一瞬の風になれ 第三部 -ドン-

オススメ!
高校の最終学年を迎えた新二。
入部当時はまったくの素人だったが、今では県有数のベストタイムを持つまでに成長した。
才能とセンスに頼り切っていた連も、地道な持久力トレーニングを積むことで、長丁場の大会を闘い抜く体力を手にしている。
100m県2位の連、4位の新二。そこに有望な新入生が加わり、部の歴史上最高級の4継(400mリレー)チームができあがった。
目指すは、南関東大会の先にある、総体。
もちろん、立ちふさがるライバルたちも同じく成長している。
県の100m王者・仙波、3位の高梨。彼ら2人が所属するライバル校の4継チームは、まさに県下最強だ。
部内における人間関係のもつれ。大切な家族との、気持ちのすれ違い。
そうした数々の困難を乗り越え、助け合い、支え合い、ライバルたちと競い合いながら、新二たちは総体予選を勝ち抜いていく――。

一気に読んでしまいました。この3連休をこの本に費やした感じです・・・^^;いいけど。
やっぱりいいなぁ、スポ根。
新二好きです。こういうまっすぐでちょっと不器用で、恋愛にはカナリ鈍い人^^
一度決めたらとことんなんですよね。
どんどん追求していくんですよね。
そして、満足はしないんですよね。それが本当にかっこよかったです。
谷口とも予想通りの展開で^^羨ましいなぁもう。
最後に皆で抱き合っている姿は、何だか頭の中で想像できました。
青春ですよね。
ベタかもしれないけど、本当にこういうシーンは感動するし大好きです。
最後の最後で、連の事も好きになれました。
陸上部のみんなが、かっこよかったです。
良い本に巡り合えました。
何だかこちらも、勇気をもらった気がします。
辛い事も、悲しい事も、乗り越えていける逞しさを、新二のように苦労しながらも^^;身につけていかなきゃなぁって思いました。
最後も気になる終わり方をしていましたよね~。
憎たらしいったら^^

〈講談社 2006.10〉H19.7.16読了