苗坊の徒然日記

読書とV6をこよなく愛する苗坊が気ままに書いてます。 お気軽にどうぞ。

女性作家(さ・た行)

めぐり逢いサンドイッチ 谷瑞恵5



「思い出のとき修理します」シリーズの著者が贈る、優しくも愛おしい物語
忘れていた幸せの味、思い出してみて。子供のころの記憶に苦しむOLや、父の再婚に悩む少女──
迷える人々の心を、絶品サンドイッチが癒やします。
大阪の靱公園にある『ピクニック・バスケット』は、開店して三年を迎える手作りサンドイッチの専門店。蕗子が、姉の笹子──笹ちゃんのこの店を手伝いはじめて、半年になる。
笹ちゃんは店を訪れた人たちの、具材への思いや記憶、そして物語をやさしくパンにはさんで、誰が食べてもなつかしいような新しいような、そんなサンドイッチをつくっているのだ……。
おっとりした姉としっかり者の妹、店を訪れる個性的な人々──常連客の小野寺さんやパン職人の川端さん──が織りなす、優しくも愛おしい物語。

笹子さんが作るサンドイッチ、どれも美味しそうです。笹子さんがお客さんの事を想って作っているから、優しい味がするんですね。
玉子が嫌いな2人のOL。父の再婚相手を笹子だと思って敵意を向ける少女。常連小野寺さんのコロッケの思い出。そして笹子と蕗子の思い出のカレー。
笹子は色んな思い出をサンドイッチに込めて作ります。
著者さんが書かれる作品はいつも温かくて優しいです。
みんなが相手の事を想い合っていますよね。それが素敵。
蕗子も自分は必要ないんじゃないかなんて悩んでいましたけど、そんな必要はないですよね。笹子が蕗子を誘ったんですから。
それに、蕗子は笹子に良い相手をと言って小野寺さんや川端さんはどうかと想像してましたけど、蕗子は鈍いですよねー。読んでいるだけで分かりましたけど。
そこら辺の展開も想像しつつ、温かい気持ちで読み終えました。

<KADOKAWA 2019.5>2019.6.28読了

叡智の図書館と十の謎 多崎礼5



どこまでも続く広大な砂漠の果て、そこには古今東西の知識のすべてが収められ、至りし者が神に等しい力を手にできる図書館があるという―長い旅路の末、たどり着いた旅人がひとり。鎖に縛められたその扉を開かんとする彼に守人は謎をかける。鎖は十本、謎も十問。旅人は万智の殿堂へたどり着けるのか!?知の冒険へ誘う傑作長篇!

タイトルが気になって手に取りました。初読み作家さんです。
一つ一つの物語も面白かったし、謎の答えも納得でした。物語がファンタジーや古代ものから近代やSFっぽくなっていくのが歴史をたどっているようで良かったですし、物語からなる答えが最後に更に繋がっていくのがまた面白かったです。
叡智の図書館での最後の答えにはもう納得です。その言葉が1番ふさわしい。
解説で著者さんが十の物語について話してくれていますが、海外の物語もあれば日本のものもありました。とても幸せな気持ちで終わる物語もあればただただつらく切ない物語もありました。そしてその物語の中でも繋がっているものもあったりして読み返したり。引き込まれました。
守人の出した答えが真っ直ぐで純粋で。だからそれを裏切ってはいけないという気持ちになりました。

<中央公論新社 2019.2>2019.6.15読了

花だより みをつくし料理帖特別巻 眦聴5

花だより みをつくし料理帖 特別巻花だより みをつくし料理帖 特別巻
著者:眦聴
角川春樹事務所(2018-09-01)
販売元:Amazon.co.jp

澪が大坂に戻ったのち、文政五年(一八二二年)春から翌年初午にかけての物語。店主・種市とつる家の面々を廻る、表題作「花だより」。澪のかつての想いびと、御膳奉行の小野寺数馬と一風変わった妻・乙緒との暮らしを綴った「涼風あり」。あさひ太夫の名を捨て、生家の再建を果たしてのちの野江を描いた「秋燕」。澪と源斉夫婦が危機を乗り越えて絆を深めていく「月の船を漕ぐ」。シリーズ完結から四年、登場人物たちのその後の奮闘と幸せとを料理がつなぐ特別巻、満を持して登場です!

シリーズ完結から4年が経ち、ついに特別巻が刊行!
ずっと読んでいた方からすると待ちに待ったですよね。私は読み始めたのが遅くて、10巻目を読んだのが今年の7月なのでちょっとしかあいていないのでちょっと得した気分というかなんというか^^
「花だより」本当に種市さんは純粋で素直ですよねー。占いなんて!と思いつつもうじうじ気にしちゃってる姿が愛おしかったです。でも、たくさんの人が心配してくれて、とても幸せな人になったなぁと思いました。そして勘違いが分かってやらかしちゃうのとかホント種市さん。健康に気を付けて長生きしていただきたいものです。個人的には太一ちゃんと健坊が仲良しなのが嬉しくて微笑ましかったです。
「涼風あり」小松原様のお話。ずっと気になっていました。澪のためとはいえ違う方と夫婦になるというのは寂しいものがありましたが、乙緒とは何だかお似合いな気がしました。小松原様が幸せそうで良かったです。
「秋燕」野江ちゃんの話はもう涙なしでは読めませんでした。ずっと気にかけていた又次のこと。2人の間にあんな過去があったとは…お互いに命の恩人だったんですね。又次だってきっと野江ちゃんには家族を持って幸せになってほしいと絶対に願っているはずです。これからもきっときっと絶対に幸せになるはずです。
「月の船を漕ぐ」最後は澪のお話。大坂に来ても色々ありますね。また眉が下がっちゃいます。源斉先生の事がとても心配でしたが、本当に良かったです。澪と同様に涙が出ました。お人好しで不器用な夫婦ですから、きっとまた何かあるかもしれませんが、それでもこの2人だからこそ乗り越えられるはずです。最後はもう涙涙でした。
本当に終わっちゃったんだなぁと名残惜しく、余韻を残したまま読み終えました。

<角川春樹事務所 2018.9>H30.12.1読了

フェルメールの街 櫻部 由美子5

フェルメールの街フェルメールの街
著者:櫻部 由美子
角川春樹事務所(2017-09-01)
販売元:Amazon.co.jp

光の魔術師ヨハネス・フェルメールと、微生物学の父アントニー・レーウェンフック。ふたりの天才を結ぶ、大切な約束―。時を超える友情、運命の恋、謎の少女。角川春樹小説賞受賞後第一作、渾身のアートミステリー!

タイトルを見て予約をした1冊。
週末に無事に辿り着ければ東京のフェルメール展へ行く予定なのでタイミングが良かったです。
内容はフィクションですが、登場人物はフェルメールにレーウェンフックと実在の人物です。2人が住む小さな町で起きたミステリと、史実に基づいた内容が織り交ぜられているような感じでしょうか。
フェルメールとレーウェンフックは同い年で同じ街出身のため、著者や専門家は2人は知り合いだったのではないか、更に仲が良かったのではないか、と仮説を立てているそうです。実際に、レーウェンフックはフェルメールの遺産管財人にもなっているそうですから私も知り合いでそれも仲がいい方だったんじゃないかなと思います。この作品の中でも2人は信頼し合っている感じが良かったです。
ミステリに関しては職人が数人、突然失踪し、警察が捜索するも見つからないまだ事件とは言えないくらいのものです。それにフェルメールとレーウェンフックがいつの間にか関わっていってしまいます。
2人の会話の中でフェルメールの作品も絡めた話も出てきたりして思わずにんまりしたりもしました。実際「天文学者」と「地理学者」という作品はレーウェンフックがモデルと言われているそうです。
フェルメールの作品は30数点しかないと言われていて、どれもがフェルメールの自宅から半径500m以内の狭い空間で描かれているものだそうです。
この作品の通り、フェルメールはアムステルダムに行くことを夢見つつ、地元で一生を過ごしたのかもしれないですね。フェルメールは晩年(と言っても若いですが)貧乏で苦労したみたいで、そう言われている前の時代で物語は終わっているので輝かしい未来を感じられる終わり方がまた良かったと思いました。

<角川春樹事務所 2017.9>H30.10.3読了

砂上 桜木紫乃3

砂上砂上
著者:桜木 紫乃
KADOKAWA(2017-09-29)
販売元:Amazon.co.jp

直木賞作家の新たな到達点! 書くことに取り憑かれた女はどこへ向かうのか
空が色をなくした冬の北海道・江別。柊令央は、ビストロ勤務で得る数万円の月収と、元夫から振り込まれる慰謝料で細々と暮らしていた。いつか作家になりたい。そう思ってきたものの、夢に近づく日はこないまま、気づけば四十代に突入していた。ある日、令央の前に一人の編集者が現れる。「あなた今後、なにがしたいんですか」。責めるように問う小川乙三との出会いを機に、令央は母が墓場へと持っていったある秘密を書く決心をする。だがそれは、母親との暮らしを、そして他人任せだった自分のこれまでを直視する日々の始まりだった。自分は母親の人生を肯定できるのか。そして小説を書き始めたことで変わっていく人間関係。書くことに取り憑かれた女はどこへ向かうのか。

久しぶりに読みました。桜木さん。
どうして読もうと思ったかというと、新井賞受賞作だったからです。
新井賞とは?と思った方はネットで調べてください。話すと長くなるので←
新井さんが選んだ作品だから!と思って読みましたが、やっぱり私は桜木作品はもう良いかな…。どうしようもない、分かっている厳しい現実を突きつけられるから。夢を見ていてもそんなのは叶わないんだよ、現実を見なよってぶった切られているような気分になります^^;
多分、私の今の気持ちと合わなかったんだと思います。私の気持ちがもう少し晴れていたら、また印象は変わるのかな。気持ちが前向きの時に読まないと、桜木作品はダメですね、落ち込んじゃう。
登場人物の中では私は美利がすきだったかな。ちゃんと自分を持っていて地に足付けて生きていて、しっかりしていて頼もしかったです。だから、令央を見ていてイライラするのも分かるなーと思いました。
ミオも若い時はちょっとあれだけど、年を取ってからのミオは素敵でした。こんな風に年を取れたら良いな。太るのは嫌だけど。申し訳ないけど、令央の事はあまり好きになれなかったな。最後、少しだけ変わったのは良かったかなと思うけど。

<KADOKAWA 2017.9>H30.9.12読了

32歳ひとり不幸OLが幸せ引き寄せちゃう話  櫻井千姫5

32歳ひとり不幸OLが幸せ引き寄せちゃう話 (小学館文庫キャラブン!)32歳ひとり不幸OLが幸せ引き寄せちゃう話 (小学館文庫キャラブン!)
著者:櫻井 千姫
小学館(2018-05-08)
販売元:Amazon.co.jp

吉永杏珠は、都内で仕事をするおひとりさま女子。でも最近、公私共にトラブル続きで、気付けば不幸のどん底に。そんなある夜、ひとり暮らしの杏珠の部屋に、突如クラッカーの音が鳴り響いた。「おめでとうございまーす!!あなたには天界のキャンペーンで一億人にひとりが当選する、幸せへのヒントを知る権利が与えられましたー!!」ハイテンションで登場したのは、ゴスロリ衣装に身を包んだ妖精ヴィクトリカ(自称三百歳)と、その旦那(!?)でクマのぬいぐるみの妖精クラウド。ふたりは杏珠に、ハッピーになる「引き寄せの法則」を授けると言うのだが…。

タイトルが気になって図書館で借りたのですが、自己啓発本でした。
「引き寄せの法則」は聞いたことがありますし、実際そういう本も持ってます。
私はそういうことは信じているほうだと思うんだけど…どうなのかな。
杏珠は不幸だって思っているかもしれないけど、人として印象は悪くはなかった。不倫はしていたけど。それでも周りの言葉とか自分の境遇とか、頑張っているつもりでもふっとその頑張っている糸が切れそうになってしまう時ってありますよね。
自分が辛いとどうしても自分が1番辛いような気持ちになってしまうけど決してそんなことはなくて。
毎日小さな幸せを見つけて感謝すること。はいつでもどこでもできそうだし見つけられる気がするから、私もまずはそれからやってみようかな。

<小学館 2018.5>H30.9.11読了

天の梯 みをつくし料理帖 眦聴5

天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2014-08-09)
販売元:Amazon.co.jp

『食は、人の天なり』――医師・源斉の言葉に触れ、料理人として自らの行く末に決意を固めた澪。どのような料理人を目指し、どんな料理を作り続けることを願うのか。澪の心星は、揺らぐことなく頭上に瞬いていた。その一方で、吉原のあさひ太夫こと幼馴染みの野江の身請けについて懊悩する日々。四千両を捻出し、野江を身請けすることは叶うのか!?厚い雲を抜け、仰ぎ見る蒼天の美しさとは!?「みをつくし料理帖」シリーズ、堂々の完結。

9冊目まで読んで、次で簡潔なのに色々まだ問題は山積みだけど本当に終わるの!?と思って最終巻も読み始めました。もう…見事でした。綺麗に一件落着でしたね。
佐兵衛が抱えていた罪、あさひ太夫の身請け、どちらの件もどうなるか、ドキドキしましたがいい方向へ向かって良かったです。
また佐兵衛の罪が明らかになった時は、あの人が助けてくれて…。
2人の目線だけでの会話が切なかったです。
彼はずっと遠くで見守ってくれていたんですね。
そして、澪を近くで見守ってくれていた人もちゃんといました。
小松原様とのことがあって、もう二度と恋はしないと決めた澪。でも、まだ24歳ですもんね。そう決めるのは早いです。
今まで大変だった分、たくさんたくさん幸せになってほしいです。
最後の夜の種市の言葉、涙が出ました。自分に言ってくれているような気がして、私も頑張ろうと思えました。
そして最後に付録のような形で付いていた番付。涙腺が崩壊しました。
かなり出遅れて読み始め、完結してからもだいぶ経ってしまいましたが、読んで良かったです。素敵な物語に出合えました。
自分の記録用に、種市の言葉を残しておこうと思います。
私が言うのもなんですけど、澪にはどうかどうか幸せになってほしいです。

<角川春樹事務所 2014.8>H30.7.26読了

続きを読む

美雪晴れ みをつくし料理帖 眦聴5

美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2014-02-15)
販売元:Amazon.co.jp

名料理屋「一柳」の主・柳吾から求婚された芳。悲しい出来事が続いた「つる家」にとってそれは、漸く訪れた幸せの兆しだった。しかし芳は、なかなか承諾の返事を出来ずにいた。どうやら一人息子の佐兵衛の許しを得てからと、気持ちを固めているらしい―。一方で澪も、幼馴染みのあさひ太夫こと野江の身請けについて、また料理人としての自らの行く末について、懊悩する日々を送っていた…。いよいよ佳境を迎える「みをつくし料理帖」シリーズ。幸せの種を蒔く、第九弾。

いよいよ9冊目まで来ました。あと1冊…
芳が嫁ぐことになり、つる家が騒がしくなってきます。ずっと読んでいて切ない話が多かったから、今回の困る感じは幸せの兆しが見えて微笑ましくも感じました。
ずっと苦労して辛い思いをしてきたつる家のみなさんだから、本当にみんな幸せになってほしいです。
あさひ太夫の身請けについても少しずつ動きが出てきましたね。
前作から摂津屋の動きが気になっていましたが、悪い方向へ向かわなかったので良かったです。澪のこと、そして野江のこと、ちゃんと慮っているのが分かりました。だから澪も正直に打ち明けたんでしょうね。澪も野江のためとはいえ、思い切ったことをしますね。
先が見えるような見えないような…
あと1冊。どうなっていくのでしょうか。早く読みたくなってきました。
そして、最後に書かれていた短編。切ない…忘れてない…忘れてないよ…。

<角川書店 2014.2>H30.5.21読了

額を紡ぐひと 谷瑞恵4

額を紡ぐひと額を紡ぐひと
著者:谷 瑞恵
新潮社(2018-02-22)
販売元:Amazon.co.jp

事故で婚約者を喪った額装師・奥野夏樹。彼女の元には一見額装不可能で、いわくありげな依頼ばかりやってくる。ヤドリギの枝、小鳥の声、毛糸玉にカレーポット―。表具額縁店の次男坊・久遠純は夏樹の作品の持つ独特な雰囲気に惹かれ、やがて彼女自身にも興味を持つのだが…。『思い出のとき修理します』著者が紡ぐ、心温まる手仕事小説。

今回の主人公の職業は額装師。また変わった職業ですね。魅力的です。
その額装師である奥野夏樹は婚約者を亡くした過去があり、その死に関係がある人物に近づきます。そして久遠純はそんな夏樹に魅力を感じ、近づきます。純もまた過去に臨死体験をし、そのことでいまだに心の後遺症が残っている。
夏樹、純、池畠、それぞれの過去に焦点を当て、心の根底に迫りつつも額装を求めるお客様の本心にも迫っていきます。
亡くなった婚約者の弘海が額装師だったからと同じ職業になった夏樹。でも、不思議な額装の依頼にも真摯に受け止め、お客さんにふさわしい額装を作っていきます。
その職人魂は年数は関係ないのかなと思いました。
それぞれの想いもだんだん明らかになっていって、読む手が止まりませんでした。
面白かったです。3人が今後どのような関係性になっていくのか、それも読んでみたい気がします。

<新潮社 2018.2>H30.4.4読了

残月 みをつくし料理帖 眦聴5

残月 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)残月 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2013-06-18)
販売元:Amazon.co.jp

吉原の大火、「つる家」の助っ人料理人・又次の死。辛く悲しかった時は過ぎ、澪と「つる家」の面々は新たな日々を迎えていた。そんなある日、吉原の大火の折、又次に命を助けられた摂津屋が「つる家」を訪れた。あさひ太夫と澪の関係、そして又次が今際の際に遺した言葉の真意を知りたいという。澪の幼馴染み、あさひ太夫こと野江のその後とは―――(第一話「残月」)。その他、若旦那・佐平衛との再会は叶うのか? 料理屋「登龍楼」に呼び出された澪の新たなる試練とは・・・・・。雲外蒼天を胸に、料理に生きる澪と「つる家」の新たなる決意。希望溢れるシリーズ第八弾。

様々な展開を見せた第8弾。慈しむように読んでいきたいと思いつつ、読み始めたら止まらなくて、あっという間に読んでしまいました。もったいない。でも止まらない。
又次の死を乗り越え、そして又次が命を懸けて守ったあさひ太夫の行方。摂津屋の動向も少し気になる。次回また出て来そうな予感。そして佐平衛との再会。少しずつ、本当に少しずつですけど、つる家の方々に幸せの兆しが見えてきた気がしました。
芳さんの展開が驚きましたけど、前作でも何となくもしかして…と思うところがあったので素直に素敵!良かった!と思いました。
残りあと2冊。展開が気になってしょうがないです。

<角川春樹事務所 2013.6>H30.4.3読了

夏天の虹 みをつくし料理帖 眦聴5

夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫))夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫))
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2012-03-15)
販売元:Amazon.co.jp

想いびとである小松原と添う道か、料理人として生きる道か…澪は、決して交わることのない道の上で悩み苦しんでいた。「つる家」で料理を旨そうに頬張るお客や、料理をつくり、供する自身の姿を思い浮かべる澪。天空に浮かぶ心星を見つめる澪の心には、決して譲れない辿り着きたい道が、はっきりと見えていた。そして澪は、自身の揺るがない決意を小松原に伝えることに―(第一話「冬の雲雀」)。その他、表題作「夏天の虹」を含む全四篇。大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、“悲涙”の第七弾。

久しぶりに、小説を読んで号泣しました。涙が止まらなかった…辛い…哀しすぎる…
このシリーズの最初の頃も、澪たちの境遇が辛すぎて悲しいと思ったけど…それとはまた違う辛さでした。
前回のつづきで、小松原様と添い遂げるのか料理人としての道を歩むのか、その選択は予想はしていましたけど、それからのことも本当に切なくて、悲しかったです。小松原様の最初で最後の「澪」と言った言葉が胸に来ます…
そして表題作。
ドラマ化された際のあらすじか何かを見たか読んだかしてしまったので、又次の事は何となくわかってしまっていました。でもそれがいつのことになるのか分からなかったので、あぁ…今回だったかと読んでいて感じました。
私、勝手に又次はおじさんだと思っていたんですよね^^;でも、りうさんがやたらと色目を使っていたから←若い人だったのかと思ったんですよね。
今回は2か月も一緒にいるから、本当に家族みたいで、種市さんがお父さんでふきが娘みたいなそんな雰囲気がとてもよくて。でも良ければよいほどなんかフラグを感じてしまって…あぁ、また涙が出そう。
「つる家」のみなさんは本当に辛い想いばかりしているけど、それでもそれを乗り越えて小さなことにも幸せを感じることが出来る。人と人とのつながりを大事にできる。
当たり前であることの幸せを改めて感じ、伝えてくれる物語だと思います。
あと3冊。慈しむような気持ちで読み進めていこうと思います。

<角川春樹事務所 2012.3>H30.3.23読了

心星ひとつ みをつくし料理帖 眦聴5

心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2011-08-10)
販売元:Amazon.co.jp

酷暑を過ぎた葉月のある午後、翁屋の桜主伝右衛門がつる家を訪れた。伝右衛門の口から語られたのは、手を貸すので吉原にて天満一兆庵を再建しないか、との話だった。 一方登龍楼の采女宗馬からも、神田須田町の登龍楼を、居抜きで売るのでつる家として移って来ないか、との話が届いていた。登龍楼で奉公をしている、ふきの弟健坊もその店に移して構わないとの事に、それぞれが思い揺れていた。つる家の料理人として岐路に立たされた澪は決断を迫られる事に―― 野江との再会、小松原との恋の行方は!?

久しぶりになったこのシリーズ。第6弾。
何だか展開が目まぐるしくて読む手が止まりませんでした。
最初のお話では大きな選択を迫られたつる家。どちらを選んでも誰かの夢が絶たれてしまう。澪が選んだ道は正しかったのだと思いました。誰に何と言われようと自分が信じた道を進めばいいと思います。自分の器を大きくする。素敵な言葉です。
と思ったら終盤につれて更なる大きな展開が!
妹さん…行動的〜。そしてお母様、病状が悪化していたのですね。以前会った時も具合が悪そうだったけど息子と澪は身分が違うから諦めなさいと言っていたのに…。
好きな人と添い遂げることが出来るのは幸せなことだけど、そのために大好きな料理を手放すことまでしていいのか…。澪自身の幸せも望んでいるけど、お寮さんや種市さんやふきや野江ちゃんの想いも叶えたい…。と、読んでいても思いました。
そして源斉先生…切なすぎる…。
早く次が読みたいです。

<角川春樹事務所 2011.8>H30.3.6読了

みさと町立図書館分館 高森美由紀4

みさと町立図書館分館みさと町立図書館分館
著者:眇 美由紀
産業編集センター(2017-10-13)
販売元:Amazon.co.jp

みさと町立図書館分館に勤める遥は、33歳独身の実家暮らし。遥が持参する父お手製の弁当に、岡部主査はいつも手を伸ばし、くすねていく。人事異動でやってきた彼は、図書整理もできないネットサーファー(死語)で砂糖中毒だ。本の貸借トラブル&クレーム対処をはじめ、家庭内の愚痴聞きや遺失物捜索など色々ある“図書館業務”は、ままならないことが多い。でも小さな町の図書館分館では、訪れる人たちの生活が感じられる。理解もできる。だから、ここではちょっと優しくなれるのだ。いなかの図書館を舞台に描かれる、小さな町のハートフル・ストーリー。

タイトルに惹かれて読みました。初読み作家さんです。
図書館に勤めているということで、図書館やレファレンスに関する話が主なのかなと思ったのですが、少し違いましたね。図書館に関する専門用語も多少出てきましたけど、メインの話は遥の身の回りの出来事、周りの人たちとの出来事でした。
遥は父親と二人で暮らしている。3年前に母親を病気で亡くした。
生きているものがこれからも生きていくために、2人は前を向いていく。
かつて母親が生きていた時に、家族旅行をしようと計画していた温泉を、キャンセルせずに2人で行ったという話が好きでした。旅行中の空気は悪かったけど、2人とも生き残った者が生きていくという覚悟が生まれたというか、吹っ切れたような感じが何だか良いなと思いました。
また図書館に勤める他の職員も家族については思い悩むことがあり、それぞれ悩み答えを出していくところも良かったです。
仕事があって元気で生きていること、その当たり前の大切さを改めて教えてもらった気がします。

<産業編集センター 2017.10>H30.1.4読了

古書カフェすみれ屋と悩める書店員 里見蘭5

古書カフェすみれ屋と悩める書店員 (だいわ文庫)古書カフェすみれ屋と悩める書店員 (だいわ文庫)
著者:里見 蘭
大和書房(2017-03-11)
販売元:Amazon.co.jp

「この本、買っていただけませんか?」「それってつまり―いまわたしが話した不可解さの答えがこのなかにあると?」すみれ屋の古書スペースを担当する紙野君がお客様に本を薦めるとき、きっと何かが起こる―。初デートの相手のつれない行動の理由も、見つからない問い合わせ本のタイトルも、恋人が別れを匂わせた原因も、…すべてのヒントと答えは本のなかにある!?日常ミステリー第2弾!大切な一歩を踏み出す誰かを応援する、スウィート&ビターな4つのミステリー!

続編ですね。待ってましたー。出てくる料理はどれもおいしそうだし、紙野君のおすすめする本もどれも気になるし、こんなカフェが近くにあったら通うんだけどなーって前にもカフェが出てきた小説で言ってた気が。でもどちらも行ってみたい。
すみれと紙野君の関係は相変わらずだけど周りの環境が少し変わったりしてましたね。そして悩めるお客さんの対応がまた素晴らしい。カラクリを知ってからなるほどーと思うことばかり。読んでいて楽しかったです。
「ほろ酔い姉さんの初恋」常連知穂さんがインターネットで出会った男性と食事に行き、また会いたいと思うのに相手から返事が来なくて落ち込んでいる。何か悪いことをしてしまったのか…。相手が連絡しなかった理由が分かった時、相手の気持ちも少し分かってしまった。上手くいくと良いなぁ。
「書店員の本懐」紙野君のかつての同僚堺君が来店。新人の日向君があまりに仕事ができるため悩んでいるらしい。嫉妬してしまう気持ちはわかるけど、仕事ができないのに無駄にプライドが高い人とかもいるからぜいたくな悩みだと思ってしまった私←夏目漱石の本の謎は何となくわかりました^^
「サンドイッチ・ラプソディ」いつもパンを買っているパン屋さんから知り合いのおばあさんが求めるハンバーガーを作ってほしいと頼まれたすみれ。同時に情報誌から独自のホットドックを作ってほしいとも依頼を受ける。どちらの話もすみれの真面目さと食を大切にしていることが伝わってきて良かったです。ハンバーガーもホットドックもどっちも食べたいなー。
「彼女の流儀で」華道の家元とプロの大道芸人の恋愛。2人の結婚に彼の親戚は反対している。彼女の料理で皆をもてなそうと料理を作るが彼女が作った料理は初めに考えていたものとは違っていた。私も始めは彼氏が言う理由で料理を変えたのだと思ったけどまさかまさかでした。いやだなーそういう人。2人が結婚して幸せになれることを祈ってます。

<大和書房 2017.3>H29.10.11読了

政略結婚 高殿円5

政略結婚政略結婚
著者:高殿 円
KADOKAWA(2017-06-24)
販売元:Amazon.co.jp

江戸末期・明治大正・昭和、百二十年の間に女性の生き方はこう変わった!
金沢城で生まれた私の結婚相手はわずか生後半年で決まった。(中略)早すぎると思うかも知れないが、当時ではごくごく当たり前のことで、大名の子の結婚はすべて政略結婚、祝言の日まで互いに顔を合わせず、文も交わさぬのが慣習である。
私の生まれた文化の世とはそういう時代であった。――第一章「てんさいの君」より
不思議な縁(えにし)でつながる、三つの時代を生き抜いた三人の女性たち。
聡明さとしなやかさを兼ね備え、自然体で激動の時代を生き抜く彼女らを三部構成でドラマチックに描き出した壮大な大河ロマン!
―――
加賀藩主前田斉広(なりなが)の三女・勇(いさ)は、生後半年で加賀大聖寺藩主前田利之(としこれ)の次男・利極(としなか)のもとに嫁ぐことが決まっていた。やがて生まれ育った金沢を離れ江戸へと嫁いだ勇は、広大な屋敷のなかの複雑な人間関係や新しいしきたりに戸惑いながらも順応し、大聖寺藩になくてはならない人物になっていく。だが、石高十万石を誇る大聖寺藩の内実は苦しかった。その財政を改善させるような産業が必要と考えた利極と勇が注目したのは――(「第一章 てんさいの君」)。
加賀藩の分家・小松藩の子孫である万里子。パリで生まれ、ロンドンで育った彼女は、明治41年帰国し、頑なな日本の伝統文化にカルチャーショックを受ける。やがて家とも深い縁のある九谷焼をアメリカで売る輸出業に携わることとなり、徐々に職業夫人への展望をいだくが、万里子の上に日本伝統のお家の問題が重くのしかかる。日本で始めてサンフランシスコ万博の華族出身コンパニオンガールになった女性は、文明開化をどう生きるのか――(「第二章 プリンセス・クタニ」)。
貴族院議員・深草也親を祖父に持つ花音子は、瀟洒豪壮な洋館に生まれ育ち、何不自由なく暮らした。だが、花音子が幼稚園に上がるちょうどその頃、昭和恐慌によって生活は激変。すべてを失った花音子と母・衣子は、新宿の劇場・ラヴィアンローズ武蔵野座に辿り着く。学習院に通いながら身分を隠して舞台に立つ花音子は一躍スターダムにのし上がるが――(「第三章 華族女優」)。

三人の女性の人生を描いた中編小説。江戸末期、明治、大正、昭和と時代が流れていきますが、割と近年と言えるこの時代でも血筋というのは大事にされていたんだなということがとてもよく分かりました。
始めの主人公勇は物心がつくずっと前から結婚相手が決まっていて、特に反対もせずにその話を受け入れていました。こういう時代だったという言葉が何度も出てきましたが、昔は特に女性が生きにくい時代だったのかなと思います。生きにくいとは違うかな。道筋が同じというか生きる道が決まっていたというか。3人の主人公の中で勇姫だけは実在された人物だったんですね。こちらで書かれていたことはすべて史実なのでしょうか、お子さんのこととか。それなら本当に波乱万丈の人生ですね。でも気品高く誇りを持って生きている姿が素敵でした。
第二章の万里子は帰国子女で日本の堅苦しい文化があまり好きではないようで、学校になじめないもの分かりましたね。それでもそういう性格にあこがれを抱く同性もいるわけで、ミコとの関係はとても好きでした。明治、大正という時代でも昔ながらの風習やお家についての諸々は根強かったんですね。この時代の華族の話とかあまり知らなかったので勉強になりました。私はこの章が1番好きでした。万里子の生き方はかっこいいし憧れます。
第三章は昔ながらの日本に別れを告げるような今につながる物語でした。華族は昭和22年に廃止になったんですね。家を守る、血筋を守る、それを代々受け継いできた家柄の人たちにとってはそれは命をなげうつくらいにショックな出来事だったのかもしれないですね。ある意味花音子はそういう時代に翻弄された女性だったかもしれませんが、それでもちゃんと自分を持って生きていて、魅力的でした。お友達にはなれなそうだけど^^;
昔を生きた女性の生き様を読むことが出来て良かったです。
面白くて一気読みでした。

<角川書店 2017.6>H29.10.6読了

小夜しぐれ みをつくし料理帖 眦聴5

小夜しぐれ (みをつくし料理帖)小夜しぐれ (みをつくし料理帖)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2011-03-15)
販売元:Amazon.co.jp

季節が春から夏へと移ろい始める如月のある日。日本橋伊勢屋の美緒がつる家を訪れ、澪の顔を見るなり泣き始めた。美緒の話によると、伊勢屋の主・九兵衛が美緒に婿をとらせるために縁談を進めているというのだ。それは、美緒が恋心を寄せる医師、源斉との縁談ではないらしい。果たして、美緒の縁談の相手とは!?――(第三話『小夜しぐれ』)。表題作の他、つる家の主・種市と亡き娘おつるの過去が明かされる『迷い蟹』、『夢宵桜』、『嘉祥』の全四話を収録。恋の行方も大きな展開を見せる、書き下ろし大好評シリーズ第五弾!!

シリーズ第5弾。今回は割と安心して読めたかな。いつも澪たちの身に酷いことが起きるから、読むのが辛かったんですけど…
それでも「迷い蟹」は切なかったです。種市の亡き娘のおつるさんが亡くなってしまった経緯…それは辛い。本当に辛い。つる家の人たちはどうしてこんなに辛い想いばかりしているのでしょう。だからこそ、人に寄り添い、また優しさも感じるのですけど。種市が思いとどまってくれてよかったです。
そして「小夜しぐれ」美緒にも、美緒の父親にも勘違いされているけどこのままでよかったんでしょうか…。まあこの時代19歳だったら遅いくらいなのかもしれないから良かったのかもしれませんけど…。でも美緒の事を気にかけてくれる人だからきっと幸せになれますよね。
個人的には「嘉祥」が1番好きでした。澪が登場しない小松原(小野寺)の周りの出来事。竹馬の友との会話や妹との会話が何だか可愛らしかったです。お菓子についてひたすら考え、その中で澪が呟いた煎り豆で菓子を作ろうとする小松原。何だか微笑ましくて切なかったです。妹が言ったつぶやきが、真実になれば良いな。
他にも吉原のことやお芳の息子のことも少し登場しましたね。
あと5冊を楽しんで読んでいきたいと思います。
にしても21歳で大年増とは…。今の私はじゃあなんだろう、おばあさんかなミイラかな←

<角川春樹事務所 2011.3>H29.3.28読了

主君 井伊の赤鬼・直政伝 高殿円5

主君 井伊の赤鬼・直政伝主君 井伊の赤鬼・直政伝
著者:高殿 円
文藝春秋(2017-01-27)
販売元:Amazon.co.jp

大河ドラマ井伊直虎を描いた『剣と紅』に続き、井伊家第17代当主で「赤鬼」の異名を取る井伊直政と家臣木俣守勝の歴史ドラマ。
おまえの“主君”は誰だ。人はなんのために人に仕えるのか。家康に寵愛され、「赤鬼」と呼ばれた男の生涯―

以前、同じ著者さんが書かれた「剣と紅」がめちゃくちゃ面白かったので今回も読むのを楽しみにしていました。いや〜…想像通り、面白かったです。
井伊直政については、この作品を読む以前はあまり知らなかったですね。「軍師官兵衛」を見ていた時に登場していて、徳川四天王の一人だということは知っていましたがそれ以上のことは存じ上げず。それでも「剣と紅」と今作を読んで生涯を知ることが出来て本当に良かったです。
「剣と紅」では徳川家康と井伊直政が直虎について語るところから始まり、今作では徳川家康と木俣守勝が直政について語るところから始まります。そのつながりもなぜか感慨深いような気がして。それだけでちょっと感動しました。
直政の闘い方、生き方は本当に無謀というかなんというか…強運以外の何物でもなかったと思います。運が無かったらとっくに死んでいたかもしれませんね。でも、その無謀な闘い方には意味があった。それは分かる気がします。2歳で実の父が殺され、自分の身も追われて匿われ、井伊家は自分が守らなければ滅亡してしまう。それは今の大河ドラマを見ていても分かりますが、井伊家の男性はことごとく殺され、井伊家の一族の希望を一身に背負って生きてきたんですよね。よほどの覚悟がないと出来なかったのだと思います。それをちゃんと成し遂げた直政。井伊家の血は現在までつながっています。それを考えると何だか涙が出そうです。42歳なんて早すぎますね。直虎も確かそれくらいでした。井伊家を守った人たちは早世ですね。
逆に南渓は随分長く生きたんですね。自分の次の世代、次の次の世代、たくさんの人を見送って行ったのでしょうね。それもまた、辛いお役目ですよね…。
また、この作品を読むまで木俣守勝という人物を知りませんでしたが、今回守勝目線で物語が語られるのでこの方の事も知ることが出来ました。なかなか家族関係が複雑で切なかったですね。それでも、奥さんに恵まれ、家族に恵まれ、幸せだったんじゃないかなと思いました。
あ〜面白かった!大河ドラマもこの間直政がちょうど誕生しましたし^^これから楽しみです。読んでよかった!

<文芸春秋 2017.1>H29.3.14読了

世界一ありふれた答え 谷川直子5

世界一ありふれた答え世界一ありふれた答え
著者:谷川 直子
河出書房新社(2016-10-14)
販売元:Amazon.co.jp

離婚して未来を見失った女。ピアノを弾く時だけ、指が動かない病いのピアニスト。人生のどん底で出会った二人の再生を描く今年最高の感動作!

お友達にオススメされて読んでみました。初読み作家さんです。
40歳で夫に離婚を迫られうつ病となったまゆこと、ジストニアになり指が動かなくなったピアニストのトキオの物語。
最初は2人ともうつ病なのでひたすら暗かったです^^;
病院で出会ったトキオとまゆこ。トキオがまゆこを呼び、2人で会うようになります。
トキオにとってまゆこは恋愛感情で呼んだわけではなく、自分と同じようにもしくは自分よりも悪い状態である人を傍に置いて安心したかったから。読んでいてそれは感じたので嫌な気分にはなりましたけど、でも気持ちが分かる部分もありました。自分が悪い状態の時、自分の方がまだましだと思える存在があると失礼ながらほっとしたりするときもあるから。
それでもまゆこがカウンセリングに通い、少しずつ症状が緩和されていくことで2人の関係の均衡が崩れていきます。前向きになっていくまゆこを見ていると置いてけぼりにされたような気分になるんですかね。
トキオは支配的で女の敵のような気もするんですけどでも憎めない。病気のこともあるけど死にたいと言いつつも生きていて生きることにもがいている姿はまゆこ同様なんとかしてあげたいという気持ちになりました。ピアノだけが全てだった人生をそれだけじゃない人生にしたっていいじゃないかと思い、まゆこを応援していました。
途中登場したセリナとカノンがまた良かったですね。2人はしっかりした前向きな女性でした。2人に出会ったことがまゆこにとって大きな転機となったんですよね。だからトキオにもちゃんと想いを伝えることが出来たんだと思います。もともと、人の役に立ちたいと思って生きてきた人なんですもんね。変わっていくまゆこが素敵でした。
最後も良かったです。読んでよかった。ドビュッシーのアラベスクを聴きたくなりました。
このトキオという人物は、著者さんがオカダをモデルにして書かれたそうですね。オススメしたお友達に「私とオカダの物語だから(笑)」と紹介されたので^m^もう脳内がその2人で構成されたので困りました←
映像化されたら暗いけど優しくて最後は明るい素敵な物語になりそうだけど、でも、もう大作ばかりやって現代人をなかなかやらなくなった←オカダは演じることが出来ないかもなぁ…と、ちょっと寂しくなったりもしました^^;

<河出書房新社 2016.10>H29.1.23読了

今朝の春 みをつくし料理帖 眦聴5

今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2010-09-15)
販売元:Amazon.co.jp

月に三度の『三方よしの日』、つる家では澪と助っ人の又次が作る料理が評判を呼び、繁盛していた。そんなある日、伊勢屋の美緒に大奥奉公の話が持ち上がり、澪は包丁使いの指南役を任されて――(第一話『花嫁御寮』)。戯作者清右衛門が吉原のあさひ太夫を題材に戯作を書くことになった。少しずつ明らかになってゆくあさひ太夫こと野江の過去とは――(第二話『友待つ雪』)。おりょうの旦那伊左三に浮気の疑惑が!? つる家の面々を巻き込んだ事の真相とは――(第三話『寒紅』)。登龍楼との料理の競い合いを行うこととなったつる家。澪が生み出す渾身の料理は――(第四話『今朝の春』)。全四話を収録した大好評シリーズ第四弾!

前回読んでから時間が経ってしまいました。何だか不意に思い出して読んでみました。
多分澪の境遇が読んでいて辛くてだからちょっと止まっちゃったのかな^^;でも今回は割と安心して読めました。
ただ、今回小松原の正体が分かって、予想はしていたけど叶わぬ恋だったんだなということも分かって、切なかったですね。それでもあの女性の言葉はただ突き放しているだけではないと思いました。
澪が料理の事を考えて幸せそうなところが私は凄く好きです。澪は本当に料理人になるべくしてなったんだなぁということを改めて感じます。まあ、きっかけは辛いものだったかもしれませんけども…。
あさひ太夫のことが本になってしまうとハラハラしていた澪がそもそも野江が花魁となってしまった元凶の男に放った言葉がかっこよすぎました。澪をお嫁にもらいたい…。
カメよりも遅いくらいのゆっくり具合ですが読み進めていこうと思います^^

<角川春樹事務所 2010.9>H28.12.16読了

思い出のとき修理します4 永久時計を胸に 谷瑞恵5

思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に (集英社文庫)思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に (集英社文庫)
著者:谷 瑞恵
集英社(2016-05-20)
販売元:Amazon.co.jp

不仲に思えた両親の絆、亡き妻への秘めた思い…時計店には今日も人々の「思い出」が持ち込まれる。そんな中、秀司が作ってくれているドレスウォッチの完成が近いと聞き、喜びとともに複雑な気持ちになる明里。秀司の元に、スイスの時計工房から手紙が届いているらしいからだ。ともに商店街で暮らす未来を夢見つつ、本当は秀司がスイスで修業を続けたいのではないかと悩み…。ついに完結!

ついに最後なんですね。とても好きなシリーズだったので終わってしまうのが残念です。
と、言いつつも読むたびにこの前はどんな話があったっけ?なんて思ったりしてしまうのですが^^;
今回も、どのお話も切なくて温かくて、素敵なお話ばかりでしたね〜。
最後はやはり秀司と明里の話。
明里が選択した形が私はベストだったと思うな。自分のせいで夢を諦めてほしくないし、夢を諦めてしまった分自分が相手を幸せにできるかって考えたら自信ないもの。
2人が決めた道は周りは良い顔をしないかもしれないけど、私は力強く応援したいなと思いました。
これで終わっちゃうの寂しいなぁ。番外編でも良いので期待しています。

<集英社 2016.5>H28.8.23読了

古書カフェすみれ屋と本のソムリエ 里見蘭5

古書カフェすみれ屋と本のソムリエ (だいわ文庫)古書カフェすみれ屋と本のソムリエ (だいわ文庫)
著者:里見蘭
大和書房(2016-04-07)
販売元:Amazon.co.jp

「僕は信じてるんです。たった一冊の本が、ときには人の一生を変えてしまうこともあるって」
すみれ屋で古書スペースを担当する紙野君が差し出す本をきっかけに、謎は解け、トラブルは解決し、恋人たちは忘れていた想いに気付く──。
オーナーのすみれが心をこめて作る絶品カフェごはんと共に供されるのは、まるでソムリエが選ぶ極上のワインのように心をとらえて離さない5つの小さな謎。
きっと読み返したくなる名著と美味しい料理が愉しめる古書カフェすみれ屋へようこそ!
本を愛するすべての人へ贈るミステリー!

初読み作家さん。完全にタイトルに惹かれて買いました。
面白かった〜。本が登場するのがもうたまらなかったです^^
古書カフェに訪れるお客様の悩みに一冊の本を差し出す本のソムリエ紙野君。
名前を聞いたことのある本ばかりでしたがどれも未読でした。悔しい。
私は一生を変えるような作品にはまだ出会っていないけど、背中を押してくれた作品はたくさんあります。本って偉大だなと思います。
読んでいたら紙野君は「図書館の主」の御子柴を思い出す感じでした。
ってマニアックかな^^;紙野君は御子柴君よりも柔和ですけど。
っていうか5つの謎も気になりますけど、すみれと紙野君の関係も凄く気になるんですけど!何よりもすみれ鈍すぎだろ!!神野君結構凄いこと言ってるよ!言ってるよ!!←
最後ももどかしいったら!!
2人の関係も含めて紙野君がすすめる本をもっと知りたいので続編も期待します。

<大和書房 2016.4>H28.8.5読了

この世にたやすい仕事はない 津村記久子

この世にたやすい仕事はないこの世にたやすい仕事はない
著者:津村 記久子
日本経済新聞出版社(2015-10-16)
販売元:Amazon.co.jp

「コラーゲンの抽出を見守るような仕事はありますか?」燃え尽き症候群のようになって前職を辞めた30代半ばの女性が、職業安定所でそんなふざけた条件を相談員に出すと、ある、という。そして、どんな仕事にも外からははかりしれない、ちょっと不思議な未知の世界があって―1年で、5つの異なる仕事を、まるで惑星を旅するように巡っていく連作小説。

タイトルが凄く胸に突き刺さり、でも今読んだ方がいいような気がして手に取りました。
主人公が14年間働いた職場を辞め、職を転々とする1年間の物語です。
どこまで本当か分からないですけど、いろんな仕事があるんですね…。
仕事はね、お金をもらっているわけですから、私もこの世にたやすい仕事はないと思っているんです。でも、苦痛に感じたり体を壊してまでやることなのかと言ったらそうではないと思ってます。
いろんな仕事を経験して、自分に向いている仕事なのか模索する主人公。別にやる気がないわけじゃないし、どの仕事もちゃんとこなしている印象でした。
それでもきっと、心の中に引っかかっていたのは1番最初に勤めていた仕事だったんだろうなと思います。
心身ともに疲れて、全く違う仕事に就いて見ようと思って5か所の仕事を巡って。
どの仕事も大変そうな部分もありましたし、やりがいを感じられそうな部分もありました。どの仕事も、人に恵まれていたんじゃないかなと思います。
帯に書かれていた文章が好きでした。
「やりがいのある、好きな仕事に裏切られたから、やりたい仕事より、できる仕事からやってみる。いつか、自分にふさわしい仕事を見つけるために。」
私は逆でした。やりたい仕事はなかなかやれないから、早々と諦めて受け入れてくれる仕事をしてました。いったんはやりたい仕事に就けたけど、でも給与面などの待遇でこれから一人で生きていくことに不安を感じて自ら安定を選んで手放してしまって。
そこを後悔しているわけではないけど、私は好きなやりたい仕事をしたいから、また目指してみようと思っているところでした。
主人公のようにかなりの遠回りな私だけど、遠回りした分得られたものもあるはずだ。と思って、これからも頑張って行こうとこの本を読んで改めて思いました。

<日本経済新聞出版社 2015.10>H27.11.17読了

がらくた屋と月の夜話 谷 瑞恵5

がらくた屋と月の夜話がらくた屋と月の夜話
著者:谷 瑞恵
幻冬舎(2015-08-01)
販売元:Amazon.co.jp

仕事も恋も上手くいかないつき子は、ある日、道に迷い、一軒の骨董品屋に辿り着く。そこは、モノではなく、ガラクタに秘められた“物語”を売る店だった。古い時刻表、欠けたティーカップ、耳の取れたぬいぐるみ…。がらくたばかりの「河嶋骨董店」を、今日もまた忘れてしまった大切な何かを探しにお客たちが訪れる。トランクいっぱいに、あなたへの物語が詰まっている。「河嶋骨董店」へようこそ!

温かい物語でした。がらくた一つ一つに秘められた物語がどれも温かく、そして切なかったです。装丁の中村さんの絵に惹かれて手に取ったのですが、読み終えてから表紙を見直すといろんなものが散りばめられていてじんわりします。
どのお話も良かったですが、やっぱり天地の物語が切なかったです。
1人の少年が背負った事実はあまりにも重たい。
天地が抱える闇は深くて、壁を感じました。
それでもつき子はその闇に手を差し伸べようとします。
つき子の純粋な想いが天地の心を動かしたのだと思います。
2人の今後がとても楽しみです。

<幻冬舎 2015.8>H27.11.5読了

剣と紅 高殿円5

剣と紅剣と紅
著者:高殿 円
文藝春秋(2012-11)
販売元:Amazon.co.jp

井伊直政は家康にむかって話を続ける。それを訊く家康の相づちは実に楽しげだ。
「十五の年、養母は、この男だけは絶対にいけないと強情なまでに言いはり、ついには髪を下ろしてしまいました。当時、今川義元公の庇護の下、繁栄を極めた駿府より、ありとあらゆる贅沢品を用意した縁談相手を前に、養母は一言、こう言い放ったそうです」
──紅はいらぬ。剣をもて。
戦国の世、女地頭と呼ばれた徳川四天王・井伊直政の養母、井伊直虎。彼女の熾烈な一生を描いた、『トッカン』の著者がおくる渾身の歴史エンターテインメント!

出たときから気になっていたのですが何だかタイミングが合わなくて読めないでいたのですが。今回再来年の大河でこの方の生涯が描かれるということでこれはいい機会だと思い手に取りました。
面白かった…もっと早く読めばよかった。っていつも言ってますね^^;
「軍師官兵衛」で直政が登場していたので誰の事を差しているのかはわかりましたが、井伊家ってこんなに壮絶な歴史があったんですね…短い期間に男性陣が非業な死を遂げていて、どこまで負の連鎖が続くのかと読んでいてとても辛くなりました。
直親と香が何事もなく結婚できていたら、全く違う人生で歴史も全然違ったんだろうなとも思いました…。すべては「たられば」なんですけどね。
直虎の生き様、かっこよかったです。真似なんてできません。
小法師と呼ばれ、実際に千里眼のような能力を持っていてもそれで未来を変えることは出来ない。読んでいてとても辛かったです。
歴史小説ですがこちらは女性が主人公なので合戦のシーンはあまり出てきません。
それよりも女性の闘いが色濃く描かれているように思います。
直虎の生き様もそうですが、井伊家に嫁ぎ、夫に先立たれた女性たちの闘い。
直政の母、日夜が選んだ道が素晴らしかった。直虎がそうしてほしいと言ったのだけど、すべてを受け入れて分かった上での決意が素晴らしかった。輝も、きぬも素敵な女性でした。
大河ドラマではどう描かれるんでしょうか。
私は連続ドラマを見るのが非常に苦手なのですが^^;
見ようかなぁ。
高殿さんの作品はトッカンを始め前々から気になっていたのですが、これを機に他の作品も手にとってみようと思いました。

<文芸春秋 2012.11>H27.9.18読了

五十坂家の百年 斉木香津5

五十坂家の百年五十坂家の百年
著者:斉木 香津
中央公論新社(2015-04-24)
販売元:Amazon.co.jp

その朝、双子の老姉妹が手に手をとり崖から飛んだ。葬儀のため集まった家族は、武家屋敷の床下から四体の遺骨とある秘密を掘り起こす…怒涛のカタルシスを呼ぶ、淫靡で切ない長篇ミステリー。

タイトルとあらすじを読んで気になって借りてみました。初読み作家さんです。
一気読みでした。面白かった…。
五十坂家の各世代が語る五十坂家の人々。
「人喰い」の家系だと揶揄されてきたその由来と、家族がずっと隠してきた真実とは。
五十坂家のそもそもの発端はそれこそ「人喰い」と呼ばれた祖先なのだろうけど…
なんだろう…一言では言い表せないです。
語りの中で1番昔の璃理子。この人が魔女だったのかな…でも、甘やかしてしまった両親にも責任はありますよね。
そして璃理子のせいで人生が変わってしまった弥生。弥生が可哀想すぎました。
弥生がしたことは決して許されることではありません。未遂に終わったことも含めて人として間違っています。でも、そこまで追い詰めてしまったのは誰のせいか…そう考えると弥生だけを責めることは出来ません…。
蘭子と蝶子だって、魔法使いのようだと言われていましたけどこちらだって6歳の時に大人にならざるを得なかったわけだから悪いとは言えないし…
だから何が悪いのかと言ったら、血が悪いのでしょうか…答えは出せません。
全てが分かってから、一枝と公子がした行動が微笑ましいと感じてしまいました。
諸手を挙げて応援したくなりました。
由羽も取り返しが付かなくなる前に想いを吐き出せて良かったね。
これからの五十坂家の血筋はきっと安泰ですね。そう思える最後でした。

<中央公論新社 2015.4>H27.6.10読了

思い出のとき修理します 3 空からの時報 谷瑞恵4

思い出のとき修理します 3 空からの時報 (集英社文庫)思い出のとき修理します 3 空からの時報 (集英社文庫)
著者:谷 瑞恵
集英社(2014-12-16)
販売元:Amazon.co.jp

穏やかな交際を続ける明里と秀司。ある日「秀司の時計店を女が手伝っている」と教えられた明里は、店で骨董店の娘・郁実と出会う。東京での仕事を辞めて帰ってきたという彼女は、商店街のお祭り準備で秀司が不在がちの今だけ、店番をしているのだという。自分と境遇の似た彼女に共感を覚えつつも、秀司との関係に少しだけ不安を感じて…。切なく温かく、心を癒やす連作短編集、シリーズ第3弾。

今回は特に明里の家族について考える場面がありましたね。
実父の事、養父の事、血のつながり。家族って難しいですね。
第1弾の話なんてスッカリ忘れてしまっているので^^;2人がどうやって付き合うようになったのかすら忘れているという…もったいない。
でも2人がちゃんと愛を育んでいるのが分かります。素敵です。
あとがきによるとこの作品をシリーズ化するつもりはなかったみたいですね。だから1冊目で付き合っているんですねー。
今回はライバルが現れたりしてなかなか面白かったです^m^
時計にまつわる4つのお話も素敵でした。

〈集英社 2014.12〉H27.2.24読了

想い雲 みをつくし料理帖 眦聴5

想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2010-03)
販売元:Amazon.co.jp

土用の入りが近づき、澪は暑気払いに出す料理の献立に頭を悩ませていた。そんなある日、戯作者・清右衛門が版元の坂村堂を連れ立って「つる家」を訪れる。澪の料理に感心した食道楽の坂村堂は、自らが雇い入れている上方料理人に是非この味を覚えさせたいと請う。翌日、さっそく現れた坂村堂の料理人はなんと、行方知れずとなっている、天満一兆庵の若旦那・佐兵衛と共に働いていた富三だったのだ。澪と芳は佐兵衛の行方を富三に聞くが、彼の口から語られたのは耳を疑うような話だった―。書き下ろしで贈る、大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、待望の第三弾。

今回もまた嫌がらせやら何やらかんやらありましたねぇ…。もう読んでいて凄く辛かったです。澪のために売った簪。戻ってきて再びお寮さんの元に戻ってきた嬉しさ。戻してくれた種市さんの優しさ。それにほっこりしていたのに。どうしてこんなにつらい思いをしなければならないんだろう。嫌がらせだって澪たちは何も悪いことはしていないのに…でも分かる人はちゃんとわかってくれていましたね。味方もだんだん増えてきて、心強かったです。
そして澪が吉原に行った時の出来事。仕事の休憩中に読んでいるんじゃなかったら泣いてました。泣きたかった。野江ちゃーーーん!!って私が叫びたかった←
野江ちゃんのことも小松原さんとのこともじれったくてたまりませんが、料理が一番の澪なんだからしょうがないですよね。気長に読んでいこうと思います。まだ7冊もあると思えるのも嬉しいです。
最後のふきと健坊の話もハラハラしましたけど本当に良かった。みんないい人たち。みんな幸せになってほしいなぁ。

〈角川春樹事務所 2010.4〉H26.8.20読了

花散らしの雨 みをつくし料理帖 眦聴5

花散らしの雨 みをつくし料理帖花散らしの雨 みをつくし料理帖
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2009-10-15)
販売元:Amazon.co.jp

元飯田町に新しく暖簾を掲げた「つる家」では、ふきという少女を下足番として雇い入れた。早くにふた親を亡くしたふきを、自らの境遇と重ね合わせ信頼を寄せていく澪。だが、丁度同じ頃、神田須田町の登龍楼で、澪の創作したはずの料理と全く同じものが「つる家」よりも先に供されているという。はじめは偶然とやり過ごすも、さらに考案した料理も先を越されてしまう。度重なる偶然に不安を感じた澪はある日、ふきの不審な行動を目撃してしまい―――。書き下ろしで贈る、大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、待望の第二弾!

第二弾を読みました。
あらすじを読んでもう読むのが辛くなってしまったんですけど…読みました。
どうして澪にばかりこんな困難ばかりやってくるのでしょう。
それなのに、澪は本当に強くて健気な子です。強くならざるを得なかったとも言えますが…
ふきとの関わりは懐の深さを感じましたし、清右衛門との会話は面白かったし、あさひ太夫との関わりには涙が出そうでした。美緒との会話も良かった。
そして料理がまたとてもおいしそうです。特にこぼれ梅。食べてみたくなりました。
おりょうさんと太一君もどうなることかと思ったけど、良かった…
第3弾も読みますよ〜。もう少しで完結編が出ちゃいますからね^^

〈角川春樹事務所 2009.10〉H26.8.1読了

八朔の雪 みをつくし料理帖 眦聴5

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
著者:高田 郁
角川春樹事務所(2009-05-15)
販売元:Amazon.co.jp

神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で、日々研鑽を重ねる澪。しかし、そんなある日、彼女の腕を妬み、名料理屋「登龍楼」が非道な妨害をしかけてきたが・・・・・。料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と、それを囲む人々の人情が織りなす、連作時代小説の傑作ここに誕生!

前々から気になっていたのですが読めていませんでした。
今年8月に刊行予定の10巻で完結だという話を伺い、これを機に読んでみようと思い手にしました。
こういう話だったんですね・・・。
澪のあまりにも辛すぎる境遇に読んでいて悲しくなりましたけども、でも澪は本当に強い子でした。そして天性の味覚を持っているんですね。それが幸福も悲劇も生み出しているような気もしますが・・・。
澪自身の努力も素晴らしいですが、周りの人たちにも恵まれましたね。店主の種市も、源斉先生も小松原もおりょうも伊佐三ももちろん芳も。
あさひ太夫の正体もすぐに気付きましたし、ストーリーもベタなんですけどそのベタさが好きです。温かくて優しい作品でした。
特に最後の章が読んでいて辛かったです。どす黒い人間の底を見せられたような。
これからもきっと辛い場面がたくさんあるんだろうなぁとも思いますが、それでも時間がかかっても読んでいこうと思いました。

〈角川春樹事務所 2009.5〉H26.7.19読了

いろは匂へど 瀧羽麻子3

いろは匂へどいろは匂へど
著者:瀧羽 麻子
幻冬舎(2014-04-24)
販売元:Amazon.co.jp

京都麩屋町で小さな和食器店を営む30代半ばの紫(ゆかり)に、草木染めの魅力を教えてくれたのは、50歳の草木染め職人・光山(こうざん)だ。彼は、静かな独身生活を楽しんでいた紫に、恋する気持ちも思い出させてくれた。しかし、無邪気で大胆な一方で、強引なことをしない彼に、紫は心を持て余す。実は、光山には想像もつかない過去があった。無邪気に口に出せない30代女子の恋。寺町、西陣、大原、鴨川、麩屋町…京都の街を舞台に、ちょっぴりビターなラブストーリー。

読みました。あらすじを読んで気になって読みました。
読んだんですけど、どうも納得がいかないというかなんというか・・・。
途中までは紫の気持ちに共感できたんですけど、どうして光山に惹かれるのか私は分かりませんでした。少し強引なところ、素直なところ。魅力的な部分はたくさんありましたけど、女性に関してはだらしがないというのとは違うんですけど何だかもやもやするし…。
どうしてブライアンに行かないの?って凄く思いました。
私はブライアンが良いです←
あんなに思ってくれる人がいるのにどうして?
私は愛するよりも愛されたい人です。
愛されてそれが分かって、私も好きになっていくのだと思います。何となく。
それは凄く恋い焦がれるように好きになったことがないからだろうなーと冷めて見たりしますけど。
紫が思い悩む気持ちは分かりますがはっきりしてほしかったなー。
最後はっきりしてたのかな?してないよね?
鈍い私にはわかりませんでした。
やっぱりブライアンがいいよー(しつこい)

〈幻冬舎 2014.4〉H26.7.2読了

こんなわたしで、ごめんなさい 平安寿子

こんなわたしで、ごめんなさいこんなわたしで、ごめんなさい
著者:平 安寿子
実業之日本社(2013-07-11)
販売元:Amazon.co.jp

「婚活の外へ」梅津成美25歳は職場の「みんなで幸せになろう」会に出席し、一人の男性に見初められる。全てにおいて完璧なその男性。しかし成美はそのプロポーズに答えられないでいた。
「どうか小さな幸せを」豊中東子は巨乳である。そのせいで今までずっと苦労してきた。男性にはいつも胸ばかり見られ、女性には何もしていないのに妬まれた。
「イガイガにチョコがけするのも年の功」安永泉は35歳。同級生の既婚者である奈津子がやたらと泉の世話を焼き、見合い話を持ってくる。
「自然の法則に従って」山科未和は30歳。かつて同じ職場の上司と付き合っていたが相手の浮気を知り別れることになった。なぜかその浮気相手とかかわるようになる。
「じれったい美女」洋子は自分が綺麗じゃないと早く見限った。睦美という友人はとても美人なのだがそれが元で今まで苦労をしてきたため、洋子は睦美の今の状況をもったいないと思っていた。
「カワイイ・イズ・グレート! 」義妹は50歳を過ぎてもカワイイひらひらふわふわの服を着て過ごしている。痛くてみっともないと梢は思っていた。
「こんなわたしで、ごめんなさい」女性管理職・学者の妻・15歳の娘の母親、の三役をこなし、前向きで明朗快活なわたしは皆が羨む存在!…だったはずの菅野早弓(44歳)は、最近職場で孤独を感じ、暗い毎日を送っている。なぜなら…

ずっと気になっていた作家さんでしたが今まで読んでいませんでした。初読みです。
いやー面白かった。さまざまな悩みを持つ女性たち。巨乳の人の気持ちは全くわからないけど^^;それ以外はなんとなくわかるなーと思って読んでいました。
周りはいいと思っているのに自分はいいと思っていない。ひねくれた答えを出す。相手の希望に応えられない結果になる。
だから、こんなわたしでごめんなさい。なんですね。
でもわかります。しょうがないよね。しょうがない。
人に言われて初めて気づくこと、たくさんあるもの。
良いことも悪いこともあがいてあがいて、結婚するにしてもしないにしても、仕事に生きるとしてもしないとしても、みんな頑張っていこうよって言われている気がしました。
面白かったです。

〈実業之日本社 2013.7〉H25.12.25読了

思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車 谷瑞恵4

思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)
著者:谷 瑞恵
集英社(2013-09-20)
販売元:Amazon.co.jp

寂れた商店街の片隅に、「思い出」を修理してくれる時計屋さんがある──。時計師・秀司のもとには、傷を抱いた人たちが今日も訪れる。優しく温かい、癒やしの物語、第2弾!
「きみのために鐘は鳴る」飯田時計店に若い女性がやってきた。太一が見かけたというその女性に明里は思い当たる人がいた。それは10歳年下の妹。明里と妹香奈は半分しか血が繋がっていない。一方香奈は喫茶店で一人の女性に出会う。似た境遇だった女性は香奈に時計の預かり所を託す。
「赤いベリーの約束」商店街にある宝果堂の奥さんである葉子さんが家出したのだという。夫の保と耀子には共通の友人がいた。若本光一という友人との過去が2人を縛り付けていた。
「夢の化石」明里の高校時代の先輩弘樹が秀司に石の時計を渡し、それを直してほしいと依頼をしてきた。どう見ても直せるはずのないものだが秀司は引き受ける。
「未来を開く鍵」飯田時計店に女性が現れた。以前鍵を渡していたのだが事故に遭い、その内容をすっかり忘れてしまったのだという。

シリーズ第2弾です。
恋人同士になりたての秀司と明里が可愛かったです。いい年して中学生みたいな恋愛^m^でもその恋愛がとてもうらやましかったです。
手を握ってドキッとしたり、ぎゅっと抱きしめ合って嬉しいとか、心地いいとか感じたり。
秀司はとても優しいけど、いつも笑顔だから本心は見えにくいなと思ってました。
でも、明里の先輩が登場した時に妬いてるんだよって言ったり、甘えた姿が見たいと言ったり、正直に言ってくれるのが良いなーと思いました。
今回の4編はどれも素敵なお話でしたが、あまりにも偶然過ぎるなーと思ったり、私でさえも展開が読めてしまったり。そういうお話もありましたが、それでも心が温かく幸せな気持ちになれる作品でした。
秀司と明里の恋愛模様が本当にゆっくりなのでやきもきしますが、展開の発展に期待しつつ第3弾も楽しみです。

〈集英社 2013.9〉H25.12.21読了

誰もいない夜に咲く 桜木紫乃4

誰もいない夜に咲く (角川文庫)誰もいない夜に咲く (角川文庫)
著者:桜木 紫乃
角川書店(2013-01-25)
販売元:Amazon.co.jp

寄せては返す波のような欲望にいっとき身を任せ、どうしようもない淋しさを封じ込めようとする男と女。安らぎを切望しながら寄るべなくさまよう孤独な魂のありようを、北海道の風景に託して叙情豊かに謳いあげる。

短編集です。この作品は以前出た「恋肌」に加筆修正を加えた作品なんですね。
新刊なのに文庫?と思ったので。なるほど。
どの作品もやっぱり暗くてさびしくなります。それでもみんな懸命に生きていて。
でも、女性はこんなに逞しくなきゃダメなのかなぁなんて思ったりもして。
男の人に縋って甘えて生きていったって良いじゃないって桜木さんの作品を読んでいると思います。
出てくる女性の試練が辛すぎるんだもの。短編になるとそういう作品が多いから体調不良の時に読むとちょっとつらくなります^^;
加筆した「風の女」が1番好きでした。
ちょっと矛盾しているかもしれないけど、こういう女性の生き方もかっこいいなと思いました。

〈角川書店 2013.1〉H25.4.24読了

黄金の庭 高橋陽子4

黄金の庭黄金の庭
著者:高橋 陽子
集英社(2013-02-05)
販売元:Amazon.co.jp

お寺の閻魔様が動き回り、池の蓮の花からお釈迦様が現れる。不思議なことがおこる町に引っ越してきた青奈夫婦。ある日、質屋で手に入れたオパールの指輪がしゃべり出し…。不思議な町の平凡な日常を描く、新しい大人のファンタジー。第36回すばる文学賞受賞作。

すばる文学賞受賞作です。受賞作じゃないと多分知らないまま、読んでいなかったと思います。
良かったです。面白かった。楽しかった。じゃなくて、良かった。ですね。
主人公の青奈は結婚して3年経つのに子供に恵まれず、義理の家族にプレッシャーを与えられて焦っていた。更に色々重なって無職になり、職探しの日々。そんな中、怪しげな千ちゃんから仕事をしないかと持ちかけられます。
青奈の仕事面でも家庭面でも必死なのが伝わってきました。その気持ちが凄く伝わってきて切なくなりました。そういう現実的なところもあり、アーちゃんというどんなに悪い事をしても許される子どもの存在がどこかファンタジーで、でもそれがこの物語の鍵でもあって…
言葉で説明するのが上手くいきませんが、青奈のプレッシャーを感じている初めからの心の変化がとても良く書かれているなと思いました。
初めて気味が悪くて怖いと思っているアーちゃんの存在も変わっていきましたし、怪しい男の千ちゃんの印象も変わりましたし、何より旦那さんへの想いも変わっていったと思います。
その心の変化が良かったと思いました。
質屋で仕入れた「おしゃべりオパール」もなかなか面白かったです。長く生きているだけあっていうことはまともなんですよね^^
上手く伝えられないのが残念ですが。良い作品でした。

〈集英社 2013.2〉H25.3.14読了

ホテルローヤル 桜木紫乃4

ホテルローヤルホテルローヤル
著者:桜木 紫乃
集英社(2013-01-04)
販売元:Amazon.co.jp

恋人から投稿ヌード写真撮影に誘われた女性店員、「人格者だが不能」の貧乏寺住職の妻、舅との同居で夫と肌を合わせる時間がない専業主婦、親に家出された女子高生と、妻の浮気に耐える高校教師、働かない十歳年下の夫を持つホテルの清掃係の女性、ホテル経営者も複雑な事情を抱え…。

道東にあるホテルローヤルに纏わる男女の物語です。
連作短編集でホテルの従業員やお客さんなどの想いが描かれています。
ホテルローヤルが廃墟と化している時代にはじまり、経営されている時期、またできる前のお話が最後を締めくくります。時がだんだん遡って行くんですよね。それが上手いなと思いました。
女性の悲愴さを書いたら桜木さんはNO.1だと思います。褒めてます。
読んでいて痛々しくて辛いのに、どうしてか読みたくなって読んでいたら止まらなくなる。桜木さんの作品はいつもそう思います。だから、新刊が出れば必ず読んでいます。過去の作品も読みたいなと思ってます。
お客としての物語も良かったですが、このホテルを作った家族の物語が印象的です。
家族がいるにも関わらず若い女性と付き合い、子供が出来て新しい家族でホテルを経営することになって。
始めにホテルの末路や家族の末路が分かっているので1番最後の物語「ギフト」を読んだときは切なくて仕方なかったです。前の物語を読見返して悲しくなったり。
それでも短編集どの作品も何だか光があるような気がして、だから心に染み入る部分もあったりして。だから桜木さんの作品は止められません。
「シャッターチャンス」
「本日開店」
「えっちや」
「バブルバス」
「せんせぇ」
「星を見ていた」
「ギフト」

〈集英社 2013.1〉H25.1.28読了

思い出のとき修理します 谷瑞恵4

思い出のとき修理します (集英社文庫)思い出のとき修理します (集英社文庫)
著者:谷 瑞恵
集英社(2012-09-20)
販売元:Amazon.co.jp

仕事にも恋にも疲れ、都会を離れた美容師の明里。引っ越し先の、子供の頃に少しだけ過ごした思い出の商店街で奇妙なプレートを飾った店を見つける。実は時計店だったそこを営む青年と知り合い、商店街で起こるちょっぴり不思議な事件に巻き込まれるうち、彼に惹かれてゆくが、明里は、ある秘密を抱えていて…。どこか懐かしい商店街が舞台の、心を癒やす連作短編集。
「黒い猫のパパ」引っ越してきた商店街にあるパン屋店主の恋人が黒い猫を捜していた。名前はパパという。幼いころに亡くなった父の代わりに飼っていた黒猫をパパのように感じていたのだという。
「茜色のワンピース」明里はハル洋裁店のハルエさんから頼まれごとをする。それはハルエさんがかつて着ていたワンピースを着て縁日を歩いてほしいのだという。春江さんには後悔していることがあった。気になってたまらなかった人に、思いを伝えることが出来なかった。
「季節外れの日傘」老婦人がぶたのぬいぐるみを捜しているのだがこのあたりにないかと尋ねてきた。また同時期に20歳くらいのツインテールの女の子も全く同じぬいぐるみを捜していると言っていた。
「光をなくした時計師」時計屋さんの元へ女性が訪ねてきた。名前で呼ぶ女性に明里は今まで意識したことがなかったにも関わらず気になる。時計屋さんがなぜこの商店街で時計店を営んでいるのか、その真実を知りたいと思った。
「虹色の忘れ物」時計屋さんの事が気になってきたが、明里は時計屋さんが知る過去の自分とは違うことをずっと気にかけていた。明里はこの商店街にひと月だけやってきたときの事を思い出す。

書店で表紙を見て気になり、図書館に入ったので予約しました。
予約を待っている間に予約者が増える増える。あれ?そんなに人気の作品なの?と思ったら「伯爵と妖精」シリーズを書いている方なんですね。私は読んだことがないですが、図書館では良く見かけます。シリーズものは読みたいと思ってももう追いかける元気がありません・・・気になっているシリーズはたくさんあるんですけどねー。
ということで今作。可愛らしいほっこりするお話でした。
ちょっとSFっぽくてメルヘンっぽさも感じますけど、それでもやっぱり最後に幸せを感じる作品って良いですよね。
時計屋さんの過去に明里の過去、それが繋がった時になるほどと読んでいる側も腑に落ちました。2人とも傷ついたけど、その分これから幸せになれるって信じています。
時計屋さんって本当に緻密ですよね。海外には凄い技術を持っている方がいると聞いた事があります。何か、階ごとに偉さが変わるとか・・・凄く曖昧^^;
私はタイチ君もお気に入りでした^^見た目はきっとイマドキな男の子だと思うのですが意外と古風でちゃんとした子なんですよね。そして要所要所で良い仕事をするんですよ^^
癒されるお話でした。
機会があったら(あるのか?)伯爵と妖精シリーズも読んでみたいです。何冊あるんだっけ?・・・さ、30巻・・・ム、ムリ〜。

〈集英社 2012.9〉H24.12.4読了

左京区恋月橋渡ル 瀧羽麻子4

左京区恋月橋渡ル左京区恋月橋渡ル
著者:瀧羽 麻子
小学館(2012-04-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

初めて恋するときめきを描いた純情恋愛長編
四年間の学生生活を送った京都で、山根は四月一日から工業化学科の大学院生として新たなスタートをきった。学部生のころから暮らしている学生寮には、生物学科の安藤をはじめ電気電子工学科の寺田などゆかいな仲間たちのほか、数学科の龍彦もときどき遊びにやってくる。研究室でその日、明け方までかかってやっと山根は仮説を裏づける数値を導き出したが、教授から簡単な計算ミスを指摘され、ひとり居残りを命じられる。気分転換に糺(ただす)の森を訪れると突然の雷雨に見舞われ、豪雨の中に浮かび上がる満開の山桜の向こうに、白いワンピースを着たそのひとがいた。あれこれ考える前に楼門の下まで駆け寄り、自分の傘を彼女の足もとに置いて、一目散に立ち去っていた山根。ずぶ濡れになったせいか熱を出し、熱が下がってからもどうも様子がおかしい。そして京都御苑での花見の席で、龍彦のガールフレンドの花にいとも簡単に見抜かれる。「山根くん、もしかして好きなひと、できた?」。花は言う、もう一度姫に会いたければ、下鴨神社に毎日参拝すべし――と。

ネタバレあります

「左京区七夕通東入ル」の続編です。前回主人公だった龍彦君と花ちゃんの友達、山根君の物語です。
山根君のおそらく初恋物語。あまりにも奥手な山根君が可愛くて可愛すぎて母性本能をくすぐりましたよ。どうしてそうなるー!とツッコミどころが満載すぎます。
でも、山根君は頑張りましたよ。最初は花ちゃんのアドバイス通りでしたけど、正直に話してからは自分から頑張りましたし。
きっと報われないんだろうなぁと思いましたけど←
女性との関わりが皆無に近かった山根君にとってはいい経験だったのではないでしょうか。まあ、中学生のデートみたいだったけど(失礼な)
前回はあまり登場しなかった寮長、料理人、管理人の皆様もいい味出してました。
龍彦と花もあまり登場しなかったけど、2人の距離は更に縮んで、全然雰囲気の違う二人だったのに何だか似てきているのが分かって可愛らしく見えてきました。
山根君はこの恋愛をバネに、良い恋もしてほしいなと人の事を言ってる場合かと思いつつも思いました。

〈小学館 2012.4〉H24.9.25読了

氷平線 桜木紫乃4

氷平線 (文春文庫)氷平線 (文春文庫)
著者:桜木 紫乃
文藝春秋(2012-04-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

真っ白に海が凍るオホーツク沿岸の町で、静かに再会した男と女の凄烈な愛を描いた表題作、酪農の地を継ぐ者たちの悲しみと希望を牧草匂う交歓の裏に映し出した、オール讀物新人賞受賞作「雪虫」ほか、珠玉の全六編を収録。北の大地に生きる人々の哀歓を圧倒的な迫力で描き出した、著者渾身のデビュー作品集。
「雪虫」札幌で事業に失敗し、自己破産して実家の農家を手伝っている達郎はすでに結婚している四季子との関係を終えられずにいた。あるとき、親が女性を買い、フィリピンから嫁を迎えることになる。
「霧繭」和裁師として独立したばかりの真紀は、得意先の呉服問屋の顧客課長と付き合ったことがあり、男は問屋のおかみとも関係を持っていた。2人でいるときは気まずい。
「夏の稜線」京子は東京から北海道の僻地へ嫁いできた。農業を営んでおり姑は男が生まれるのを待っている。近所でもよそ者扱いされ、今日子は居場所がなかった。
「海に帰る」昭和49年。25歳で独立し理髪店主の圭介は偶然店を訪れたキャバレー勤めの女性と関係を持つ。
「水の棺」歯科医師の良子は勤める歯医者の院長との関係を断ち切るためにオホーツクの僻地にある歯科へ行くことを決意する。
「氷平線」誠一郎はこの僻地と両親から逃れるために東大へ合格し10年後、税務署長として北海道へ戻ってきた。その時にかつて肌を合わせた女性と再会する。

予想はしていましたけど、暗くて切なかったです。
北海道に住む人々がその場所で生きていく姿。それは何だか諦めもあるような感じで。
最後は前向きになれるのかと思ったら、そういう作品もあるけど悲しい結末だったり…本当に読んでいてやりきれなかったです。
それでも読む手が止まらない。桜木さんの作品は何だかとても引き込まれます。
桜木さんは見たことのある場所じゃなければ書けないと言われたそうです。だから北海道の特に釧路を舞台にすることが多く、また経験のある美容師という仕事を書かれることが多いんですね。そして情景が目に浮かぶようです。何だか、寒さが伝わってきます。
どの作品もどこか危なげで心配な終わり方ばかりだったのだけど、頑張ってきた彼、彼女たちだから、幸せになってほしいと思って本を閉じました。

〈文藝春秋 2007.11
        2012.4〉H24.8.29読了

左京区七夕通東入ル 瀧羽麻子4

左京区七夕通東入ル (小学館文庫)左京区七夕通東入ル (小学館文庫)
著者:瀧羽 麻子
小学館(2012-04-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

七月七日にわたしたちは出会った。
京都での学生生活も4年目。主人公の花は思いがけないことをきっかけに、友人のアリサから合コンに誘われる。
三条木屋町の店にひとり遅れて現れた男子は、その場にそぐわない一風変わった雰囲気の持ち主だった。
名前は龍彦だという。「たっくんて呼んでいい?」「いいよ」。文学部で数学嫌いの花にとって、理学部数学科のたっくんは謎に満ちていて、
また彼の暮らす学生寮の友人たちもどこかキテレツな理系男子で、花はこれまで経験しなかった不可思議でにぎやかなキャンパスライフを送ることになるのだが……。
いま注目の若手女性作家・瀧羽麻子が、京都を舞台にのびやかに描いた青春キャンパス・ラブストーリー。

書店で文庫本が並んでいて装丁とタイトルに惹かれて読んでみました。初読み作家さんです。
舞台が京都なので、マキメさんとかモリミーさんとかそんな雰囲気も感じましたが。それでも女性作家さんなので、悪い意味じゃないんですけど小汚い感じっていうか^^;貧乏くさい感じがお二人よりも少ない気がしました。
主人公の花はおしゃれが大好きで、友達も多くて、よく飲みに行ったりクラブに言ったりしているイマドキ?の女の子。でも、人数合わせの合コンに参加した時に出会った「たっくん」に一目ぼれし、花の生活は変わっていきます。
始めの花は、自分が大学生の時だったらきっと友達にはならなかったタイプだなと思うのだけど、後半の花はちょっと話が出来そうな感じになったかもと思いっきり自分目線ですが^^;思いました。
花はたっくんに出会ってから変わりましたよね。たくさんの事に興味を持って彼氏もその中の一つにすぎなかった花だけど、たっくんに出会ってからはたっくんの事を知ろうと努力してる。それが特別かっこいいわけでもなくてそれでも何だかとても惹かれるしどんどん好きになるっていう流れが凄く好きでした。
甘酸っぱいベタな恋愛小説かななんて失礼なことを思っていましたけど、ほわっと癒される作品でした。ヤマネ君とアンドウ君の存在も良いですね。
花ちゃんが遊び仲間に加わって4人で遊んでいる姿は本当に楽しそうだなと思いました。
私は女子大だったし、望んでないのにバイトでシフトを入れられまくって明け暮れていたから、こういう大学生活は羨ましいななんて昔の事を思い出した作品でした。
続編も読むのを楽しみにしています。

〈小学館 2009.7
      2012.4〉H24.8.24読了

凍原 桜木紫乃4

凍原凍原
著者:桜木 紫乃
小学館(2009-10-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

17年前、弟を湿原に奪われた松崎比呂は刑事となって札幌から釧路に帰ってきた。その直後、釧路湿原で他殺死体が発見される。捜査を進めるうち、比呂は65年の時を経て消えない“眼”の因縁に巻き込まれてゆく。

いやー…色々人間関係が入り組んでいて絡みすぎていて消化しきれないです…。
松崎比呂は17年前に弟の貢を失くし、家族はバラバラに。そして刑事となり関わった案件は湿原で見つかった他殺体。その被害者の母親はすでに他界していて、姉がいた。そんな似た境遇だからか比呂は熱心に事件を追いかけます。
戦後直後と現在が行き来して物語が進んで行きます。
そのつながりが流石だなと思いましたし、だんだん諸々と絡み合って繋がっていく結末に読む手が止まりませんでした。被害者である鈴木洋介は日本人の親から生まれたにもかかわらず青い目を持っていた。家族をバラバラにしたこの青い目の正体を知るためにたどっていた軌跡を比呂と片桐も追っていく。
ただ家族の軌跡を辿るつもりがその中にとんでもない真実が隠されていて、その扉を開けてしまった被害者。ただ、自分は知りたかっただけなのにね…。
そして更に犯人にびっくりした。全く想像していなかった人物だったから…
何だかいろんな人のいろんな境遇を読んでいてグロッキー状態です・・・
気持ちが暗いときに読んじゃダメですね・・・
でも、私の感情はともかくとして面白かったです。
一人一人の物語が大切に描かれていて、どの人にも感情移入が出来ました。
桜木さんの作品は結構ずしっとくるので、頻繁には読めないのだけど、徐々に読み進めていきたい作家さんです。何より道産子ですからね!

〈小学館 2009.10〉H24.6.23読了

起終点駅(ターミナル) 桜木紫乃5

起終点駅(ターミナル)起終点駅(ターミナル)
著者:桜木 紫乃
小学館(2012-04-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

オススメ!
生きて行きさえすれば、いいことがある。
「かたちないもの」笹野真理子が函館の神父・角田吾朗から「竹原基樹の納骨式に出席してほしい」という手紙を受け取ったのは、先月のことだった。十年前、国内最大手の化粧品会社華清堂で幹部を約束されていた竹原は、突然会社を辞め、東京を引き払った。当時深い仲だった真理子には、何の説明もなかった。竹原は、自分が亡くなったあとのために戸籍謄本を、三ヶ月ごとに取り直しながら暮らしていたという
「海鳥の行方」道報新聞釧路支社の新人記者・山岸里和は、釧路西港の防波堤で石崎という男と知り合う。石崎は六十歳の一人暮らし、現在失業中だという。「西港防波堤で釣り人転落死」の一報が入ったのは、九月初めのことだった。亡くなったのは和田博嗣、六十歳。住んでいたアパートのちゃぶ台には、里和の名刺が置かれていた。
「起終点駅」鷲田完治は釧路で弁護士をしている。かつて妻と息子がいたが、息子が5歳の時に離婚している。今、椎名敦子という覚醒剤所持のため逮捕された女性の案件を受け持っていた。判決が下された後、敦子は鷲田の元へやってきて頼みごとをする。しかし鷲田は断った。敦子の強いまなざしを見て、彼は同じような目をしていた女性を思い出す。篠田冴子という女性で、かつて一緒に暮らしていた女性だった。
「スクラップ・ロード」飯島久彦はここ最近ずっと午前4時に目が覚める。飯島は大手の銀行に勤めていたが心労のため退職。無職の状態だった。仕事が決まらない中、飯島は廃品を集めている人物の中に見知った顔があることに気づく。それは、飯島が中学生の時、農家という仕事も妻も息子も捨てた父親だった。
「たたかいにやぶれて咲けよ」里和は中田ミツという歌人の取材を行っていた。しかし、ミツが亡くなったと聞く。里和はミツと関わりのあった人達に会いに行った。ミツの姪からはミツの恋愛についてを聴き、また姪からミツが5年間共に過ごした男性がいることを聞く。血縁関係があるわけでもないのにミツから土地を譲り受けた近藤悟という男だった。
「潮風の家」久保田千鶴子は30年ぶりに故郷の天塩へやってきた。ずっと帰ってこなかったのは「強盗殺人犯の姉」というレッテルから逃げ出すためだ。両親を失い、親同然によくしてくれたたみ子に会い、30年という月日をかみしめる。

桜木さんの作品は「ラブレス」を読んでからは新刊が出ると読むようになりました。
どの作品も一筋縄ではいかなくて、主人公たちの境遇は決していいものではなくて生きている事に必死だったりもがいていたり苦しんでいたり、読んでいてとてもつらくなる時もあるのだけど、それでも最後にはほんの少しでも光が射しているように感じるのです。その一筋の光を感じたくて読み続けているのかもしれません。
今回の作品もまさにそうで、読んでいて辛い部分がたくさんありました。恋愛についてだったり、仕事についてだったり、家族についてだったり。何かしらの「欠落」した部分をみんな抱えていて、それでもがいているのだけど、人と出会い関わっていくことで考え方が変わったり少し前向きになったりして最後にはほんの少し光が見えてきます。
最後にほんの少しだけ微笑むことが出来るような。
「海鳥の行方」と「たたかいにやぶれて咲けよ」に出てくる里和はあこがれの新聞記者になったけど、上司のセクハラ、パワハラに悩み苦しみ、でも自分を失わずに闘っている姿は、痛々しくてそれでも必死で逞しく感じました。
「潮風の家」も本人が悪いわけではないのにレッテルを張られ、そんな中でも必死で生きてきた女性の姿が私は美しく感じました。自分がたくさん傷ついて必死で生きてきたから、人にやさしい言葉をかけることが出来るのかなと思ったりして。
強盗殺人事件の起きた場所っていうのが悲しいけど、天塩は私も行ったことがあります。道北だから少し寒いけどのどかで素敵なところです。
本当に、生きてさえいればいいことがあるんだと思わせてくれた作品でした。

〈小学館 2012.4〉H24.5.1読了

ワン・モア 桜木紫乃5

ワン・モアワン・モア
著者:桜木 紫乃
角川書店(角川グループパブリッシング)(2011-11-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

オススメ!
「十六夜」柿崎美和はある不祥事により左遷され加良古路島で勤務している。きわめて評判が悪く、またそこで木坂昴という男性と出会い身体を重ねる日々。彼には身重の妻がいた。ある日、同じ医師であり友人の滝澤鈴音から連絡が入る。彼女が余命宣告を受けたようだった。
「ワンダフル・ライフ」滝澤鈴音は父の遺志を継ぎ開業医として働いている。病院を建てるときに知り合ったハウスメーカーの営業社員志田拓郎と結婚した。しかし開業してすぐに妊娠が発覚してしまう。鈴音は過去を思い出し、自分の余命が幾ばくも無いと知り、拓郎に側にいてほしいと思うようになる。
「おでん」滝澤医院の近くにあるトキワ書店の店長佐藤亮太はいつものように夜遅く帰宅すると、かつて書店でバイトをしていた坂木詩緒がいた。彼女の顔には殴られた跡がありかなりひどい状態だった。
「ラッキーカラー」滝澤医院に勤める看護師浦田寿美子は5年前、がん患者だった赤沢邦夫に「5年待っていてほしい」と言われていた。もうすぐ5年が経つ。ある日、病院に1通の手紙が届いた。赤沢からの手紙だった。
「感傷主義」八木浩一は放射線技師だ。美和や鈴音と高校からの同級生。鈴音にずっと憧れていた。彼だけは経済上の理由から私立も浪人も出来ず医師の道から外れてしまい、ずっとそれを引きずっていた。鈴音に余命宣告が下されていることを知り、戸惑う。
「ワン・モア」鈴音と拓郎が一緒に再度暮らし始めて1年が経とうとしていた。ある日、拓郎の父親から連絡が入る。なぜか、結婚をすることになったらしい。拓郎は鈴音を連れ、実家へ荷物を取りに帰ることになった。

前に「ラブレス」を読んでとてもよかったので、桜木さんの作品はまた読みたいと思っていました。新刊が出たことを知りさっそく読みました。
「ラブレス」も良かったけど、私はこちらの方が好きかもです。
滝澤鈴音という内科医が若くしてガンとなり余命宣告を受け、彼女を始め彼女の周りの人たちの関係も変わっていきます。
連作短編になっていてたくさんの人が主役となるのですが、滝澤医院という一つの場所とのかかわりがうまいなぁと思いますし、人と人との関係も良かったです。
こうやってつながっていくんだなぁと思いましたし。
出てくる人たちは30代から50代の男女。結婚について仕事について、悩みや考えは様々です。でも、どこか重みがあるというか…長く生きてきた分余計に悩んじゃったりとかいろいろ見えてきちゃったり考えちゃったり。みなさん不器用だなと思いました。
でも、そこまで器用で前向きな人なんてそうそういないですよね。
出てくる人たちみんな、どこかしら共感できるところがあった気がします。
鈴音が余命宣告を受け、離婚したものの1度も嫌いになったことがない拓郎への想いは切ないくらいに伝わってきましたし、浦田さんの年齢が行き過ぎてしまったからこそ、悩んでいる姿は可愛かったけど切なかったり。拓郎だって1度別れている鈴音と再び過ごすという事の葛藤もいろいろあるんだろうなと思ったし。
どれもリアルでどれもどこか幻想的で、うまく伝えることが出来ないのですがとにかく私はとても好きな作品でした。
鈴音の病気についてはそこまで大きく語られることはないのだけど、そこでみんな「死」についても考える。そして、奇跡を信じたいと願う。
恋愛に対しても病気に対しても、信じること願うこと、あきらめない気持ちの大切さをこの物語は伝えようとしているのかなと思いました。
言葉足らずですが、うまく伝えられないのがもどかしいですがとにかくとても好きな作品でした。

<角川書店 2011.11>H24.1.21読了

ラブレス 桜木紫乃5

ラブレスラブレス
著者:桜木 紫乃
新潮社(2011-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

馬鹿にしたければ笑えばいい。あたしは、とっても「しあわせ」だった。風呂は週に一度だけ。電気も、ない。酒に溺れる父の暴力による支配。北海道、極貧の、愛のない家。昭和26年。百合江は、奉公先から逃げ出して旅の一座に飛び込む。「歌」が自分の人生を変えてくれると信じて。それが儚い夢であることを知りながら―。他人の価値観では決して計れない、ひとりの女の「幸福な生」。「愛」に裏切られ続けた百合江を支えたものは、何だったのか?今年の小説界、最高の収穫。書き下ろし長編。

図書館でやたらと予約が付いていたので便乗して予約して読んだ1冊です。
タイトルと装丁とは雰囲気の全く違う内容。
真面目でその時その時を一生懸命生きた女性百合江。
百合江はその時その時を一生懸命生きているのに。どうして報われないんだろうってもどかしさを感じてずっと読んでました。でも、そういう風に思うのも失礼なんですよね。
百合江は幸せだと言っていたのだから、それで良かったのかな。
百合江も里実もその時その時を一生懸命生きたんだろうけど、里実の考えは何一つ共感できなかったし、里実のせいで綾子を失ったんじゃないか。里実のせいで百合江が無一文になってしまったんじゃないかなんて、ちょっと責めてしまったところもあった。でも、その気の強さがないと生きていけなかったんですよね。それは分かるんですけど、誰しもが同じ考えなわけではなくて自分の考えが正しいとは限らないっていうことをちゃんと分かってほしいなと思った。いまさら無理か。
綾子の行く末は驚きました。まさか殺しはしないだろうとは思っていたけど。でも、記憶が前世だなんて・・・。それがたまらなく悲しくて悔しい。
そして最後の最後。来るのが遅すぎだよ!どうしてもっと早く来てくれなかったの?
でも、来てくれて良かった。そう思える最後でした。
何だか感想がうまく書けません。
でも、百合江は自分を悲観することは決してありませんでした。誰かを責めることもしませんでした。とても強い人間だと思います。
だから、理恵の考えも何だか好きになれなくて。どうも百合江目線になってました。
それこそ、何が正しいのかなんて答えはないんですけど。
桜木さんの新刊も予約しているので読むのが楽しみです。
そういえば、きっと北海道出身なんだろうなと思ったけど釧路市出身だったんですね。

〈新潮社 2011.8〉H23.12.23読了

角のないケシゴムは嘘を消せない 白河三兎4

角のないケシゴムは嘘を消せない (講談社ノベルス)角のないケシゴムは嘘を消せない (講談社ノベルス)
著者:白河 三兎
講談社(2011-01-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

兄/信彦―「しばらく家に泊めてよ」「無理」突然上京してきた妹のお願いを、俺は瞬殺するしかない。なぜならウチには…透明人間の恋人が住んでいるから。妹/琴里―隣を歩いていた彼氏が忽然と消えた。見つけ出して殴らなきゃ、私の初恋は終われない!…でも、どうやってアイツは“消失”したんだろう?兄妹の恋路はいつしか重なり、新たな謎を孕んでいく。疾走!迷走!先の見えない恋と人生の行方は。

作家さんの名前も初めて知りましたし、タイトルも聴いたことがなかったのですが、図書館に新刊で置いてあってもの凄く気になったので読みました。
いや〜・・・とにかく長かったのですが^^;まあ、面白かったです。
語りが信彦と琴里が交互になって進んでいくのですが、そこに「MONO消し」と「TOMBOW」という名前がついています。
始めは意味が分からないのですが、段々その意味も分かってきます。
といっても、私はどうも全部は分からなかったのですが。
「MONO消し」は消す人。「TOMBOW」は見える人。なのかな?簡単に言うと。
琴里は可愛らしい名前とは裏腹に本当に気の強い女の子。
でも、他人へのはむかい方は私は共感できるところもあったり^^;
最後は納得したようなしていないような。
ノブと琴里、それぞれ好きな部分があり、好きじゃない部分もありました。
だから共感できる!と思ってもずっとそうはいかないんですよね。
上手く言えないのですが。
でも、ノブの元妻の加奈子は最初から最後まで嫌いでした。
悟君がとても健気で、敬語の使い方が上手いのが切なかったです。
全体的な物語は面白かったです。
この作品で2作目だそうなので、新刊が出たらチェックしてみたいと思います。

〈講談社 2011.1〉H23.3.4読了

尼僧とキューピッドの弓 多和田葉子4

尼僧とキューピッドの弓 (100周年書き下ろし)尼僧とキューピッドの弓 (100周年書き下ろし)
著者:多和田 葉子
販売元:講談社
発売日:2010-07-24
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

官能の矢に射られたわたしは修道女。熟年の女が第二の人生を送る修道院を訪れた作家。かしましい尼僧たちが噂するのは、弓道が引き起こした“駆け落ち”だった。時と国境を超えて女性の生と性が立ちのぼる、書き下ろし長篇小説。

図書館で新刊案内を見ていたら気になったので読んでみました。
修道院というのは、未知の世界なので、その世界を垣間見えて勉強になったかなと思います。
実際に著者さんも1ヶ月修道院に滞在されたそうですね。
隔離された空間なんですけど、意外と活動的な修道女たち。
世間話や噂話が好きなのも人間らしいですよね。
ただ、隔離されている空間だから新しい風が入ってくるのを嫌がる人もいる。
仕方ないのかもしれないけど。
「わたし」が頼ってきた尼僧院長はすでに辞めていて、何と男の人と出て行ったのだという。
その人の話が修道院の中でみんなが話していなくても空間で分かる。
その独特の雰囲気は私は読んでいて嫌いじゃなかったです。
どこかしら性の匂いがするというか、官能的な雰囲気があって、酸いも甘いも経験した女性たちが住んでいる場所なんだなと言うのが文章を読んでいて伝わってきました。
大きな展開はないのだけど、割と好き。
最後の章はその噂の人が出てきたりして、読者は真相が分かるのもまた良かったかな。

〈講談社 2010.7〉H22.10.5読了

百万円と苦虫女 タナダユキ3

百万円と苦虫女百万円と苦虫女
著者:タナダ ユキ
販売元:幻冬舎
発売日:2008-05
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

ひょんなことからうっかり前科ものになってしまった鈴子は、どこにいても実に所在がない。ならばいっそのこと、所在そのものをなくしてみよう!そんなネガティブだかポジティブだかわからない発想から、『百万円貯めては住処を転々とする』ことに。ままならない人生を、「えぇい、ままよ!」とカート一つで旅に出た鈴子。そんな彼女を待ち受けているものとは…。ちょっとビターで憎めない女の子の旅物語。

まず映画が気になり、映画みたいけど原作があるんだ〜原作読んでから観よう〜でも原作がいつも行ってる図書館にない〜う〜ん・・・
・・・と思っている間に時は過ぎ^^;
こんなに遅くなってしまいました。
続きが気になって気になって。あっという間に読んでしまいました。
面白かったです。
鈴子は本当に間が悪いというか、運の悪い子だったんだと思います。
気持ちは分かります。相手の事を考えて言った言葉が逆に相手を不快に感じさせてしまったり、伝わらなかったり。
微妙に共感できるところがあって、感情移入して読みました。
でも鈴子はたくましいですね。かつての同級生3人に囲まれても立ち向かっていくのがかっこよかったです。
海の家で働いたり、桃農家で働いたり、ホームセンターで働いたり。
人と関わりたくないわりに関わりまくっているし。
そして鈴子がいなくなると、関わった人の心に変化があるようでそれもまた良かった。
良かったのだけど、ラストは私はちょっとがっかり。
幸せになってほしかったのに。
2人はまだいいけど、弟君がもの凄く気になる。
拓也は悪くないのに。逃げたっていいんだよ。
映画は観るかな〜どうかな〜
にしてもこの鈴子役は蒼井優は適役だね。
・・・多分褒めてます。

〈幻冬舎 2008.5〉H22.9.9読了

夏から夏へ 佐藤多佳子4

夏から夏へ
夏から夏へ

走れ!!陸上日本代表男子リレーチーム。『一瞬の風になれ』の佐藤多佳子初の書き下ろしノンフィクション。
第1部 世界陸上大阪大会
北サイド・スタンド
スタート前—1走
スタート前—2走
スタート前—3走
スタート前—4走
予選
インターバル
南サイド・スタンド
決勝
第2部 スプリンター
再始動
マイウェイ
長い冬
裸の心
楽しいから
リズム
沖縄の一日
片付いた部屋
Goodtime

北京オリンピック4継銅メダルを獲得した朝原選手、末續選手、高平選手、塚原選手に著者が取材したもの。
この作品は北京五輪の前に発行されているんですよね〜。先駆け。
輝かしい栄光の裏にはやはり並々ならぬ苦労や努力があるんですよね。
4人がとても仲が良いんですね〜。
言葉の掛け合いが、とても微笑ましかったです。年上に対して失礼ですが。
朝原選手がお父さん。末續選手がお兄さん。2人は弟。そんな感じです。
スポーツ選手って、本当にストイックですよね。
練習内容を読んでいるだけでゾッとしました^^;
もう凄いとしかいいようがないです。
大阪陸上はあまり観ていなかったのですが、リレーは5位入賞だったのは知ってました。
アジア新記録だったんですね。
そして、北京オリンピック。
朝原選手、引退しなくて良かったですね。
この作品の中に、こんな言葉がありました。
「北京で追いたい夢は、4継のメダル」P.232
獲ったよ!って、ニヤニヤしちゃいました。
リレーの決勝戦はリアルタイムで見てたんです。
家族みんなで絶叫して、ガッツポーズをしました。
皆さんの努力が、実を結んだんですよね。読んでいてそれが伝わりました。
そして、その栄光を掲げられる人も入れば、その光を浴びる事ができない人も入るんですよね。
4人も、監督も、皆さんが「リザーブの小島君がいたからだ」と言っています。
出場する選手と一緒にウォーミングアップをして、スタートの直前まで準備をしているのに走れないなんて、辛いですよね。
経験した人しか分からない辛さだと思います。
小島選手も、覚えました^^
これからも、陸上界からは目が離せませんね。

〈集英社 2008.7〉H20.11.5読了

一瞬の風になれ 3 ドン 佐藤多佳子5

一瞬の風になれ 第三部 -ドン-

オススメ!
高校の最終学年を迎えた新二。
入部当時はまったくの素人だったが、今では県有数のベストタイムを持つまでに成長した。
才能とセンスに頼り切っていた連も、地道な持久力トレーニングを積むことで、長丁場の大会を闘い抜く体力を手にしている。
100m県2位の連、4位の新二。そこに有望な新入生が加わり、部の歴史上最高級の4継(400mリレー)チームができあがった。
目指すは、南関東大会の先にある、総体。
もちろん、立ちふさがるライバルたちも同じく成長している。
県の100m王者・仙波、3位の高梨。彼ら2人が所属するライバル校の4継チームは、まさに県下最強だ。
部内における人間関係のもつれ。大切な家族との、気持ちのすれ違い。
そうした数々の困難を乗り越え、助け合い、支え合い、ライバルたちと競い合いながら、新二たちは総体予選を勝ち抜いていく――。

一気に読んでしまいました。この3連休をこの本に費やした感じです・・・^^;いいけど。
やっぱりいいなぁ、スポ根。
新二好きです。こういうまっすぐでちょっと不器用で、恋愛にはカナリ鈍い人^^
一度決めたらとことんなんですよね。
どんどん追求していくんですよね。
そして、満足はしないんですよね。それが本当にかっこよかったです。
谷口とも予想通りの展開で^^羨ましいなぁもう。
最後に皆で抱き合っている姿は、何だか頭の中で想像できました。
青春ですよね。
ベタかもしれないけど、本当にこういうシーンは感動するし大好きです。
最後の最後で、連の事も好きになれました。
陸上部のみんなが、かっこよかったです。
良い本に巡り合えました。
何だかこちらも、勇気をもらった気がします。
辛い事も、悲しい事も、乗り越えていける逞しさを、新二のように苦労しながらも^^;身につけていかなきゃなぁって思いました。
最後も気になる終わり方をしていましたよね~。
憎たらしいったら^^

〈講談社 2006.10〉H19.7.16読了

一瞬の風になれ 2 ヨウイ 佐藤多佳子4

一瞬の風になれ 第二部

冬のオフシーズンを経て、高校2年生に進級した新二。
冬場のフォーム作りが実を結び、スピードは着実に伸びている。
天才肌の連も、合宿所から逃げ出した1年目と違い、徐々にたくましくなってきた。
新入部員も加わり、新たな布陣で、地区、県、南関東大会へと続く総体予選に挑むことになる。
新二や連の専門は、100mや200mのようなショートスプリント。
中でも、2人がやりがいを感じているのが4継(400mリレー)だ。
部長の守屋を中心に、南関東を目指してバトンワークの練習に取り組む新二たち。
部の新記録を打ち立てつつ予選に臨むのだが、そこで思わぬアクシデントが……。

第2部、昨日夜更かしして読みました^^;読み終わったら外が白んでいたよ。
2年生になって、新二も連も逞しくなったね。
思わぬアクシデントによるチームの結束力や絆には感動でした。
守屋さん素敵でしたね~。
最後の最後の涙は、本当にカッコイイと思いました。
そしてさらにアクシデント。
ビックリでした。3部はどうなっちゃうんでしょう。
気になります~><

〈講談社 2006.9〉H19.7.16読了

一瞬の風になれ 1 イチニツイテ 佐藤多佳子4

一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--

主人公である新二の周りには、2人の天才がいる。
サッカー選手の兄・健一と、短距離走者の親友・連。
新二は兄への複雑な想いからサッカーを諦めるが、連の美しい走りに導かれ、スプリンターの道を歩むことになる。
夢は、ひとつ。どこまでも速くなること。
信じ合える仲間、強力なライバル、気になる異性。
神奈川県の高校陸上部を舞台に、新二の新たな挑戦が始まった――。

図書館に予約していて、ようやく読めました。
予約した日を確認したらなんと2006年12月。8ヶ月も待ってたんですね。ビックリ。
あっという間に読んでしまいました。
面白かったですね。まさに青春でした。
記録やプレッシャーとの葛藤。恋愛に対する葛藤。
私はスポーツの部活には入っていなかったので、身近に感じられないのがちょっと悔しいです。
やっぱりスポーツに生きてる人ってカッコイイなぁと思います。
想いがまっすぐで一生懸命で。素敵ですよね。
だから、私はちょっと連は苦手です。悪い奴じゃないって事は分かってるんですが。
新二のようにちょっと自信を持てなくて、でも一生懸命な子のほうが良いなぁ。
これから2部3部はどういう展開が待っているのか、とても楽しみです。

〈講談社 2006.8〉H19.7.14読了
自己紹介
苗坊と申します。
生まれも育ちも生粋の道産子。読書とゲームとマラソンとV6を愛してやまないオーバー30です。47都道府県を旅行して制覇するのが人生の夢。
過去記事にもTB、コメント大歓迎です。よろしくお願いいたします。
Categories
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス解析
記事検索
Recent Comments
ブログリスト
カウンタ





  • ライブドアブログ