苗坊の徒然日記

読書とV6をこよなく愛する苗坊が気ままに書いてます。 お気軽にどうぞ。

コミック

スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました わたなべぽん



数々の失敗ダイエットを繰り返してきた作者・わたなべぽん(165cm・95kg)。
人生は、ダイエットしている時期とリバウンドしている時期しかなかったことに気付いて一念発起! 研究の果てに行き着いたのが「美人になったつもり」で生活をすることで自然と痩せて行くという方法だった。毎日のすべての行動を「美人ならどうするか」に置き換えて考え、実行することで痩せて行くという魔法のようなダイエット。でもそこにはやはりトラップもあるわけで…。
一大ダイエットドキュメンタリー。ラストは思わず泣けます!

「やめてみた。」で初めて知った漫画家さんでしたが、以前にこんなエッセイを書かれているとは知りませんでした。わたなべさん、95キロもあったんですか…凄い。
またダイエットの仕方が凄く上手いなと思いました。
今まで色々とダイエットをされてきたからというのもあるのだと思いますが、色々試行錯誤して自分に合った無理のないダイエットを続けられたというのが凄いと思います。
私もぽんさんと同じくらいの身長なので、体重が多いと大きく見えるんですよね^^;だから多少体重を減らしたいなーと思っているのですが増えもしないですが減りもしないです。
美人がしていることリストを拝見しましたが、私がやっていることはおデブちゃんがやっていることと半々くらいだったかな。
私もまずは自分の行動を見直して「美人だったらこれはやるだろうか」と考えて実行していきたいです。

<メディアファクトリー 2013.1>

金田一37歳の事件簿



天才高校生探偵、金田一一(きんだいちはじめ)は37歳のオッサンになっていた。今はPR会社で冴えないサラリーマン生活を送っている。「タワマンマダム殺人事件」完結!驚愕の動機、タワマンに巣食う闇の正体とは――。そして「京都美人華道家殺人事件」開幕!京都に出張しにきた金田一と後輩の葉山まりん(はやままりん)。華道の家元・京極家の屋敷に宿を取った2人は、凄惨極まる事件を目の当たりにするのだった――。

金田一が37歳になってもう4巻目ですか…早いですね。
タワマンの事件に関しては被害者どんだけ悪女なのよとぞくぞくしました^^;
次なる事件は金田一シリーズらしい連続殺人だしなかなか酷い感じで、昔の作品を思い出す感じですね。これを楽しみと言って良いのか分かりませんが楽しみです。
それにしても、もう謎を解きたくないという理由が未だに明らかになりませんね。
何となく理由は玲香ちゃんなんじゃないかなーと思っているんですけど。
美雪が出てこないのはまあ仕方ないとして謎を解きたくない理由だけは早く知りたいなーと思います。

ある日突然、慢性疲労症候群になりました。この病気、全然「疲労」なんかじゃなかった… ゆらり5



いたって健康だったのに、ある日突然、体が鉛のように動かなくなったのです…
・40度の高熱でもあるかのようにしんどい…
・まるでぞうさんでも乗っているかのように体が重い…
・体ガクガク、冷や汗だくだく…
・だるい…体中痛い…頭が働かない…
・何カ月たっても治らない…
な ん だ こ れ !?
その病名から「疲れやすい人」「疲れのとれない人」などと誤解されがちな「慢性疲労症候群」。
なかなか周囲の理解を得られないこの病気のことを、ぜひマンガを読んで知ってください。

衝撃でした。可愛いイラストとは裏腹に病気の内容は凄く怖かったです。
誰にでも起こりうる難病。著者さんは凄く前向きで人のために尽くす仕事に全力を尽くそうと思っていたのに、それが叶わなかった。生きていくのにお金は必要なのは分かっているけど、辛い身体を引きずって仕事をこなしている姿は読んでいて涙が出そうでした。
人一倍努力家で、真面目で、だから何気ない他人の言葉にも一つ一つ受け止めて考えてしまう。私も人に軽口を言って傷つけてきたことがあるかもしれないと反省しました。
辛かったですよね。病名が分かって、身体障害者手帳が交付されて、良かったと思いつつも体を動かすことも、頭で何か考えることも辛いなんて、考えただけでどうしていいか分かりません。
たくさんの人にこの病気の事を知ってほしいと思いました。

<合同出版 2019.4>

33歳漫画家志望が脳梗塞になった話  あやめゴン太5



昼は会社で働き夜は漫画を描く。好物は肉とビール! ! 充実ライフなゴン太だったが、突然ソレはやってきた―――
闘病生活を通して気づいた自分の事、身近な人たちの存在、これからの生き方とは?
転んでもただでは起きぬ! なごめる超ポジティブ闘病エッセイがここに誕生!

私の家系はガンと糖尿病の人が多くて婦人病や脳梗塞などになった人はいないので身近な病気ではなかったのですが、33歳という年齢は私とほぼ同じで衝撃を受けました。どんな病気も、年齢は関係ないですよね。そして脳梗塞は本当に時間との勝負だということが改めて分かりました。
面白おかしく書かれていますが、それはあえてであると著者さんがあとがきに書かれています。
ただただ怖い病気、恐ろしい病気だという認識でいてほしくないとのこと。
確かに冷静な気持ちで発症から手術、リハビリ、退院までを読むことが出来た気がします。
とても勉強になりました。
ごん太さんも後遺症があまり残らず、また再発もされていないようで良かったです。

<集英社 2017.5>

わたし、39歳で「閉経」っていわれました たかはしみき



じわじわと現れはじめた生理不順や抜け毛などの症状に焦りだし、専門のクリニックで検査すると“早発卵巣機能不全"=早発閉経と診断された著者。
自分の体のこと、女性ホルモンのこと、卵巣のことにあらためて向き合い、悩みながら思考錯誤していく、実録エッセイマンガ。
あまりオープンに語られない閉経、更年期症状、不妊治療との関係についても赤裸々に描きつつ、生理不順や冷え性、自律神経の乱れなど、女性にありがちな不調に悩む、すべての人に役立つ"超簡単! だから実用的"な情報満載でお届けします!
「歳をとること」が漠然と不安なあなたに。自分の体の「今」と「これから」を見つめ直させてくれる一冊です。

確かに閉経って早くて40代半ばから後半くらいだと思っていました。個人差があるんですね。
私は定期的に婦人科に行って血液検査と子宮頸がん検診をしているのですが、血液検査で分かる女性ホルモン数値がいつも異常に低いんですよねー。気にはなっているんですけど、平均より低いですが受診する必用はありませんって病院からいつも手紙が来るのでそのままにしていました。クルミを食べたりとか、温活とか多少はやっていたのですが全く効果がなかったし…。
まさか自分が…と思わずに心も体もケアしていかなければならないのかなと思いました。

自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと わたなべぽん



「どうせ私なんて…」から脱するためにやってみた11のこと。
~少しずつ、生きることが楽しくなってきました~
累計20万部突破! 『やめてみた。』『もっと、やめてみた。』のわたなべぽん最新作。
幼少期のしんどい親子関係から自己肯定感が低くなってしまい、「自分が嫌い」という辛い感情を抱えて生きてきた著者・わたなべぽん。
そんな状態から脱するために、自ら考えたり試したりしてきたことを克明に記した感涙エッセイ漫画。
~大人になった私が、心の中にいる「小さい自分」の"親になったつもり"で行動してみたら、私が私でいることがラクになってきました~「どうせ私なんて…」から脱するためにやってみた11のこと。
~少しずつ、生きることが楽しくなってきました~

以前ぽんさんの著作を読んでちらりとお母さんが登場したことがありました。
その少しのシーンでも感じていましたが、幼少期にあのような対応をされ続けていたらそりゃ自分に自信なんて無くなってしまうよな…と思います。
ぽんさんはご自身で気づかれて行動に移している姿が凄いなと思います。
私はただ自信がないだけだと思いますが、昔は「私なんて…」とよく思っていました。
でも、ぽんさんも書かれていたように自分が自分を肯定してあげないと自分がかわいそうですよね。1番の味方なんですから。私も自分のことを好きだとはっきり言えないけど、それでも「私なんて…」と言っていたころよりは好きになっていると思います。
ぽんさんも素敵だけど、旦那さんもとても素敵です。お二人で寄り添っている感じがいいなあと思いました。

ふいにたてなくなりました。 おひとりさま漫画家、皮膚筋炎になる 山田雨月



まぶたが腫れる、筋力が落ちた、手先が異常に冷たい。よくあることだと思ってた。長期入院や助成制度の申請など、さまざまな困難を乗り越えて、社会生活に復帰するまでを描く闘病記!!入院・治療の費用っていくらかかるの?どんな薬を使うの?副作用はあるの?日常生活はどう変わるの?ある日、突然10万人に数人の難病にかかったら…いったいどうする?

皮膚筋炎って初めて聞きました。今まで普通に出来ていたことが出来なくなるって本当に怖いです。著者さんも面白おかしく書いているところは有りましたが、怖かっただろうしつらかっただろうなと思います。
高額療養費の申請とか、指定難病の申請とか、面倒ではあるけどやっておくと本当に助かりますよね。やっぱりお金は色々かかりますから。
病名が分かるところから退院まで、著者さんの言葉とイラストでわかりやすく書かれていて勉強になりました。
お母様の献身的な看病に胸打たれました。

元気になるシカ!2 ひとり暮らし闘病中、仕事復帰しました 藤河るり

元気になるシカ!2 ひとり暮らし闘病中、仕事復帰しました [ 藤河 るり ]
元気になるシカ!2 ひとり暮らし闘病中、仕事復帰しました [ 藤河 るり ]
がん闘病前とは違う。でも、新しい私で、生きていく。話題作第2弾!
抗がん剤。新しい習い事。仕事復帰。闘病前とは違う。でも、新しい私で、生きていく。
アラフォーでひとりぐらしで漫画家の私。ある日突然、がんになってしまいました。闘病中に立ちはだかった壁は、日常復帰と仕事復帰。はやる気持ちとは裏腹に、体は弱っていて……
2回倒れてしまったことを機に、自分の生き方を見つめ直すことになりました。アメブロ3ジャンル(「総合」「入院・闘病生活」「エッセイ」)ランキングで1位を獲得!感動&共感のコメント殺到の人気ブログの書籍化第2弾。
ブログ読者も嬉しい、未発表秘話大量60ページ追加!!

前回読んだ著者さんの闘病記第2弾です。
著者さんが書かれているように入院されている間の闘病記はよく拝見しますが、闘病を終えて社会復帰するまでの道のり、また社会復帰されてからの話というのは少ない気がします。
がんの手術をして治療をして退院しても、もちろん手術前と全く同じって言うのはやはり難しいですもんね。現在の体調と向き合ってどう仕事をしていくか。それはもしかしたらこれから病気をしてしまうかもしれない世の中の人たちみんなが考えていかなければならないことだと思いました。
以前あさイチを見ていた時に乳がんを経験された原千晶さんが、手術をした後むくみと冷え性が酷くなったとおっしゃっていました。それはリンパを切除したからとおっしゃっていた気がします。手術をされて成功して、元気なお姿をしていると見て思っても、やっぱりそうではないんだなと思った記憶があります。
著者さんはゆっくりと自分の身体と向き合って仕事をして生きていると思いました。周りの方々も素敵ですね。自分のペースで仕事をして、でももう少しできるんじゃないかと周りが感じたらちょっとはっぱをかけてみたいな。著者さんのお人柄なんでしょうね。

元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました 藤河るり



アラフォーでひとりぐらしで漫画家の私。ある日突然、病院で「卵巣がん」と告知されてしまいました。海外から飛んできた父、明るく看病してくれる母、泣いた自分を受け止めてくれた友人。支えてくれる人がいるからこそ、前を向いて病と闘える。アメブロ2ジャンルでランキング1位を獲得!感動と共感のコメント殺到の人気ブログが50P以上の未発表秘話を加えて書籍化。

図書館に新刊として入っていて、気になって読みました。
著者さんの闘病記です。36歳で卵巣がんと告知され、手術と抗がん剤治療を行った日々が描かれています。
いくつであってもがんになりうると思っていても、まさか自分がとどうしても思ってしまうものですよね。
私は父方ががん家系なのですが、婦人科のがん経験者はいないので、確率は高くはないのかなぁなんて高を括っているのですが、著者さんも遺伝ではないみたいでしたね。ホント、ダメだこういう考えは。
それでも母が心配性なので一応乳がん検診と子宮がん検診は定期的に受けています。その習慣をつけてくれたことには感謝ですね。
告知から手術、抗がん剤治療、家族の事、友達の事。とても細かく様々なことが描かれています。医学的なことも、自分の気持ちや家族の対応、友人の対応。勉強になりました。
「治療をやらされているんじゃなくて、やるぞと言う気持ちに」著者さんの強さを感じました。
そしてAさんとの関わり。Aさんも旦那様も素敵でしたね。だからこそ哀しくて、涙しました。
不安に感じるだけではダメですけど、自分もこうなる可能性がある。そうなってしまったらどうすべきか。それを学ぶことができて良かったです。

引きこもりがスカウトされて占い師になったら人生が一変した話 卯野たまご5



幸せをつかむヒントが満載!
元引きこもりのビンボー女子が、ある日突然、占い師になってマンガ家の夢を叶えていく破天荒ストーリー(実話です)。
「自分らしく生きたい…」
「夢を叶えたい…」
「幸せになりたい…」
数奇な出会いで運命の扉を開いたスピリチュアル手相占い師・卯野たまごによる開運アドバイスが盛りだくさん!人生を好転させたいアナタへ送る、幸運引き寄せコミックエッセイ。

タイトルが気になって読みました。
でも、想像していた内容と違いました。ただ楽しむコミックエッセイなのかなと思ったら、ずしんと胸に響きました。著者さんとおじい(さん付けしたいけどそうしたらおじいさんになっちゃうのでそのままで^^;)との出会いが凄いですね。おじいは何もかも見越していたのでしょうか。
おじいの生き方が素敵でした。おじいの言葉は全部赤線を引っ張りたくなりました。今の私に必要な言葉ばかりで、私がこの本に今であったことも必然だったのかななんて思います。
思い立ったが吉日という言葉があるけど、まさにそうなんだなと思いました。
私もこの数年、ずっともやもやして考えて生きてきたけど、ずっと思い立ってるんだからいい加減変わらなければ!と、前向きにさせてくれた気がします。
私もおじいと著者さんの出会いに感謝したいです。

おひとりさまのゆたかな200万生活 おづまりこ



今ある年収で、私らしく。
愛されて7万部・おづまりこの「おひとりさま」コミックエッセイ最新刊!
「レタスクラブ」「コミックエッセイ劇場」での大人気連載に80ページ以上の描きおろしを加えてオールカラーで刊行♪
上京して10年、年収約200万円の派遣OLとして暮らしてきたおづさん。
お金があればあるだけ使ってしまう女子でしたが、「月の予算を12万円に決めた」ことで身のたけに合ったやりくりができるようになりました。
お気に入りの花瓶に花を活けたり、コーヒー豆を挽いてゆったり朝時間をすごしたり、くつしたでおしゃれを楽しんだり。
そんな自分らしく満たされた「ゆる節約生活」のヒントを描くコミックエッセイです!
★ズボラ自炊の味方 おいしい「ひき肉」レシピ
★100均ショップとのほど良い距離感
★手持ちの服ぜんぶをお気に入りにするには?
★超簡単! 貯金体質になるレシート活用術
★1万円でつくる京都おひとりさま「ついで」旅
など「衣・食・住」の暮らしの知恵を詰め合わせ♪

タイトルが気になって読んでみました。
独身女性はやっぱり老後のことを考えていかなければいけないですからね…。参考になればと読んでみました。自分が月どのくらい使っているのか把握するのは良いですよね。
消費・浪費・投資にレシートを分けるって言うのは横山光昭さんが言っていたやつですね。
私もやってみようと思うのですが、なかなかできません^^;
自分ではあまり浪費していないつもりですが、確認したら結構浪費が多くなったりしちゃうのかもですね。ちゃんと自分が使う金額を把握していたら、こんなに心豊かに暮らしていけるんですね。
やりすぎず、出来る範囲でやってみるって大事だなと思いました。
著者さんがとても幸せそう。私もそうなりたいです。

札幌乙女ごはん。3 松本あやか

札幌乙女ごはん。コミックス版 第3巻札幌乙女ごはん。コミックス版 第3巻
著者:松本あやか
Dybooks(2018-10-19)
販売元:Amazon.co.jp

【あらすじ】
アラサー乙女・小田早織(31歳)は、職場の上司・杉原チーフとデートを重ねているものの前に進めない状況に焦りを感じていた。チーフに勢いで思いをぶつけて返ってきた言葉は「東京について来れるのか」というもので――
アラサーだからこそ、捨てられないものがある。早織が導き出す答えとは…!?
恋も仕事も遊びも「食」も!
札幌在住・アラサー女子の美食活動、ここに完結!!

あー終わっちゃったんだなーさびしいー。好きだったのにー。
それでも気になっていた諸々が解決して良かったです!
最初は同い年くらいだった3人よりもすっかり年上になっちゃったけど、三者三様の悩みに頷きながら読んでました。
一番気になったのは亀のように展開が遅い早織たちの恋愛模様だったけど←
3人の中では夏子が1番好きなので、夏子の話の展開には思わず涙が出ました…。なんだよ―素敵すぎるよー。
早織も何やかやでうまくいって良かったよ。最後までためた割に結構あっさりしてるしオチもついてるしなんかあれ?って気がしなくもなかったけどでもまあ良かったよ、うん。
でも、夏子も早織も自分の仕事に邁進している姿が素敵だなと思います。私もそうなりたいなぁ。
今回もたくさん出てきた札幌のお店。ハードルが高いところもありましたけど、行ってみたい!

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 1 (ジャンプコミックス)るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 1 (ジャンプコミックス)
著者:和月 伸宏
集英社(2018-09-04)
販売元:Amazon.co.jp

伝説の人斬り・抜刀斎こと緋村剣心──明治十六年の東京で、時に倭杖を手に困窮している人のため剣を振るうも、妻・薫、息子・剣路と平穏に日々を過ごしていた。ある時、一枚の写真から、薫の亡父・越路郎が北海道で生きていることが判明。剣心達は北海道に向かうが…!?
“不殺”の流浪人の新たな浪漫譚、開幕……!!

ネットを見ていたら新連載されたものがコミック化されることを知って楽しみにしていました。発売日は9月4日だけど北海道だから2日遅れくらいかなぁと思っていたら地震が来てそれどころではなくなり、中旬に思い出して本屋さんを探したのですが見つからず。
初版ってすぐに売り切れちゃったんですかね?下旬に発見して購入しました。
新連載が始まったことはニュースで知っていたのですが、そのあとにもまあ色々あったからどうなる事かと思いましたが←多くは語らないが
コミックが出て本当に嬉しいです。
コミックは全部持っていますしアニメも初回からずっと見てました。剣心は私にとってヒーローです^^
新シリーズは最終巻から半年後の話。色々あった時代から5年後ですね。
剣心たちは色々ありながらも平穏に暮らしていたのだけど、変な←子たち3人を道場に入門させることになったり、薫のお父さんが実は生きているということが分かったり、最初から怒涛の展開でしたね。
北海道へ渡ったという斎藤一も出てくるし、最後には後姿だけですがあの男の姿も出てきましたし、今後も楽しみです。
個人的に気になるのはこの物語の展開もそうですが、以前OVAで「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 星霜編」っていうのが出ているんですけど、北海道編よりも更に10数年後が描かれているんですよね。
賛否両論あるなかなかの内容だったのですが、私は北海道編を読んでいてこのお話がちらついて困りました^^;多分関連性は無く始まると思うので、作者さんの手でるろ剣の更なる物語を描き、また終えてほしいなと思います。
出来ればハッピーエンドが良いなー。
あっちは綺麗な終わり方だったのかもしれないけど色々切なくて哀しすぎてなんか心にずどーんと来たもんなぁ…。

ごはんのおとも たな5

ごはんのおともごはんのおとも
著者:たな
実業之日本社(2015-02-13)
販売元:Amazon.co.jp

これさえあれば、何杯だって食べられる。わが友、ごはんの友。
路地裏の料理店「ひとくちや」にあつまる人たちを、心まであたためる8つのレシピ。

書店員の新井見枝香さんがツイッターで紹介していた本です。コミックだとも知らずに図書館に予約して借りたのですが、凄く良かった…。
食べ物を通しての8つの物語がどれも愛おしかったです。
どれも大好きだけど思わず涙が出て止まらなくなったのはなめたけ君の話。何をしても上手くいかない時ってありますよね。そんなときにあんな事をされちゃったら、私も泣きながらご飯をかきこむと思います。
8つのお話に出てくるみんなが繋がっていて、ほっこりします。
おばあちゃんと、奥さんを亡くしたばかりの男の人が話すシーンも素敵でした。
そして何よりもキュンキュンしたのは「ひとくちや」の主人クマさんと奥さんの馴れ初め。なにそれ可愛すぎる。素敵すぎる!そして今の関係も可愛すぎる!こんな夫婦に憧れるなーと思って何度も読み返しています。
欲しいなぁ。買っちゃおうかな、この作品。2も出ているみたいです。読みたい。一緒に買っちゃおうかな。8つのレシピもとてもお手頃で真似したくなります。

<実業之日本社 2015.2>

星の瞳のシルエット-青春フィナーレ- 

星の瞳のシルエット―青春フィナーレ― (りぼんマスコットコミックス)星の瞳のシルエット―青春フィナーレ― (りぼんマスコットコミックス)
著者:柊 あおい
集英社(2017-06-23)
販売元:Amazon.co.jp

この作品の新刊が出ていると先日知り、即座に購入しました。
この作品、連載が終わってから30年も経っているんですねーびっくり!私かすりもしてないじゃないか!
私が「なかよし」や「りぼん」を見始めたのは小学校3年生くらいだった記憶が…
この作品を知った理由は、中学生くらいの時に学校のバザーで1冊だけ発見し、なぜか購入したためです。読んでいったらものすごく大事なところで終わっていて(香澄が「星のかけら」がない!っていう場面)ここで終わりじゃないの!?と思い、少ないお小遣いで少しずつコミックを買っていったんです。まさか10巻もあるとは思いませんでした^^;当時の私にとっては痛手でした。
それでも、買って今も本棚に残っているのを見ると買ってよかったなぁと思います。恋愛のバイブルというかなんというか。
好きなものを一生懸命追いかけること、人を一生懸命好きになること。人として大事なことを教わったような気がします。久住君は私の大事な王子様の1人です^m^
そこからの続編!
読みましたが、まずはイラストの雰囲気が結構変わっていたことに驚きました^^;まあしょうがないですよね。終わってから30年経つんだもん…
舞台が昭和なので仕方ないんですけど、全員が指輪で終わるっていうのがどんなもんなんだとも思いましたけども…私が指輪をもらっても特に何も感じないからだろうか。
それでも香澄と久住君が恋人同士になって、大学生になるまでの物語も読めて良かったです。番外編が出ていて、それも読んでいたらいきなり2年後で、2人は遠距離恋愛をしているし、いつの間にか名前で呼び捨てで呼び合ってるし。何事!と思いましたよね←
そして更にその後の話。みんなそれぞれに夢を持って前を向いて生きている姿に元気づけられた気がします。特に香澄たちはスケールが大きすぎる…。
沙樹と司の関係も好きだったな。司がなんだかんだで沙樹の事が好きで凄く凄く大事に思っていることが分かって何だかきゅんとしてしまいました。子供の頃読んでいた時は司は嫌いだったんですけど←
おケイと行も良かったな。ちゃんと一応恋人同士になったんですね。この二人の間の金の指輪が1番感動しました。だって言ってたもんね。いつでもやるよって。その場面が回収されていたのが嬉しかったです。行の作った歌詞が好きだったので。
読めて良かったです。

金田一37歳の事件簿

金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)
著者:さとう ふみや
講談社(2018-06-15)
販売元:Amazon.co.jp

前回のシリーズのリターンズが最後で次は金田一が大人になる!と宣伝されていて、その時は何年後か分かってなかったんですよね。
せいぜい23歳とか大人って言っても5〜6年後くらいでしょーと思っていたらまさかの20年後でビックリしましたよね。37歳!?っていう^^;
更に37歳という年齢に実写化したらあの人以外いない…!っていうのでも話題になりましたね。私も見たい。でも、当時のおっさんはもういないんだけど…
ってことで読みましたー20年後の金田一!
ネタバレになっちゃうからあんまり言えないですけど、金田一の状況が高校時代と全然変わってないですよね。ポジションが同じ!怒られる人とからかわれる人の状況が変わっただけ!
しかも37歳の最初の事件がオペラ座館があった歌島での殺人事件!コミックも小説も1巻目はここでしたよね?またしても歌島!本当に金田一にとっては因縁の場所ですよね。
20年経って周りの状況はどうなっているのかなと思いましたが何となく予想通り。
個人的に千家君がどうしているのか気になります^m^
高遠との関係がどうなったのか気になります。高遠は未だに逃げてるのかな。
そして金田一が謎を解きたくないと思っている理由もまだ分かりません。
2巻は10月に出るということで買ってすぐですけど、今から楽しみです。

札幌乙女ごはん。2 松本あやか

札幌乙女ごはん。コミックス版 第2巻札幌乙女ごはん。コミックス版 第2巻
著者:松本あやか
Dybooks(2017-06-30)
販売元:Amazon.co.jp

【あらすじ】
アラサー乙女・小田早織(31歳)は、職場の上司・杉原チーフに片思い中。
早織はチーフの好意をほのかに感じつつも、大人になってからの付き合うタイミングが分からず、2人でごはんを食べに行くだけの関係が続いていた…
そんな時、関西支社から初めての後輩にあたる梅野くんが異動してきて――
恋も仕事も遊びも「食」も! 札幌在住・アラサー女子の美食活動、第2弾!!

第2弾〜!!待ってました!これを機会に1巻と2巻をまとめて購入してしまいました。
折角札幌が舞台のコミックスなんですから貢献しないと^m^
相変わらずいろんな美味しそうなものを食べてましたねー。
食べ物もおいしそうでしたがそれぞれの恋路も気になりましたー。
早織の展開がじれったいけど3人の中では1番早いのかと思ったら意外な展開へ。
このみの恋路の展開も意外な展開でしたが。
本当に、チーフも早織も真面目なんですねぇ。読んでいて私まで泣きそうになってしまった。でも梅野君がちょっかい掛けてるところを見てイライラしたりしてるからチーフ一体どうしたいの!!とも思いました^^;

やめてみた。 わたなべぽん

やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方
著者:わたなべ ぽん
幻冬舎(2016-07-27)
販売元:Amazon.co.jp

累計30万部を突破した『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』シリーズをはじめ、『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』など、体を張って人生の苦手克服をし続けているわたなべぽんの実録コミックエッセイ最新刊です。
これまで当たり前のように使ってきた道具や、こうしなきゃ・・・と思っていたこと、つい囚われてしまう考え方の癖、そういったものを1つ1つ仕分けして「やめて」みる。そんな試行錯誤を繰り返しているうちに、いつしか生きるのがラクになっていく、そんな著者のクスっと笑える奮闘を描いています。読んでいるうちに心の中からすっきりしていく1冊です。

以前テレビで紹介されていて気になっていた本です。図書館で予約して^^;ようやく届きました。買わないですみません。
私は結構捨てる時は捨てちゃう人なんですけど、捨てると止めるは違いますよね。
著者さんは本当にいろんなことをやめてみてます。炊飯器とか掃除機などの物から化粧品や人間関係まで。いろんなことをやめてますけど、そこまでしなくても…とは思わなかったです。できるならやってみたいなと思うことばかりでした。
炊飯器はちょっと無理だけど^^;メイクや洋服は出来そう。ズボラなのでメイクはできればしたくないし、洋服も好きなブランドが無くなってしまって、どこで買おうと思っていたんですけどこれを機にシンプルなものばかり選んでいけばいいのかなぁ。とか、思ってきました。
そして分かるなぁと思ったのが人間関係と充実さでした。
私は友だちが少なくて^^;だからさらに減っちゃうのが怖くて誘いを受けたくないけど受けるって言うことが以前はありました。でも、いやいや行って心から楽しかった!って思えないのなら、行く必要はないかなぁと。またそういうのってきっと態度に出ちゃうから相手にも失礼かなとも思いますし…。以前テレビで壇蜜さんが「友達とは?」という問いに対して「必要のないもの」ときっぱり言っていたのがかっこいいなぁと思ったんですよね。全く必要ないとは思っていないですし大事な友達ももちろんいるんですけど、無理する必要はないのかなと思うようになりました。
それから充実させなきゃっていうところも分かります。予定が無いと何だか寂しいというか虚しいというか…よく分からない焦りのようなものが出てきて^^;昔ですけど職場の同僚に日頃何をしているのか聞かれて、平日は大体家と職場の直行直帰で休みの日は家にいるって言ったら「一体何を楽しみに生きてるの?」って言われたことがあるんですよねー。今考えたら完全なるセクハラですけど。うっせーって思います。出かけることだけが充実感を得るんじゃないんですよね。家事をしたり作り置きをしたり、ネットを観たり(これは見過ぎ注意だけど)読書をしたり。それで私は充実感を得られるんだからそれでいいんだって思えました。
著者さんの旦那さん、とても素敵な方ですね。私も「すみません」じゃなくて「ありがとう」と言えるように意識していきたいと思います。

<幻冬舎 2016.7>

札幌乙女ごはん。 松本あやか

札幌乙女ごはん。コミックス版札幌乙女ごはん。コミックス版
著者:松本あやか
Dybooks(2015-12-11)
販売元:Amazon.co.jp

新聞、TVなど各メディアで話題沸騰!!!
地元の愛され店舗にアラサー女子が突撃!リアルで美味しい札幌・食漫画の決定版★
札幌に実在する美味しい飲食店が掲載された漫画情報誌「札幌乙女ごはん。」札幌出張や観光のお供にも使えます!

始めは薄い冊子のような形で出されていたこちらの本。1冊にまとまっていることを知り読んでみました。既読のところもあったのですが面白かった〜
主人公はアラサー女子3人。高校からのお友達で性格はバラバラ。でもそれぞれに恋が上手くいかず愚痴りあう日々(笑)
3人ともの言い分が分かるんですよねー。まあ、このみの悩みはちょっとわかりませんけど。綺麗じゃないし巨乳じゃないし、男に困らないなんてことになったことないんで^^;
でも、早織や夏子の気持ちは凄く分かる。恋も仕事も真面目にやってきて、それでも上手くいかないのは何故なのか、もっとうまく甘えられれば良かったのかと悩む早織。ずっと仕事一筋で楽しくてそれでもどこか寂しいと思う夏子。分かるよー凄く分かるよー。
それでも、年齢とか関係なく自分は自分だし。今までも色んなことがあったけどそれを選んだのも自分だから、このまま、でも自信を持って生きていくしかないんだよなーなんて思ったりもして。
って!何だか重たくなりましたね!食の話をしていない!
出てくるお店は割と庶民的ですし、札幌に住んでいたら行った事が無くても「あぁ、あそこね」と分かるようなお店ばかりでした。どこも美味しそうだったなー。
私は料理はするけど外食はほとんどしないので。というかお店を全然知らないので^^;
だからこういう本を読んで行ってみようかなと思えるのでありがたいです。今度行ってみよう!(一人で)
最後の方には3人とも恋が良い感じに発展していって何だかこっちまで嬉しくなりました。早織以外はちょっと先が長そうですけど^m^
いやー、私チーフみたいな人好きなんすよねー。厳しいけど優しい人。自分にも人にも厳しくて、でもだからこそちゃんと見ていてくれてそうな感じがして。
誰かに似てるなーと思ってたんですけど、お友達のブログを拝見してわかりました。
そうだ!!堂上教官だ!なんか色々似てる!恋に不器用なところとか(笑)
堂上教官、私の中で王子様の一人だし!←
須藤君は前途多難そうだけど私は応援しています(笑)
図書館で借りたけど、買おうかなー。

ときめきトゥナイト 江藤望里の駆け落ち 池野恋

ときめきトゥナイト 江藤望里の駆け落ち (りぼんマスコットコミックス)ときめきトゥナイト 江藤望里の駆け落ち (りぼんマスコットコミックス)
著者:池野 恋
集英社(2015-04-24)
販売元:Amazon.co.jp

江藤蘭世の父・望里は吸血鬼。母・椎羅は狼女。今では怒ると怖〜い椎羅にたじたじの望里だけど、実は2人には種族の違いを超えた知られざる大恋愛の物語があったのです!! 蘭世の結婚秘話番外編を含む、全編描き下ろし!!
【収録作品】江藤蘭世の悶々/あとがきエッセイ

いやー私知らなかったのですよ。「真壁俊の事情」の姉妹本が出ていたなんて!知ってから慌てて購入しました。
お父さんとお母さんの馴れ初め!!いやちょっと素敵すぎやしませんか?
俊と蘭世は確かに幾多の試練を乗り越えての恋愛でしたけど、でもお父さんとお母さんの恋愛もとても可愛くてまっすぐで素敵でした。
そしてシリーズが完結してからだいぶ経っているのに本編との伏線具合が凄いです。
シーラのおばあちゃん、久しぶりに見ました^^
それにお后様と俊を助けてくれたシスターも登場するし、魔界と人間界をつなぐ番人になった過程も分かったし、シーラとお后様が産婦人科で出会ったシーンも出てきたし、モーリが未来人に殺されそうになった時のくだりもしっかり入っていて、池野先生凄すぎる…とびっくりしました。そりゃ書き終ったら満身創痍になるわ…
読んでいて、こんな純粋な愛を貫いたお父さんとお母さんの子供だからこそ可愛くて純粋でまっすぐな蘭世と鈴世が生まれたんだろうなと思いました。

そして蘭世のお話^^可愛かったなぁ。俊と蘭世のケンカっていつも可愛いですよね^m^蘭世の曜子に対する気持ち、分かるなぁ。だって初めて会った小さい時からずっと好きだったことを知っているんですからねぇ。本当に優しい子。
曜子の涙するシーンは私もちょっとうるっとしました。
曜子も幸せになれることが分かっているから大丈夫だよって言ってあげたいです。
まあ、言わなくてもいいか←最後の俊の行動に悶死しそうになりました^^;
私の1番最初の王子様は真壁君だったんですけど、やっぱり永遠に王子様だ…と思いました^m^
別のコミックスでは開陸と愛良のその後が書かれているようなのですが、そちらは絶版になっているようで…。買えなくてもいいから1度でも読みたいと探しているところです^^;いつか読みたい。
池野先生は本当に大変だと思いますけど、他にも気になる人たちがたくさんいるのですが…できれば書いてくれればうれしいんですけど、でも本当に大変そうなのも分かるので無理強いはしません^m^

北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 オーサ・イェークストロム5

北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
著者:オーサ・イェークストロム
KADOKAWA/メディアファクトリー(2015-03-06)
販売元:Amazon.co.jp

アメブロ総合ランキング第1位の超人気ブログ4コマが早くも書籍化!
日本のアニメと漫画に感動し、北欧スウェーデンからやってきて3年目。
マンガ好き外国人にとっては天国みたいな東京! コンビニのおにぎりが便利すぎる! 日本の女子が何でも「可愛い」と言うのはなぜ? ホストの髪型はアニメみたいで素敵! 日傘を使うようになったら私も立派な日本人!?
ちょっとオタクなスウェーデン人漫画家が自ら描く、日本への愛にあふれた驚き&爆笑のコミックエッセイ!

タイトルにひかれて読みました。
スウェーデンで生まれ育った著者が13歳の時にセーラームーンを見たことがきっかけで日本に興味を持ったそうです。
日本文化は私たちにとっては当たり前のことでも海外の方にとっては意味が分からないこととか多々ありますよね^^;
私は逆に北欧に行きたいし北欧に住んでみたいなーと思っているのですが。
英語すらできないので叶いませんけど^^;
外国人あるあるの4コマの数々が面白かったです。
2も出ているみたいなので探してみます。

<メディア・ファクトリー 2015.3>H28.1.9読了

図書館の主

図書館の主 1 (芳文社コミックス)図書館の主 1 (芳文社コミックス)
著者:篠原 ウミハル
芳文社(2011-08-09)
販売元:Amazon.co.jp


このコミックは以前からずっと気になっていました。ようやく読めました。
図書館に3巻まで入っていたので3冊かりましたが一気読み!
3冊読んで、これはすべて買わなければ!と思った次第です。面白かった。
最初の感想はもっと早く読んでいたかったということと、図書館司書でいるときに読みたかったなぁと思ったことでした。
このコミックはこの図書館に勤める司書と利用者と、そして本の物語。
どのお話も良かったです。専門用語には解説がついていますし、最後にも用語集がついていてとても親切!
図書館員も皆さん個性的で面白いですねー。特にやはり御子柴さんが個性的すぎる・・・!
あのキノコ頭もそうですけど、まあもともと頭が良いのもあるんでしょうね、あのキノコ頭の中にはたくさんの本の知識が詰め込まれているんだろうなぁ。
私もそんな頭になりたい←
児童文学は私はほとんど読んでこなかったので尚更興味深かったです。
私が活字中毒になったのは高校生の時で高校の図書館に児童書はなかったので…
きっかけはドラマを見る前に読もうと思っていた「ネバーランド」と高校の図書館になぜか大量にあった「三毛猫ホームズシリーズ」だったし・・・
このコミックを読んで読みたいと思った児童書も何冊もありました。
「お前が本を選ぶんじゃない 本がお前を選んだんだ」
この言葉が本当に印象的で心に突き刺さりました。
私が今読んでいる本たちも、私を選んでくれたのかなぁなんて思ったら何だか尚更本に愛情を感じちゃいます。
早く今出ている分だけでも全部読みたい!という気持ちになりました^^
ホント買うんならさっさと買って読んでいればよかったよ。
やっぱり、図書館で働くって大変だけど素敵だなぁ…
図書館に異動にならないかなぁ…(まだ配属1年目な上に図書館に異動になる可能性は限りなく低い)

ガラスの仮面

ガラスの仮面 25 (白泉社文庫 み 1-39)ガラスの仮面 25 (白泉社文庫 み 1-39)
著者:美内すずえ
白泉社(2013-09-13)
販売元:Amazon.co.jp

先日アメトーークで「ガラスの仮面芸人」をやってました。芸人の中に鈴木砂羽さんもいて^^もうめちゃくちゃ楽しかったです。私も買っているので言ってることがほぼ全部わかるので一緒にケタケタ笑っていました。
私とガラスの仮面の出会いは中学生の時。なぜか中学校の図書室にガラスの仮面の文庫版が1〜13巻と17〜19巻っていう凄く中途半端な巻が置いてあり、13巻からいきなり17巻に飛んで読んでいたらあれほど憎んでいたはずの速水さんのことをマヤが好きと言っていて、えぇ!?なんで!?と思って気になってすっかりハマってしまい文庫版を全買いして、今に至ります。私の世代ってあまり読んでいる人いないんですかね…。ちょっと上なのかな。
以前V6のオフ会でまーの舞台が私1列目で、近かったけど最後の博士まーが倒れているところが見えなかったと言ったらV友が「やっぱり舞台は全体が見えるところが良いよね」と言ったので、私が「そうだよね、月影先生もマヤの演技を見たときに座らないで真ん中のドアのところに立ってて「ここだと全体が見えるから私は座らずここで観ます」みたいなこと言ってたもんね」と言ったら見事にきょと〜んとされまして^^;あれ?ガラかめは主流じゃない?なんて思ったもので。私の説明が悪かったのかもしれないけど^^;それでも私の母校の中学校にまだあれば後輩たちに引き継がれているでしょう。(もう14年も前だがな…ぞぞぞ)
私が買っているのは文庫版なのでコミックよりも遅いのです。で、いつになったらでるんだろうなーと思って改めて調べたら最新刊がすでに9月に出ていることが判明。
いっそいでポチっとなして購入しました。
で、先ほど読みました。
放送の中で亜弓さんがピンチだと言っていてなんぞや…と思っていたらそういうことだったんですか…。いや、これはかなりのピンチじゃないですか。ピンチっていうか…なんでこんな境遇に…。芸人さんたちも言ってたけど、亜弓さんって最初はあんまり好きじゃなかったのだけど、本当にものすごく努力しているのに天才には勝てないと苦悩している姿を見たら頑張れ!って思うよね。あーどうなるんだろう〜。
速水さんも私が年を重ねるごとにイライラしてくるわー。さっさと自分の気持ちを素直に言っちゃいなさいよ!ぐちぐちぐちぐち!男らしくない!って思ってしまう^^;
でも今回ちゃんとマヤの年齢が分かったけど21歳?なのね、まだ。と32歳か。うーん…。
というかまだこの世界では7年しか経過していないんですね…。1976年連載開始と聞いて衝撃を受けたのだけど。イノッチが生まれた年だよ…?最初黒電話だったのにみんな携帯使ってるよ?←
ということでまたしても気になるところで終り、また数年待つのかと思うとじれったいですが頑張って待とうと思います^^
アメトーークで言っていた紫織さんが病むシーンがなかったんですよねぇ。文庫本はそこまでいかなかったみたいで残念。実写版では紫織さんが病みすぎて速水さんを刺してましたよ←
恋愛模様も気になります。そこは桜小路君が一番報われなさそうで可哀想かなぁ。

ガンバ!Fly high

ガンバ!fly high 1 (少年サンデーコミックス)ガンバ!fly high 1 (少年サンデーコミックス)
著者:森末 慎二
小学館(1994-12)
販売元:Amazon.co.jp

最近本が読めていなくて更新していないので思いついた記事を。
体操の内村選手が世界選手権個人総合V4を達成されたということでこの漫画を思い出しました。
弟が中学生の時に体操部でこの漫画が大好きだったので、私も便乗して読んでいました。中学1年生の主人公が体操部に入部するところから物語は始まります。逆上がりもできないのにオリンピックで金メダルを獲ることが夢です。なんて言っちゃう男の子。でもまじめで頑張り屋で一生懸命で、読んでいるこちらも胸が熱くなります。
この漫画の原作者は森末慎二さん、元体操選手でロサンゼルスオリンピックで10点満点を獲り、金メダルを獲得した方です。結構バラエティにも出てますよね^^(あとは水のトラブルで家に来てくれる人←)
漫画が始まった当時は体操が低迷していてこれではいかん!と思った森末さんが発案したそうです。
私は体操に関して全然詳しくないですけど、原作者が元体操選手だからか競技に関しても心理描写もめちゃくちゃリアルで面白かったんですよねぇ。
漫画は6年間が描かれてるのかな。最後はシドニーオリンピックが舞台です。
実際のシドニーオリンピックでは男子総合4位でしたが、次のアテネオリンピックの展開がこの漫画と似ていてビックリした記憶が。そして金メダルを獲ったときは泣きました。「栄光への架け橋だ!」ってNHKのアナウンサーが言った言葉が話題になってましたよねー。懐かしい。9年もたつなんて信じられない。
その時にメダルを獲った選手はほとんど引退されていますけど、塚原選手はオーストラリア国籍を取得して今も頑張っていますよね。応援します!
と、話はずれちゃいましたけど面白い漫画でした。内村選手の愛読書でもあるそうですよ(ウィキペディアより^^;)
この漫画で「ガンバのG」でG難度っていう言葉が出てきたんですけど、それが今は実際あるんですよね〜。何だか現実でも色々存在するようになって感動しちゃいます。
久しぶりにこの漫画を読もうかな〜
(あ、でも漫画は実家にあるんだった)

今日も朝からたまご焼き 森下えみこ4

今日も朝からたまご焼き お弁当生活はじめました今日も朝からたまご焼き お弁当生活はじめました
著者:森下えみこ
メディアファクトリー(2013-02-08)
販売元:Amazon.co.jp

栗田みのり(通称みのさん)、28歳。
かわいくって素敵な女子を目指して(節約とか健康とかとかも)
お弁当作りを始めたものの、一筋縄ではいかないようで・・・。
ソコソコ料理はするけれど、お弁当はなかなか続かない独身女子の日々のつぶやきコミックエッセイです。
使えるお弁当グッズや固くならないご飯のコツなど、初心者向けのちょこっと使えるコラムもいっぱい。

私は高校の時からずっとほぼお弁当生活ですが、一人暮らしをする1か月前までは母の作ったお弁当を食べていました^^;母弁です。社会人になって作ろうと思ったのですが、母が朝の忙しい台所に2人はいらないとか、父のも作っているので1つも2つも一緒だと言ってくれていたのでそれに甘えてました。
だから、一人暮らしを始めたらほかはだめでもせめて料理だけはちゃんとやろうと思っていました。
ちゃんと作ってますよ〜^^一人暮らしを始めてからお弁当を欠かしたことはないです。コンビニ弁当は今のところ1度も買ってないです。えっへん。
って、たかだか1か月ですけど。
お弁当づくりのヒントをもらうと考えるとこの本はちょっと不向きかもしれませんが、お弁当を作ろうかな、どうしようかなと悩んでいる方に必見だと思います^^
主人公が色々うんうん唸っている気持はすごくよくわかりました。
私はお弁当箱は新しく買いはしませんでしたが、新しいのはほしいなと思ってました。でも、高いんですよね^^;買っちゃったら止まらなくなるかなと思ってあきらめました。
今までスーパーへ行っても母にくっついていっただけだったのですが、今はもちろん安いものとか得なものばかり目につくようになってひたすらクックパッドさんにお世話になってます。
近くに安い八百屋さんもあるんです。だから一人暮らしとは思えないくらい野菜を買っていると思います。そういう買い物がすごく楽しいです。
私もみのりさんの同僚のようなかわいらしいお弁当ではないですが、続けていきたいなと思います。私の場合はお昼もひとりなので、お弁当を人に見られることはないのでなんでもありです。(寂しいけど)
あ、スープジャーは本当にオススメですよ。あさイチで見て気になって購入したのですがただ野菜を詰めればお昼にあったかいスープができるので初めて作ったときは感動しました。

そういえば関係ないんですけど、この本を借りたときに包んでいる袋の中にしおりが入ってました。それは最近見かけないなと思っていた私の所持品。中原淳一の絵が描かれたしおり^^;そうしたら図書館の方からのメッセージが書かれていました。
以前借りた本に挟まっていたらしくて入れておきますという丁寧な言葉。
何だかとてもうれしくなりました。
(その本は北海道立の図書館の本で、別の市の図書館で受け取ることができるというサービスを使っているので袋に包まれているんです)
でも、知り合いがいっぱいいる図書館だから、使ってることがばれると恥ずかしいので、知らない人が書いてくれていたらいいなと思うばかりです^^;
別に悪いことをしているわけじゃないんですけどね。

〈メディアファクトリー 2013.2〉H25.9.28読了

夜明けの図書館2 埜納タオ4

夜明けの図書館(2) (ジュールコミックス)夜明けの図書館(2) (ジュールコミックス)
著者:埜納 タオ
双葉社(2013-05-16)
販売元:Amazon.co.jp

おかげ様で、1巻が重版につぐ重版で売行き絶好調の新感覚・ライブラリーコミック第2巻!
市立図書館で働く新米司書・ひなこが、利用者の調べものをお手伝いする「レファレンス・サービス」によって、難問・奇問を解決します。
今回の依頼は「昔、好きだった絵本を探してほしい」「文化祭でみんなが、あっと驚くレシピを知りたい」など。
果たして、ひなこはこの迷宮入りしそうな難問を解き明かせるのか!?

図書館コミック第2弾です。前作から1年半も経っているんですね。
前回も言ったと思いますが、図書館でのレファレンスという業務は司書にとって大きな仕事でもありやりがいのある仕事でもあり重きを置きたい(と思っている)業務です。
でも、なかなか利用者には認知されていないんですよね。もっとアピールしろと言われればそれまでなんですけど。
今回もリアルなレファレンス業務でしたねぇ。
最初の絵本のレファレンスは結構な頻度であります。(例)「うさぎが主人公で、妹がいて、みんなで食事をしたり踊ったりする絵本だったんですけど、なんて絵本でしたっけ?」みたいな曖昧な感じで来るのは絵本が多いです。たぶんお子さんのために絵本を沢山借りて読んで、だから1冊1冊のタイトルは覚えていなくて、でも子供がまた見たいっていわれてどうしよう…みたいな展開だと思うんですけどね。
私も受けたことがありましたが、自分の手で導けたのはなかったです^^;先輩が助けてくれました。
歌もありますよ〜それこそ歌われてこの歌って言われたこともありますし、曖昧なタイトルでこの曲って言われたこともありますし。でも、見つけられない場合もありますが様々なジャンルの曲を調べる本はたくさんあるのでぜひ図書館を利用してほしいと思います。
植物もそれこそ、実物を持ってきてこれはなんて名前だっていうのもありますし、写真を見せられて家にあった仏像なんだけど価値があるかどうかわからないから調べてとかまあいろいろあります。
でも何はともあれ図書館にレファレンスという業務があると伝えてくれているこの作品はとてもありがたいなと思います。
ただ、以前も言ったのですができれば図書館か司書の監修をつけてほしいなぁなんて思います。少し触れてくれていますがレファレンス以外にも仕事はたくさんありますし、今の図書館の運営に関する問題もあります。
物語なんだからと言われればそれまでなんですけどここまで綺麗に解決しないレファレンスも多々あります。
もう図書館司書ではなくなってしまった私が言うのもなんですけども。

〈双葉社 2013.5〉H25.8.29読了

ときめきトゥナイト 真壁俊の事情 池野恋5

ときめきトゥナイト 真壁俊の事情 (りぼんマスコットコミックス)ときめきトゥナイト 真壁俊の事情 (りぼんマスコットコミックス)
著者:池野 恋
集英社(2013-08-09)
販売元:Amazon.co.jp

名作『ときめきトゥナイト』で江藤蘭世が一途に想い続けた真壁俊。ちょっと不良な彼のあどけない子供時代、蘭世との本当の出逢い、そしてプロポーズでの秘話等、真壁俊の視点で見た隠れたエピソードが満載!! 全編描き下ろし。
【収録作品】あとがきエッセイ

キャ〜〜〜〜〜!真壁く〜〜〜ん!!
新刊が出ると知ってから楽しみにしていました。真壁君は私の王子様なんだもの(王子様がたくさんいること…)
私の世代は第3部、愛良がギリギリなのですがでもコミックは全巻持ってます。
そして全部読んでもやっぱり俊と蘭世が1番好きだなぁと思います。
絶対にこんな恋は出来ないけど、でも憧れちゃいます。憧れるのは勝手だし!
全て書下ろしで、俊が生まれてから21歳までが描かれています。
コミックで読んできたエピソードもたくさんあって、それが全て俊目線なのが新鮮です。
そうか、この場ではこんなことがあったのねなんて、想像していたら面白いです。(あとから付け加えられたのだとしても←)
作者さんが俊のクールなイメージを崩したくなかったということで連載中はキスシーンはあっても結構色々頑なな印象で^m^
番外編でプロポーズのようなものはあったけどプロポーズ自体は読者のご想像にお任せしますでしたよね。
それが明らかになって色々ガッカリする部分もあったりするのかななんて思っていましたけど、そんなことは全然ありませんでした。
むしろこれぞ俊と蘭世だって思いました。
俊はクールな印象ではありましたけど、本編で読んでいた頃から熱くて奥手で優しい男の子だっていう事は分かっていましたから、全然違和感を感じなかったです。
それにしても19〜21歳の俊の振り回されている事…^m^ぷぷぷ。
ネタバレになっちゃうので言えませんがカナリの振り回され具合が素敵です。
そして蘭世が可愛くてしょうがないと思っている時の表情、何だか卓に似てるななんて思っちゃうのは気分は近所のオバちゃんでしょうかね。
俊の幼少期はとにかく華枝さんが素敵です。美人なのもありますが俊を大切に優しく強く育てている姿が素敵でした。神谷のおっちゃんもかっこよかったです。
蘭世と俊の出会いも良かったし、何よりずっと望んでいた2人のあのシーンをちゃんと読めたことが本当に嬉しかった。これで何だかちゃんと完結した気がします。
私は池野さんの作品はときめきトゥナイトしかほぼ読んだことがないのですが、絵のタッチがカナリ昔と今とでは違うと思ったので絵の違和感も感じるかなと思いましたがそれもありませんでした。池野さんが合わせたそうです。
アロンと俊がちょっと話してもいた「パラレルワールド」のときめきミッドナイトも気になってきました^m^
そうそう、装丁は名久井さんがされたそうでそれも嬉しかったです。
また真壁君熱が再発しそうです。
真壁君は究極の王子様だし、蘭世はヒロインにピッタリですね。

草子ブックガイド2 玉川重機5

草子ブックガイド(2) (モーニング KC)草子ブックガイド(2) (モーニング KC)
著者:玉川 重機
講談社(2013-02-22)
販売元:Amazon.co.jp

本を愛する皆様へ。今回は『老人と海』、『山椒魚』、『バベルの図書館』、『銀河鉄道の夜』、『夏への扉』、『月と六ペンス』、『飛ぶ教室』と大ボリューム7冊分のブックガイドを収録しました! 読むと文学にキュンッとなる、14歳の草子(そうこ)が紡ぎ出す爽やかな読書体験記(ブックガイド)、どうぞお楽しみください!!

第2弾です。出るのを楽しみにしていました。
今回登場する作品は、タイトルや著者は知っていてもちゃんと読んだことのない作品ばかりだったので、ストーリーを知ることが出来て良かったです。
草子は1巻では一人ぼっちで寂しそうでしたけど、2巻では2人も友達が出来ました。一人は潮崎君。潮崎君は最初の印象とは別人みたいですね。あーだーこーだ最初に行っていたのは照れ隠しだったのかな。将来を見据えている潮崎君を草子は強いと言い、潮崎君は本を通して自分をちゃんと見つめられている草子を強いと言います。お互いがお互いの良さを見つけて伝え合うことが光を見出しているようで眩しくて素敵だなと思います。恋愛関係とは違う2人の関係が何だか良いなと思いました。
二人目は磯貝さん。磯貝さんもかなりの文学少女で図書委員でもなくぽっと出で司書教諭の江波先生に気に入られていることが面白くありません。それを思いっきり顔に出して草子に宣戦布告しているのが分かりやすくて可愛いです。磯貝さんは8人兄弟で家に帰っても親にかまってもらえず家の手伝いに追われて、自宅に自分の居場所を見いだせていません。草子と境遇は違えど心の中で抱えているものは似ているものがあります。
『銀河鉄道の夜』の文章を二人がジョバンニとカムパネルラとなって、読みあっているシーンが好きでした。私も草子と同じく、初期形よりも最終形の方が好きです。
始めの『老人と海』のお話で不覚にも泣いてしまいました。潮見堂の店主のあとがきが温かくて、草子との物語が優しくて。私も最期死ぬときには「あとがき」を残せたと思えるのだろうか。自分の人生は一冊の本のようだったって思えたら、私は幸せかなと思います。
草子は最後に自分は一人だと言って磯貝さんの家を後にします。磯貝さんも大家族の中にいても孤独を感じている事にも気づかず。
草子が自分が一人じゃないと気づいたときに、何か新しい扉が開かれるのかなと思います。私は、その瞬間を読めたら良いなと思います。
1巻も好きでしたが、今回読んだ2巻の方がとても好きでした。3巻の発売も決まっているそうなので、今から楽しみにしています。

〈講談社 2013.2〉H25.5.4読了

銀河鉄道の夜―最終形・初期形〈ブルカニロ博士篇〉 ますむらひろし5

銀河鉄道の夜―最終形・初期形〈ブルカニロ博士篇〉 (ますむら版宮沢賢治童話集)銀河鉄道の夜―最終形・初期形〈ブルカニロ博士篇〉 (ますむら版宮沢賢治童話集)
著者:ますむら ひろし
偕成社(2001-07)
販売元:Amazon.co.jp

幻想と謎に満ち、難解といわれる宮沢賢治童話を、ますむらひろしが原作に忠実に漫画化した愛蔵版。ケンタウル祭の夜、友人のカムパネルラと一緒に銀河鉄道に乗り旅に出たジョバンニは…。

以前NHKで「銀河鉄道の夜」を見て、気になっていたこの作品を読んでみようと思い手に取りました。私はただ、以前アニメ映画化されたますむらひろしさんの漫画バージョンの作品だとだけ思っていたのですが、まさか初期形というものがあるとは思いませんでした。
最終形と初期形は全然ストーリーが違うんですね。ブルカニロ博士なんて知りませんでした…
原作を読むのはなかなか難しいのですが、この本は漫画なので分かりやすかったです。まあ、映画を観ていたというのもありますが。
ジョバンニの心情が何だかわかるなぁ…と思うところもあってちょっと切なくなっちゃいました。
素敵な作品でした。読んで良かった。
映画版は見たことはあるのですが、最初から最後まで全部見たことはなくて。
以前テレビで放送していたものを知り合いにダビングしていただいたので持ってるんです^^っていうかダビングしていただいたのにまだ見ていないという。ごめんなさい。
近々見たいなと思います。
「グスコーブドリの伝記」も見たくなってきました。
初期形も読むことが出来て良かったです。

〈偕成社 2001.7〉H25.3.30読了

暴れん坊本屋さん 久世番子5

暴れん坊本屋さん (1) (ウンポコ・エッセイ・コミックス)暴れん坊本屋さん (1) (ウンポコ・エッセイ・コミックス)
著者:久世 番子
新書館(2005-09-22)
販売元:Amazon.co.jp

暴れん坊本屋さん(2) (ウンポコ・エッセイ・コミックス)暴れん坊本屋さん(2) (ウンポコ・エッセイ・コミックス)
著者:久世 番子
新書館(2006-03-25)
販売元:Amazon.co.jp

暴れん坊本屋さん(3) (ウンポコ・エッセイ・コミックス3)暴れん坊本屋さん(3) (ウンポコ・エッセイ・コミックス3)
著者:久世 番子
新書館(2006-10-25)
販売元:Amazon.co.jp

切なくも心暖まる作品を描くマンガ家、久世番子。
実は彼女にはもうひとつの顔があった!
ある時は自分の本を勝手に大量に発注し、ある時はマナーの悪いお客に呪いの電波を送り、ある時は注文した本が届かないと暴れる。
そう、彼女は「暴れん坊本屋さん」だったのだ!!
マンガ家兼書店員の久世番子が本屋さんの本音や裏話を描いた赤裸々エッセイコミック登場!!

以前読んだ「よちよち文藝部」が面白かったので、同じ著者さんだとこの本が面白いよと教えていただいたので読んでみました。
面白かったです。若干著者さん病んでない?大丈夫?って思いましたけど^^;
ギャグテイスト満載ですが、本屋さんでの問題点はカナリ切実だなぁと思いました。
手間がたくさん増えていくのに万引き犯は多発するしいろんなライバル社は増えるし、状況は大変ですよね。
それでも本を愛してやまない書店員たちが奮闘している姿は本当に健気で凛々しくて応援したくなりました。
それでも書店で働きたいかというと…それはないかもしれない←
ライバルになっちゃうけど某古書店で働いて懲りた人。
この方、「平台がおまちかね」のコミック版の絵を描かれているんですね。
それも気になりました。ストーリーは知ってますけど、読んでみたいです^^
この本、全3巻なのですが最近愛蔵版が出たみたいですね。
このコミック内では漫画が売れないから書店員なんだって書いてましたけど、売れるようになって良かったですね←余計なお世話。

青春離婚 HERO 紅玉いづき

青春離婚 (星海社COMICS)青春離婚 (星海社COMICS)
著者:HERO
講談社(2012-09-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

高校生活最初の春、まったくの赤の他人だった“佐古野”郁美と“佐古野”灯馬。同じ名字で同じクラス、それだけの偶然だったはずが、気づけばクラス中から「夫婦」と呼ばれるようになり——。
それは、夫婦という関係性に恋をしたふたりの、二年と少しの青春の日々。
恋愛小説の次代を担う紅玉いづきが贈る2011年で最も切ない“青春物語”を、気鋭のWEB漫画家・HEROが完全コミカライズ。
「ねぇ、離婚しよう?」
――11月22日。わたし達は青春のまま、離婚をする。

職場の同期が紅玉さんが原作だからと言って貸してくれました。
図書館から家に帰るまでの道のりであっという間に読んでしまいました。普通の漫画だと思ったら、これはWeb漫画?と呼ばれているものなんですね。漫画ですが区切りが4コマ漫画みたいな感じで最初はちょっと戸惑いました。
内容は甘酸っぱい青春ものですね。
佐古野という名字の2人が出会い成長していく3年間の物語です。
2人のぎこちない感じが可愛かった。
こんな甘酸っぱい恋愛があるんだろうか?というくらい2人の空気が良くて可愛らしくて。
後輩の女の子というライバルらしき子が出てくるのも何だかベタだなと思いつつ、癒されながら読みました。
こういう形式のものもあるんですね。

〈講談社 2012.9〉

草子ブックガイド1 玉川重機5

草子ブックガイド(1) (モーニングKC)草子ブックガイド(1) (モーニングKC)
著者:玉川 重機
講談社(2011-09-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

内海草子(うつみそうこ)は本を読むのが好きで好きでたまらない中学生。いつも本を読んでいて、本の中の世界にひたっている。内気で、他人と打ち解けるのが苦手な草子にとって、古書・青永遠屋(おとわや)の店主は良き理解者。読んだ本の感想を描いた草子の「ブックガイド」が、店主を喜ばせ、さらには周囲の人々に本を読むことの素晴らしさを伝える。濃密な絵柄で、読書の魅力を最大限に表現する。
東京の小さな古書店・青永遠屋(おとわや)に、楽園を見つけた少女・内海草子。どこにも居場所がなかった草子が、青永遠屋を通じて出会った本を、ひたむきに読み解くことで、徐々に人々や世の中と結びついていきます。この作品の最大の魅力は、読んだ本のポイントを繊細にすくいあげ、イメージ豊かに語り尽くす草子独自の「ブックガイド」。毎回草子が本の中に登場するキャラクターになりきって、鮮やかな「読み」を披露します。

漫画です。以前テレビでもこの作品が紹介されていたと思います。
主人公の内海草子は本が大好きな中学生。しかし、母親はおらず出稼ぎ労働者で飲んだくれの父と暮らしておりお金がなく、古本屋で万引きをし、本を読んでは返すという行為を繰り返しています。
実際には犯罪でやってはいけないことです。ですが、この店主は草子の読書感想文をいつも楽しみにしています。草子が読んだ本を帰す際、感想文を添えて返しているんです。
草子の書く感想文は独特でその本の内容を知らなくても十分楽しめました。
その物語の事、書いた著者の人生が分かりやすく描かれています。
この作品の中で、草子の通う学校にいる司書教諭の話が出てきます。司書教諭は数年前に小中学校に配置するのを義務付けられた役職です。司書教諭だけの人もいれば国語教師と兼務している人もいます。
同じ教師だけど少し違う立場でもあり、なかなか意見を出すのは難しいそうです。この作品で登場する先生も熱意とは裏腹に、周りの先生の意見は冷たいです。
実際に私の知り合いで司書教諭として勤めている人が数名います。個人で予算が少なかったり、意見が受け入れられなくても、できる範囲で子供たちに本を読んでもらうために何ができるのか、懸命に考え熱意を持って働いています。
司書資格を持っている人で図書館に勤めている人は1%未満。正職員だと0.1%以下という話を聞いた事があります。この作品でも出てきました。
その中の1%に入れていることを誇りに思い、私も職務に邁進出来たら良いなと改めて思いました。
この作品を機に、本を読む人が増えてくれたら嬉しいですし、司書教諭という仕事があること、図書館の仕事も一緒に知ってくれたら良いなと思います。
2巻目も楽しみです。

〈講談社 2011.9〉H24.8.7読了

夜明けの図書館  埜納タオ5

夜明けの図書館 (ジュールコミックス)夜明けの図書館 (ジュールコミックス)
著者:埜納 タオ
双葉社(2011-10-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

市立図書館で働く新米司書・ひなこ。日々、利用者からはいろんな質問が…。「ある写真を探している」「光る影の正体が知りたい」など、難問ばかり。こうした疑問に対し、適切な資料を紹介するのも図書館の仕事。ひなこ、迷宮入りしそうな利用者の「?」に立ち向かいます! 史上初!? 新感覚・ライブラリーコミック!

ブログに来てくださるお友達さんにこの漫画の存在を教えてもらい、近くの図書館で所蔵していることを知ったので借りてみました。
3年間の就職浪人を経て念願の図書館司書となったひなこ。そのひなこの図書館での奮闘ぶりが描かれています。
私、高校生の時に図書館司書になりたいと言ったらクラスメートに言われた言葉がありました。それは
「ラクそうだからいいよね。いつも座って本を読んでいられるもんね」
私は図書館司書という仕事が楽そうだと思ったからなりたいと思ったわけじゃない。そう思われたことが心外で凄く悔しかった記憶が今でもあります。
私も今図書館司書という仕事をしていますが、仕事内容としてはもちろんカウンターで貸し借りしたり本を棚に戻す作業だってあります。でも、もちろんそれだけじゃなくて本当にいろんな仕事があるんです。特にこの作品の中で取り上げられているレファレンスというのが司書という仕事では1番大きなものになるかと思います。
本当に老若男女いろんな方がいらっしゃいますし、情報量が足りな過ぎてよく分からない相談に来る人もいます。学校から出た課題をそのまま聞く人もいますし、言ってる本人もよく分かってない質問だってあります。まあ、その人その人によって対処は違いますけど、必要としている本を探すお手伝いをするわけです。答えのマニュアルはありません。
念願の図書館司書になったひなこの情熱は見習わなきゃいけないなと思います。私はあそこまで情熱を持っていない気が・・・^^;
この作品に登場する本庁から出向してやってきた大野さんのような職員は私の職場でもいます。多分、大野さんと同じような考えを持って仕事をしている人もいると思います。それが悔しいのだけど、どう言い返したらいいのかわかりません。
某知事は本なんてただ借りるだけなのにどうしてそんなに職員がいるの?なんて軽くいったりするし、はたまた別の某知事は大切に保管されていた昔の本だってあるのに経費削減だと言ってあっさりと図書館を閉鎖して本を廃棄処分したりするし。
って、愚痴を言いだしたら止まらないのですが。
まずはひなこのように困っている利用者がいたらちゃんと真摯に聴いていきたいなと思いました。図書館のレファレンスというかなりマニアックなネタで漫画を描いてくださった著者さんに、お礼を言いたいです。
ただ、図書館司書として言うならば、ちょっと甘いかなという気はします。あんなにうまいこと行かないよと冷めてみてしまう部分もあります。それは資料に関しても利用者に対しても。
著者さんが丁寧に調べてくださったのは分かりますが、図書館司書の方の監修とか、つけてほしかったなというのが正直なところだったりもします。

<双葉社 2011.10>

365日絵こよみ 大田垣晴子

365日絵こよみ365日絵こよみ
著者:大田垣 晴子
ソフトバンククリエイティブ(2011-09-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

季節の発見。行事の楽しみ。暮らしを彩るヒントが詰まったセイコのささやかでいとおしい毎日。
1月 魚河岸初せり/七草がゆ/十日戎/鏡開き/甘酒
2月 節分/針供養/バレンタインデー/ねこやなぎ
3月 ひな祭り/二日灸/沈丁花/春一番/卒業式
4月 エイプリルフール/花見/灌仏会/つくし摘み
5月 端午の節句/初鰹/三社祭/つつじ/五月晴
6月 鮎/苔玉/嘉祥の日/新箸の祝い/夏越の祓え
7月 絽の着物/ほおずき市/ビアガーデン/花火
8月 ねぶた/麦茶/カレー/盆踊り/鱧/二十六夜
9月 夕立/菊の節句/梨/おはぎ/彼岸花/お月見
10月 吾亦紅/秋渇き/栗/新そば/雁渡し/からすみ
11月 銀杏拾い/七五三/銀ぶら/紅葉狩り/山茶花
12月 おでん/すす払い/燗酒/クリスマス/大晦日
などなど。

太田垣さんのイラストで、季節の様々な行事について書かれています。
特に細かな説明があるわけではないのですが、かわいらしいイラストだけでその行事についてわかります。
日本の伝統的な行事なのに、知らないものも多いなぁ。
私の王子様は行事を大事にする人なんだから^m^
私もちゃんと知っておかなくては。
あ、そうだ。ほっと文庫についていたゆずの入浴剤を冬至の日に入れてみようかな。
そういう機会じゃないと、永遠に使わない気がする^^;

〈ソフトバンククリエイティブ 2010.9〉

結婚ゴーラウンド 大田垣晴子4

結婚ゴーラウンド結婚ゴーラウンド
著者:大田垣 晴子
中央公論新社(2011-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「年下夫」「格差婚」「夫婦別姓」「DV」「セックスレス」…アラサー・アラフォー女性の結婚にまつわる情報満載。

大田垣さんが自身の結婚について語ってくれています。それに伴い、実際の結婚についての様々なアンケートが載っています。
これは結婚している人もしていない人も参考になるのではないでしょうか。
大田垣さんは8個下の男性と結婚されたんですね。
8個下なんて、私は気にならないと思うのだけどやっぱり親戚は気にしちゃうのですね。
アンケート結果を読んでいたら、当たり前だけどいろんな形の夫婦があるんだなと思った。
大田垣さんとオーモリ君の関係もいいなと思ったし。
たまに女子会があるのですけど、もう結構結婚している人も出てきました。
聴いていても、やっぱりいろんな夫婦の形がありますよね。
聴くのは面白いです。
でも、結婚してない人に「結婚の予定は?」ってあんまり聴いてほしくないなぁと思ったりして・・・。

〈中央公論新社 2011.3〉H23.7.15読了

坊主DAYS2 お寺とみんなの毎日 杜康潤5

坊主DAYS2 お寺とみんなの毎日 (ウィングス・コミックス・デラックス)坊主DAYS2 お寺とみんなの毎日 (ウィングス・コミックス・デラックス)
著者:杜康 潤
新書館(2011-05-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

「お前どうする? この寺継ぐか?」
禅の宗派のひとつ・臨済宗(一休さんなどが有名☆)のお寺の跡継ぎに生まれた著者の兄。
子供の時に得度式(出家のための儀式)を済ませてはいたものの、
住職になる日は、ずっと遠い未来に感じていた。
だが14歳のある日、その“未来”の決断を突然迫られる事態が……。
兄の幼少時代から住職になるまでのエピソードのほか、
お寺の娘に生まれた著者の悩み、住職のお仕事、
“寺庭”と呼ばれる住職の妻の三代記や、尼僧のことなど13篇を収録。
『坊主DAYS』の杜康 潤が描く、お寺と家族にまつわるコミック・エッセイ!!

まさか第2弾が出るとは。前作がとても面白かったので楽しみにしていました。
今回は前回よりももっと深く食い込んだところを知ることが出来た気がします。
うちは曹洞宗なのですが、臨済宗とは似てい・・・ますよね?(自信がない)
毎月、月命日にうちにもお坊さんが来ますけども、知らないことがいろいろ勉強になりました。
まさか、お坊さんが給料制だとは!(そこから?)坊主丸儲けだなんて、どこから来た言葉なの!ぷんぷん。丸々もらえるとは思っていませんでしたけど、給料制で副住職はそれだけでは生活が成り立たない人もいるだなんて知りませんでした。
杜康さんが学生の頃、クラスメートが言った何気ない言葉。酷いですね。何気なくいったんだろうけど、許せません。
お寺は公共のものだから、住職が不在になると家族が追い出されるなんて知りませんでした。杜康さんのご家族は、親族と檀家さんに恵まれていたんですね。10年も待っていてくれたなんて。お父様の葬儀の場面は感動しました。
お兄さんも本当にいろいろ大変だったんですねぇ、若いときから。
そして人生の決断を14歳でしなければならないなんて。
お兄さんは淡々と考えられていたようですが^^;それでもすばらしいと思います。
それに般若心経を読む小学生って凄い^^;
でも私も7歳からお経を聞いているからか、1ページ丸暗記しちゃった部分があるんですよね。一心頂礼〜から始まるお経なんですけど。最後まで言えます。
仏教系大学って面白そうですね。(っていう言い方も微妙ですが)授業は受けてみたいです^^
そして、住職やお寺を支える奥様方!寺庭さんって言うんですね。おばあちゃんもお母さんもお姉さんも、いろんな困難を乗り越えられているんですね!
感動です^^
ぜひぜひ、第3弾も出してほしいなぁ。
勉強になりましたし、面白かったです!

〈新書館 2011.5〉H23.7.18読了

40歳!妊娠日記 太田垣晴子3

40歳!妊娠日記40歳!妊娠日記
著者:大田垣 晴子
文藝春秋(2011-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

セイコ、40にして出産。妊娠中にリアルタイムで綴ったプライベートのセキララ絵日記を公開。

太田垣さんのイラスト等はちょこちょこ拝見していましたが、本を読むのは初めてでした。年齢も結婚されているかも知らなかったのですが、やっぱりタイトルに惹かれて読んでみる事に。
私は今のところ結婚も出産も予定はないけど、やっぱり早く産んでしまった方がいいんだろうなぁと思ったのが率直な感想でした。
高齢出産ってリスクが多いと聞きますが、具体的にどう高いのかって言うのがちゃんと分かっていなかった気がします。
日記は、世に出すものではなく本当に自分の日記だから、書かれている内容はもの凄くリアル。流産された事も書かれていました。よくイラストで残されていたなぁと思います。ショックでしょうに・・・。
でも、流産して1ヶ月後とかもの凄く早い段階で妊娠する事ってあるんですね〜。びっくりです。
読んでいて思ったのは当たり前ですけど、妊娠・出産って大変なんだなぁ・・・と言う事ですね。検診も高いですねぇ・・・。太田垣さんのおっしゃるとおり国は何か考えた方がいい気が。少子化は進むし。

〈文芸春秋 2011.4〉H23.6.22読了

この世界の片隅に こうの史代5

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
著者:こうの 史代
双葉社(2008-01-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)
著者:こうの 史代
双葉社(2008-07-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)
著者:こうの 史代
双葉社(2009-04-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

<上>平成の名作・ロングセラー「夕凪の街 桜の国」の第2弾ともいうべき本作。戦中の広島県の軍都、呉を舞台にした家族ドラマ。主人公、すずは広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑う。しかし、一日一日を確かに健気に生きていく…。
<中>すずも北條家に嫁ぎあくせくしてる間に、ようやく呉の街にも馴染んできた。リンさんという友達もできた。夫婦ゲンカもする。しかし戦況は厳しくなり、配給も乏しく日々の生活に陰りが…。そして昭和20年3月、ついに呉の街にも大規模な空襲が! 戦争という容赦のない暗雲の中、すずは、ただひたすら日々を誠実に生きていく。
<下>昭和の戦中。広島市から軍都呉市に嫁いだすずは、不器用ながら北條家に徐々に溶け込み日々を過ごす。やがて戦争の暗雲が周囲を色濃く染めていく。大空襲、原爆投下、終戦。歴史の酷い歯車が一人の女性の小さな世界をゆがませていく。そして…。

ドラマ化されるニュースを見て存在を知り、読みました。
以前「夕凪の街 桜の国」を読んでいたのですが、更に細部まで調べられていて、上中下巻一気読みでした。
戦争は怖いもの、辛いもの、あってはいけないもの。それはわかっていても当時はどんな生活だったのか、そして具体的にどう辛く怖いものだったのかは勉強していてもわからないし、深い部分は怖くて知りたくないと言う思いも正直あります。
以前広島に行ったときに、広島平和記念資料館に行ったんです。原爆の歴史や被爆者の方々の写真がありました。ちゃんと見なくてはと思ったのですが、怖くて目を背けてしまったところもあります。
戦争を知らない世代ばかりになってきているけど、風化させてはいけないんですよね。
ただこの作品は、戦争そのものではなく、日本で暮らしていた人々の日常の生活が描かれていました。
空襲に怯え、それでも物がない中一生懸命に知恵を絞って生きている姿にうるっときました。
主人公のすずは絵を描くことが好きで、集中すると周りが見えなくなるちょっとぼーっとした女性だけど、とっても一生懸命で可愛らしい人でした。
明るくて前向きで、素敵でした。
その前向きさが、この作品を温かいものにしてくれているのだと思います。
ドラマのキャスティングを見たけれど・・・。う〜ん。いいと思う部分と突っ込みどころ満載の部分と・・・。基本的に映像化が嫌いな私が考えても悪い事しかいえないと思うのでやめておきます。

〈双葉社〉H23.6.19読了

ONE PIECE  59巻

ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)
著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
発売日:2010-08-04
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

今更ですみません・・・。読みましたよぉ。
ワンピースは弟が買っていて、ひとり暮らしなので読み終えてからじゃないと読めないんですよねぇ。
という事で今更。
私、初めてです。
マンガを読んで号泣したのは!
同じくワンピースでうるうるしたことはありますが。
(たしかチョッパーが仲間になるくだり)
もうもう涙が止まりませんでした。
何度見返しても泣いてしまいます。
我慢できずにアップしてしまいました。
ワンピースは一時休載していて、復活したらしいですね。
最終章だそうで。
某検索サイトのニュースのせいで、結末をバラされてしまったのだけど、それでも涙が止まらなかった。
これから仲間達と再会できるのかな。
いずれにしても、早く読みたいです。

天才ゆずぽん。 こゆず5

天才ゆずぽん。
天才ゆずぽん。
クチコミを見る

ゆずのすけは、キュートで元気な5歳の男の子。
でも、そんなゆずの趣味は、難読漢字を覚えることと、世界地図を“熟読”すること!
1歳にして文字と数字を習得し、
2歳でアルファベット・パズルに夢中、
3歳のとき世界地図・九九を丸暗記し、
4歳で世界の国旗を完璧マスター、
5歳にして難読漢字マニアとなった、
驚くべきちっちゃな天才くんの爆笑な毎日を描いたコミックエッセイ。
「鬱金香」「風信子」「魑魅魍魎」「虱」「莫三鼻給」といった難読漢字は朝飯前!
という勉強おたくぶりは、大人も顔負けです……。
そんな、実在する“ゆずのすけ”のマニアックな日々がまるごと1冊、楽しめます。
ゆずのすけ作・超マニアックな難解漢字クイズ付き。

以前、平成教育学院で転校生としてゆずのすけ君と言う子が登場したのですが、なんと史上最年少で漢検1級に合格した凄い子なのです。
実際、漢字の問題だと1級を持っている芸能人も、ほぼ1級の^m^宇治原君も勝てなかったんです。
一緒にお母様がいらっしゃったのですが、お母様が漫画家でゆずのすけ君のことを書いているマンガエッセイがあると知り、読んでみました。
どこの図書館にあるかしらと検索してみましたが、北海道の図書館では、道立図書館にしかなかったです^^;
で、相貸で借りました。
このエッセイは5歳の頃のゆずのすけ君です。
でも、5歳でも脅威でした。
記号や数字や漢字が大好き。パソコンを自分で自由に動かし、様々な文字を発掘する。
子どもって無限大なんだなぁと思いました。
大人がここまでって決めちゃいけないなと改めて思いました。
好奇心がここまで成長を生むのかとびっくりしますね。
でも、私が良いなと思ったのは、いつでもどこでも問題を出すゆずのすけ君に対して、お父さんもお母さんもちゃんと向き合って答えてることです。
そして、ゆずのすけ君から教えてもらって勉強をしている事だと思います。
上から目線じゃなくて同じ目線なのが良いなって。
平成教育学院でも、たまにいうひどい発言は周りの大人たちに言わされていることだったし、「テレビに出ている人たちと一緒に出れて嬉しかったです」ってちゃんと言っていたし、マンガも読むと言って、何を読むの?と聞かれたらお母さんの本とか。って健気な事も言うし。
とってもいい子だったんですよ^^
続編として小学生のゆずぽんも見たいなと思いました。

〈メディアファクトリー 2007.9〉H22.8.1読了

坊主DAYS 杜康潤5

坊主DAYS (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)
坊主DAYS (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)
クチコミを見る

日本では禅の宗派に属する、臨済宗。(一休さんなどが有名☆)
その寺の住職である著者の兄の修行僧時代を中心に、お寺のこと、お坊さんの衣食住などをわかりやすく描いた、日本初の坊主コミック・エッセイが登場!
さらに、急にお葬式に行かなければならない時、またはお葬式を出す側になった時に知りたい、マナー、お葬式やお墓の金額相場、仏壇の祀り方など『すぐに使える! お役立ち仏教マナーガイド』も収録!
知っているようで知らなかった、お坊さんの世界がここにある……!!

図書館で司書さんの間で話題になり、予約してみました。
お寺に行く機会はありますし、住職さんと話す機会もありますけど、裏側はあまり知らないなぁと読んでいて思いました。
著者の家が代々続く臨済宗のお寺で、生粋の住職家庭。
お父様はすでに他界されており、著者のお兄さんが継ぐ事になっていました。
始めはお兄さんが修行に行くまでがチラリとかかれており、それ以降は修行についてが書かれていました。
宗派によって異なるとは思いますが、過酷ですね。
人間の全てを超越している気がします。幻覚まで見えているなんて・・・もう何も怖いものはないですね。
修行は過酷だと思いますが、それを超えて一人前とみなされた時は本当に嬉しいんだろうなと思ったり。
人間関係も面白いですね。アイドル老師がお気に入りです^^
最後の結婚式は素敵でした。
仏前式は指輪ではなく数珠交換なんですね。勉強になります。
でも、自分の見た目より奥さんのドレスが期待という希望を叶えたお兄さんは素敵です。
そして、二次会・・・。お茶目なお坊さん達ですね^^
面白かったです。(面白いと言って良いのか・・・)
続編とか・・・ないかな^^;

〈新書館 2009.12〉H22.8.1読了

日本人の知らない日本語1,2

日本人の知らない日本語
日本人の知らない日本語
クチコミを見る

日本人の知らない日本語2
日本人の知らない日本語2
クチコミを見る

<1>
日本語ってこんなふうになってたのか!?
思わず「ほ〜っ!」の日本語、再発見コミックエッセイ登場!
日本語学校に集まるマジメな外国人生徒たち。
そんな彼らの、外国人ならではの日本語の使い方やギモンの数々は、私たち日本人も知らなかった日本語の一面を教えてくれます。
<2>
お待たせしました!!大ベストセラー『日本人の知らない日本語』第二弾が登場です。
ファンも多かったルイ君(オタクのフランス人)、ジャックさん(日本語堪能)をはじめ、新キャラクターが大活躍。学生さんたちもパワーアップして、凪子先生も大忙し・・・。今日も日本語に関する珍問奇問に答えます!!思わず爆笑、そしてためになる日本語コミックエッセイです。

ちょっと前に話題になった本ですね。以前本屋で立ち読みしていたら笑ってしまい、変な人に見られたかなと思い急いで退出した記憶が。
日本人は日本語に慣れているから、一から勉強する外国人はこういう部分を疑問に思うんだなと凄い視点にびっくりしたり、日本人よりも丁寧な日本語を使う人もいたり、ある分野のオタクであるために正しいけど使わない日本語を使っていたり、個性的な人がとてもたくさんいるんだなと面白く読みました。
日本語を学びたいと言う熱意は一緒だけど、国はバラバラなんだから、みんな全然違うのは当たり前ですよね。
何だか変な日本語を使っちゃう時もあるけど、でもそれは真面目さゆえに出てきてしまう言葉だったりして、読んでいるだけで生徒の皆さんに愛着を感じてしまいました。
先生も一生懸命勉強して答えるから、生徒にも人気があるのだと思います。
怪我して入院した時は、みんながお見舞いに来てくれたり、神社へ遠足に行ったときは生徒が先生の結婚を願っていたり。何だか素敵な関係で羨ましいです^^
でも本を読んでいて、日本人の言葉の使い方が改めて変だなと思い、日本に憧れてきた人たちに対して申し訳なかったり恥ずかしかったり・・・。
特にバイト語は私はイライラします。「○○になります」「○○円から頂戴いたします」「〜で、よろしかったでしょうか」「〜の方は」など。
でも、私も使っているかもしれないので、気をつけてはいるのですが。
言葉の勉強にもなって、とても面白かったです。覚えているかどうかは別ですけども。
でも、この本、ドラマ化されますよね。
いくらベストセラーだからって、何でも映像化すりゃ良いってもんじゃないと思うんだけど。
怒りを通して呆れました。

〈メディアファクトリー 2009.2 2010.2〉

ボクの一生はゲゲゲの楽園だ マンガ水木しげる自叙伝 1〜6

ボクの一生はゲゲゲの楽園だ〈1〉―マンガ水木しげる自叙伝
ボクの一生はゲゲゲの楽園だ〈1〉―マンガ水木しげる自叙伝
クチコミを見る

最近水木先生の自伝やら何やらをやたら読んでいる気がします^^;
全6巻のこの本は、水木先生が御自身の半生を描いたマンガです。
いや〜・・・只者ではないですね。少年時代も凄いですし、1番長く書かれていた戦地での事。現地の人と仲良くなって食べ物をもらっていたとか凄すぎます。しかも片腕を切って傷口にウジがわいていたり、マラリアに2回罹ったりしているのに後遺症なく完治しているとか凄すぎます。
奥さんの事も書かれていますが、さらーっと書かれていただけでしたね。
やっぱり奥さん目線と旦那さん目線は違いますね。
時折現実なのか夢なのか分からなくなるところがありますが。
水木先生が言ったら全部本当のようですね。
今、ドラマはもう見ているのが辛いくらい大変な暮らしなのですが、7月に入ったら新展開になるようで。
ますます目が離せません^^

ガラスの仮面

ガラスの仮面 第24巻 (白泉社文庫 み 1-38)
クチコミを見る

私は文庫本サイズの方を集めているため、本当にほんっとうに待ちましたとも。
23巻がいつ出たのか確認したらなんと1999年。世紀が変わってるじゃないですか^^;11年前ですよ、びっくり。そんなに経つか。
私が読み始めたきっかけは中学生の時。何故か中学校の図書館に文庫本サイズのガラスの仮面があって。
しかも1〜9巻までと19〜21巻とかものすごく中途半端で^^;
結局買ってしまったという・・・
でも、買ってよかったと思います。
ずっととっておきたい作品です。
大好きな作品です。
何度も何度も読み返しちゃいますねぇ。
にしても。以前にも増してマヤと速水さんの恋の行方がもどかしくって!
好きどおしなんだから一緒になっちゃえばいいじゃん!付き合っちゃえばいいじゃん!11歳の歳の差が何さ!と、言いたくなる^^;
桜小路くんには悪いけども^m^
この後もとても気になるので、是非とも今度は早い刊行を望んでおります。

どーにかしたい!

a0097eec.jpg




「うちの弟をジャニーズに入れたる。」大いなる野望を抱き、いたいけな弟・優羽の英才教育に青春のすべてをかける千明。そして、ついにきたオーディションの日、彼女を意外な人物との再会が待っていた――

何だか思い出してしまって、記事にしました。
この作品は13年前に1巻が発売されたので、結構前です。全6巻。
なんと、ジャニーズ事務所が公認・協力しているという業界初の漫画なのです。
弟優羽くんはとってもかわいらしくてジャニーズ顔なのですが、引っ込み思案で内気。とてもテレビに出られるような性格の子じゃないんです。
でも、お姉さんのために頑張ります。最初はお姉さんの独りよがりな感じもありますが、優羽も辛くて大変な経験をたくさんして成長していきます。
そして、ジャニーズに入るので、実際のジャニーズの方々もちょいちょい登場します。
13年前なので、主にTOKIO、V6、kinki kids。あとはその頃に人気だったジュニアですかね。小原君とか原君とか。
各巻の最後にコンサレポやインタビューがあるのですが、懐かしいんですよ〜。
1巻の最後にはその頃人気だったジュニアが紹介されているのですが、V6の剛健も紹介されてるんですよ!まだV6がデビューしてないんですよ。
健君と剛君。あとは原君、佐野君、翼君。翼君なんて14歳ですよ。剛健も16歳。
面白いですよ^^優羽や千明と実際のジャニーズの人たちが会話してるのがまた面白いです。
漫画のストーリーも面白いです。なかなか感動的です。
優羽君の成長物語であり、千明の恋物語でもあります。
あ〜…なんだか読みたくなってきた。でも、売っちゃったんだよなぁ^^;

ダーリンは外国人 with BABY 小栗左多里4

ダーリンは外国人 with BABY

トニー&さおりに赤ちゃん誕生。こんな子育てやってます。
200万部突破、『ダーリンは外国人』シリーズ最新作。
1 お腹の中に、生命体が!(決心
喜びと不安で出発 ほか)
2 そして全ては始まった!(運命の日!役に立ちたい、立ち会い ほか)
3 手さぐりの毎日(名前の由来
演じてこそ「音楽」 ほか)
4 進化していく息子(何語で話そう?
母語?…どちらのほう? ほか)
子連れで海外(飛行機を乗り切れ!
おすすめスポットin New York ほか)

最新刊を本屋で発見し、即購入でした。
子育て奮闘期が描かれています。
私は妊娠した事がないから分からないけど、自分のお腹の中に生命体がいるというのはやっぱり不思議なんだろうな。
私の母、よく3人も産んだな・・・。尊敬します。
でも、やっぱり、いつの日か自分の好きな人の子どもを産みたいなとも思う。
そして相手は、トニーさんのように協力してくれて、一緒に考えてくれる人がいいな。
私の父がもの凄く協力的で、子どもが大好きな父だからそう思うのかもしれないけど。子どもが20歳を過ぎた今でも、昔を思い出してタレ目になるからね。
早く孫を生んで親孝行したいとも思います。

〈メディアファクトリー 2008.3〉H20.3.16読了

夕凪の街 桜の国 こうの史代5

夕凪の街桜の国

オススメ!
昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。
ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。
最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか…、原爆とは何だったのか…。
漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。

映画化された原作です。
100ページに満たない短いストーリーなのですが、内容はとても重たいです。
時代が3つに別れています。
1部は昭和30年、2部は昭和63年、3部は平成16年です。
原作の中にもありましたが、広島や長崎に住んでいる以外の方々にとって、原爆は昔の話になりつつあると、私は思ってました。
でも、まだまだ終わっていないんですよね。
被爆した方々の先の先の子孫まで、関わっていく問題なんですよね。
この作品を読んで、分かりました。
映画は気になっていたのですが、観にいっていません。
やっぱり観ればよかったと、この本を読んで思いました。
ちょっと怖いかもしれないけど、小中学生に読んでほしい作品だと思いました。

〈双葉社 2004.10〉H19.10.21読了

喰いタン

喰いタン (1)

ニキビがあまりにも酷かったので、今日は朝から皮膚科に行ってきました。
道路は混んでるし、病院も11人待ちの1時間待ち。
いやはや参った。
最初は自分が持っていた本を読んでいたんですけど、その病院にたくさん漫画が置いてあったんです。
で、「喰いタン」を読みました^^
ドラマ見てたし、4月から、ドラマのパート2が始まるしね。
ストーリーって、ドラマと全然違うんですね。
剛君の役はオリジナルだったし^^;
緒方刑事は女性になってるし。
っていうか、設定そのものが違うし。
それはそれで面白いんですけどね。
漫画も面白いですね・・・。
高野さんがドラマ以上に食べるし、バカっぽいし^^;
でも、頭が切れるんですよね〜。
途中までしか読まなかったんですけど、まだ読みたいです。

光とともに・・・4

光とともに… (10)

漫画です〜。
でも、大学図書館に所蔵してあるんです。
漫画が置いてある、と思って、気になって手にとって読み出したのが最初でした。
最新刊は10巻です。
ご存知の方も多くいらっしゃいますよね。
主人公の東 光という男の子は、自閉症で、人と関わる事が得意ではありません。
人の手を借りなければ、生きていけない子なんですよね。
何年か前に、ドラマ化もされましたよね。私は見なかったのですが。
作者の知り合いのお子さんがモデルになっているらしいです。

みなさんは、自閉症ってどういう病気だと思いますか?
名前を聞いたら、何だか鬱状態だったり、自分の殻に閉じこもってるって言う印象がありますよね。
でも、違うんです。
先天性の脳障害なんです。
自閉症と診断された光君と、家族の物語です。
1巻は生まれた時から始まります。
それから幼稚園に入園して、小学生になって、10巻では中学生になってます。
今も続いてるんですよね?
最初は読むのが辛かったんですよね。
親にすらなかなか心を開かず、言う事を聞かない。
人は、親の育て方が悪いといって、親(特に母親)を責める。
母親が泣いてばかりで可哀相で、最初は旦那さんも責めるんです。
でも、自閉症だと言う事を知り、たくさんの人に支えられながら光君を育てていくんです。
お父さんも一緒に。ここポイント。
お母さんは、普通学級の教室にも度々行き、自閉症について説明をしたり、「光通信」という新聞を作り、光君のことを父兄の人にも伝えたりしてます。
こんなに親が努力していても、分かってくれない人や理解してくれない人がいるんですよね。
「障害者」っていう言葉が、ずしりとのしかかる作品です。
でも、お母さんはめげません。いつも前向きに頑張ってます。
周りの人たちが、ちょっと手助けするだけでも、大分状況は変わってくると思うんですよね。
前に、バスに乗っていたら、近くの知的障害者施設に通所している人が数人、乗車していたんです。職員さんも一緒でした。
下りる際に、カードの通し方が分からないらしく、下りれない状態になってたんです。
そこで、私は運転手が、カードの通し方を教えてやれば良いじゃないかって思ったんですよね。
職員さんは一人しかいないから、すぐに手助けできるわけではない。
別に難しいことじゃないですよね。「ここに通すんだよ。」って、教えたら良いんですから。
これは高齢者にでも一緒だと思うんですけどね。
やり方がわかるのが当たり前だと思って、投げやりな感じで教える人もいるんです。
やっぱりそれは、ないなって思うんですよね。
少しでも手助けしていく環境があれば、障害を持っている方も、その家族も、こんなに苦労しないのになぁ。って、思うんですよね。
綺麗事でしょうか・・・。

かんたん!勝負ごはん 小栗左多里5

かんたん!勝負ごはん

「母に習えばウマウマごはん」に続く料理コミックエッセイ第2弾。
昔から食べている和食を現代風にアレンジ。
そのおいしさの秘密とは。
手軽で作りやすいメニューを中心に、料理に初挑戦したトニーのレシピも公開。

小栗さんの料理レシピの最新刊です〜^^
相変わらずお母様は素敵だね!
結構手軽に作れそうな感じ。
凄くおいしそうだし、お母様の料理のコツも書かれてる。
作ってみよう^^


〈ヴィレッジブックス 2006.9〉
自己紹介
苗坊と申します。
生まれも育ちも生粋の道産子。読書とゲームとマラソンとV6を愛してやまないオーバー30です。47都道府県を旅行して制覇するのが人生の夢。
過去記事にもTB、コメント大歓迎です。よろしくお願いいたします。
Categories
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス解析
記事検索
Recent Comments
ブログリスト
カウンタ





  • ライブドアブログ