知りたいことがわかると仏像がますます身近になる!
お寺めぐりをするうち、仏像が好きになった! すると……
「如来と観音、見れば違うとわかるけど。わざわざ違う種類を造ったのはどうして?」
「いつの時代の仏像なのか、見てわかるようになりたいなぁ」
「そもそも、なぜ仏像が必要なの?」
等々……興味を持つと、疑問や知りたいことあれこれ浮かんでくるものです。
そんな「仏像好き」の「なぜ?」「なに?」に応えようと、仏像にまつわることを、いろんな角度から探ってみました。
すると、仏像を中心に、日本という国との関係、近隣諸国との関係、世情との関係、時代を生きた人々の思いとの関係等々……様々なつながりが見えてきました。そして、「だから、この仏像に心惹かれるんだな」と、自分とのつながりも見えてきたり。そう、仏像がどんどん身近になってきたのです。
本書を通じて紹介する仏像は、大小のイラストを合わせて約200。
紹介される機会の少ない、室町、安土桃山、江戸時代の仏像にもスポットをあてています。
古代から近代にいたる多種多様な仏像を通じて、仏像の新たな魅力を、ぜひ堪能してください!

仏像に興味はあるのですが仏像について書かれている本は難しくて、この本は分かりやすそうだなと思って手に取りました。イラストが多くて時代ごとに解説してくれているのでとても分かりやすかったです。時代ごとに仏像も変化しているんですね。仏像を見るとその時代の背景が分かるのも面白いです。
まず仏像にもグループがあるとか最初に書かれていてなるほど!と思いましたよね。
仏像でも地位の違いがあるんですね。それはそうか。
日本全国の仏像があるお寺のマップも書かれていてありがたいです。
この本を読み終えたときに無性に旅に行きたくなりました。始まりの奈良に行って仏像を巡る旅をしたいです。

<誠文堂新光社 2019.6>2019.11.10読了