましたがこれは本当なんでしょうか…だったら怖い…。
自分のプライドのために患者を犠牲にするなんて、本当にあるのかな…だとしたらとても悲しい話です。
私はレーシックはしましたがそれ以外目の治療は大きなものはしたことが無いので、今後、白内障や緑内障を発症した場合、一体だれを信じたら良いのか、分からなくなりました^^;
でも、日本の現状を知ることができて良かったです。
自分の大事な眼の事ですから自分でもちゃんと調べて信頼できる医師を見つけて病院に行くことにしようと思います。

<光文社 2016.12>H30.8.28読了

本日発売!

にこ健°
健くんが表紙の雑誌4冊が今日発売になりましたねー!
北海道は2日遅れくらいなのでまだ見れていませんが勿論全部買いますよ!
同日に4冊も表紙とか凄すぎます。出費はかさむけど^m^やっぱり嬉しい。
手元に届くのを楽しみに待ってます。
コラボルームまだ行けてないんですよね。
行きたいなー。

カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ5

カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむカフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ
世界文化社(2017-02-18)
販売元:Amazon.co.jp

これまでに類書がなかった、カフェに惹かれて行きたくなる美術館のガイド本です。
カフェの特徴別に、レトロな雰囲気、緑と陽だまりが素晴らしい、個性的なたたずまい、料理が美味しい、22の美術館(コラム扱いの施設を含めると29か所)をじっくり紹介しています。展覧会を巡った後は、お洒落なカフェでアートの余韻に浸る…。至福の時間を過ごすための情報満載。

今回の本はカフェがある美術館に特化したものです。
美術館には素敵なカフェが併設されていたりしますけど、私はそういえば入ったことはあまりない気がします。
最初に登場した三菱一号館美術館はロートレック展を見に行ったことがあります。でもカフェの存在は気付かなかったな…なんて素敵な雰囲気。
他は山種美術館のカフェが気になりました。和菓子がとても綺麗。食べるのがもったいないけど食べてみたい…。そして前々から行きたいと思っている金沢21世紀美術館!ここはもう絶対にいつか行きたい。
また別の視点で美術館を知ることができて良かったです。

<世界文化社>
自己紹介
苗坊と申します。
生まれも育ちも生粋の道産子。読書とゲームとマラソンとV6を愛してやまないオーバー30です。47都道府県を旅行して制覇するのが人生の夢。
過去記事にもTB、コメント大歓迎です。よろしくお願いいたします。
Categories
Archives
訪問者数

アクセス解析
記事検索
カウンタ





Recent Comments
ブログリスト
  • ライブドアブログ