七月に流れる花 (ミステリーランド)七月に流れる花 (ミステリーランド)
著者:恩田 陸
講談社(2016-12-20)
販売元:Amazon.co.jp

坂道と石段と石垣が多い静かな街、夏流(かなし)に転校してきたミチル。六月という半端な時期の転校生なので、友達もできないまま夏休みを過ごす羽目になりそうだ。終業式の日、彼女は大きな鏡の中に、緑色をした不気味な「みどりおとこ」の影を見つける。思わず逃げ出したミチルだが、手元には、呼ばれた子どもは必ず行かなければならない、夏の城――夏流城(かなしろ)での林間学校への招待状が残されていた。ミチルは五人の少女とともに、濃い緑色のツタで覆われた古城で共同生活を開始する。城には三つの不思議なルールがあった。鐘が一度鳴ったら、食堂に集合すること。三度鳴ったら、お地蔵様にお参りすること。水路に花が流れたら色と数を報告すること。少女はなぜ城に招かれたのか。長く奇妙な「夏」が始まる。

久しぶりのミステリーランド!と言っても私そんなにたくさん読んでいませんが^^;
「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」というコンセプトがあるらしいです。なるほど。確かにこのシリーズって児童書っぽいけど大人向けっていうイメージがあります。この作品も登場人物は中学生だけど内容はミステリのようなホラーのような。
恩田さんお得意の謎ばかりでどんどん追い詰められていって最後…みたいな展開。たまりませんね!^^またお城の謎が分かった時、なるほどなぁと思いました。過程が面白くて結末あれ?って言うこともなかったです←
蘇芳が言った「さびしいお城」の意味が分かって悲しかったです。
最後まで面白く楽しめました。
ただ、解決していなかったところもありましたよね。男の子のくだりとか。
それは「八月は冷たい城」を読めばわかるのかな。楽しみです。
それから、この作品に登場した蘇芳という少女。
この名前「雪月花黙示録」で登場した人物と同じ名前だけど同一人物なのかなぁ。
リンクなのか赤の他人なのか…。でも読んだのが前すぎて名字が佐藤だったのかももはや覚えていない…。「八月〜」の方で紫風が登場したら確実ですけど、あらすじを読む限り出てこなそうだし…。そもそも出版元違うし…。まあ、まずは「八月〜」を読んでみますかね^m^

<講談社 2016.12>H28.1.12読了