オリンピックの身代金
オリンピックの身代金
クチコミを見る

昭和39年夏、オリンピック開催に沸きかえる東京で爆発事件が発生した。これは1人の若者が国に挑んだ反逆の狼煙だった。
昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。
この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない。
そんな気運が高まるなか、警察を狙った爆破事件が発生。
同時に「東京オリンピックを妨害する」という脅迫状が当局に届けられた!
しかし、この事件は国民に知らされることがなかった。
警視庁の刑事たちが極秘裏に事件を追うと、一人の東大生の存在が捜査線上に浮かぶ…。
「昭和」が最も熱を帯びていた時代を、圧倒的スケールと緻密な描写で描ききる、エンタテインメント巨編。

長かった…。読むのに時間がかかりました。そして読み終えた後に、心にずしっと重りが乗っかっているようです。
8月から10月のオリンピック開催日までが描かれています。
テレビ局に勤める須賀忠、古書店の娘で製麺会社で働く小林良子、警察官で身重の奥さんがいる落合昌夫、そして、秋田出身の大学院生の島崎国男の視点で書かれている物語です。
とても長くて世相も伴っているので難しかったですが、この時代の背景もとても勉強になりました。
やはりアジアで初めてのオリンピックという事で、日本は活気づいていたのだと思います。でも、それは東京とか、関東圏だけだったんじゃないかな。
東京オリンピックの頃について、親に聞いてみたけれど、親も幼かったのであまり覚えていないようだった。
やっぱり、出稼ぎ労働者は勿論いたし、集団就職もあった時代。
オリンピックを遂行するために過酷な労働を強いられている人々がいることを、オリンピックに浮き足立っている人々はちゃんとわかっているのだろうか。
っていうことを、読んでいて感じました。何となく、島崎寄りで読んでいました。
島崎は最後までつかめない男だった。東大の大学院に在籍している頭の良い男だけど、秋田出身で、兄は出稼ぎ労働者。そしてその仕事中に兄は死んでしまった。
何がきっかけで兄と同じような労働をしようと思ったんだろう。弔いも勿論あったのだと思うけど、それ以外の何かもあったはず。それが分からなかった。
ヒロポンを打つ事も、兄がしていたからだと言って打つ事も、それを義務と思っていることも良く分からなくて。
冷静な頭の中で何を考えていたのかなぁ。
でも、わからないけど、島崎は真面目で純粋な青年だったのだと思う。肉体労働を行った事で、この国の格差社会が垣間見えた。それを、上に立つ人間たちに伝えなければならない。オリンピックを人質にして。
島崎が敵に回した組織はあまりにも大きくて、ぞっとしました。
それこそ、「ゴールデンスランバー」のような大きな力が蠢いているのが本当に伝わってきて。怖かったです。
労働者の部分は読んだ事はないですが「蟹工船」と同じ感じなのかなと思ったり。
それでも立ち向かっていくのはなぜなんだろう。自分のためでは決してなくて、お金のためでもない。死も恐れていないのも人として怖い。
でも、島崎はいろんな人に慕われていましたね。家族は勿論、大学でも、出稼ぎ労働者の間でも。みんなやっぱり島崎が真面目で一生懸命だからだったんだろうと思う。村田という相棒がいたことも、救いだったのだと思う。
こんなにたくさん引っ張って引っ張って、最後はあっけなかったなぁ。
警察の力は怖い。島崎が命を懸けて行った事が、結局国民には伝わっていないから。須賀や良子が何も知らないまま日々をすごしている事が、何だか腹が立って、哀しくなりました。
島崎のした事が伝わらなかった事が、なんだかとても哀しい。

〈角川書店 2008.11〉H22.2.22読了