苗坊の徒然日記

読書とV6をこよなく愛する苗坊が気ままに書いてます。 お気軽にどうぞ。

マラソン・駅伝

マラソングランドチャンピオンシップ

ついに今日、東京オリンピックのマラソン選考が行われました。
一発勝負のオリンピック選出選考。新しいですよね。ドキドキして見ていました。
男子はスタートした瞬間から設楽選手が飛び出して行きましたね。
公言していましたがここまでとは思いませんでした。予想通りの予想外とアナウンサーが表現していて、言い得て妙だなと思いました。1キロ3分を切るペースなので凄く早いわけではないですがスタート時点で気温が24℃で湿度も高かったので、大丈夫かなぁとは思っていました。
井上選手も最初は2位集団にいましたが、中盤から失速していましたね。
スタート後は結構気温も上がりましたし、予想以上にペースが上がらない選手も多かったのかななんて勝手に思っています。
テレビでもほかの媒体でも4強4強うるさかったので←他の選手も頑張れと願ってました。
いやー!ラスト7キロは面白かったですね!しびれました!
設楽選手を抜いてからの集団の探り合いは本当に観ものでした。
中村選手の粘りは見事でしたね。でも、中村選手ってそういうイメージです。最後まで粘って粘って粘り続ける。そんなイメージ。4年生の時だったか箱根駅伝で1区を走った時にラストデットヒートで一度話されかけたんですけど先頭に追い付いて追い越して区間賞を獲った時がありました。今回もまさにそうで。
中村選手がゴールした後に大八木監督が笑顔で抱擁していたのが凄く嬉しくて泣きそうになりました。
二人三脚で目指したオリンピック。出場が決まりましたね!おめでとうございます!
そして2位は服部選手!大迫選手とデットヒートをして3位だったからそれで順位は決まるかと思ったのですが、服部選手はそのあと抜き返して2位になってました。あの執念!素晴らしかったです。
大迫選手は3位。確定はしませんでしたが選ばれた選手の中で3位なんですからやはりすごいです。
設楽選手は途中失速して最後は14位。それでもやはりあの果敢な攻めは素晴らしかったです。オリンピック自体もその気迫が無ければ海外選手とは闘えないですもんね。
他の選手たちも最後まで諦めずに走っている姿が素晴らしかった。
こんなにドキドキした大会は久しぶりだったと思います。
皆さま、本当にお疲れ様でした。

東京マラソン2019

いやー…色々あった大会でしたね…。
まずは出場した皆さま、雨という悪天候の中、本当にお疲れ様でした。
招待選手ですでにMGCを獲得している選手もいましたし、大迫選手も東京マラソン初出場ということで取り上げられていましたけど、やっぱり天候って大きく影響してきますよね…。
個人的には同い年の今井選手をずっとずっと応援してきていたので今回の結果は本当に嬉しかったです。
かつて東京マラソンで当時歴代6位の記録を出した時、私は大泣きして見ていて^^;それから世界陸上の出場権も獲得して、リオオリンピックに出場して…と楽しみしていました。でも、それが叶わなくてMGCの獲得もあと一歩ということがあって…勝手に心配していたんですけど、自分の体力や体調をちゃんと見直して、前を見据えていたんですね。
割と早目に日本人の集団の後方にいたので自分のペースを守っているのかなと思っていましたがやはりそうで。後半じわじわ上がってくる姿を見たときはホント大泣きした時以来泣きました。大泣きじゃなかったけど^^;
日本人2位でゴールしてMGCの出場権を獲得している姿を見て本当に嬉しかったです。おめでとうございます。
そして中央大学の堀尾選手!すごいですね。初マラソンで日本人トップ!素晴らしい走りでした。
4月からトヨタだそうですね。走りを楽しみにしています。
最初先頭集団にくらいついていた大迫選手、佐藤選手、中村選手は残念な結果となってしまいましたが、この経験もきっと大切なはずで。MGC出場権を獲得しているからこそ挑戦できたということもありますよね。佐藤選手が給水を取れなくて大迫選手が自分のボトルを渡すシーンは素敵でした。2人は被っていないけど佐久長聖高校の先輩後輩なんですよね。まあ、そう言うの関係なく取れなかったのを見て手渡したのだと思いますが。
大迫選手は大丈夫でしょうか。肩を震わせて歩いている姿が心配でした。誰かタオルか何かかけてあげればいいのに…。大迫選手は日本の宝なんですよ?分かってる?
あとはカロキ選手が2位だったのも嬉しかったです。世羅高校で走っている時から見ているので大きくなったね…と気分は近所のおばちゃんでした^^カロキ選手も東京五輪で走ってほしいです。
本当に皆様お疲れ様でした。

第95回箱根駅伝復路

6区
トップの東洋大今西選手が攻めの走りをしていましたね。2位の東海大の中島選手も良い走りでした。
通常だとトップと5分以上差がある大学をあんなに実況することはないと思いますけど、青学の実況も多かったですね。トップとの差が分かるたびにアナウンサーが碓井さんに聞いてましたけど、碓井さんが困惑してた気がするのですが…。まあ、今までの事を考えると仕方ないんですかね。青学がよく映っていましたけど、その前に國學院も駒大もいるんですけどね。全然映してくれなかったですね…。
東洋大は抜かされることなくトップで襷リレー!東海大も2位!2人とも素晴らしい記録でした。
駒大が順位を上げて3位で襷リレー!…って!いつ順位変わったの?実況で言いました?区間記録も大事だけど、順位変動だって大事じゃないのかな…。
それにしても6区は1時間を切るのが当たり前のような時代になったんですね…。
7区
いやー!ここでトップ争いが行われるとか何年振りでしょうか。見ていて面白かったです。
東海大の阪口選手は前評判も抜群でしたからねー。素晴らしい走りでした。東洋大の小笹選手も悪くはないと思うんですけどね…。青学の林選手の走りは流石でした。
シード権争いも熾烈になった来ました。明大が中央学院を抜いたと思ったら抜き返しましたよね!本当に勝負はどうなるか分かりませんね。
8区
4秒差だったトップとの差はすぐに縮められ、ずっと東洋と東海は並走していましたね。渡辺監督が監督も相手に戦略がばれるから指示を出しづらいと言っていました。ずっと並走していてそれが牽制になると後ろから青学が来るぞと心配になってました。
でもそんな心配は杞憂でした。遊行寺の坂手前から東海大の小松選手が出ましたね!小松選手は東海第四高校出身の道産子!俄然応援したくなります←そして1番古い区間記録を16秒も更新!1時間3分49秒で22年振りに区間記録を更新!素晴らしい!素晴らしい記録です!!おめでとうございます!
そして反対に上武大学と城西大学は繰り上げスタート。上武大の岩崎選手も道産子だったんですね…。お疲れ様でした。
9区
東海大と東洋大の差が更に広がっていきましたね。詰めていくかと思ったのですが…。湊谷選手は今シーズンはあまりよくない印象でしたけど、トップだったからもあって自分のペースで走れている感じがしましたね。良い走りでした。そしてここまでくるとやはりシード権争いが熾烈ですね。常連の早大や日体大がシード権外。明大、日大も良いところまではいっているけど…。順位の変動がまだまだありそうでした。
10区
ここで2位と3位が変わるとは思いませんでした。青学はさすがですね。
往路優勝東洋大、復路優勝青山学院大、総合優勝東海大、すべての優勝が異なるのはテレビでも言っていましたが第82回大会以来です。その時は往路優勝順天堂大学、復路優勝法政大学、総合優勝亜細亜大学でした。この時は山の神と言われた今井選手が3年生で5区でまた素晴らしい記録を出し、総合優勝もするかと言われていました。でも、9区で脱水症状が起き大ブレーキ。結果総合4位でした。言い方があれですが、復路は上位にいた大学がどんどんペースが落ちて行ったことでペースを守り続けた亜細亜大学が優勝したという形でした。でも今回は違います。やはり青山学院大の底力を感じました。区間賞は東海大は8区の区間新記録の小松選手のみ。でも、他の選手たちもみんな区間2位か3位。それが勝因だったと思います。
ということで!!
東海大学初優勝!おめでとうございます!ゴールした時、胴上げするよりも前にみんなで一礼しているのが良いなと思いました。監督の胴上げ、めちゃくちゃ飛んでましたね^^ダイエットしたかいがありましたね。本当におめでとうございます!
2位は青山学院大学。やはりすごかった。8、10区以外は区間賞。凄すぎですね。
3位は東洋大学。11年連続3位以内。素晴らしい記録でした!
4位は駒澤大学!去年シード落ちだったのにちゃんと戻ってきてくれました。嬉しかったです。
5位は帝京大学!素晴らしい走りでした!
6位は法政大学!2年連続シード権獲得!
7位はなんと國學院大学!今までの最高順位だそうですね。7年振りシード権獲得!おめでとうございます。
8位は順天堂大学!2年ぶりのシード権獲得。塩尻選手が最後の年に良かったです。
9位は拓殖大学、2年連続シード権獲得は初めてみたいですね!
10位は中央学院大学!こちらは5年連続シード権獲得だそうですね。おめでとうございます。
11位は中央大学で12位は早稲田大学。惜しかったですね。でも、シードを落とした後でも、少しでも前へと走ったラストスパート!かっこよかったです。
13位 日本体育大学
14位 日本大学
15位 東京国際大学(大学最高順位)
16位 神奈川大学
17位 明治大学
18位 国士舘大学
19位 大東文化大学
20位 城西大学
OP 関東学生連合
21位 山梨学院大学
22位 上武大学
皆様本当にお疲れ様でした!

第95回箱根駅伝往路

毎年恒例箱根駅伝。今年は95回の記念ということで学生連合を含めて23チームがエントリー。
本当にたくさんのドラマがありました。復路もまだまだ分からないですね。
1区
スタートしてわずか数百メートルで大東文化大の新井選手が転倒。最初、足を引きずるように走っていたので棄権かと思っていましたが、最後まで走り切り時間も間に合ってタスキを渡すことが出来ました。新井選手は卒業後も実業団(サンベルクス)に進まれるみたいなので、後遺症が残らないことを祈るばかりです。そして大迫選手がおっしゃったように、このことを美化してはいけないんですよね。肝に銘じます。そして個人的に応援していた東大の近藤選手。ようやく走れました…!よかったです。区間22位だったけど、走り切ったことがもう素晴らしい。実業団でも頑張ってください。
区間賞は2年連続で東洋大の西山選手。大迫選手以来ですねと言われてにこっとしてたのが印象的でした。可愛い。そして中央大の中山選手も素晴らしかったです!一般入試で入学して、同学年の堀尾選手が雲の上の存在だと言っていたのに、二大エースになるんですから本当に凄い!感動しました。
そして駒大ですよ…片山選手が最後何人か抜いたのに次の走者がいない。10秒くらいのロス…もう何やってるんだよと思いましたけど、一応ちゃんとつながってよかった…。
2区
花の2区。区間賞有力候補の順大塩尻選手、拓大デレセ選手、日大ワンブィ選手、みんな後方にいたので^^;ごぼう抜きが凄かったですね。外国人留学生がライバルは?と聞いてみんな同じ留学生を上げるけど最後に「シオジリ」と言っていたのが印象的で、そしてやはり塩尻選手はすごかった…。ワンブィ選手に区間賞は譲りましたけど、区間2位の素晴らしい走りでした。そして東洋大の山本選手。目力もすごいし気迫もすごかったです。区間4位の力走でした。
そして気になったのは早稲田。4位でタスキリレーをしたのに18位に後退。トップでタスキを渡したのは国士舘大学!トップで渡すのは46年ぶりだったそうで!びっくり。でも素晴らしい走りでした^^
3区
青学の森田選手が欠場かと言われていたのにエントリーされるし区間新記録を出すしビックリでしたね。東洋大の吉川選手もよく8秒差まででこらえましたよ。明治大学の阿部選手と帝京大学の遠藤選手も素晴らしかったですね。遠藤選手なんて1年生!今後とても楽しみな選手ですね。駒大もじわじわ順位を上げて3位でタスキを渡していました。ここはさすがですよね。
4区
青学と東洋が8秒差だったのにすぐに抜いて、東洋大の相澤選手ぶっちぎりでしたね。気温も上がってきたし、最初から飛ばしていたから心配してたんですけどさすがでしたね。逆に青学の梶谷選手のペースが上がらなくてだんだん差が広がっていきました。あそこまで広がるとは思わなかったですね。東海大の館澤選手もさすがの走りでした。東海大はスピードランナーのイメージなんですけどその印象も覆すくらいの素晴らしい走りでした。帝京大の横井選手も素晴らしかったし、後方にいた早大の清水選手や大東大の奈良選手も素晴らしかったです。
5区
東洋の田中選手も悪くなかったんですけど、すごい選手がたくさんいましたね。東海大の西田選手もすごいし前評判通りに法政大の青木選手もすごかったし、更にそれを上回る國學院大の浦野選手も素晴らしかった。まずは東洋大学往路優勝おめでとうございます!今回も盤石でしたね。2位は1分14秒差で東海大!東海大は關選手と阪口選手が残っていますからまだまだ優勝を狙えますよね。17キロ痩せた両角監督を胴上げすることも夢ではないです!3位は國學院大!!最高位は6位だったそうなので最高記録を更新するか楽しみです。4位は駒大!色々ありましたけど、よくここまで上げましたよ…。目標は3位以内という事なのでぜひ、3位以内に入ってほしいです。5位は法政大!5区の青木選手の走りも見事でしたが誰もブレーキにならなかったこともよかったんですよね!6位は青学。この位置は意外でした。どこまで前に行けるか。7位は順大!順大も失速もありましたが塩尻選手の区間2位の記録もあるし5区の山田選手も区間4位でした。復路はどこまで行けるのか。楽しみです。
復路の展開もトップと差があまりない分楽しみですね。

往路優勝 東洋大学
2位 東海大学
3位 國學院大学
4位 駒澤大学
5位 法政大学
6位 青山学院大学
7位 順天堂大学
8位 拓殖大学
9位 帝京大学
10位 中央学院大学
11位 明治大学
12位 中央大学
13位 日本大学
14位 国士舘大学
15位 早稲田大学
16位 日本体育大学
17位 東京国際大学
18位 神奈川大学
19位 城西大学
20位 上武大学
21位 大東文化大学
22位 山梨学院大学
−  関東学生連合

ニューイヤー駅伝2019

1年で最初の大会!今年も色々なドラマがありました。見ごたえがありましたねー!
1区
最初はみんな牽制していてスローペースでしたね。そのせいか団子状態だったのでトーエネックの服部選手が転倒した時はヒヤッとしました。すぐに立て直して走っていたけど、大丈夫だったかな…。最後飛び出したのは九電工の中村選手とヤクルトの高久選手。競っていましたが最後に勝ったのは九電工でしたねー。
2区
スピード区間。申し訳ないですが外国人選手はあまり把握していないので誰が誰か分からなかったのですが^^;その中でも日本人でエントリーされていた住友電工の遠藤日向選手に期待してました。全然映っていなかったですが…。
区間賞は愛三工業のケモイ選手。2度区間賞を獲っているNTNのワウエル選手がラスト1キロで足がつったらしくて歩いているような体制でしたけど、最後まで走っていて見事でした。大丈夫だったのかな。
3区
鎧坂選手の走りはさすがでしたけど、SUBARUの牧選手の走りが素晴らしかったですね。高校を卒業して実業団に入社されたベテランさんだったみたいで。トップを守っていました。マツダの延藤選手の走りも素晴らしかったな。気になったのは日清の村澤選手。凄くペースが遅かった気がするんですけど…大丈夫かな。
4区
花の4区なんですけど…。井上選手の走りが素晴らしかったですね。もうぶっちぎり。後ろと35秒差なんてすごすぎます。私はトヨタ自動車九州の今井選手がずっと好きなのですが区間3位のベテランの走り!素晴らしかったー!区間2位は中国電力の岡本選手、同じ区間3位でマツダの山本選手。区間4位の中電工の二岡選手は今井選手に追いつかれて抜かされてからずっとくらいついていたんですよね。素晴らしい走りでした。
5区
5区も期待のランナーがたくさん走っていましたねー!面白かったのはトヨタの服部選手と旭化成の村山選手が争っていましたね。村山選手が服部選手を苦手としているのが分かりやすすぎる走りだったのが面白かったです←2人が鍔迫り合いをしていて面白かったです。区間賞は服部選手に軍配でしたね。MHPSの定形選手も区間3位でトップを守っていました。
6区
はじめは窪田選手がばーっと出て行ったんですけど、CM明けたら市田選手に抜かされて単独になってました…。映してー。で、木滑選手も粘っていましたけど最後トップを譲りましたね。でもホント、離されなかったのが凄かったです。
7区
いやー!すごかったですね!トップがずっと並走!大六野選手がきっと体力を温存しているんだろうなと思いましたけど、それでも最後まで分かりませんでしたよ。解説でMHPSの皆さんが長崎出身の人が多くて、中学生の時からみんなライバルで切磋琢磨して走ってきたと聞いてもう泣きそうになりました。これで優勝したら涙涙だったんですけど…人生うまくいかないですね←
優勝は旭化成3連覇!準優勝は最高順位MHPS!素晴らしかったです!3位はトヨタ、4位は富士通、5位はコニカミノルタ。ここら辺は盤石ですね。6位はトヨタ自動車九州。毎年入賞するんだからさすがです!7位はマツダ!8位はカネボウ!こんなに上位なのは久しぶりじゃないでしょうか。おめでとうございます!13位中電工と14位の住友電工も最高位じゃないかな?素晴らしかった。お疲れさまでした。
区間賞はなんと安川電機の古賀選手!すごい!おめでとうございます!
今年もたくさんのドラマがありました。皆様お疲れ様でした!

福岡国際マラソン

服部選手、14年振り日本人優勝!!
おめでとうございます!記録も2時間7分27秒なんて本当にすごい!他の日本人選手が10分台の中、本当に本当に素晴らしい走りでした。
マラソンに関する記事をアップするのは今年の東京マラソン以来だったみたいです。
設楽選手が16年振りに日本記録を更新し、8か月後に大迫選手が更に日本記録を更新しました。明らかに男子マラソン界に新しい風が吹き、長い間燻っていた空気が一変したかのような雰囲気ですね。それが見ているこちら側はワクワクします。
今回も、日本人選手が長い間多くの選手が先頭集団にいて、素晴らしかったですね。
福岡国際マラソンは割とフラットなコースのため、良い記録が出やすいと聞いたことがあります。
でも、今日の気温は高かったみたいで、集団の人数が徐々に減って行っていましたよね。
最後まで外国人選手と競り合っていたのは服部勇馬選手でした。
ペースメーカーが付いている時はラップが3分を大幅に超えていて、随分スローペースだな、遅すぎるのも心配だなと思っていたのですが、30キロ地点でペースメーカーがいなくなってからの服部選手の追い上げがすさまじかったですね。
ラスト5キロのラップが全部3分切ってるとか凄すぎます。
今回が4度目のフルマラソン。前回までは後半で失速してしまったため、40キロ走の練習を増やして挑んだそうです。その練習の成果がまさに出ていた大会でした。
服部選手は学生時代からフルマラソンを走っていて、早い段階で東京オリンピックはマラソンで代表になりたいと言っていた選手だったので、今回の活躍は本当に嬉しいですね。更に日本人2位は設楽選手でしたから、東洋大OBが大活躍でした。更に解説で酒井監督がいらっしゃいましたから、嬉しかったでしょうね。
アナウンサーさんが「ゴールしたら解説席から飛び出して行かれてもかまいません」って言っていたのに笑って感動してました。
優勝した服部選手、7位の山岸選手、8位の福田選手が今回MGC獲得。おめでとうございます。
残りのレースは3つ。いよいよ迫ってきましたね。
更なる活躍する選手が登場することを楽しみにしています。
感動しました!皆様お疲れ様でした!

東京マラソン2018

16年振りに日本記録更新!!!2時間6分11秒!!!
いやー!歴史的瞬間を目にしましたよね!!もう感動!スバラシイ!
凄いことなんですよ。皆さん、2002年からずーっと日本記録が破られていなかったんですよ。2時間6分台もずーっと3人しかいなかったんですよ!そこで6分台が今回2人も出たんですよ!この凄さ!分かってる?ねぇ皆さん分かってる!!??(落ち着け)
ずーっと高岡さんの記録が残り続けていて、ご自身も記録を破ってほしいと言っていてようやく!本当にようやく!もうおばちゃん嬉しすぎて日本語が支離滅裂です。
終盤、井上選手が日本人トップかと思ったら設楽選手が追い上げましたねー!驚異の追い上げでした。外国人もどんどん抜き去り最終的に総合2位だし!
解説の金さんが大興奮。今まで聞いたことない叫びを聞いた気がします。聞けて嬉しい。
今回は2時間6分台が2人、2時間8分台が4人という凄まじいレースとなりました。
ここ数年ずっと日本男子マラソンは低迷していると言われ続けてきていましたけど、ようやく風穴があいた気がしました。この前から少しずつじわじわ来ていましたけどねー。
設楽選手のレース後のインタビューは大物感を感じましたし(笑)
日本人トップで走っていたにもかかわらず設楽選手に抜かされ、自身も2時間6分台だったのにずっと悔しそうな表情をしていた井上選手の表情も印象的でした。
そして個人的には佐藤選手がサブテンを達成したことがとても嬉しかったです。ほぼ同世代で、箱根駅伝をずっと沸かせていた選手。30歳を過ぎて記録を作り、東京マラソンを目指している姿を見ることが出来るのはこちらも励みになります。
箱根駅伝を沸かせた選手が活躍しているのも嬉しいですが、高校卒業後に実業団に入り、実力をつけてきた木滑選手や宮脇選手の活躍も嬉しい。もう本当に何もかも嬉しいです。
選手の皆様、お疲れ様でした!
本当に素晴らしいレースでした!!

1位 ディクソン・チュンバ ケニア 2:05:30
2位 設楽悠太 Honda 2:06:11 (日本記録)
3位 アモス・キプルト ケニア 2:06:33

5位 井上大仁 MHPS 2:06:54
7位 木滑良 MHPS 2:08:08
8位 宮脇千博 トヨタ自動車 2:08:45
9位 山本憲二 マツダ 2:08:48
10位 佐藤悠基 日清食品グループ 2:08:58

余談ですが来週はびわ湖毎日マラソン。
こちらには私の大本命。10年以上前から応援している選手が出場するので、頑張って欲しいなと思っています。応援しています。

第94回箱根駅伝復路

6区
山下りも5区の山登りのように大きく変動がありますよね。今年もそうでした。
1位と2位の差が36秒、青学は山下りのスペシャリストがいるので、6区で順位の変動があるかもな…とは思っていたのですが、本当にそうなりましたねー。
また法政大学の走りも素晴らしかったです。4位にまで上げましたもんね。
東海大も5位まで上がり、帝京大学も12位から7位に!順位を上げましたね。
7区
注目されていたのは東京国際大学の渡辺選手でしたよね。1年生ですが30歳。世界陸上も経験。大学に入学した当初は箱根駅伝で走ることは考えていなかったみたいですね。人生って分からないですね←ゲストで来ていた佐藤選手が5000mで負けたと言っていてマジすか…!と衝撃でした。
私が注目していたのは駒大の工藤選手。工藤選手がきっとシード権争いまで持ってきてくれると思っていたのですが…。それでもなんとかタスキが繋がって良かったです。体はフラフラになっていましたけど眼光は鋭くて。だからもどかしかっただろうなと思いました。襷が繋がって本当に良かったです。
8区
注目は館澤選手でした。やはりいい走りをしていましたね〜。順位も上げていて3位に。もしも総合順位が3位になったら佐藤選手がいた時以来11年振りと言っていて11年前?そうだったっけ?と思いましたが、11年前は順天堂大学が総合優勝した年で、ずっと応援していた私はそれがすごく嬉しくてそういえばそれ以外の順位は一切覚えていなかったんでした^^;あと全然関係ないんですけど「たてざわ」選手が「たけざわ」選手と聞こえて勝手にドキドキしてました←
9区
9区もエース区間だからか本当に素晴らしい走りの選手がたくさんいましたね。
区間賞は何と早大の清水選手!2位は駒大の堀合選手!古豪の粘りを感じました。日体大の室伏選手も途中まで素晴らしい走りだったんですけどね…。最後疲れちゃってましたね。同じ日体大の服部選手のことを思い出すくらいでした。
10区
10区の区間記録は先ほど言った第83回の順大が総合優勝した時に出した松瀬さんの記録のため、CM前に毎年その映像が流れるんですよね。それを見るたびにまた1年経ったか…と思います^^;
大体順位は決まりかなと思っていましたが、やはり変動がありましたね。早稲田が3位に入ったのがすごく嬉しかったです。順天堂大学が惜しくも11位で涙して、9年振りにシード落ちした駒大にも涙して。戦国駅伝ですね…。
箱根駅伝を見終えたので私のお正月は終わりです。私も私なりに頑張らなくちゃ。

復路
優勝  青山学院大
2位  東洋大
3位  早稲田大
4位  日体大
5位  東海大
6位  法政大
7位  城西大
8位  拓大
9位  帝京大
10位 中央学院大
11位 順天堂大
12位 駒澤大
13位 神奈川大
14位 國學院大
15位 中央大
16位 大東文化大
17位 東京国際大
18位 山梨学院大
19位 国士舘大
20位 上武大
 −  学生連合

第94回箱根駅伝往路

1区
注目されていた東大の近藤選手がインフルエンザになってしまい欠場ということで残念でした…。本人が一番つらいですよね。まだ3年生。来年こそ…なんて軽々しく言っちゃいけないですけど、待ってます。東海大の關選手もケガをされていて、出場できなくて残念でした。
そして本戦。しばらく牽制している感じが続いていましたね。
最初しばらく順大の栃木選手が集団を引っ張っていたので仕掛けられた後に後方に行ったときはドキドキしましたが、そこまで後ろではなかったのでよかったです。
最初に青学の選手が飛び出しましたけど、最終的には東洋の西山選手が区間賞!1区1年生の区間賞は大迫選手以来7年ぶり。さらに大迫選手に憧れているらしく、話しかけられたときに後ずさりしてたどたどしく話している姿はとてもかわいかったです^^
2位が國學院大だったのがビックリ。素晴らしかったですね。
2区
花の2区。どこの大学も素晴らしい走りでしたねー。1時間7分台の選手がわんさか出てきて、見ごたえがありました。ニャイロ選手とデレセ選手もすごかったけど、日本人選手だって負けていませんでした。2位争いが青学の森田選手と神大の鈴木選手でしたが、鈴木選手がちょっと遅れたのが意外でした。早大の太田選手も素晴らしい走りでした!早大が上位にいるのはやっぱりすごく嬉しいです。順大の塩尻選手も少し元気がなかったのが残念でした。
そしてトップの東洋大相澤選手も素晴らしかったです。
3区
東洋の山本選手、青学の田村選手がよい走りでしたが、早大の光延選手もよかったなぁ。
駒大がずるずる後退しているのが気になる…。
4区
去年コースが変わって、バンバン区間新記録が出ましたね^^;そんな中神大の大塚選手が素晴らしい走りでした!区間新記録!早大の石田選手期待していましたがあとちょっとでしたねぇ。名前の由来が渡辺監督な石田康幸選手…。
駒大の高本選手の走りもよかった!走り終えた後に監督に一礼している姿が素敵でした。
5区
山登り!いやーいろんな山男が出てきましたね!
1位東洋と2位青学の差が2分3秒でしたがあっという間に1分差になって、5区で逆転があるかと思いましたが、東洋が何とか踏ん張りました。青学の選手が途中2回も立ち止まってて驚きましたが、ペース自体はあまり変わらないのですごかったですね。
特に印象的だったのは城西大の服部選手と法大の青木選手が素晴らしかったですね〜。10位以内が今までにない珍しい感じで復路も面白くなりそうです。
早大の安井選手も本当にいい走りで区間2位。安定していました。早大が3位なのが本当にうれしいです。
往路優勝は逃げ切って東洋大学!4年ぶりですね!2位は青学!2位だけど36秒差だからあってないようなものですね。3位が早大!もう本当に本当に嬉しい!4位は拓殖大!過去最高位!予選会でたった1秒差で箱根駅伝に出られなかった時のこととか思い出したら涙ものです^^;5位は法政大!なんと9人抜き!本当に素晴らしい走りでした!6位城西大!城西大も5区がよかったですよね。去年は本戦出場も出来なかったのに。素晴らしいです。7位は日体大。日体大もいい位置にいますね。5区6区は強いイメージです。8位は順大!順大も6人抜き!山田選手の走りがよかったですね。名前の通り攻めの走りだったと思います。小柄で、少し今井選手を思い出しました。9位は東海大!優勝候補ではありましたがそれでもここでとどまっているのがさすがです。復路も期待します。10位は中央大!中央大もシード権内にいるのが本当に嬉しいです。このままシード権を目指してください!
個人的に駒大を応援しているので駒大の13位はうーん…という感じ。駒大が予選会にいるのを観たくないですよ。4連覇した後の13位を獲ったとき以来じゃないかな。そうならないように巻き返してください。駒大は復路も強いから!期待しています。
そしてタスキを渡したときは3位だった神大がまさかの15位。区間も最下位でしたね…大丈夫だったのでしょうか。シードも危ういけどでも諦めずに挑んでほしいです。
1位は変わりませんでしたが、素晴らしい大会でした。
復路もとても楽しみです。皆様お疲れさまでした!

優勝 東洋大
2位  青山学院
3位  早稲田大
4位  拓殖大
5位  法政大
6位  城西大
7位  日本体育大
8位  順天堂大
9位  東海大
10位 中央大
11位 中央学院大
12位 帝京大
13位 駒澤大
14位 國學院大
15位 神奈川大
16位 山梨学院大
17位 大東文化大
18位 国士舘大
19位 東京国際大
20位 上武大
―  学生連合

ニューイヤー駅伝2018

1年で最初の駅伝!ニューイヤー駅伝!
高校駅伝や大学駅伝、箱根駅伝で活躍した選手がたくさん出場するので楽しみな駅伝です。今年もいろんなドラマがありましたね。見ていて本当に楽しかったです。
1区
旭化成の茂木選手がハイペースで入ったからか最初からばらけ気味でしたよね。先頭集団も12?13?くらいの集団になっていた気がします。注目選手と言われていた選手は残っていましたよね。ラストスパートが本当に面白くて!最初から興奮してしまいました。
区間賞は住友電工のルーキー遠藤日向選手。かっこいい名前ですねー。トーエネックのルーキー服部選手と争っていて勝ち取りました。住友電工と言えば渡辺監督。もう引退しちゃったけど竹澤選手が所属していた実業団。遠藤選手は渡辺監督から指導を受けて世界を目指したいと思い、住友電工に入社したそうです。いい子!←19歳ですよ。素晴らしい走りでした。2位が服部選手で3位がなんと!初出場のひらまつ病院の梶原選手!!すごすぎますね!爪痕残しましたね!感動しました^^
反対にDeNAの上野選手の調子が悪くて心配になりましたね。箱根駅伝1年生の時の1区を思い出す感じでした←
2区
外国人枠。ひらまつ病院も外国人選手でしたがまさかの区間最下位で33人に抜かれるという記録的?な事態に^^;いやービックリ。今年もカロキ選手が素晴らしい走りでしたね〜。それは1区の結果もあるのかもしれませんが。
あ、MHPSのオムワンバ選手はあのオムワンバ選手ですよね?井上選手と同じ実業団に行ったのか…!って一人胸アツになっておりました。
3区
市田選手(兄)の走りが素晴らしかったですよね。トップにいて区間賞。もうすごすぎます。出遅れていたDeNAはカロキ選手もよかったですがこの区間の高橋選手の走りも素晴らしかったです。道産子なのでなおのこと嬉しかったです^^
4区
花の4区ですね。もうとにかく設楽選手が素晴らしかったですよね。最初すんごい突っ込んでいるから最後まで持つかなと思いましたけど、最後までその走りでした。11位だったのに最終的には1位とほぼ同時にタスキリレー。MHPSの井上選手も後方から上がってきましたし、愛三工業の鈴木選手もよかったですねー。トヨタ九州の押川選手もよかった。そして、押川選手と今井選手のタスキリレーを楽しみにしてたんですけど、その場面テレビで放送されなかったんですよね。一桁順位だったのにですよ?もうがっかりでした。
5区
今井選手の走りがやっぱり素晴らしかったなぁ。登りと向かい風が厳しいコースだったんですけど、今井選手の走りはさすがでした。安定していましたねー。
Hondaの石川選手も区間4位の走り。ベテランの走りですね。増田明美さんが「陸王」の和田君が演じた平瀬はニューイヤー駅伝でアンカーを走って引退しましたが、僕はしません。って言ったという話が好きでした^^(石川選手と和田君は同い年)そうですよ、早いですよ。
区間賞は村山選手。だからトップで区間賞獲ったらダントツになっちゃうから←でも、素晴らしい走りでした。
6区
こちらも注目選手がたくさんいましたね。まず旭化成の市田選手(弟)、本当に素晴らしい走りでした。そしてトヨタの窪田選手。怪我をされて手術をされたそうで2年ぶりのニューイヤー駅伝。そしてコニカミノルタの山本選手。コニカミノルタは結構後ろの方にいて、2桁順位でゴールすると19年ぶり?になるという嫌な記録が出来てしまうところだったのですが、区間2位の走りで結構前に来ましたよね。さすがでした。
7区
最終区間。もう優勝は決まりかなと思いましたが入賞争いが面白かったですね。6位集団がどんどん大きくなっていって。どうなるんだろうとドキドキしました。
あまり映っていなかったんですけど、日清食品が結構後ろにいたんですよね。でもアンカーは佐藤悠基選手。怪我のため長い距離は走れなかったそうです。でも区間3位の走りで6人抜き。もうさすがすぎます。
優勝は旭化成で連覇達成。盤石でしたね。2位はHonda、初優勝にはなりませんでしたが巻き返しが素晴らしかった。3位はトヨタ。アンカー早川選手は区間賞!あと少しでしたね。4位はトヨタ自動車九州。いつもテレビ局では大きく取り上げてはもらえませんが←毎年上位でゴールする実業団です。今井選手がいるから私はいつも応援しています。今年も安定の4位でしたね。来年は優勝を目指してほしいです!5位は富士通。私は富士通も優勝争いできるんじゃないかなと思っていたんです。メンバーが箱根駅伝経験者の若い人が多かったので。でもあと一歩だったかなと思います。6位はDeNA!1区でのブレーキからよくここまで!7位はコニカミノルタ!最後は一桁順位でまとめるのがさすがです。8位はMHPS。去年に比べると少し落ちましたがそれでも入賞で終わらせるんだから素晴らしいです。9位は安川電機。九州勢が強いですね!10位は愛三工業!こちらも素晴らしいですよね!!11位は住友電工。1区の遠藤選手が光っていましたが他の選手もそこまで遅れることなく走ることができたのがよかったです。目標順位よりもはるかに高い順位でのゴール。竹澤選手がいるときに見たかったと思いましたけどそれはしょうがない!来年も楽しみです。
今年も本当に面白いレース展開で見ていて楽しかったです。皆様お疲れさまでした!

第49回全日本大学駅伝

前回の出雲駅伝に引き続き、今日は全日本大学駅伝!
前情報としては青学か東海かと言われていましたけど、いやー本当に面白い大会でしたね!青学、東海だけじゃないんだ!って他の大学の選手たちが底力を見せつけているような、そんな大会でした。
最初は東洋が先頭を走っていましたね。この大会に向けて合宿もしたそうで、この大会に懸ける想いが伝わってきました。
東海大は最初に出遅れましたがちゃんとトップ争いまで持ち込むんだから流石でしたね。
神奈川大学が本当に素晴らしかったですね〜。
鈴木選手がもちろん盤石ではありましたけど、1区から7区までの選手たちもブレーキもせずそして果敢に攻めた走りが良かったんだと思います。5区で区間賞を獲った越川選手の走り、素晴らしかった!
今回は区間賞が1区東洋大 相澤選手、2区青学大 田村選手、3区東海大 館澤選手、4区城西大 菅選手、5区神奈川大 越川選手、6区駒大 堀合選手、7区明大 阿部選手、8区山梨学院大ニャイロ選手と区間賞を獲った大学がバラバラでしたね。改めて戦国駅伝であることを物語っていますね。
総合順位が後ろでも個人でちゃんと記録を残す選手が多いのも素晴らしいなと思います。明大の阿部選手なんて区間新記録ですからね。しかも1番古い記録で16年振り!凄すぎます。
順位の変動もあったし最終区まで優勝も分からなかったから見ていて面白かったです。面白いという表現が正しいのか分かりませんが凄く胸が熱くなりました。
最後なんて神大と東海大の争い。東海大が優勝したら14年振り、神大が優勝したら20年振り、シードを獲れなかった時期もある両校でしたからね…。もう何だか途中から泣けてきました。
そして優勝は神奈川大学!私は知らなかったのですが、1996年と1997年に連覇していたんですね。1997年に優勝した時に大後監督は33歳。今の私と同じ歳です。そこから20年、色々ありましたよね…。20年、長かったですよね…と思ったらこっちまで泣けました^^;
1998年の箱根駅伝で総合優勝をし、更にそのあとの低迷期を見ている身としては(箱根駅伝の復路で繰り上げスタートギリギリのシーンを何度見たことか)神奈川大学の優勝はもうホントに号泣ものです。
一視聴者がそうなんですから、本人たちはもっともっとですよね。
本当に、おめでとうございました。お疲れ様でした。
2位の東海大も素晴らしかったです。川端選手も良い走りでした。粘りの走りでした。箱根駅伝での巻き返しを期待しています。

総合成績
1位 神奈川大学
2位 東海大学
3位 青山学院大学
4位 駒澤大学
5位 東洋大学
6位 中央学院大学
-----シード権------
7位 早稲田大学
8位 帝京大学
9位 山梨学院大学
10位 法政大学

箱根駅伝予選会

ついに今年もやってきましたね。箱根駅伝予選会。ここで箱根駅伝本戦20校が決まります。今年もドラマがありましたね…。
今回出場大学は49校。箱根駅伝常連校が何校もあります。14,5校くらいあって本戦出場できるのはたった10校。少ないですよね。みんな出てほしい。でもそういうわけにもいかなくて…。
以前からこんなに外国人選手っていましたっけ。増えましたよね。
最初に特集されていたのは山梨学院大学。
今年は東海大の2年生が強いと言われていましたが、山梨学院大の4年生たちも強いと言われていたんですよね。全国高校駅伝で初優勝したメンバー、凄く覚えています。入学した時から注目していたのですが、なかなか実力が発揮できていなくてもどかしいなと思っていました。もう最後なんですもんね。時が経つのは早いなぁ。
次は中央大。中央大はねー…。ここ数年いつも心配していたんですよ。本戦出場すら危ういなって思う時が。ずっと続いて来た歴史が今年途切れて、当時1年生の舟津選手が主将となって再出発したチーム。シード獲得が当たり前の時代も見ている身としては古豪復活を見たい。
次は帝京大。帝京大も区間新を獲ったりシードを獲得している印象もあるので、強いイメージです。真っ赤のユニフォームも印象的ですよね。っていうか特集された佐藤選手のお父さんと監督がかつて同じ大学で箱根路を走ったとかドラマありすぎじゃないですか。
そして結果。
1位帝京大学
2位大東文化大学
3位中央大
4位山梨学院大学
5位拓殖大学
6位国学院大学
7位国士舘大学
8位城西大
9位上武大
10位東京国際大

大体盤石ではありましたけど、でも悲喜こもごもありましたね。
上位はさすがですね。中央大学も無事に本戦復活してよかった。何となくですけど、去年よりも雰囲気も良い感じがして、この勢いでシード獲得まで目指してほしいです。
明大が何とも可哀想というか不運が重なったというか…。数年前まで箱根駅伝の本戦で優勝争いをしていた時もある大学だから尚更ショックでしたね。日大も。惜しかったです。
本戦まであと2か月半。楽しみです。
皆様お疲れ様でした。

学生三大駅伝開幕 出雲駅伝

ついにこの季節がやってきましたね…
駅伝の季節がやってまいりました。
今日は25℃を超える暑い大会だったみたいで…。体調を崩した選手もたくさんいたみたいで心配ですね…。
最近青学が強すぎて私はちょっと離れ気味になっていたのですが(監督を始め雰囲気がちょっと苦手…)今回も強かったですね。
と言いつつもきっと本命は青学で、対抗できる大学は東海大学くらいかな。駒大早大はちょっと厳しいかもな…。個人的には順大も応援したい。みたいな感じだったのですが、いい意味で裏切っていただいて嬉しい限りです。
東海大10年ぶりの優勝おめでとうございます!!
エントリーされた選手は3年生1人に2年生が5人。予想はしていましたがやはり2年生がメインでしたね。もう盤石!力を付けてきましたねー。
個人的には東海大のユニフォームが水色じゃなかったのがちょっと残念^^;
渡辺監督や金さんの解説がとてもわかりやすくてそれも良かったです。
ただ、中継自体はテレビ局さんにちょっと反省会をしてほしい感じでしたけど。
1区は東海大の坂口選手が飛び出し、着いていったのは神大の山藤選手選手。神大も最近名前が出てきて嬉しいです。98年の箱根駅伝で優勝したシーンを何となく覚えている身としては本当に嬉しいです。駒大と順大がちょっと心配でした。
1区だけでしたが北海道学連選抜が駒大より速くてびっくり。失礼ながらちょっと嬉しかったです。
岐阜経済大学の選手、大丈夫だったのでしょうか…。心配ですね…。
2区青学の田村選手の走りは流石でした。東海大は逃げ切りましたね。ほっ。神大も何とか2位をキープ。5.8キロはあっという間ですね。駒大も順位を上げてきて流石です。北海道学連選抜も地味に順位を1つしか落とさず襷リレー。
3区注目は順大の塩尻選手でしたねぇ。オリンピアンですからね!オリンピックも見てましたよ〜。素晴らしい走りでした。6人抜き!そして区間賞!
トップは東海大と青学が追いつき三つ巴に。
4区は三つ巴が続きましたね。でも東海大は鬼塚選手、いつか仕掛けるだろうなと思ってました。結果、仕掛けるというよりは徐々に離していったという感じでしたけど、やはり素晴らしい走りでした。いやーストライドかっこいい。
5区東海大は唯一の3年生三上選手。安定した良い走りでした。青学の神林選手も近づきそうで近づかなかったですね。風がとても強そうでした。14秒差だった差が37秒差に。東洋も粘ってましたね。
6区最終区間。やはり出雲駅伝はスピード駅伝ですね。あっという間でした。37秒差あった東海大と青学大の差が一時縮まりましたけど、關選手のスピードが戻ってきてましたね。素晴らしい走りでした。ゴールシーンめっちゃかっこよかったよー!!両角監督、ちょっと目が潤んでいましたよね。監督として初優勝ですもんね。
優勝は10年振り東海大!2位は青学大3位は日体大!良くここまで伸ばしましたね〜。ガッツポーズかっこよかったです!4位は順大!順大も1区の出遅れからよく4位まで上がってきましたよね。素晴らしい!5位は東洋大。最後ちょっと落ちちゃいましたねー。お疲れ様でした。6位は神大!神大も頑張った!7位は駒大、8位は中央学院大、9位は早大。ここらへんで締めるのはさすがですが、駒大と早大はもうちょっと上位に来てほしいなーと思いました。皆様お疲れ様でした。
1区4区5区6区の区間賞が東海大というのが素晴らしいです。全日本と箱根は距離が長いですから間違いなく青学が強いと思います。食い込んでそして抜いていってほしいです。だって最近の箱根駅伝とか面白くな…げほごほ。
って、9位までゴールでテレビ中継終わりって流石に短すぎませんかね?見積もり甘すぎる気がするんですけど…。
だって!北海道学連選抜が過去最高の12位だったらしいですよ!らしいって言うのは全く中継で映らないから分からないからですよ!!来年は北海道で選抜チームと単独校チームどちらも出られるらしいですよ!そんなすごいことが起きてるのに何も映らないなんて…(涙)

東京マラソン2017

今日でしたねー。今井選手が出ていると知って最初から見てましたよー。
2年前、泣きながら見てたなーと思いました。今井選手が素晴らしい走りをしていて、日本人歴代6位の記録でゴールして、世界陸上の出場権を獲得して…
それからが今井選手は大変でしたよね。世界陸上直前に髄膜炎になり、去年は大腿骨の骨折。今年のニューイヤー駅伝で素晴らしい走りをしていたので、戻ってきたと嬉しくなりました。今回はどうかな…と思いましたけど、それでも最後のデットヒートは一応制しましたし、まだ3年半あると思って東京オリンピックに向けて頑張って欲しいなとイチファンは思いました。
で、今回の大会はペースメーカーの設定がめちゃくちゃ速いということで外国人勢がトップを独占するだろうなぁと思いましたがやはりそんな感じでしたね。それでも日本人選手も果敢についていってました。設楽選手と井上選手が良い走りをしてましたね。井上選手は招待選手ではありませんでしたけどずっと日本人2位で走っていたんですよねーでも設楽選手に追いつくまで全然取り上げてなかったですよねー。藤田さんや瀬古さんは取り上げてくれてましたけど。設楽選手は途中失速しましたけど、それでも初マラソンでサブテンは素晴らしかったですね。井上選手が日本人トップで総合8位!素晴らしかったです。インタビューも謙虚だったし、最後は笑顔でゴール。2年前の箱根駅伝でオムワンバ選手が欠場した上に1区の選手がダントツの最下位だったにもかかわらず3区で追い上げ笑顔で襷リレー。最終的に山梨学院大学は9位となり、シード権も獲得。あの時の姿が強く印象に残っています。タイムは2時間8分22秒。2度目のマラソンでこの記録は素晴らしいですよね。これからが楽しみです。
2位はコニカミノルタの山本選手。山本選手もいつもいい走りをしますよね。30歳でどちらかと言えばベテラン。同世代の選手が活躍している姿を見るのはやはり嬉しいです。
最近、年代問わずマラソン勢は東洋大出身者が多いですよね。
3番が設楽選手で4番が服部選手…だったんですけど、中継で服部選手のゴール映さなかったんですよね。なぜか今井選手が映っていて、いくら今井選手が好きでもまだゴールまで時間があるのにどうしてゴールしている選手を映さないのか…。服部選手だってサブテンだったんですよ?社会人1年目で素晴らしかったのに映さないとか意味が分かりませんでした。
井上選手のことと言い服部選手のことと言い、日テレはそんなことをしないと思っていたのに、凄く残念でした。
トップはウィルソン・キプサング選手で2時間3分58秒!日本の大会で初の3分台!4分台すらなかったのに!世界を見た気がしました…。
更にキプサング選手は34歳のベテラン。同世代だったのも個人的に嬉しかったです。

全国男子駅伝2017

先週の女子の時は雪が酷かったですが今日は割と穏やかでしたね。最後の方で雨か雪か降っていましたけども。
今年も展開が面白かったですね。
中高生も大学生も社会人も皆さん素晴らしかったです。
箱根駅伝知識しか私は持ち得ていないので中高生は分からないのですが^^;
ここで覚えていたりしてます。
今回は中学生の区間でどちらも区間新記録が出ましたね〜。
2区の長崎の林田選手、素晴らしい走りでした。タイムも有言実行。凄いですね。
ここの記録は早大の新迫選手の記録だったみたいで。前の記録が分かるのも面白いです。
6区は栃木の松山選手。テレビにはほとんど映っていませんでしたが素晴らしいですね。
こちらの記録は中央大の町澤選手の記録だった模様。
3区は大学社会人枠だったので知っている選手がたくさん出ていて困りました←見逃した選手もたくさんいて悔しいです。
京都の川端選手と群馬の戸田選手が最初前にいましたけど、愛知の山口選手が前に出てトップに。移り変わりが凄かったですね。ここで福島がだいぶ遅れてしまったのが残念でした。北海道が15位にいてビックリしたのですがここを走っていたのはコニカミノルタの菊地選手。そりゃそうだと納得もしました^^
青森も順位が上がっていて、其田選手だったんですよね。あー走っているところ見たかったなぁ。確認が遅れました。
最後7区は福岡と長野の争いになりましたね。
私は今井選手ファンなので^^同じトヨタ自動車九州の押川選手を応援していたのですが、上野選手の走りは流石でしたね。まああのふらふら周りを見て走る姿、私はあまり好きではないんですけど^^;
でも、エントリーがほとんど10代20代の中、数少ない30代の選手が追い上げてトップになってゴールテープを切ったというのは同じ30代としては嬉しかったです。
上野選手も押川選手も素晴らしい走りでした。区間2位と4位でしたしね〜。
ほとんど映っていなかったけど今井選手も走られていましたね。やっぱり福島代表で走っている姿を見るとイチファンは嬉しいなと思いました^^
皆様お疲れ様でした。

優勝 長野
2位  福岡
3位  愛知
4位  京都
5位  静岡
6位  群馬
7位  東京
8位  新潟 

第93回箱根駅伝復路

6区
山下りは去年に引き続き日体大の秋山選手の走りが素晴らしかったですね。あと2秒で57分台でしたけど、それでも素晴らしい走りでした。法政大学の佐藤選手、神奈川大学の鈴木選手も良い走りでしたねー。
7区
青学の田村選手が終盤調子が悪くなっていましたが、結果区間11位でトップとも58秒しか離れていないんですから凄いですよね。区間賞は東海大の石橋選手!東海大7区の区間賞は佐藤悠基選手以来9年振りだそうで。感慨深いです。順位が大きく変動しましたね。
8区
1997年の区間記録がいまだに破られていない8区。今回も区間新は生まれなかったですね。古田さんの記録は本当に凄いんですね。しかも1年生の時。
青学と早大の差は開きましたけど、ここ数年3強に入っていなかった早稲田にとっては大躍進ですよね。東洋も3位の位置はさすがだなと思いましたし、何より神大の4位の位置は嬉しい。
9区
青学の池田選手が良い走りだと思ったら東洋の野村選手の方が上でしたね。早大とかなりの差があったのに抜いて2位に!まさにその1秒を削り出せ!ですね。さすがです。
野村選手がスタジオにいる服部選手の名前を聞いた途端に笑顔になったのが可愛かったなぁ^^
駒大と東海大が並走して順位も上がっていきましたね。
何よりも神大が4位にいるのが何よりも嬉しくて。去年は鶴見中継所でたった4秒足りなくてたすきをつなげなかったのに…。それが嬉しくて涙が出そうです。順大も5位で嬉しいですね。
10区
青学が常勝になっているのが本当に凄いですね。30数年ぶりに予選会から勝ち上がった時の事、まだ覚えているんですけど…。
優勝は青学3連覇。まだ青学の時代が続きそうですね。
2位は東洋大。またしても2位だけど、出雲と全日本があまり振るわない中、ちゃんと箱根では2位に付けるんだから流石だなと思います。
3位は早稲田大。3冠を獲った後、3強からも外れた時期があったけど、それでもちゃんと戻してきたのが凄いです。正直監督が変わってどうなるかと思ったけど素晴らしかったです。やっぱり私は早稲田ビイキです^^
4位は順天堂大!今年は長門監督に変わったんですよね。長門監督はかつての総合優勝時のメンバー。あの時の事を今でもはっきり思い出せます。長門監督も今井選手も私、同い年なので現役時代は今井選手が2年生の時に5区を走って以来順大を応援していました。だから尚更時代を感じたし、応援していたんです。だからこの4位という記録は嬉しいし、10区の作田選手は区間賞ですよね!今年のテーマは下剋上。卒業した松枝選手が周りがあまり賛同しない中ずっと「優勝」を掲げていて、その想いを後輩が継承している気がして嬉しかったです。来年も楽しみ!
5位は神奈川大学!私、神奈川大学がゴールした時泣きました^^;1998年の総合優勝以来優勝どころかシード権も獲れない時が多くて、鶴見中継所でハラハラしていたことが多かった記憶の方が多くて、だから鶴見中継所で4位でタスキを渡した時すら泣いてました。往路は2区の鈴木選手以外そこまで速い選手はいませんでしたが、復路の選手は区間順位も割と良くて、それがこの順位に繋がったんですよね。総合力ですね。
6位は中央学院大!3年連続シード獲得は初だそうで。おめでとうございます!復路で順位を伸ばしましたよね。
7位は日本体育大!日体大も往路は13位で終わっていたのに6区の山下りも素晴らしかったけどそのあとの選手も素晴らしかったですよね。
8位は法政大学!法政も上がりましたね〜。シード獲得おめでとうございます!
9位は駒澤大学。一時はシード落ちになるかもとドキドキしましたよ。は〜良かった。復路は箱根駅伝経験者がいない中、よくここまで粘ったなと思います。でも私がみたいのは駒大の優勝です。来年待っています。
10位は東海大。東海大ももう少し上に行くかと思ったのですが、それでも1年生が多い中この順位は凄いです。来年もスーパールーキーが入ってきますしまだまだ上に行けますよね。楽しみです。
上武大や創価大もシード行けるかと思ったのですが、難しいですね。
10区の区間賞は順大の作田選手でしたが、それよりも早かったのは学生連合の照井選手!幻の区間賞になったのが悔しいです。参考じゃなくて、学連選抜の時のように記録を残してほしいと思います。
来年も熾烈になりそうです。皆様お疲れ様でした。

第93回箱根駅伝往路

1区
最初しばらく団子状態で一体どうなるんだろうと思いましたけども、服部選手が終始ペースを作っていた気がします。ばらけたのが最後のほうだったから全体的にあまり差はなかったですよね。でも、山梨学院大が早々と遅れてしまって心配でしたね。
区間賞は服部選手。服部選手はいつも箱根駅伝はあまり調子が上がっていない印象だったのでうれしかったです。東海大の鬼塚選手も頑張っていましたよね。早大駒大東海大とやっぱりな大学も続きます^^
2区
一色選手が一気に飛び出すかと思ったんですけど、ずっとけん制しているところもありましたよね。何より鈴木選手の走りが素晴らしかったです。表情を変えず自分のペースを守って淡々と走っている姿がかっこよかったです。2区の区間賞を獲るのも、2区でトップでタスキリレーも神大初。1998年に総合優勝して以来あまり上位にいるイメージがなかったので感動しました。
3区
青学が来ましたね。神大も頑張っていましたけども2位に後退。早大の平選手の走りが素晴らしかったです。最初からずっと気迫のある走りをしていてかっこよかったです。区間賞は青学。2位は平選手でしたが、記録は残りませんが実質的に2位はなんと学生連合の駿河台大学の平賀選手。素晴らしい記録でした。学連選抜の時のようにちゃんと記録を残してほしいです。私が言うのも変ですけど悔しいです。
4区
コースが変わり、2キロ増えた4区。
中谷選手が最初突っ込みすぎましたよね。怪我明けなんだから無理しちゃだめですよ…なんて素人が言ってもしょうがないんですけど…。早大、東洋、順大が特にいい走りだったかな。そして創価大学のセルナルド選手が素晴らしかったですね。中谷選手を抜かすときに背中をポンと叩いて抜いてったのがかっこよかったです。
駒大はトップと6分18秒差。はぁ〜…
区間賞は順大の栃木選手!下剋上を目標にしていたとか言っちゃってかっこいいです!来年も楽しみな選手ですね。
5区
いやーすごかった!!素晴らしかった!
駒大の大塚選手、順大の山田選手、中央学院大の細田選手、上武大の森田選手…。
それにいつのまにか←青学と早大の差が縮まっててびっくり!ちゃんと報告してくれよ!←
ということで早稲田がトップと33秒差で2位!!やっぱり早大は全日本大学駅伝の時もそうだけど力つけてた!!感動しました。5区の安井選手も山登り経験者で区間4位の走り。盤石でしたね。
3位はなんと順大!山田選手のぐいぐい走る姿は今井選手を思い出しました。監督は今井選手と同い年で総合優勝を経験している長門監督。なんかいろいろ思い出して泣きそうになりました^^;4位は東洋大学!粘りましたよね!5位は駒大!9位からよく巻き返しましたよね。6分18秒もあった差も4分1秒まで縮まりました。4区のブレーキがなければ…と思わずはいられないけどそんなことを私が言ってもしょうがないですね。大塚選手の区間賞の走りは本当に涙が出ました。最初から大丈夫かなと心配でしたけど素晴らしかったです。6位は神奈川大学。神奈川大学のこの位置がすごくうれしいです。ぼんやりとしか覚えていないけど1998年の総合優勝を見た人間としては本当にうれしいです。
7位は中央学院大。細田選手も素晴らしい走りでした!区間3位の走りでしたもんね。
8位はなんと上武大学!シード権内でゴールするの、初めてですよね!できれば花田監督がいるときに…なんて言っちゃうのは野暮ですよね。すごくうれしかったです。初のシード権を獲得できますように!にしても。5区の森田選手は区間2位!さらに8人抜きをしたのに1度も映されないってどういう事でしょうか…。
いつもは割といい中継なんですけど、今回は順位が変わっているのをちゃんと伝えないとかCMのタイミングとか結構突っ込みどころがあったなぁ。
9位はなんとなんと創価大学!こちらもすごいですね。少し順位を落としましたけど素晴らしい走りでした。10位は日本大学!上げましたね〜よかった!
東海大や山梨学院大の上位を期待していたんですけど、意外でしたね。でも全然映らなかったけど、山梨学院大の上田選手も区間7位の走りで順位も上げましたよね。まだシードも見える位置だと思うので頑張ってほしいです。
トップがダントツだと一斉スタートが多くてよくわからなくなりますけど、今回は一斉スタートが少ないのでわかりやすくていいですね。
明日も楽しみです。

ニューイヤー駅伝2017

今年は何より非常識な飼い主のせいで犬がコース内に侵入し、選手が転倒とかとんでもないアクシデントが無かったことにまずほっとしました。
そしてテレビ側が一部のルーキーばかりフューチャーしてましたけど、ほかのルーキーもベテランもすごいんだぞっていうところを見せつけられたのもよかったなと思います←
1区
それでも1区はテレビが取り上げていた日清の戸田選手が区間賞で、それは本当に素晴らしかったなと思いました。戸田選手は駅伝が3年ぶり。箱根駅伝予選会で悔しい思いをしていたことを覚えています。名門といわれる日清食品で活躍されている姿を見るのはイチ視聴者としても嬉しいです。
団子状態になってしまうのはしょうがないけど村山選手(弟)がちょっと落ちてしまったのが残念でしたねー。コニカミノルタの設楽選手も遅れましたね。
2区
外国人選手が走れる区間。ユニフォームを見ないとどこの誰だかわからない^^;
カロキ選手が良い走りをしてましたねー。もう26歳なんだなーとびっくり。
そして外国人選手ばかりの中日本人選手も健闘していましたね。
3区
素晴らしさの筆頭はトヨタ自動車の大西選手ですよね。20人抜きなんて…。正直優勝争いはもう無理かなと思っていたんですけど…。強い気迫を感じました。意地とか強さとか粘りとか。そういう泥臭い感じ好きです。旭化成の大六野選手も順位を上げましたよね〜。
上野選手の走りも素晴らしかったです。いつも落ち着きがない走りをしてますけど^^;今日はきょろきょろしてなかったから調子がいいのかなと思ってました←
4区
エース区間の4区。何の因果か、注目選手がほとんど同じタイミングでタスキ渡しという見ごたえのある展開に。私が1番応援している今井選手も4区。最近名前を聞かなかったな。調子が悪かったのかなと思っていたのですが、疲労骨折されていたみたいですね。調子が上がってきてよかった。最後のデットヒートは本当に素晴らしかったです!!2017年はきっと今井選手の年になりますよ。
で、注目選手としてテレビはもっぱら設楽選手と服部選手と神野選手ばかり取り上げてましたけど!区間賞は市田選手、2位は1秒差で今井選手、3位はMHPSの井上選手。
ざまあみろ!って思いましたよね〜(暴言)若い選手が活躍する中の今井選手の安定の走りは本当にかっこよくて、同い年の私は涙が出るくらい感動しました。
元祖山の神が三代目山の神を…ってフレーズが多くてうるさい!と思いました。神神言いすぎですよホント。
富士通の横手選手も素晴らしかったですね〜。マスコミ全然取り上げてないけど!明大時代の走りも怖いくらいでしたもんね。変わらずで良かったです。
意外だったのは設楽選手でしたねー。5年連続区間賞を獲ってて…って言われ続けてましたけど…。
5区
先頭が団子状態になりましたねー。九州勢がたくさんいてすごいなと思いました。
少しの間だけだったけどトヨタ自動車九州がトップにいた時もあってちょっと感動しました。大卒の選手ばかり取り上げますけど、押川選手の走りは安定していて本当に素晴らしかったな。なのにトヨタ九州が2位なのに先頭の旭化成と3位のトヨタ自動車の差ばかりを言っていてディスってる感じがすごく嫌でした。言い方が悪いですよね。
6区
宇賀地選手の力強い走りに期待していたんですけど、けがをされてたんですね。チーム事情で仕方がなかったのかもしれませんが終始心配でしたねー。
ここでトヨタ九州がトヨタ自動車に抜かれてたんですけど実況は事後報告。2位と3位なんだからそれくらいちゃんと伝えてください。
6区は駒大卒同士のルーキーの其田選手と馬場選手が走っていて、状況的に抜かれたりして争ってたのかなぁと思って勝手に楽しんでました。タスキリレーもNTT西日本のほうは放送してくれてなくて見れなかったんですけど、2人は何かおしゃべりとかしてたのかなぁと思って勝手ににやにやしていました^^
7区
旭化成がダントツだったのでトップはきっと揺るがないだろうなと思っていました。
トヨタ九州が3位でキープしていたけど4位グループが追い上げていたから心配していたのですが、何とか粘って3位入賞を勝ち得てよかったです。
すごいなと思ったのは1位3位4位が九州のチームだということ!九州の強さが分かりました。
また来年ですね。選手の皆様、お疲れさまでした。

箱根駅伝予選会

そういえば出雲駅伝の事書いてなかったことに今気づきました…。
東海大と山梨学院大の躍進が目覚ましかったですね!
特に東海大の1区から3区での1年生の配置!さらに3区の關選手の区間賞の走りが素晴らしかった!これからが楽しみですね^^
と、さらっと出雲駅伝の感想すみません^^;

で、今回の箱根駅伝予選会ですよ。
50校が参加していて10校しか選ばれないなんて…ホント熾烈ですよね。
予選会で皆さんが走っている最中にいくつかの大学のことが特集されていたりしてまた涙を誘い^^;みんな走ることが出来ればいいのに…。
一番気になっていたのは中央大学でした。
出場校の中で1番連続出場が長い大学。今年までに87年連続出場。88年連続になるか。去年も言われていましたけど、去年は何とか本戦出場になって良かったーと思っていたのですが、試練は続いていましたね。
今年は藤原新監督の就任にキャプテンは1年生!新体制で挑んだんですね。
それでも…無情ですよね…。町澤選手が最初から飛ばしていてそれだけで泣きそうでした^^;
結果発表は見ていて本当に辛かったです。あの緊迫したところで緊張するのは分かるけど、大学言い間違いだけは止めようぜ…。
大東文化大は監督の息子さんが入学されたんですねー。2世もちょいちょいいますね^^
明大は5区が弱いイメージ。予選は突破するだろうと思いましたけど、今度はまたシード獲得を目指して頑張って欲しいです。
上武大は花田監督が退任されていたことを知りませんでした。だからどうなのかなーと思っていましたけど、去年よりもいい成績で本戦出場を決めましたね。もうそろそろシード獲得の姿も見たいです。
皆様、本当にお疲れ様でした。

1位大東文化大学(10時間8分7秒)
2位明治大学(10時間8分17秒)
3位創価大学(10時間10分9秒)
4位法政大学(10時間10分18秒)
5位神奈川大学(10時間11分47秒)
6位上武大学(10時間12分12秒)
7位拓殖大学(10時間12分36秒)
8位国際学院大学(10時間14分9秒)
9位国士舘大学(10時間14分45秒)
10位日本大学(10時間16分17秒)

第21回全国都道府県対抗男子駅伝

今年もドラマがありましたねー。
まずは史上まれに見る大寒波の中での開催という^^;
広島市内は雪は降っていなかったですが、途中すんごい降っている時がありましたね。
広島で行われているとは思えませんでした…。
個人的には第1回大会以来優勝から遠ざかっている広島を応援していました^^
後はもちろん北海道!
1区では4人も転倒者が相次いでどうなることかと思いました。
転倒は色々な理由があったのだと思いますけど高校生ですからね。変な風に転んでけがをしてしまったりしては大変ですから、無理はしないでほしいなと思って観ていました。
3区は社会人・大学生枠。トップは群馬県でした。ここを走っていたのは順大1年生の塩尻選手。去年は高校生枠で走っていたというんですから凄いですね。最初は良いペースで走っていましたけど徐々にペースが落ちて、でもトップを守り切ってタスキリレー。2位以下の集団が見ていて面白かったです。やっぱり実業団や箱根駅伝を走った選手が多いですから見ていて面白いです。
区間賞は愛知の田中選手。順位はあまり変わらなかったけど区間4位で北海道の菊地選手が食い込んでいるのはさすがだなと思いました。
ここからは高校生と中学生が続きます。
愛知や広島が速かったですね。全国高校駅伝で世羅高校が優勝していましたし、広島が上がっていくのが見ていて面白かったです。
そして最終7区。
トップ愛知のアンカーはトヨタ自動車の山本選手。
山本選手はニューイヤー駅伝でもアンカーを走り、トップでゴールしましたよね。
ひと月の間に2回もトップでゴールテープを切るなんてすんごい幸先のいい2016年になりましたよね^m^
山本選手の笑顔のゴールは見ていてこちらも清々しかったです。お疲れ様でした。
更に女子駅伝も優勝は愛知でゴールテープを切った鈴木選手とは高校の同級生だったそうで。そういう人のつながりが良いなと思いました。
2位の広島のアンカーは駒大の工藤選手、一時トップと15秒差まで詰めていましたけど、最初に突っ込んだせいか最後は広がっちゃいましたね。でも2位は素晴らしい記録でした。おめでとうございます^^
3位は去年優勝の埼玉。服部選手は途中ずっとお腹を押さえて辛そうだったので持ちこたえての3位は素晴らしかったと思いました。
4位は静岡。佐藤選手は今大会をラストランとしていたみたいで。区間2位の素晴らしい走りでしたねー。これからはマラソンに移行するのかな。これからが楽しみです。
村山選手も最初はびゅんびゅん走っていましたけど最後はばてたのかな。
途中で岡山の馬場選手を抜かした〜と思ったんですけど最終的には抜かされていなかったので…馬場選手をその時に見れて嬉しかったんですけどね^m^
これで駅伝を見るのはしばらくおあずけですね。
今シーズンも楽しみました。
皆様お疲れ様でした。

第92回箱根駅伝復路

6区
監督が不安だと言っていた青学の小野田選手は1年生で初の58分台。素晴らしい走りでしたね。でもそれ以上に凄かったのが日体大の秋山選手!素晴らしかったですね!58分9秒!最初から最後まで余裕のある表情でフォームもとても綺麗でした。
日大、中央学院大の選手も速かったですね。素晴らしかったです。
7区
7区も後方は順位が入れ代わり立ち代わりでしたね。一斉スタートが多いから実際の順位は非常にわかりずらかったですけど^^;それでも本当に凄かったです。
最後お腹を押さえたりして調子悪そうに見えてもダントツで区間賞の小椋選手。凄いですね。2位は東洋櫻岡選手、3位は明大牟田選手。4位は駒大西山選手、5位は順大稲田選手、順位は付かないけど6位は関東連合の駿河台大学の平賀選手!7区は実際の順位とは全然違う展開で面白かったです。
8区
私は馬場選手ビイキなので^^;たくさん映せーと(呪って)念じていました。
安定した良い走りをしてました。でも気になったのは去年の5区の話ばかりしてること。まあしょうがないのかもしれないですけど、今年出雲も全日本も走っているし、全日本では区間賞も獲ってるんですよ。そこで区間賞を獲ったって喜んでいて「やっぱり区間賞って良いな。走っていて良かったと思うよ」っていう言葉を聞いたとき、涙が止まりませんでしたよ。そういう話もしてほしかったなと思いました。
笑顔で襷を受け取って、笑顔で襷リレーをしていました。そして選手を送った後に其田選手に迎えられて泣くって…こっちも泣きますよね〜(涙)そして区間2位!素晴らしかったです。
また、日体大と中央学院大の追い上げが凄かったですね。一斉スタートだったのがウソのようです。東海大もまた上がってきましたね。順大と山梨学院大がちょっと心配です。
学生連合は全体的に良い記録を出していますね〜。
そして上武大の田中選手。1キロ以上前からつんのめった走りをしていたから凄く心配でした。上り坂では手をついたりしていたので棄権も心配していましたが、よく最後まで走り切ったなと思います。良かった。
9区
9区も下位の選手たちが活躍されていましたね〜!!
東海大の高木選手が素晴らしい走りでした。シード権争いが熾烈です。
そして区間賞は早大の井戸選手!!
どこの大学も本当に素晴らしいレースでした!
心配だったのは中央学院大の海老澤選手。お兄ちゃん大丈夫か?と思いましたけど、無事につながりましたね。本当に良かった…。
そして中継所での繰り上げスタート。8校同時って多すぎます…
特に神奈川大学。あと4秒なんて悲しすぎます。数年前本当にギリギリで(というかアウト?)タスキリレーをしたときもありましたよね。今回は届かなくて、残念でした。
10区
ここ数年は1位はぶっちぎりですが、シード権争いが本当に熾烈ですよね。
後は駒大が最初からペースが遅くて心配でしたが、何とかゴール出来て良かったです。
青学は盤石でしたね。もう隙がなかったです。連覇おめでとうございます!
2位は東洋大。去年3位だったんですから2位は素晴らしいです。悔しいと思うけど来年また頑張って欲しいです。
3位は駒大。監督が3位以内っていう消極的な目標を立ててましたけど^m^でも往路を考えたら3位でゴールはさすがだとしか言いようがないですね。今回は2,3年生も活躍されていましたし、来年も楽しみです。私は4連覇した時を覚えてはいますが、大八木監督の胴上げのシーンは覚えていないのでそろそろ見たいです。
4位は早大!早大も往路で一時14位までいっていたのでどうなるかと思いましたけど、ここまで持ってくるんですから底力があるんだろうなと思いました。
5位は東海大!東海大も素晴らしかったですね!抜きんでていた選手もいましたけど安定感がありました!
6位は順天堂大!シード獲得は3年ぶりだったみたいですね。10区は区間2位だったみたいで素晴らしかったです。稲田選手と小盛選手の併走は感動しました。
7位は日体大!良くここまで上がりましたよね〜!シード権獲得素晴らしかったです。
8位は山梨学院大!往路が良かったので後半はハラハラしましたが、シード権獲得良かった!7か年計画まであと2年。これから楽しみです。
9位は中央学院大!海老澤選手の時はどうなるかと思いましたが無事にゴールして本当に良かったです。お疲れ様でした。
10位は帝京大!シード権外だったのに上げてくるところはさすがですね。
そして順番的には速かったですけど全体では11位だった学生連合。もう順位にも入らないんですね…。頑張って10位以内に入って予選会の枠を増やすっていうの意欲になっていいと思うんですけど…。
どの大学も本当に素晴らしかったです。お疲れ様でした。
では独断と偏見の考察を終わります。
皆さまお疲れ様でした。

第92回箱根駅伝往路

毎年恒例箱根駅伝。
何となく予想はしていますけど、予想を覆すような展開も欲しいところですね^^;
では独断と偏見の考察です。
意見には個人差があります。
1区
1区から強い選手をどの大学も配置してますよねー。ビックリしました。
そしてやっぱり中央学院大の漬滝選手が先頭で引っ張っていっている感じになりましたね。
でも中央大学の町澤選手も頑張ってました。その町澤選手がスパートをかけた時にちょっと遅めの選手はふるいにかけられた感じでしたねぇ…。
その中に駒大もいて、どうなってしまうんだろうとドキドキしました。
1位は青学、2位は明大。横手選手がケガからの復帰戦だったから心配していましたが心配する必要なかったですね。中央大と拓大が3位争いをしているのがうれしかったな。
駒大は13位でのタスキリレー。1分49秒遅れ。
2区
やっぱりどの大学もエース級の選手ですから素晴らしかったですねー。面白かったです。
特にニャイロ選手と服部選手の攻防がすごすぎて。服部選手が物おじしない走りがさすがすぎます。最終的には振り切り2位でタスキリレー。しかも1時間7分4秒!区間賞で素晴らしい走りでした。2区で2年連続区間賞は日本人では渡辺監督以来らしい。渡辺監督の名前って本当にいつでもどこでも出てきますよね^^;すごいなぁ。
ニャイロ選手もよかったし、駒大の工藤選手も頑張りましたね!6位まで上がりました。
3区
青学と東洋の差が縮まるかと思ったらずいぶん開きましたね〜・・・
それでも区間3位なんだからさすがだなと思いますが。
駒大の中谷選手が力走していましたね〜。山梨学院大の上田選手も素晴らしかったです。
中央学院大の塩谷選手もよかったし早大東海大も上げてきてましたね。
まだまだ分かりません。
4区
青学は独走だからのびのび走れますよね。
駒大と山梨学院大は並走していましたが最後はなんと山梨学院大が駒大を振り切って3位に!
順大や早大が上がってきましたねー!!6位と7位ですよ!2チームとも4人抜いたのかな?素晴らしい!
拓大城西大帝京大明大がちょっと落ちましたね。
東海大が見事の走りでした。シード権外だけど健闘ですね。
5区
東海大の宮上選手の走りがすさまじかったですね。やっぱり何人も抜くとすごさが分かります。どうしてこうやってひょいひょい抜かせる人が時たま現れるんですかね…
早大の安井選手も素晴らしい走りです。
でも区間順位でいうと上位のチームが上位なんですよねぇ。
神野選手も、去年と走り方が違うような気がしましたけど、でも速かったですね。
キトニー選手の走りが群を抜いてましたねぇ。
往路優勝は青学連覇。1区からずっと1位は11年ぶりらしいですね。東海大学がずっと1位だった時あったんですね。失礼ながら覚えていませんでした。その年は今井選手が2年生で15位から11人抜きして4位になった年。もうそれしか覚えてませんでした^^;
2位は東洋大学!吾郎谷選手、去年は区間11位だったそうですが今年はよかったすね!まずはお疲れさまでした!
3位は駒大!大塚選手。最初から口が開いていたから心配していましたがタイムもよかったです。13位からよくここまで!さすがです。お疲れさまでした。
4位は山梨学院大!山梨学院大ここにいるの嬉しい!!すごくうれしい!!!
5位は早大!早大も14位?くらいまで下がっていたのに素晴らしいです。お疲れさまでした!
6位は日大!キトニー選手区間賞!おめでとうございます。
7位は順大、8位は東海大。追い上げが素晴らしかったです。
あとは東京国際大学の濱登選手!いつの間にか12位まで上がっていてビックリしました。

1位はダントツだったけど2位以下は本当見ごたえのある駅伝でした。
明日の復路も楽しみです。

ニューイヤー駅伝2016

すごく見ごたえがあって、ルーキーも活躍していたし、私と同世代のベテランと呼ばれる選手たちも頑張っていてすごく面白かったです。
でも、色々もやもやする気持ちもぬぐえません。
どこに怒りを向けたらいいのかわからず若干ツイッターで暴言を吐いてしまいましたが←
でも、1ミリも走っていないイチ視聴者がとやかく言う問題ではないのでここでは言いません。ただ、マスコミも運営側も応援する人も節度を持って挑んでいただきたいと思いました。
選手たちはこの大会のために調整して練習しているんです。それに、もしここでケガをしてこれからに響いてしまったら…そう思ったら私が悔しがってもしょうがないけど悔やんでも悔やみきれません。
…さ、愚痴終わり。
以下独断と偏見の感想です。
1区
しばらくスローペースでしたねー。どのチームもかけることなく半分以上いった気がします。1区は知ってる選手たくさんいすぎてどこを見ていいのかわからなくなりました^^;竹澤選手の走りをあんなにずっと見ていられたのは久しぶりでうれしかったな。サンベルクスの北村選手も。鎧塚選手の走りがいつもと違うなと思ったら12月に10日間もケガで離脱していたらしいですね。それは危険だったのでは…
区間賞は日清の若松選手。北選手や西池選手などルーキーも活躍されていましたね!
トヨタと旭化成はちょっと遅れましたね。
2区
ちょっと・・・あのアクシデントのせいであんまり覚えてないんですけど・・・。
村山選手が外国人選手が多い区間とはいえあまりいい走りではなかったのが残念でしたね。
3区
3区も箱根を走った選手がたくさんいて、見ていて楽しかったなぁ。
何よりも佐藤選手がぶっちぎりで1位の位置にいたのに上野選手がさらに上をいく爆走!いやー素晴らしかったです!二人は佐久長聖高校で先輩後輩だったんですよね。上野選手最後はばてるかなと思ったらそのままいったので本当に素晴らしかったです。区間新記録まであと6秒!惜しかったなー。インタビューのにっこにこした顔、かわいかったです^^
コニカミノルタの菊地選手の走りも素晴らしかったなぁ。追い上げましたね。
大石選手や大六野選手の走りもよかった。あとは順大の松村選手、どちらも3区を走っていましたよね。順位が違ったので並んでいる姿は見れなかったですが、こちらの双子も頑張ってました^m^
区間2位は菊地選手!素晴らしい走りでした!
4区
エース区間だからもう興奮しっぱなしでした。特に3位集団の三つ巴!
窪田選手に村澤選手に宇賀地選手!!あああああ〜〜〜たまりません!←
設楽選手の去年の自身の記録を抜いての区間新記録も素晴らしかったです。
三つ巴は宇賀地選手が遅れてしまったのが残念でした。
村山選手も後ろから快走していましたけどあと少しかなぁ。素晴らしかったんですけども…。村山選手にずっとくらいついていた井上選手もよかったですねー。去年の箱根駅伝での笑顔のタスキリレー、今でも鮮明に覚えてます。そして区間3位でしたね!
5区
5区も知ってる選手がたくさんいましたねー。元祖山の神とか2代目山の神とかうるさい!と思ったんですけど^^;そして同じく5区を走った服部選手もこちらを走っていましたね。5区を走った人が得意なコースだったのかな。
この区間で印象的だったのは今井選手の走りが素晴らしかったのはもちろんなんですけど、コニカミノルタの山本選手の走りが本当に素晴らしかったですね。
今井選手は社会人1年目からマラソンに目を向けていてずっとずっと挑戦していて。去年2時間6分台をマークして世界陸上が内定して、でも髄膜炎になって欠場。リオ出場も白紙。でも「リオオリンピックに出場して1番でゴールするのが僕の夢です」という言葉を聞いて、涙が出てきました。いつもどんな時も諦めないで前を向いて進んでいく姿。自分と同い年の選手だからかその言葉にすごく勇気づけられて、自分も頑張らなければと思わせてくれました。今井選手は山本選手に次いで区間2位。走り終えた後の一礼まですべてが素晴らしくて感動しました。
柏原選手も素晴らしかったです。山の神と言われた今井選手の記録を抜いて、たぶんこの言葉のプレッシャーは今井選手以上だったんじゃないかなと思います。社会人になってケガに悩まされて、その中での今回。素晴らしい走りでした。まだ26歳ですもんね。これからも楽しみです。
6区
トヨタの田中選手とコニカミノルタの設楽選手がほぼ同時にタスキリレーをしたのでどうなるかわからないなと思ったのですが、設楽選手があまりペースが上がらなかったですね。強風だったので体重が軽そうな設楽選手には不利な状況だったのでしょうか…。
7区
1位のトヨタはルーキーの山本選手!早大時代は3年間5区を走ってましたねー。最後は主将。一浪を経ての箱根路だったんですよね。しかもトヨタでもギリギリまでBチームにいたそうで。努力の選手なんでしょうね。いや、みなさん血のにじむような努力をされていると思いますが。コニカミノルタの野口選手も素晴らしい走りだったんですけどねー。10秒差まで縮まったときはいけるか!と思いましたが山本選手も粘ってました。
そしてトヨタ自動車九州の廣末選手!ここにきて2人も抜いてなんと3位に!
トヨタ九州って高卒の選手が多いから全体的に若い選手が主なんですよね。それでも大卒の選手と堂々と戦っていてかっこいいなと思います。
結果、優勝はトヨタ自動車!6チーム目の連覇おめでとうございます。
準優勝はコニカミノルタ!本当に素晴らしいです!悔しい!でも素晴らしい!お疲れさまでした。
そして3位はトヨタ自動車九州!こんなに戦国駅伝と言われている中、とても若い選手層でこの位置は本当に素晴らしいです。今井選手はもちろん廣末選手もほかの選手も素晴らしかったです。なにが4強だ!勝手にマスコミが決めるな!ざまあみろ!(暴言)おめでとうございます!
4位はHonda。優勝が見えた時もありましたけど初優勝にはなりませんでした。でも安定の走りでした。
5位はDeNA!着実に順位を上げていますよね。上野選手の力走素晴らしかったです!
6位は日清。最後の最後で抜かされるか!?ってなったけど小野選手が粘りましたね〜^^
7位は旭化成。よくここまで上げたなと思いました。お疲れさまでした!

個人的にはルーキーも活躍していましたけど、若松選手や上野選手、山本選手、今井選手などベテランと言われる同世代のアラサー選手が活躍されていたのがとてもうれしかったです^^

全日本大学駅伝

先月の出雲駅伝に続いてやってきました!日本一の大学を決める全日本大学駅伝!
去年まで駒大が4連覇を達成中!
先日女子駅伝では立命館大学が史上初の5連覇を達成したということで男子駅伝も!となっていましたけども、まあ色々ありましたねぇ〜。
見ていて最初から最後まで面白かったです。
ここからは独断と偏見の感想です。
私は最近駒大を応援しているので駒大に5連覇を達成してほしかったのですが、正直勝つのは青学だろうなぁと思ってました。そうやって単純に考えちゃってごめん!と心の底から思いました。ホント、駅伝は最後までどうなるかわからない!
あ、解説に窪田選手と出岐選手がいらしてそれもうれしかったです。
1区は割と予想通りの大学が前に出たなぁと思ったんですけど、早大の中村選手が前に出たのは全く持って想定外で^^;高田選手が出場していなかったですけど、まだけがから復帰していないんですかね。なので4年生は中村選手だけでした。素晴らしい走りでした!!
区間賞は服部選手(兄)でしたねー。流石の走りでした。
8秒差ではありましたけど駒大が遅れるとは思いませんでした…。
山梨学院大も応援しているので、市谷選手が遅れたのはちょっと残念でしたね〜。
2区は小椋選手がちょっと遅れたのがびっくりでした。最後くらいつきましたけども。暑いのが苦手だそうで…道産子だから?
駒大の工藤選手も良い走りしてました。1年生の時、抜かされちゃったけど区間新取ってましたもんね。
駒大は悪くなかったけど少しずつ少しずつ遅れていった感じでしたかね〜。
でもその中で馬場選手の走りが本当に良かったです。可愛い顔してますけど←足は結構がっちりしていて走り方も力強いんですよね。じゃないと5区も走れないと思いますけども。
出雲の時も聞きましたけど、陸上を辞めようとも思ったと聞いて、辞めなくて良かったと思いました。
襷リレーで前の選手を待っているときに笑顔で迎えている姿、そして笑顔でタスキを渡した姿を見て、おばちゃん感動して泣いてましたよ…。
青学も盤石だと思っていたけど想定外なところがいくつかあって、それで崩れていったのかなという気がします。
神野選手は30秒離れてたら追いつけると言っていて、実際27秒差くらいでしたけど、いくら実力があるといっても復帰戦でしたからね。
やっぱり走り込み出来ていなかったというのが大きかったのかなと思います。
そして東洋大。
東洋大の勝因は誰一人失速しなかったことと、青学から大きくは離れなかったことが大きかったのかなと思いました。
服部兄弟はもちろんですけど、口町選手も素晴らしかったし、櫻岡選手が青学にくらいついて行ったのも良かったし、野村選手の最後のスパートも本当に素晴らしかった。
渡辺さんもおっしゃっていましたが、全員での勝利だと思いました。
インタビューで酒井監督泣いていましたね。全日本大学駅伝だけ唯一優勝したことがなくて、準優勝4回。素晴らしい記録ですけど、プレッシャーもあったんでしょうね。
今回はまさに「その一秒を削り出せ!」の結果だったなと思います。
最終区の3位争いも面白かったです。駒大はベスト3は死守したし、早大は最後に競り負けちゃったけど前回はシード落ちをしているのを考えたら4位は素晴らしいです。
東海大の5位も強くなったなぁと嬉しかったですし、明大も素晴らしかったですよね。東海大の1年生湊谷選手の走りにびっくりしました。楽しみな選手ですね^^
どの大学も本当に素晴らしい走りでした。お疲れ様でした!!!

箱根駅伝予選会

こっちでは生中継は放送されなかったのでBS日テレで放送されていたのを見ました。
今年もドラマがありました…中継の間に挟まれるそれぞれの大学の物語にもう泣きそうでしたよ…。
私が一番気になっていたのは中央大学でした。
今年の箱根駅伝で9区までシード権内だったのですが10区で大ブレーキ。怪我をされていたようで結果19位でゴール。1番長く本戦出場をしている大学で、しかも散々厳しいなんて書かれていたので、何おう!なんて思っていたんです。
でも確かに前回もギリギリだったなぁなんて思ってしまって…ドキドキしながら見てました。録画だったけど^^;
解説に渡辺さんがいらっしゃいましたね。この間の出雲駅伝でもいらしたし、これから引っ張りだこになるんだろうな。解説も分かりやすくて良かったです。
予選会自体に大きな動きはなかったですね。ひたすらキトニー選手速いなっていうくらいで…。2位集団も面白かった。
あとは東農大かな。前回49秒差で本戦出場が出来なかったので…。
でも過去に1秒差で本戦出場をしていなかった大学を見ているからその時の事も同時に思い出します。
去年東農大は個人4位で当時キャプテンだった浅岡選手がゴールして、でもチームで本戦出場は出来なくて、個人プレーじゃないんだよなぁとみていて思いました。
個人の選手紹介で気になったのは順大4年生の松枝選手。
なんと!今井正人選手が山の神として区間新記録を獲って総合優勝をした姿を見て順大に入ったというではないですか!どうして今まで特集してくれなかったんですか?真っ先に応援したのに!←順大に入って、本戦出場をして、走りたいと思っていた5区も今年走って。目標は次々達成をしていったけど本来の目標は「箱根駅伝優勝」
何言ってんだよと周りが言っても信念を変えず、様々な点で改革していった姿は素晴らしいと思いました。他の選手も優勝って言っているし!意識を変えるなんて凄いなと感動しました。
順大も優勝した時から9年が経っているんですね…
中央大の町澤選手も気になりました。ハチマキをして走る選手。インタビューでハチマキかっこ悪いと思ったことないですか?みたいなことを聞いてましたけど、ハチマキがかっこ悪いなんて思ったことないですけど…。ゲン担ぎは大事ですよね。それにかっこ悪いなんてどうでもいいと言っている町澤選手がかっこよかったです。2位集団にずっとくらいついていましたよね。最後ちょっと落ちちゃいましたけど、でも素晴らしい走りでした。
そして順位。
1位は日本大学。日大って外国人選手は速いけど他の選手は…な時代がありましたけど、今回は違いましたね。キトニー選手は速かったけど、他の選手も速くないと1位にはなれないですもん。
2位は帝京大、3位は日体大。
4位は順天堂大学!いい記録!今井選手がいたときからずっと応援してるんだからホント頑張ってよ!←
5位は神奈川大学。本戦出場できない時もありましたから、最近出ていて嬉しいです。1998年の優勝を覚えてます。
6位は拓殖大。拓大も本戦出場できない時がありましたよね。もうあの1秒が忘れられないです…だから嬉しい。
7位法政大学。いつもギリギリな印象でしたけど←今回良いですね!またシード獲ってほしいです。
8位中央大学。よかったー!!記録が途切れなかったです!残ってよかった。今度こそシードを獲得してほしいです!
9位は東京国際大学!初出場ですね!去年に引き続き初出場の大学が出て凄いです。43校目だそうで。
10位は上武大学。今回無理だと思ってたのでほっとしました。良かった〜!!
そして11位は国士舘大学。10秒差でしたね。1人1秒…本当に、辛いです。
12位は東農大、13位は国学院大学。ここら辺は本当にどこがいってもおかしくなかったです。
亜細亜大学は16位。去年は20位だったので順位は上がりましたね。6年も本戦出場していなかったなんてビックリ。次回こそは。
そして個人的に気になっていた駿河台大学は19位。来年も楽しみです。
今年もドラマがありました。本戦出場を決めた大学が本戦でどう戦うのか今から楽しみです。

出雲駅伝

見ました。
去年は台風のため史上初の中止。今回は2年ぶりでしたねー。
雨が降っているとか風が強いという情報を得ていたので大丈夫かなぁと思いましたが、大会は無事に開催されましたね。
いやー…青山学院大は強いですね。選手層が厚いです。
解説の渡辺監督もおっしゃっていましたけど、選手層が厚くて他の大学が主力選手を3区4区に持っていっている中、青学はアンカーにも強い選手を投入できるということでその差が最後に出てしまったのかなと思います。
青学の3冠も夢ではないですよね。
かつて2010年に3冠を達成した渡辺監督がなかなか厳しい言葉をおっしゃっていましたけども^^経験した分言葉に重さを感じました。
まず1区。ハイペースでスタートしたから先頭集団があっという間に少数になりましたよね。予想通りの大学が残りました。
そして東洋大ですよ。あのコースミスはびっくりしました。余裕もなさそうだったからミスってしまったんですかねー。20秒以上のロス…いやー…びっくりしました。
でも東洋大は服部兄弟が活躍していましたね。特に弟!お兄さんは先月怪我をされていたようで今までにない表情をしていた気がします。あとは4区の口町選手。凄い走りでした。まさに「その1秒を削り出せ」でしたね。
応援していた駒大が3位だったのは本当に残念で悔しかったです。でも、1区の走りが素晴らしかったですし皆さん良かった。馬場選手の復活の走りも観れたので良かったです。箱根でも走るかな。でも5区はちょっと酷かな…
そして私は今シーズンのダークホースは山梨学院大だと思っていたので2位という結果にはにんまりでした^^
2年前の全国高校駅伝で優勝した選手たちが持ち上がって山梨学院大に入って今2年生。皆さん早かったですよねー。アンカーのニャイロ選手も速かった。でも襷でもたもたって^^;その映像なかったですけどその練習を何よりもしないとダメですよね多分。
山梨学院大が上位にいるのが凄く嬉しいです。あと東海大。東海大も上位に食い込むようになって凄く嬉しいです。
次は全日本大学駅伝ですね。その前に箱根駅伝予選会!
駅伝シーズンがやってきて、これから数か月がとても楽しみです。

東京マラソン2015

今井選手日本人トップ7位おめでとうございます!
本当に本当におめでとうございます!!
去年サブテンを達成した時も凄く嬉しかったけど、今回はそれ以上に嬉しいです!!
記録は2時間7分39秒!!6分台が出るか!!と思ってましたけどもそれでも7分台は凄い!
日本人記録歴代6位だそうです。今までの6位が谷口浩美さんの2時間7分40秒と考えると今回の記録の素晴らしさを感じます。
個人的に東京マラソン自体はあまり好きじゃないんです。
(お祭り感覚な人が多すぎて1回も走ったことがないけど当たったから走るみたいな感覚の人が多くて信じられない)
でも、それと実業団の選手たちの争いはまた別です。
今回は注目されている日本人選手で好きな人が多くて最初から楽しんで観てました。
前から言ってますけど私が1番応援しているのはトヨタ自動車九州の今井正人選手です。
大学2年生の時に5区を走り、15位から11人抜きして4位でゴールしたあの時からずっと応援してます。あれから、ちょうど10年が経ったんですね〜・・・。
映像でも出てましたけどマラソン界は86年組が熱いらしく。
同い年の84年生まれはスポーツ界も芸能界もその他諸々の分野でもあまり多くはなく。
だから同い年の今井選手は尚更応援してました!
2008年の初マラソンは2時間12分台。しかも北海道マラソンでした。観に行ったなー。
思い出に浸ると止まらなくなるので今日のレースの話に^m^
ペースメーカーがいる間は日本人選手も先頭集団に割とたくさんいたんですけどね。
テレビでは今井選手、松村選手、佐藤選手、藤原選手を主に取り上げてましたけど最初から目立っていたのは出岐選手でしたよね。
都道府県別男子駅伝で7区区間賞だったのにインタビューを一切されないとか!またノーマークかよ!と思いましたけども←
増田さんや金さんがちゃんと注目してくださっておりました。青学出身で礎を築いた人だと言ってましたね。嬉しかったです。
あとしばらく先頭集団にいたJR東日本の五ケ谷選手!2013年の北海道マラソンの優勝者ですね。だから実力は本当にあるんです!
ピンポイントで数人を取り上げるの、どうかと思うんですよねー…。まあ招待選手を取り上げるのは分かるんですけど他の選手の事ももうちょっと取り上げてほしい…。
藤原選手と松村選手はハーフ地点くらいで先頭集団からはずれましたよね・・・。松村選手が凄く辛そうな走りで珍しいなと思いました。
佐藤選手も前回より良い走りをしていましたが30km位から突如先頭集団から離れました。やっぱり30kmの壁なんですね…。
そして残ったのは今井選手とHondaの佐野選手。佐野選手は正直初めて知りました。途中まで今井選手と日本人同士というところでは並走していましたね。でも中盤から結構後ろを気にするようになっていたのであまり余裕は無くなっているのかなとは思いました。
そしてそして、今井選手。
もうラスト10kmあたりから涙が止まらなくて困りました^^;
もしかしたら13年ぶりに2時間6分台が出るかも!っていうのも相まって日本人トップはほぼほぼ確実でしたがどうなるかは最後まで分からないので本当にずっとドキドキしていて。
お腹は痛いし心臓は痛いし吐き気もするし←
日本人トップは確実でも順位もどれだけ上位にいけるかというところもドキドキでした。
35kmからは佃大橋を始めアップダウンが多かったのでそこで展開が変わるかも!というドキドキもありました。
やっぱり今井選手は登りの走りが素晴らしかったですね。離されても諦めないでペースも何度も上げていました。
最後は笑顔でガッツポーズでゴール!
そして森下監督と握手。
もう涙が止まりませんでした。
インタビューでは今井選手も涙をこらえていましたね。こっちは泣いていました。
瀬古さんや増田さんもとても喜んだコメントをされていて嬉しかったです。
本当に素晴らしい走りでした。
恐らく世界陸上は今井選手は決定かな・・・なんて気が早いけど思います。
ロンドンオリンピック選考で惜しくも選ばれなくて悔しくて。
いつか、今井選手に日本代表として走ってほしいと思っていたので、気が早いですが嬉しいです。
本当に本当に嬉しいです!!
これからも応援していきます!!
まずは7位入賞、日本人トップおめでとうございます。自身の記録も約2分更新。素晴らしいです。でも、今井選手なら日本人記録を塗り替えることだってきっとできます。リオだって目指せます。もっともっと高みで活躍することを心から祈っています。応援しています!

そして日本人2位の佐野選手は2時間9分12秒、3位の五ケ谷選手は2時間9分21秒。ともにサブテン達成!おめでとうございます。
出岐選手も3年ぶりのマラソンで2時間11分台でしたし、佐藤選手は遅れたけど2時間14分で自己ベストを2分更新。これからもマラソンを観るのが楽しみです。

第20回全国都道府県対抗男子駅伝

いや〜…色々ありましたねー。
社会人・大学生枠で注目選手がいても、中学生高校生がいますから何が起こるかわからない。そして本当に今回は最初から読めない展開でしたね。
まず1区で棄権した選手がいたこと。福井の選手が脱水症状で棄権。そして愛知の選手もゴール近くまで来ていてなんとかタスキをつなぎましたが投げて渡したために棄権扱い。襷は繋がりましたけど、投げたからどうかなーと思っていたんです。2区の途中で失格となったという情報が入り、嫌な予感が当たって悲しくなりました。広島も出遅れましたよね。
3区は社会人・大学生枠。もう知ってる選手が多すぎて目が追いつきませんでした^^;
注目はもちろん北海道の菊地選手!明大出身コニカミノルタ所属!もう絶対にやってくれると思っていたので29位で襷を受け取って14人抜きして15位へ!しかも区間賞!
北海道が区間賞なんて初めてじゃないだろうか!と思い嬉しかったのだけどインタビュー等はなくて残念でした。
久保田選手の走りが素晴らしくて、こちらが区間賞かなーと思っていたので嬉しかったです。知ってる選手がたくさん走っていました^^いすぎて書ききれないので略しますけど←村山弟の走りも良かったです。でも後半ちょっと失速しましたよね。箱根駅伝の後、足を痛めていましたし。
個人成績が出たときに8位までの選手の所属や大学名が全部わかった自分は気持ち悪いなと思いました^^;
中学生高校生はもちろん詳しくなかったんですけど、埼玉のスパートが素晴らしかったですねー。そこでトップになったことが結構大きかったと思います。
北海道もどこまで下がっちゃうかなーと思いましたけど、6区までで23位だったので許容範囲だなと思っていました^^
そして7区。7区ももう知ってる選手がいすぎていすぎてキャパオーバーでした^^;
宮城が1位と33秒差で村山選手に襷が渡ったのでそれが凄く楽しかったです。16秒差まで詰めましたからね。宗さんもおっしゃっていましたけどそこからあと5キロあればまだわからなかったと思います。悔しい←
出岐選手と宇賀地選手の併走も面白かったし、鎧坂選手の爆走も素晴らしかった。神野選手も前々映っていませんでしたけど区間3位でしたよねー。
そして私が1番気になったのは馬場選手。箱根で走ってからまだ2週間しか経っていないのに大丈夫なのかななんて勝手に心配していました。それでも今度はちゃんとゴールしてて勝手に心配してかってにほっとしてました。良かった。
最後に秋田の阿部選手が肩か頭をぽんぽんってしてたのが何だか嬉しかったです。
区間賞は出岐選手!2位は鎧坂選手、3位は神野選手。神野選手流石ですね。
4位が村山選手、5位が服部選手、6位が松岡選手。松岡選手が6位なの嬉しかったです。順大優勝の時に走った選手。同世代だから尚更嬉しかったです。お顔を見るのも久しぶりでした、でもすぐにわかりました^^7位は設楽選手、宇賀地選手、小椋選手、宮脇選手。4人なのも凄いですけどメンツも凄い^^;小椋選手がここに入っているのが本当に嬉しいです。
なぜなら北海道は今まで最高位は21位!小椋選手がタスキを受け取ったのが25位だったのでこれは最高順位行けるかも!と思ったんです。そうしたらなんと18位!!北海道が過去最高位でゴール!菊地選手が区間賞で小椋選手が区間7位!2人の走りが本当に素晴らしかったです。中学生や高校生もそこまで離されなかったのも良かったと思います。
おめでとうありがとう!!
今年もいろんなドラマがあって、面白かったです。
選手の皆様、お疲れ様でした!

第91回箱根駅伝復路

1位と2位の差が4分59秒だったので優勝はほぼ決まりだとは思っていましたけど、まさか最終的にこんなに差がつくとは思いませんでした。

6区
去年駒大の西澤選手が転んでスタートしてたので心配だったんですけど^^;落ち着いて入りましたね〜。
14チーム一斉スタートはやはり多いですね。優勝チームが速いとこうなるという・・・。
6区も山登りまで行かなくても順位は結構変動しますよね。
6区の区間賞は早大の三浦選手!早大って山下りに強い選手が多いイメージがあります。おめでとうございます^^
2位は青学大の村井選手、3位は駒大の西澤選手でした。
ここで駒大は東洋大を抜かして3位に!
7区
青学大の独走だと面白くないなーと思いつつ←酷い
7区を走るのは小椋選手。北海道士別市出身の道産子です。前から素晴らしい走りをされていたので小椋選手が走る姿を見るのはとても楽しみにしていました。そしてやっぱり素晴らしい走りで。区間賞でしたねー。
2位が駒大の西山選手、3位が東洋大の服部選手!お二人は同級生で高校生の時から争っていたらしいですね。今回は西山選手に軍配。
ここで駒大が2位に、東洋大が3位に浮上。
8区
8区の注目選手は個人的には中央大学の永井選手。2年前、5区で途中棄権となり参考記録で走った8区で幻の区間賞を獲得した選手でした。
今回は区間3位ではありましたが、前の自分の記録を抜いたということで素晴らしい走りだったと思います。
あとは早大と明大のデットヒートも面白かったですねー。
早大の安井選手は1年生だから大丈夫かななんて思っていたのだけど、明大の牟田選手と並走して最後は突き放して。良い走りでした。
区間賞は青学大の高橋選手、2位は駒大の大塚選手、3位は中央大の永井選手。
9区
復路のエース区間。速い選手ばかりが集まっていましたねー。
早大と明大が8区と同じような並走をしていました。
藤川選手が区間記録に3秒に迫る勢いで襷リレー。今回走ることが出来なかった川崎選手との給水シーンが良かったです。
2年前の早川選手と村澤選手を思い出しました…(どうしてかは話すと長くなるので割愛します←)
10区
1位と2位の差が10分以上って…やっぱりぶっちぎりだったら自分のペースで走れるんでしょうね〜。
青山学院大の選手たちはみなさん楽しかったって言って走っているのがとても印象的でした。
2009年に33年ぶりに本戦出場を決めて、去年最高位の5位になって、そして今回。大躍進ですね!
青山学院大学、初の総合優勝おめでとうございます!記録10時間49分47秒って…いいいいい一体どどどどどういうことですか?←
3年前の東洋大の記録が凄すぎて暫く抜かれることはないだろうとか…言って…いたような…。
原監督のワクワク大作戦大成功だな。最初は何言ってんだって思ったけど←
駒大は2位。去年と同じ。だから待っている選手たちも去年と同じようにお通夜状態。
もちろん優勝を狙っていましたし、常勝っていうイメージですけど、でも、5区でヘタすれば棄権かもと思っていたのにちゃんとタスキをつないで4位で終えて、最終的に準優勝は本当に素晴らしかったと思うんです。だから、せめて10区の選手を笑って迎えて欲しいななんて思っていました。
でも、村山選手ともう一人の選手(ごめんなさい名前が分からないごめんなさい)は笑顔でラストラスト!!って声を出していて、笑顔で迎えていたのが凄くよかったです。
3位は東洋大、4位は明大、5位は早大。
ゴールした順番だと6番目は山梨学院大!
1区で20位でオムワンバ選手は出ないし、どうなるかと思ったけど3区で井上選手が素晴らしい走りをしていて復路でも徐々に順位を上げていってシード獲得!!井上選手がゴールで笑顔で待っていて「ありがとう!ありがとう!!」って言っているのがもう涙が止まりませんでした。
結果9位でシード取ったよ!!獲ったよ!!
7番目は城西大、8番目は東海大。どちらも予選会からの出場でシード獲得!城西大は村山選手が笑顔で迎えていましたね。
中央学院大もシード獲得、大東大もシードを獲得しました。
最後中央大の選手が心配だったのですが最後ゴール出来てほっとしました。お疲れ様でした。
10区の区間賞は城西大の寺田選手!インタビューしてほしかったんですけど、残念でした。
今年の箱根駅伝も終わっちゃいましたね。また、来年。

第91回箱根駅伝往路

今年も来ました!箱根駅伝。
事前番組もたくさん見たのでムダに詳しくなっている私^^;
1区
最近は1区から速い選手がたくさんエントリーさせるようになりましたよね。知ってる選手ばかり。最初は団子でしたけど徐々に別れていきましたねー。
最初に集団から落ちて行ったのが山梨学院大学。オムワンバ選手がまさかの欠場。大晦日に怪我なんて…悲し過ぎます…。
最初トップを牽引していたのが学連選抜東農大の浅岡選手だったんですけど、途中で失速しましたね。お腹痛そうにしていて心配になりました…。
創価大学が先頭集団にいたのが大健闘でしたよね。3年生主将の山口選手。素晴らしい走りでした。
スパートによって駒大、東洋大、青学大、明大の4人集団に。ちょっと、5強って言われてるのに早大!←4人の争いは見ていて面白かったです。何よりも駒大の中村選手が何度か遅れたのに追いつき区間賞で走り終えたこと。素晴らしい走りでした。
2区
駒大がトップで襷リレー。村山選手と4位にいた服部選手がずっと並走。3,4位で明大の大六野選手と青学大の一色選手が並走。5位集団は早大高田選手、東海大川端選手、東海大柿原選手、中央大新庄選手が並走。
そして何より城西大の村山選手の走り!素晴らし過ぎます。言い方がアレですけど黒人選手並みにびゅんびゅん抜いているのが凄かったですねー。
終盤服部選手が前に出て村山選手が遅れましたけど、最終的にはトップが東洋で、1秒差で駒大と青学大、18秒差で明大。早大も5位まで上げましたね。
とにかく村山選手(弟)の走りが素晴らしかったですねー。で、凄く早くて怖い怖いと思ったのに区間賞は東洋大の服部選手。当たり前ですけどトップ集団も速かったんですね…
山梨学院大は2年ぶりに2区から3区へ無事に襷が繋がりましたね…
3区
駒大の中村選手がすんごい速さで最初走るからおいおい…って思いましたよ…
結構早めに辛そうにしてるし大丈夫か?と思いましたけど、粘っていましたねー。
明大も4位から2位へ。青学も3位へ。
区間賞は中谷選手。なんだかんだで区間賞を獲ってるんですから^^;流石ですよね。2位は明大の有村選手。
そして3位は山梨学院大の井上選手!!最下位で襷をもらって、いつの間にか3人も抜いていたからびっくりしました。最後は笑顔で襷リレー。その笑顔に涙が出てきて止まりませんでした。笑顔が素敵でした。
中央学院大と城西大が順位を上げてきましたね。
4区
1年生が活躍した区間でしたねー。トップを走る駒大の工藤選手もですが、青学大の田村選手が素晴らしい走りでしたね。
1位と2位の差が詰まるかと思っていたら3位が迫ってきたのが驚きました。明大の松井選手も素晴らしかったけどそれを上回っていましたね。
そして駒大と青学大の1年生2人とも区間新記録!!でも工藤選手は田村選手に3秒及ばず。2人とも素晴らしい走りでした。もう素晴らしいしか言えない・・・。3位は明大の松井選手だからTOP3がホント速いですよね。
5区
とにもかくにも青学大の神野選手が速すぎて衝撃的…
1時間18分台出るかなんて言われてたのに1時間16分台…しかも参考記録とはいえ柏原選手の記録を30秒上回るって…
明日絶対山の神って言われるよね、名前に神って付いてるし←
まあそんなことは良いんですけど。
青学大が何十年振りかに出場が決まって、それから数年後にシードを獲るようになって、そして往路優勝…この間7年しか経ってないですよ…原監督の計画通りじゃないですか。凄すぎます…っていうか、神野選手が凄すぎます…お客さんに向かってガッツポーズってどういうこと^^;
2位は明大。3位は東洋大。
そして駒大ですよ。明大に抜かされる―っていうところまでは見てましたけどそのあとにアクシデントで失速。もう心配で心配でたまりませんでした…。低体温症かなぁ…。
それでも順位は落としましたけど4位でゴール。良かった…襷が繋がりました。
そして1位が速すぎたために14チームが明日一斉スタート^^;もう順位分からんぞ。
早大の山本選手も期待していたのですけど、振るわなかったですね…。残念。
でも、全チームが襷が繋がってよかったです。
もう優勝はよっぽどのことがない限り決まりましたけど^^;でも復路も楽しんで見たいと思います。

余談。
今昔物語で今井選手の映像が出てめちゃくちゃ嬉しかったです。
佐藤選手、松瀬選手(今は選手じゃありませんがあえて)、篠藤選手、千葉選手、設楽(弟)選手、柏原選手の登場するサッポロのCMがめちゃくちゃかっこよかったです!

ニューイヤー駅伝2015

あけましておめでとうございます。
ということで、元旦はニューイヤー駅伝!
去年の箱根を走った選手もたくさんルーキーとして活躍していて本当に観ていて楽しい大会でした。今回はし烈な争いばかりで見ごたえがありましたねぇ。
1区
日清の大迫選手が完全にマスコミにも選手にもマークされていましたねぇ^^;仕方ないですけど。最初に旭化成の大西選手が出たりDeNAの上野選手が出たり大迫選手が常に真ん中を走っていて完全にマークされている状態で走ってるなあと思いました。
私が応援しているのはトヨタ自動車九州だったのだけど、渡邊選手が失速してドキドキしましたよ…。
区間賞はやはり大迫選手。ラスト1キロの走り方がもうホント外国人のようで凄かったですねー。飛び出して独走しているのが早大の1,2年生の時に1区で独走したのを思い出しました。でも2位と5秒差っていうのがあまり差が開かなかったかなという印象。2位がプレス工業、3位がSUBARUっていうのが意外で凄いなと思いました。トヨタ自動車九州は順位忘れましたけど←トップと56秒差で襷リレー。
2区
外国人選手ばかりだからもう誰がだれだか^^;ただカロキ選手が凄かったのは分かりました。区間賞でしたしねー。三津谷選手の24人抜きっていうのを去年抜いたから早いのは分かってたんですけどね(根に持ってる)
でも外国人ばかりな中中国電力の山崎選手や旭化成の八木選手がそんなに差がつかずに走っているのが素晴らしいなとも思いました。
3区
3区も早い選手がたくさんいましたねー。1番凄かったのは旭化成の鎧坂選手。駅伝に強いですよね。トヨタの宮脇選手ももちろん早かったですし、コニカミノルタの菊地選手もトップの日清の佐藤選手にずっとついていって素晴らしい走りでしたよ。そして2区で14位まで上げたトヨタ自動車九州は何だか大失速して区間34位で襷リレー←叫びましたよね、思わず。2度目の失速…
4区
エース区間の4区!どのチームももう凄い選手ばっかりでいやはや。日清とコニカミノルタがトップ争いをしている中28秒差もあったのにあっという間にトップ集団に喰い込んできた窪田選手は流石だなと思いました。最初の5キロを13分51秒…どゆこと?
村澤選手と設楽兄と窪田選手の走りも素晴らしかったし、それを追う設楽弟も素晴らしかったし、物凄く後ろだったけど今井選手も13人抜きして結果区間2位の走りだったのは流石だなと思いました。ただ設楽弟に区間新記録出されて今井選手の記録が抜かれたのが悔しい←
5区
設楽弟から服部選手の襷リレーが可愛すぎて←
トヨタ、コニカミノルタ、日清がずーっと競ってましたねー。大石選手、宇賀地選手、小野選手。みなさん箱根駅伝の走りも見てきたので何だか凄く感慨深かったです^^;大石選手の走り素晴らしかった。宇賀地選手が独走になるかなと思ったらずっと独走でしたね。小野選手もずっとくらいついていてこの3人では大石選手、小野選手、宇賀地選手の順番で襷リレー。
トヨタ九州の押川選手も8位まで上げましたねー。
6区
いつのまにかトヨタが独走状態。大石選手の最後のスパートも効いてるけど田中選手の走りが素晴らしかったですね。
コニカミノルタの松宮選手が流石の貫録の走り。日清の佐々木選手は遅れちゃいましたね、残念。
1位と2位の差が1分30秒にもなっていてびっくりしました。
7区
田中選手から早川選手の襷リレーが何だかうれしかったです。早川選手は初出場だったんですね。早川選手が走っていると給水で村澤選手が待っているんじゃないかという錯覚に陥りましたが←
トップで独走状態だったからか安定した走りでした。箱根では辛い思いもしましたけど、TOYOTAの初優勝に貢献してアンカーでゴールテープを切っている姿を見て何だか凄く嬉しかったです。TOYOTA4年ぶりの優勝おめでとうございます!!
応援していたトヨタ自動車九州は富士通とNTNと争って競り負けちゃいましたね。9位。入賞まであと一人。惜しかったです。悔しかったー。
でも、1区、3区と失速した中入賞争いまで戻すというのが凄いなと思いました。来年優勝争いに食い込むことを期待します。
今年も色々ありましたが、ルーキーがどのチームも大活躍で見ていてとても面白かったです。お疲れ様でした!

国際千葉駅伝2014

いや〜…面白かった〜。楽しかった〜!!最初から最後まで見ごたえがありましたね!
とにもかくにも!!
日本代表5年ぶりの優勝おめでとうございます!!
とにかくそれですね。それに尽きます。
学生選抜も3位!素晴らしい成績でした!
1区も面白かったですねー。村山謙太選手がトップにいて流石と思っていたらちょっと失速、8位でのタスキリレーでどうなるかと思いました^^;もう。
千葉選抜では東洋大出身の市川選手がいましたねー。お久しぶりですー←
学生選抜は青学の一色選手。一時トップにいましたよね。青学は実力のある選手が本当に増えましたよねー。
そしてケニアの失速もびっくりでした。
2区の鈴木選手は私は存じ上げない選手だったのですが素晴らしい走りでしたねー。あっという間にくらいついていましたもん。そして区間賞。あんなに可愛らしい小柄な体のどこにそんなパワーがあるのか…って女子選手は皆さんそう思いますが^^;
そして3区は村山絋太選手!いくら差があるとはいえ入りが2分30秒って…ガタガタブルブル。そんな突っ込んだ走りだったから心配でしたけど、素晴らしい走りでしたねー。最後ちょっと離されちゃいましたけど最後のスパート!凄かったですー。それに対しての瀬古さんの「あんだけ力が残っているなら離されちゃだめですよね」の辛辣な発言にも笑いました。
学生選抜の横手選手の走りも素晴らしかったです。全日本大学駅伝での走りも脅威だなと思いましたが今回もそうでした。これは来年の箱根駅伝が楽しみですね^m^
4区の日本代表は尾西選手、前からお見かけする選手だなぁと思ったら同い年でした。もうベテランの選手ですね。同い年の選手は無条件で応援しますよ!←
学生選抜の選手は大森選手(名前合ってる?)高校生で出場した大会から今まで7戦連続区間賞って凄いな…今回は区間賞は取れませんでしたが素晴らしい走りでした^^
5区の日本代表選手は大石選手。大石選手と言えば中央大学出身でいつも5区を走っていましたよね!確か主将もされていたような…違ったかな。大石選手の走りも素晴らしかったです。でも後ろから来たケニアの選手が速いこと速いこと…。早めに抜かされてダメか…と思ったけどそんなに離されなかったですよね。やはり大石選手は登りに強いのか。それともケニアの選手が苦手だったのか…
学生選抜は平井選手!全日本大学駅伝の時に見逃してしまって、走りを見たかったんです。ケニアの選手には抜かされちゃいましたけどしょうがないですよねあれは^^;素晴らしい走りでした。見れて良かった〜。
6区日本代表は萩原選手、私は知らない選手だったんですけど、何か…雰囲気が福士選手を彷彿とさせるような…発言の雰囲気はあまり好きじゃなかったですけど←走りは素晴らしかったですね。正直ケニアの選手を抜かしてトップになるとは思いませんでした。素晴らしかった!
学生選抜は鍋島選手。こちらの方は名前を聞いたことがありますね。何かで見たのか…4位でしたけどロシアを抜かして結果3位に!学生選抜も大健闘でしたよね〜。
萩原選手がゴールするときに村山兄弟が同じ顔で笑顔で同じ動作をしていたのにちょっとウケました^m^当たり前ですけど同じ顔が2人…と思いました。並んでいる姿を見るのってあまりないので…。
ということで最初から最後まで見ごたえのある大会でした。面白かった〜。
そして今回の番組で村山兄弟が揃って旭化成に行くことを知りました。
双子で一緒に旭化成なんて!!!
宗兄弟と一緒じゃないですか!!!(分かる方募集)
設楽兄弟はバラバラになりましたけど村山兄弟は再びチームメイトになるんですね。
もう今から諸々楽しみでなりません^^

駒澤大学全日本大学駅伝4連覇おめでとうございます!

出雲駅伝が台風のため中止となり、大学駅伝最初の駅伝大会となった今回。
寝過ごしてしまって^^;1区を見逃したのが本当にもったいなかったなぁと思いました。
村山兄弟の走り見たかったのに。
2人で並走していたそうですね。そこに大東文化大の市田選手も加わってのデットヒート!
たすきリレーの場面は鳥肌ものでした。
村山弟がサングラスをかけてなかったら同じ顔が争ってるってちゃんとわかったのに←
それにしてもお二人とも素晴らしい走りでした。
1区は明大の大ブレーキが本当にもったいなかったですねー。
駒大は最初から最後までトップを譲らずの優勝。本当に素晴らしかったです。流石常勝大学ですね。
最後に走った馬場選手が窪田選手を尊敬されているそうですが、顔の雰囲気が窪田選手に似ているなぁなんて思いました^^
注目していた京大の平井選手の走りを見ることが出来なかったのが残念でした〜。自分が悪いんですけどね^^;強豪の中での4位なんですから本当に素晴らしいです!
あ、学連選抜でエントリーされるかも!なんて思いましたけど、箱根は関東の大学だから無理だ…ってすぐに思いました^^;←アホ
駒大の脅威の走りも素晴らしかったですが、私は明大の走りの印象がとても強かったです。
特に5区の横手選手の走り!すさまじかったです。
1区のブレーキがなければ最後は分からなかっただろうなーなんて、今から考えてもしょうがないですが思いました。
8区までハラハラドキドキでした。2位争いも、シード権争いも素晴らしかったです。
強豪校がやはり上位にはいますけど、どこが来てもおかしくないですよね。
これからもとても楽しみです。
素晴らしい大会でした!!お疲れ様でした!

別府大分毎日マラソン

だいぶ前から招待選手の話が出ていたので、今井選手が出場する!と思い、楽しみにしていました。
終盤までほぼ深い霧の中でのレース。カメラが近づかないと本当に選手たちの顔が見えないくらいでした。この大会は強風が多いみたいですが今回もありましたけどもそこまで凄くはなかったですよね。やっぱり今回は霧と、晴れたところの強い日差しですかね。
解説者は藤田さんに高岡さん。7年前の優勝者に現日本記録保持者。凄いラインナップ。やっぱりスポーツの解説に芸能人やタレントさんは必要ないなと私は個人的に思います…。日本記録ってまだ高岡さんの記録が破られていないんですね。もう10年以上前ですよね…そろそろ新記録が観たいものです。
スタートして最初は毎年恒例のダッシュおじさんが出てましたね。昔に比べたらすっかり出さないような工夫が施されてきてほとんど映らなくなりましたが^^;今日もちらっと映っていました。今回は1キロ地点までトップにいたので頑張ったなと思います←
次に目が行ったのがペースメーカー。あのどぎついユニフォームは目立ちますね。上野選手がペースメーカーで走っていて驚きました。あの人速いけどあまり安定しないない走りなイメージだったので大丈夫か?と失礼ながら思いました。
トヨタ自動車九州の渡邊選手と三菱重工の木滑選手と旭化成の白石選手が初マラソン。最初ずっとトップ集団にいました。
ペースメーカーが最初はちょっと遅めだったみたいですね。しばらく先頭集団が多いのが続いていたんですけど、ペースメーカーのタイムが上がってきてからは徐々に減っていきました。驚いたのは20キロ過ぎた時点で前田選手が遅れてきたことです。優勝を目指してきた選手だけにびっくり。故障かとも思いましたがそういう感じでもなさそうでしたね…
木滑選手と渡邊選手も徐々に先頭から離脱。
今井選手は大丈夫かなぁと思いましたがずっと表情は変わらなかったですね。今井選手は大学卒業後割とすぐにマラソンに挑戦していて、世界陸上やオリンピックに出てほしいなと思っていました。今井選手は登りにも暑さにも怪我にも強いと個人的には思ってます。マラソンでも30度を軽く超える過酷な状況の中走って完走をしましたし、ペースメーカーが暴走してペースが乱されるレースでもそこまで振り回されなかったし、怪我も大きなものはしていないですし、ペースが落ちることはあっても失速までは今まで行っていないような気がするし(ファンのひいき目もあります^^;)
そして30キロを過ぎたあたりで今井選手が出ました!一時トップになりましたね。ここで集団は4人になりました。いやーあそこは興奮しました。あのままずっとトップを維持できるとは思っていませんでしたが、嬉しかったです。
と思ったらそのあとにキプリモ選手の尋常じゃないスパート^^;あれはひどい。
ということでキプリモ選手がトップになりました。一時17秒差まで広がっていたのですが今井選手も果敢に追っていましたよね。最終的には7秒差で2位。おめでとうございます!
優勝はできませんでしたけど、見事サブテンを達成!今までの自己ベストは2時間10分29秒ですからほぼ1分も自己ベストを更新して、素晴らしいと思います。ずっと10分を切ってほしいと思っていたので凄く嬉しかったです!本当におめでとうございます!
3位は初マラソンの旭化成の白石選手。素晴らしい走りでしたね〜!!30歳にして初マラソン。怪我が多かったみたいで、そんな中で挑戦しての3位。素晴らしいです。おめでとうございます。
最後にちょっと言いたい。
優勝したキプリモ選手のインタビューが短くて簡素すぎます。あくまで優勝したのはキプリモ選手なんですから、ちゃんとインタビューしないのは失礼だと思いました。今井選手のインタビューが長かったので尚更そう思いました。お気持ちは分かりますけども…。
今井選手がゴールした時に奥さんとお母さんがしっかり映っていましたが^^;
ちらっとお子さんの顔も出てきて、顔半分しか映らなかったですけど、目がくりっくりで、今井選手をそのままちっちゃくしたような感じが垣間見えてきゅんとしました^^
本当におめでとうございます。お疲れ様でした。

大阪国際女子マラソン

赤羽選手のラストラン。見ました。
赤羽選手はママさんランナーとしてよくテレビに登場していましたがそういう肩書だけではなく本当に実力のある選手で、赤羽選手が出場する大会は見るのが楽しみでした。
34歳。まだお若いと思いますけど、お子さんもいらっしゃいますし仕方ないですよね。個人的にはまだまだ走っている姿が見たかったんですけど…。というかお子さんがもう小学生ということに衝撃を受けました^^;
今回はペースメーカーがいないということで最初から結構ペースが速かったですね。
赤羽選手と重友選手が先頭集団にいて、重友選手が途中遅れました。
最初ヤジンスカ選手が独走でしたけど、赤羽選手も徐々に追いついてさらに後方からガメラシュミルコ選手がじわじわきて、結果赤羽選手とガメラシュミルコ選手2人の争いに。
赤羽選手も素晴らしかったけど、ガメラシュミルコ選手の後半の走りが素晴らしかった。あれはしょうがないわ^^;
でも赤羽選手の走りも本当に素晴らしかった。ラスト5キロで差がついちゃいましたけど、それまではくらいついていて粘り強い走りでした。そして終始笑顔。
ここまでずっとニコニコして走ってる選手、初めて観ました。
本当に楽しそうに走っているなぁと思いました。
途中何度かコーチ(旦那さん)が声をかけていて、赤羽選手が頷いて。その関係性が良いなぁと思いました。
結果2時間26分で2位。優勝できなかったのは残念でしたけど素晴らしい走りでした。笑顔でのゴール、私は目に焼き付けましたよ^^
そして仏教大4年生の前田選手が4位!初マラソンだったそうですね。お母さんもこの大会に出ていたらしいですしお父さんは元実業団の選手。素晴らしい走りでした!東京オリンピックで金メダルが目標だそうで頼もしいですね。なにより可愛い←
ただちょっと気になる点がいくつか。
マラソン中なのに何度もコーチにインタビューするのはいかがなものか。
そしてガメラシュミルコ選手の優勝インタビュー中に切ってしまうのはどうなんでしょうか。大阪の皆さんに一言って言った後ですよ。失礼だと思います。
更に走り終わったばかりの赤羽選手や前田選手をわざわざスタジオ?まで歩かせるというのはどうなのかなぁ。もっと方法があると思うのですが。ちょっとそこらへんが悶々としました。
最初トップ集団にいた重友選手がどんどん遅れていって心配だったのですが、完走されたのですね。良かったです。
改めて、赤羽選手お疲れ様でした。赤羽選手の力強い走りが大好きでした。
私が言ってもしょうがないんですけど、赤羽選手にロンドンオリンピックを走ってほしかったなぁと思います。見たかったです。

来週は別府大分毎日マラソン。私の大好きな^^今井選手が出るので楽しみです。

第90回箱根駅伝復路

6区
東洋と駒大の差は開いちゃいましたねぇ。
明大の広瀬選手が区間新ペースで走っていたのだけど5秒差で区間新ならず。惜しかったなぁ。でも4年間6区を走って全部タイムが良くなってるって素晴らしいですね。
2位が早大、3位が日体大なのだけど、順位も割といいのに襷リレーのところしかほぼ映らなかったのが悲しい。後ろのチームもちゃんと報道してほしいです。1位も区間新も大事ですけど。
7区
東洋は1年生の服部弾馬選手。お兄さんは服部勇馬選手。3兄弟らしいです。1年生なのに堂々とした走り。そして区間賞。凄いな。
あとは帝京大の蛯名選手、青学の小椋選手が良い走りをしていましたねぇ。小椋選手は北海道士別市出身で札幌山の手高校出身。去年も箱根を走っていたので覚えていました。惜しくも区間2位でしたが素晴らしい走り。蛯名選手も突っ込んだ走りをしていました。
この時点で1位と2位の差が2分19秒。
8区
選手の接触により転倒がありました。拓大の選手が転んで足が心配。でもちゃんと走り切りました。15キロも残りあったのに本当に頑張った。ただ順位が8位から10位に。シード権内ギリギリ。
駒大はちょっと遅すぎますね。2分以内どころじゃなく3分30秒。接戦がみれるかもと昨日は思っていたので本当に残念。
その分シード権争いが熾烈ですね。
健闘したのは大東大ですかね。いつのまにか(すみません)7位にまで浮上していました。
9区
窪田選手の走りは綺麗で素晴らしいです。でも東洋がよほどの大ブレーキにならない限りは3分30秒の差を縮めるなんて今の戦国駅伝では無理ですよね。ましてやトップは大ブレーキなんて起きたことのない東洋大ですから。30秒詰めただけでも凄いと思います。
実況を聞いて驚いたのは帝京大の選手と早大の選手がお互いに去年10区を走り、最後の最後にデットヒートを繰り広げた選手たちなのだそうで。凄いめぐりあわせですね。
そして熾烈なシード権争い。7位から12位の間の差が1分半。一斉スタートもありますし、最後までどこがシードを獲得するかこの状態では分かりません。
窪田選手も良い走りでしたがそれ以上に日体大の矢野選手が良い走り!早稲田と1分以上あったのにいつの間にか抜いてましたね(去年と言い抜かされたところすら映されない早大。それくらい映してくれ)
10区
早い段階で日体大に早大がくっついて並走してましたね。最後は早大が離れちゃって、2年連続デットヒートが観れるかと思ったのに残念。
東洋の優勝はぶっちぎりで速かった。それは一人一人がトップだろうが何だろうが区間賞を目指して最初から突っ込んだ走りをしていたからだと思います。私が言うのは凄く失礼だけど、駒大は「2分差までなら窪田選手が詰めてくれる」って良く実況が言ってたんですけどそういう想いが選手にも少なからずあったんじゃないかなぁなんて思ってしまいました。だって、今までも飛びぬけた選手がいた大学って優勝したことがないもの。5区はまた別ですけど、竹澤選手がいた時もそうだし、佐藤選手や村澤選手もそうだし、ダニエル選手やモグス選手もそう。全部一緒くたには出来ないけど東洋大を見ていたらやっぱり総合力だなと思いました。(ただ優勝する前から優勝への道っていうVTRを流すのどうかと思うけどね)
駒大の2位も十分凄いんですけどね。でもゴールした時にかなりのお通夜具合に失礼ながら笑ってしまった。そうなってしまうのは分かるんですけど、せっかく走っているんだからせめてもうちょっと表情上げようよ・・・と思ってしまいました。
3位は日体大。最後に早大を振り切って3位。優勝は出来なかったけど、一昨年シードを取れなかったんですからそれを考えると素晴らしいと思います。
早大は4位。去年は5位だから順位を1つ上げましたね。私は大健闘だと思います。最初はすみません、毎年応援しているにも関わらず正直期待してなかったです。1区の大迫選手で良い順位へ行ってずるずるいっちゃうかなと思ってました。すみません。でも、大迫選手が5位だったから他の選手が頑張らなきゃって奮起して結果4位という結果になったのかなぁなんて思いました。
5位は最高位タイの青山学院大学。駒大とはうって変わって物凄く笑顔でランナーを迎えているのがかわいかったです。2009年に33年ぶりに本戦出場してそれから毎回出場していて今回5位。凄いです。
6位は明大。5区で失速がありましたけど6区で区間賞で巻き返しましたよね。気づくの遅れたんですけど、北選手は走らなかったんですね。最終学年できっと主将だったと思うんですけど…。鎧塚選手のおっかけで^m^目標にして走っていたのを思い出します。実業団はどこへ行くのかな。
7位は日大。日大がシード獲るの久しぶりじゃないですかね。いつも言っちゃ悪いですが2区の外国人選手が区間1位とか2位とかの走りをするんですけど他の選手が記録が悪くて結果シード落ちするっていうイメージだったんですけど。払拭しましたねー。
8位は帝京大。帝京大往路でめちゃくちゃ順位が落ちましたけど徐々に上げていってシード権獲得まで行くんですから力があるなーと思います。総合力ですねー。
9位は拓大。拓大も割と安心できる位置にいたから大丈夫かと思ったら接触による転倒で一時10位にまでなったのでドキドキしました。本当に良かった。シード獲得も久しぶりですね。予選会での悲劇を見ているから拓大が本戦を走ってシードを獲得している姿を見るのが本当に嬉しいです。
10位は大東大。大東大もシード権は久しぶりですよね。私は正直大東大が強かった時代を覚えていないというか見ていないので^^;古豪復活が嬉しいです。
シードを獲得できなかった大学も素晴らしかった。上武大や東海大の選手がゴールするとき、笑顔で迎えているのが印象的でした。悔しいのは分かるけどこうやった待っているの、良いなと思って。
来年はチームが減りますし、予選会も熾烈になると思いますが、楽しみです。
皆様お疲れ様でした。
私のお正月も終わりました^^;

1位東洋大
2位駒 大
3位日体大
4位早 大
5位青学大
6位明 大
7位日 大
8位帝京大
9位拓 大
10位大東大
11位法 大
12位中央学院大
13位東海大
14位東農大
15位中 大
16位順 大
17位国学院大
18位神奈川大
19位城西大
20位上武大
21位専 大
22位国士舘大
 −位山梨学院大

第90回箱根駅伝往路

箱根駅伝は今回90回大会ということで23校が出場。
学連選抜がいないのが物凄く残念。今回は本当に残念だけど、なくならず来年から復活するのでまずは良かった。失くしちゃ絶対ダメですよ。
1区
大迫選手がばびゅんと飛び出すだろうなと思ったので割と最初の段階でバラけましたね。でも2,3年前のようにぶっちぎりとは行かないだろうなとは思いましたが。でも20キロ以上しばらく走ってないと実況で言っていて心配していたのですが、その予感は当たりました。途中で落ちていきましたねー。先頭にいた明大、駒大、東洋大、日体大が争うというのはほぼ予想通りだけど日体大が区間賞は意外だったかも。
東海大、大東文化大、上武大が割と良い位置な気がする。中央大や城西大は遅れたなぁ。
今回は速かったのと、出場大学が多いのでトップと最下位の差がかなり開きましたね。
2区
何より驚いたのは山梨学院大のオムワンバ選手の棄権。疲労骨折だったみたいですね。それは走りきるのは無理です・・・。2区の棄権はおそらく12年前の法大の徳本選手以来だと思われます…同じ山梨学院大だと18年前の4区で途中棄権した中村選手以来かな…。中村選手はそれでも10キロ以上歩いて進んで行ったんですよね…見ていた時は小学生でしたが感動しました。中村選手は翌年2区で8人抜きをして挽回したのを思い出します。まあ、その時の走りは諸事情で見れなかったんですけど(未だに根に持ってる人)
駒大の村山選手が出雲と全日本が区間新だったので物凄く期待していたんですけど、今回は危うかったですね。ずっと両足を叩いていたので心配でした。ペースは落ちましたけどでもブレーキにならないのが流石です。トップで襷を渡しましたね。
2位が東洋、3位が早大。私は早大をひいき目で見ているのですがそれでも2位集団から最初に落ちるだろうなんて思ってしまってホントごめんなさい!←だって高田選手知らなかったんだもの。だから東洋にくらいついててびっくり。最後も離されなかったですね。しかも花の2区での区間賞!早大では竹澤選手以来7年ぶり!なんということでしょう←
そして心配していた村山選手も結果2位なんだから凄いなーと思います。
拓大のモゼ選手は箱根の走りはどうも上手くないなーと以前は思っていましたが、今回は割と良かったですね。10人抜き。7位で襷リレー。大東大8位も健闘だし上武大の9位は今までで1番良い位置!上武大には初のシードを獲得してほしいです。
そして棄権以外での戸塚の繰り上げスタートを私は初めて見ました。1区が本当に速かったことが分かります。
3区
東洋の設楽選手がすぐに追いつきトップになりましたねー。
あまり大きな変化はない区間でしたが日体大の勝亦選手がペースが上がらないのが気になりました。
中央大、中央学院大、上武大の鍔迫り合いが面白かった。日体大は落ちたなぁ。拓大が一つ順位が上がりましたね。
4区
駒大が東洋との距離を縮めてきましたね。駒大記録だそうで!スバラシイ。
明大が早大に早めに近づいてしばらく並走していて、明大に抜かされるかと思ったら逆に早大が競り勝って。3区といい、いい意味で期待を裏切られました^m^
区間賞は駒大か。早大の平選手も2位!いやー凄い。そして帝京大がじわじわ上げていってシード権内に来ているのが流石。
5区
私の注目は日体大の服部選手と法大の関口選手。この二人が去年の5区区間1位と2位なんです。あとは早大の山本選手を期待していたのだけど怪我で出ないということで残念でした。
東洋の設楽選手、どうかなと思ったけどやっぱりはやかったですねー。
そして駒大の馬場選手も頑張った頑張った。59秒差ならまだいける。
早大も5区どうなるかと思いましたけど、粘りましたね〜。日体大に抜かされるかと思いましたけど抜かされなかったです。復路どこまで粘れるか。
日体大の服部選手も流石ですね。ゴールした時謝っていたけど十分ですよ。7位から4位へ。
拓大も6位!今までの最高位は7位だそうで!復路も楽しみです。
東海大も9位!シード権内に喰い込みましたね。良い走り。足の運びが素晴らしかった。かつて5区で素晴らしかった中井選手を思い出すような。シード権獲得してほしいな。
昨年5区で棄権した中央大と城西大は無事に襷が繋がって良かったです。何だか涙が出てきました。
応援していた上武大学は最初はシード権内で行けるかと思いましたが徐々に後退していきましたね。でも、5区の選手が1度痙攣で足を止めたにもかかわらず最後まで走り切った姿は素晴らしかったです。
凄く個人的な想いとしては駒大が1分以内なら優勝できると言っていたみたいなので、駒大が近づいていって1位争いを繰り広げてほしいなと思います。
今日も面白かった。明日も楽しみ。

1位東洋大
2位駒大
3位早大
4位日体大
5位青学大
6位拓大
7位明大
8位大東大
9位東海大
10位日大
11位法大
12位帝京大
13位中央学院大
14位東農大
15位神奈川大
16位上武大
17位中大
18位国学院大
19位順大
20位城西大
21位専修大
22位国士舘大
 −山梨学院大

ニューイヤー駅伝2014

さて。
どんなに前日遅くまで起きていようが元旦は(というか三が日は)8時起きです。
ニューイヤー駅伝!
昨年は今井選手がいるのでずっと応援しているトヨタ自動車九州が準優勝で私は大歓喜でした。そのお陰か今までは今井選手と三津谷選手の時くらいしかあまり出ていなかったのに社名がたくさん出てきていて嬉しいです。
そして日清に村澤選手が加入。そうだ、佐藤選手に憧れてたんだもんね。佐久長聖、東海大、日清食品。全部同じなんだ^^
DeNAも初出場を決めていたんですね。瀬古さんの表情が今までに見たことない感じで何だか可愛らしかったです^m^それに凄く嬉しそう。駅伝出たかったよね。私もエスビーが出場するの、ずっと待っていました。エスビーじゃなかったけど、でも出場嬉しいです^^
で、DeNAに入社しないで住友電工に入社した竹澤選手、走る姿見たいなーと思っていたら!いるじゃあないですか!キャ〜〜〜〜!!初出場なんですね。住友電工聞いた事がないから出ないと思っていたら出てる〜〜!!凄く嬉しかったです。
1区
旭化成の大西選手が最初から飛び出してましたねー。で、後ろが牽制してどんどん離れていくから数年前の箱根の大迫選手がぶっちぎりだった1区を思い出しました。でもそれと違うのは最後にちょっと追いつかれた事。良い感じでバラバラした感じで襷リレーになりましたね^m^
DeNAがちょっと出遅れたのが残念。ちょっと応援していた公務員ランナー達の南陽市役所。どこまで行けるか。
2区
唯一外国人選手が走る事を許されているスピード区間。
もう順位が変わりすぎてよく分からん。
ゴボウ抜き記録が外国人選手が並んでいる中1位が三津谷選手の24人抜きなのが嬉しい。
・・・と思ったらカロキ選手の走りが凄くて。高校駅伝で世羅高校だったときから凄いなーとは思っていましたが。黒人選手が多かったけど、群を抜いていましたね。そして記録が抜かれた…26人抜き…。1区出遅れたのが悪い!(八つ当たり)
3区
走りが見たい見たいと思っていた竹澤選手の走りを見ることが出来ました。相変わらずの綺麗なフォーム。見れて嬉しいです。
更に村澤選手。良い位置で襷をもらいましたね。もうぶっちぎりじゃないですか。怪我で8割くらいの走りらしいですけどいやいや、素晴らしいですよ。大学の時は4個差だったからかなえられなかった、佐藤選手との襷リレー。嬉しいよね。良かったね。何かこっちも勝手に笑顔になっちゃったよ。
三津谷選手が最近あまり調子が良くないらしくてずるずるいっちゃいましたね。思いっきり遅れなくて良かったなぁと思ったけど、心配だね。
SUBARUの滑選手、札幌稲雲高校〜北海学園大と出ていてびっくりしました。物凄く聞き覚えのある名前たち^^
4区
佐藤選手、怪我してたんですねー。万全ではないということですが大学時代から何かしら怪我してて不安要素がありつつ凄いっていうイメージだったので^^;あんまり心配してませんでした←
あの速く走ってるように見えないのに速いあの走り。かっこいいです。
後半は異変があったみたいですね。でも最後まで走り切って素晴らしいです。
今井選手の走りは相変わらず凄いですかっこいいです可愛いです←
宇賀地選手もばびゅんっていう効果音が似合うような^^;走りですねー。安定感がハンパないです。
早大出身の平賀選手。富士通に入社したんですね。トヨタの宮脇選手も凄いし本当に4区は1番長い距離なのに見ごたえがありました。
今井選手も安定感のある選手になったなぁ。以前徳本さんが箱根の解説に来ていた時に「今井選手は乳酸のたまりにくい足」って言ってたのを思い出します。今井選手が脚の調子が悪いって聞いた事がないです。長距離に向いた足なんでしょうね。今井選手って疲れてくると歯を食いしばって、い〜〜!!って感じで走るんですけど、その顔が好きです^^箱根駅伝の時も歯を食いしばりながら5区をものすごいスピードで走っていたんですよね。それにしても世界陸上に出場した選手すらかなわないって…。それならマラソンでオリンピックに出てみなさいよ!←愛のあるヤジ。今年は2時間10分の壁を越えてほしいです。最後には2位にまでいた富士通も抜いて12人抜き。今井選手凄いよー!かっこいいよー!かわいいよ〜!←
区間賞はトヨタの宮脇選手。今井選手は2位でした。
5区
日清と2位争いしていたトヨタ、コニカミノルタの差が最大72秒あったのに、最終的には13秒。トヨタの大石選手が突っ込んで走ってあっという間に追いつきましたね。そのあとトヨタも追いついて三つ巴状態に。
トヨタ自動車九州は5位でタスキを渡していたけど押川選手が深津選手を抜かして4位に。いつの間に?抜かした瞬間を映してよー。
中盤から三つ巴に変化がありましたね。日清の高瀬選手が遅れましたけど、駆け引きもたくさんあって走りも素晴らしくて面白かった。
そして繰り上げスタート。ニュースで初出場で公務員ランナーたちが走ると話題になっていた南陽市役所。ひそかに応援してました。5区はギリギリかなーと思ったらやはりそうで。ダメかと思ったら3秒前にギリギリ襷が繋がって!既につけていた白い襷をぶん投げた姿がかっこよかった。走り切った選手も深々と礼している姿がかっこよかったです。
6区
コニカミノルタが飛び出して単独トップになりましたね。
トヨタ自動車九州がいつの間にか2位集団のトップに立っていてビックリ。速いよ速いよ〜。嬉しいよー。
トヨタがトップ争いから遅れて4位になってしまったのが残念。
7区
トップを走るコニカミノルタのアンカーは菊地選手。明大出身で主将も務めて、なにより道産子!勝手に親近感です。そして菊地選手は中学生の時にニューイヤー駅伝を見てコニカミノルタに入りたいと思って、無事に入社して、そしたら同じ年にその時見ていた選手が監督に就任って凄いですね。運命だなぁ。
トヨタ自動車九州の渡邉選手が最初突っ込んで走っていて、ほぼ同時に襷リレーをした日清を離しましたね。突っ込む走りって最後ばてる人が多いからドキドキするのだけど渡邉選手は安定感がありました。
トヨタの熊本選手が最初から走りが良くなくて心配でした。でも粘りましたねー。
最後は菊地選手がトップでゴールテープを切りました。ルーキーを待っているコニカミノルタの選手たちの笑顔が素敵。宇賀地選手が可愛い。抱き合って喜んでいる姿が素敵すぎます。
準優勝は昨年と同様トヨタ自動車九州!去年と同じ2位だけど、去年はデットヒートを制しての2位。今回は単独の2位。全然違うと私は思います(応援しているチームなのでひいき目あり)1区は20位、3区も区間26位で17位にまで落ちた中での2位。本当に素晴らしかったです。大学時代から同い年の今井選手をずっと応援していましたが、昨年に引き続き今年も4区で今回は9秒差で区間2位だったけど本当に素晴らしい走りでした。「山の神」と名付けられたのは今井選手だけだと私は思っているのだけど、今井選手は平地でもちゃんと結果を残しているから、あまり山の神と言われなくなった現状が私は嫌いではないです。過去の栄光ではなく、未来を見据えている進行形なのがいいです。ずっとずっと応援していきます。
どの選手も良かったですが、アンカーの渡邉選手は区間賞でした。素晴らしい走りだったけど優勝できなくて「くっそー!」と言っている姿がとてもかっこよかったです。若いチームだからこそ、これからが楽しみですよね。来年は優勝だー!←
3位は日清食品。ダントツかなと4区では思ったんですけどね。でもそんな中でもくらいついていったのが流石だなと思いました。日清食品もいつも惜しいんですよねー。優勝した時覚えています。またゴールテープをトップで切る姿を見たいです。まあ村澤選手と佐藤選手が万全の状態で走ったら脅威だと思うので^^来年以降ですね。
4位は団子状態。富士通の選手がスパートするのちょっと早かったんじゃないかなぁなんて思いました。制したのは旭化成。そして中国電力。出岐選手は中国電力だったんですねー。素晴らしい走りでした。
個人的に応援していたDeNAの長谷川選手は順位が落ちちゃって最終的に17位でしたね。3年以内に優勝は難しいと思いますけど、これから駅伝に慣れていって強くなっていくのが楽しみです。
今年もいろんなドラマがあってとても楽しかったです。
選手の皆様お疲れ様でした。

第64回 男子全国高校駅伝

女子もやっていたんですけど見てませんでした。すみません。
男子は割と最初から見ていたのですが、いやー面白かったです。
強豪校が最初から競っていて順位も割と入れ替わっていたのでどこが優勝してもおかしくないと思いました。
3区で世羅高校のカマイシ選手が早かったので世羅高校が飛びぬけていったのですが最終的にはそこまで早くなく、ぶっちぎりとはいかなかったですね。私が特に印象的だったのが3区で2位につけていた八千代松陰の羽生選手でした。カマイシ選手が独走する中ずっと後方で走っている姿が見えていたので素晴らしかったです。さらにまだ1年生ということで楽しみな選手ですね。
そして、札幌山の手高校。2区の段階で36位だったのでこれくらいかーと思っていたのですが3区でなんと23人抜き!13位で襷を渡していて衝撃でした^^;正直すぐずるずる下がるかなと思っていたのですが次で12位に上がり次でも13位だったのでびっくり。道産子魂を甘く見ててごめんね。
10番台でゴールしてほしいなと思ったのですが最終的には20位でした。でも最高位が29位だそうでカナリのジャンプアップでしたね。おめでとうございます。
トップ争いはなんと4校で。山梨学院大付属、大牟田、伊賀白鳳、世羅。トラックまでもつれ込みました。もう本当に最後の最後のスパートでしたね。最後は山梨学院大付属が制しました。初優勝だったんですね。みんなが抱きしめあって泣きながら喜んでいるシーンは感動しました。
見ていて面白かったです!ここに出場した3年生たちはどの大学に行くのかな-なんて楽しみにしながら見ていました。お疲れ様でした。

出雲駅伝

駒澤大学15年ぶりの優勝おめでとうございます!
久しぶりに最初から見ました。出雲駅伝。
大学三大駅伝の1つ目ですね。
箱根で見慣れてるとタスキリレーが早いわー。
1区
最初はペースが遅めでした。暑いのと向かい風だったからだと思われ。
最初駒大が前に出て、すぐ吸収されて、でもまたスパートして最終的にトップでタスキリレー。駒大が先頭でタスキを渡しているシーンは凄く久しぶりに見たかも。
日体大の服部君も一時トップになっていたんですけどねー。惜しかった。
早大も最初先頭集団にいるなと思ったら最後フラフラでゴールしたのでびっくり。大丈夫でしょうか…
2区
2位集団がけん制している間に駒大と離れてしまった気がします。
でも最後ちょっと縮まりましたね。
3区
駒大の村山選手見たことありますね。箱根で見たのかな。違う大学に兄弟がいなかったっけ?(曖昧)村山選手のラストスパート!あれは凄かったなぁ。宇賀地選手の記録を抜いて区間新記録。おめでとうございます。
4区
東洋が最初がーっと来ましたが途中でペースが落ちちゃいましたね。
トップだと自分のペースで走れるからタイムもいいんですね。駒大と日体大の差がどんどん開いていきました。
中央学院大が良い位置です。
区間賞は中央学院大の岡本選手。しかも区間新記録!
5区
東洋が30秒以上詰めてタスキリレー。やっぱり速いです。
2位の日体大を最後ぬかしましたね。
6区
大迫選手と窪田選手が争っているのを見たかったんだけど。残念。うまくいかないものです。
でも大迫選手の異次元の走り!素晴らしかったなぁ。フォームが本当にきれい。そして足が長い!ずっと見てられます^^
そのままトップを守って駒大が優勝!15年ぶりなんですねー。びっくり。めでたいですね^^
大迫選手も頑張りましたよー。7位から4位ですから!お疲れ様でした。でも、最近早大はこういうちょっと惜しい順位が多いよね…
今日は解説がOBの藤田さんだったのが良かったですね。藤田さんが在籍していた時以来の優勝は感慨深いと思います。
インタビューが途中で切れちゃって、笑って話してるチームの感じが良いなと思いました。
今度は全日本大学駅伝。楽しみです。

北海道マラソン

先週までは30度を超える暑さで、北海道マラソンの時期はいつも30度超えの時が多かったのですが、今週は割と落ち着いた気温でよかったですね。
数年前まで正午スタートで1番暑い時だったのですが今は9時スタートですからね。走りやすくなったと思います。
男子は最初はつまらない展開かと思いましたけども^^;
まあ、確かにそこまで大きな変化はなかったですが、それでも面白かったです。
モグス選手がいつも後半失速していて今回は抑えて走っているなと思ったのですが、追い上げがそこまでなくてちょっと残念でした。
最初先頭集団に上武大出身の福島選手がいたのでうれしかったのだけど、早めに外れてしまって残念。
男子優勝は五ケ谷選手。…すみません。存じ上げませんでした。JR東日本のキャプテンだそうですね。4年連続で箱根を走られていたそうですがそれも全く覚えておらず。
下重選手も惜しかったですねぇ。
私が出場すると思ってうれしかったのは徳本選手なのだけど。当たり前だが全く見れず残念。13位でゴールされていたんですね!お疲れ様でした。最後に司会の方がちらっと言ってくれていました。
モグス選手は9位。うーん…もうちょっとですねぇ。
女子の優勝者は渡辺選手。3度目のマラソンだそうですが素晴らしい走りでした。あんな小柄なかわいい人がどうしてあんな力強い走りができるのか・・・
女子の先頭集団にずーっとペースメーカーのようについて走っていたエリックワイナイナ選手。女子の選手にとっては心強かったんじゃないかなと思うのだけど。
応援していたのは赤羽選手だったんだけどなぁ。
後半落ちちゃって本当に惜しかったです。
それでも2位です。娘さんの優苗ちゃんは3位以内ねって言っていたそうだからまずはよかったのかなと思います。札幌でフルを走ったのは初めてだったんですね。2位おめでとうございます!

そしてテレビ中継が終わった途端に雨。最近ゲリラ的豪雨が多いなぁ。

第41回全日本実業団山口ハーフマラソン

久しぶりにガッツリマラソンを観ました。
ハーフだから時間が短いのと観たい選手がたくさんいたので。
男子は日清の北村選手に高瀬選手、エスビーの上野選手、旭化成の大西選手など、箱根駅伝を走った選手が目白押しなのです。
そして、今年3月で廃部が決定している四国電力とヱスビー食品のユニフォームを見るのが最後になるのかなと思うとちょっと感慨深さを感じます。
女子の注目選手は赤羽選手。去年はロンドンオリンピックで補欠で走れなかったから本当に頑張ってほしいなと思っていたんです。あとは渋井選手。っていうか、女性の若い選手をあまり知らないというのが正直なところ…すみません。
そしてレース。
男子は日清食品のゲディオン選手がずっと先頭を走っていましたね。ニューイヤー駅伝でいつも走っているイメージでしたが、退社されるんですねー。残念。
その速いペースに旭化成の丸山選手が追いかけていて、凄いなと思いました。若手が速いのは嬉しいです^^そしてずっと追いかけていたら抜いちゃって単独トップに!そしてそのまま優勝!スバラシイ!おめでとうございます。これでマラソン挑戦に繋がりますね。4位は中央大出身の大石港与選手。TOYOTAに入社したんですねー。6位は山梨学院大学出身の日清、高瀬無量選手。おお、凄い凄い。若い選手がたくさん出てきて嬉しい限りです。マラソンに繋がって行ったらいいなー。
上野選手は最後足にきてたみたいですね。有終の美は飾れなかったけど、お疲れ様でした。DeNAという実業団がどうなのか気になるところだけど、それでも同じメンバーで走り続けることが出来るっていうのが大事なのかなと思うので新天地で頑張ってほしいなと思います。(竹澤選手が入社を辞退したと聞いて残念だったけど)ニューイヤー駅伝にも出場してほしいな。
女子はトップ集団が大きくずっと続いていたのだけど徐々に人が減っていって、赤羽選手も途中集団から遅れたのだけど、その後戻ってトップ集団に入ったのが流石だなと思いました。渋井選手は遅れてしまって残念。小原選手が先頭を引っ張っていったから遅れたのが残念。赤羽選手と田中選手のマッチレースも素晴らしかったけど、それよりなによりそこを抜け出して走り抜ける赤羽選手が本当に素晴らしい。若さも大事だけどベテランも負けてません。田中華絵選手が立命館大学時代に走っていた姿を見ていたのでその若手選手を振り切ってというのが本当に凄いなと思います。赤羽選手はやはり、オリンピックに出てほしいです。次はロンドンでのフルマラソンですね。
気になったのは何度か赤羽選手がカメラマンの乗ったバイクを避けてと指示していた事。中継するのは良いけど、選手の邪魔をするのは本当に止めてほしいです。箱根駅伝でも危ないと思うことがたまにあるので。重要なのは中継することじゃないから。選手たちが最高の走りをすることだから。

東京マラソン2013

久しぶりにマラソン中継を見れました。
と言っても最初から最後まで見れたわけではなかったのですが。
カネボウの木原選手(中央学院大学出身)と日清の佐藤悠基選手(東海大学出身)がマラソン初挑戦。でも2人はフルマラソンの洗礼を受けた感じですねー。
佐藤選手のあんな走りは初めて見ました。箱根で「空前絶後」と言われた走りではなかったですね(区間新記録でしたけど7秒しか違わなかったから私は空前絶後とまでは思っていなかったけど)でも佐藤選手も好タイムを!世界陸上の日本代表を!っていうのではなく、フルマラソンはどんなものなのかというのを知るためのレースだったようなので良かったのでは。
私の1番の注目はやはり今井正人選手です。もう大学2年生の箱根5区を走って11人抜きをしている姿を見た時から応援してますから。
いつも日本人2位とか3位とか、惜しいなぁと思ってみてました。
今回もうーん。自己ベストは更新されたようですがやはり10分台じゃ世界とは戦えないですよね。厳しいですけど…。
今井選手は実業団に入って割と早くからフルマラソンに重点を置いて走られているので、いつか世界陸上やオリンピックに出てほしいと思ってます。今回で6回目のマラソンだそうで。まだまだ行けます。頑張ってほしいです。
そして日本人トップは九電工の前田選手!世界陸上の日本代表になるには2時間7分59秒以内が必須。そして記録は2時間8分…あと1秒!本当に惜しくて悔しい!でも、きっと代表にはなりますよね。前田選手もいつもいいところまで行くのに出場を逃すということが本当に多くて惜しいなと思っていました。ロンドンオリンピックも惜しかったんですよね。
だから今回はぜひとも代表に選ばれてほしいです。
女子の日本人トップは尾崎好美選手。今回のマラソンで第一線を退くそうです。でも日本人トップですよ。もったいないですよね。

第89回箱根駅伝復路

日体大30年ぶり総合優勝おめでとうございます!
予選会から這い上がっての総合優勝は神奈川大学以来16年ぶり2校目だそうです。
駒大と東洋大が有力候補と言われている中での優勝。素晴らしかったです。

昨日の放送で棄権した大学の姿が映らなかったので、番組を最初から見たら状況が分かるかと思い、頑張って7時に起きました。眠い・・・。
ちょっとだけでしたけど2校とも映してくれました。2人とも脱水症状と低体温症だったようですね。運ばれていく姿は悲しかったです。
オープン参加となった城西大と中央大ですが気持ちを切り替えて走ってほしいなと思います。城西大は過去伊藤選手が幻の区間賞を獲ったこともありましたし…。
6区
早大は早々と東洋大に抜かされましたねー。予想はしていましたが早かったなぁ^^;
中央大の代田選手が一斉スタート組から最初に抜け出しました。去年も6区を走ったんですよね。名前に覚えがあります。
駒大の千葉選手もやはり追い上げてきましたね。順大も帝京大も前の選手を抜かしてペースは速いのに抜かしていきました。自身の区間記録に4秒及びませんでしたが素晴らしい走りでした。
早大は最後に明大に抜かされましたねぇ…1分40秒も差があったのに〜。
日体大と東洋大は差が結構縮まるんじゃないかと序盤は思いましたがそこまで縮まらなかったですね。
オープン参加となってしまった中央大の代田選手は記録は残らなかったですが結果区間3位でした。素晴らしかったです。
7区
駒大はすぐに前を走る法政大を抜かしましたね。ここ数年は駒大は往路で躓いて復路で素晴らしい走りを魅せるというパターンが多いので失礼ながらもったいないなぁと思ってしまいます。
私の注目は早大の志方選手と青学の小椋選手です。志方選手は10000mベストが早いのと、小椋選手は北海道出身だからです^^士別市出身だそう。
志方選手は今シーズン思うように記録が伸びず、また今シーズンは初めて駅伝を走ったみたいですね。うーん…あまり良くなかったですね…。
大健闘は神大の我那覇選手。最後は10位だった学連選抜とデットヒートで区間トップ!1年生で素晴らしい走りでした!
1位日体大と2位東洋大の差が30秒開いて2分51秒差。更に2位と3位明大が26秒差。
8区
早大の柳選手が陸上歴2年未満っていうのがビックリ。賭けに出ましたねー。っていうのも失礼ですね、すみません。
健闘していたのは青山学院大の高橋選手。東日本大震災でお姉さんを亡くされたそうです…。お姉さんもきっとそばで応援していますよね。そして区間賞!素晴らしい走りでした!
そして明大の横手選手。去年区間賞を獲った東洋の大津選手に近づきデットヒート!スーパールーキーですね。抜いたり抜き返したり、ハラハラしたところで…CM。…なんのための中継だ〜!!盛り上がってたのに〜!
日体大の高柳選手も早いですね。やはり前を走っていると自分のペースで走ることが出来るんでしょうか。東洋が大津選手でしたから縮むと思ったのですが、やはり追う立場と追われる立場だと意識も変わるのでしょうか。
東洋大と明大のデットヒートは東洋大に軍配。40秒差がついちゃいましたね…
でも日体大と東洋大の差は3分12秒差に開きました。
駒大も早かったですが帝京大が抜かしていて驚きました。
ここでシード権争いも熾烈に。10位は学連選抜でしたが、中央学院大が10位に上がっていました。
区間賞は青山学院大の高橋選手でしたが、1番早かったのは中央大の永井選手。高橋選手よりも35秒も早かったです。記録が出ないのに区間賞の走り。本当に本当に素晴らしいです。記録が残らなくても、忘れません。
9区
注目は青山学院大の横山選手です。北海道出身だからです^^7区を走った小椋選手と同じ札幌山の手高校出身。
東洋大は全日本大学駅伝でアンカーを走った期待のルーキー服部選手。
駒大が早大を抜いて4位に浮上。早大の田中選手は一般受験で入った選手だそうで。早大は憧れて一般で入って箱根を走る人が多いですよね。
東洋大の服部選手が終盤走りが落ちていましたね。
明大の松井選手が1.5キロ手前くらいで走りがおかしくなっていたので心配でした。。1キロ以上あるから大丈夫かと思いましたけど、何とか繋がって本当に良かったです。
青学大の横山選手は最後に一人抜いて8位に。
3年ぶりに箱根に帰ってきた法政大学は9位で最終区へ。
神大は順位は下位ですが見た目では10位。ここを走ったのは去年ギリギリで襷を渡した鈴木選手。今年は無事にしっかりとつながりました。
今年は繰り上げスタートはありませんでした。上武大がギリギリでしたが、無事に繋がって良かったです。
全員繋がったのは7大会ぶりだったみたいですね。今まではやはりトップが早かったということなんでしょうね。5区でそこまで差が広がらなくなりましたし、やはりどこもレベルが高いですね。
10区
首位はもう決まりということで安心して見れる位置でしたね。
でも、区間賞は5区の服部選手のみだったんですよね。区間2位という選手が多かったですし、ブレーキもなかった。それが勝因でしょうか。
明大の北選手を私は注目していたのですが、9区で大ブレーキがあったので飛ばし過ぎたのでしょうか。最後は倒れ込んでいましたね…。
7年ぶりに法政大学がシード権獲得!本戦にでるのも3年振りだったのに凄い!嬉しい〜!監督も事前にシードを獲るのは難しいが…とおっしゃっていたそうなので本当に良かったです。
順大も6位でしたし。
応援していた大学がシード権を獲得して私は満足です^^
日体大が優勝した時、喜んだ後にちゃんと全員で礼をしていたのが素敵で、感動しました。
中央学院大もシード権獲得は4年振りだったんですね。10位おめでとうございます。
早大と帝京大の最後のデットヒートは本当に最後の最後だったのでどちらもギリギリだったんだろうなと思います。帝京大も予選会からの出場での4位ですから凄いです。
早大は失礼ですが大体想定通りな感じでした^^;もちろん応援しているんですよ。来年また上位を狙ってほしいです。
駒大は復路優勝。駒大は総合優勝はしなくても復路優勝というのがここ数年ありますよね。往路で思うような結果が出なくて、復路で挽回という形が多くて本当にもったいないなと思ってます。往路でせめて上位にいれば復路で優勝を狙えるかもしれないのにと思ってしまって。まあそんなことは本人たちが悔しくて痛いほどわかっていると思うのだけど。来年こそは!
今回も様々なドラマがあった箱根駅伝でした。
来年は90回大会なのでチームも増えるでしょうが、学連選抜がないのが残念です。
来年どの大学が出てくるのか、優勝争いをするのか、シード権争いをするのか、楽しみです。
私のお正月もこれで終わりかな^^;
<総合順位>
1 位 日体大 11:13:26
2 位 東洋大 11:18:20
3 位 駒 大 11:19:23
4 位 早 大 11:21:39
5 位 帝京大 11:21:39
6 位 順 大 11:24:43
7 位 明 大 11:25:14
8 位 青学大 11:25:59
9 位 法 大 11:26:40
10位 中学大 11:27:34
11位 山学大 11:28:24
12位 大東大 11:26:21
13位 関学連 11:31:50
14位 國學院 11:33:28
15位 日 大 11:35:23
16位 東農大 11:36:09
17位 神 大 11:37:36
18位 上武大 11:42:44
−  城西大
−  中 大

第89回箱根駅伝往路

日体大26年ぶり往路優勝おめでとうございます!
毎年恒例の箱根駅伝。
今年はまた新たな年になるなと思ったので楽しみにしていました。
私が応援しているのは早稲田、法政、順天堂なので、今のところ全ての大学がシード権内だったので嬉しかったです〜^^
1区から3区くらいまでは正直東洋大の独占だったので例年通りの見ている側としてはあまり面白くない展開かな〜と思っていたのですが(失礼発言すみません)
当たり前ですが数々のドラマがあり、またトップも5区の大逆転劇が素晴らしかったです。
それでは独断と偏見の見解です。見ながらなので文章がおかしいかもですがご了承ください。
1区
始めの1キロは3分8秒でゆったりペース。皆さん牽制して様子見してましたね。始めは東洋の田口選手が出るもみんなついて来るので集団は終盤まであまり変わらなかったですね。終盤は再び東洋が前に出て法政大と城西大と明大がついていくという形。法政大の西池選手って聞いた事があります。速いんですねー。法政大は徳本さんがいたのでずっと応援してました^^3位で襷リレーが凄く嬉しかったです。
1区で1位の襷リレー、東洋大は30年振りなんですね。そういえば1区はそこまで目立っていなかったような。
2区
注目は駒大の窪田選手。全日本大学駅伝のあの大逆転劇は素晴らしかったです。4位で襷を受け取っていましたが、あっという間に2位に。
東海大学の早川選手も学連選抜で出場していました。今年は1校1人ということで村澤選手と2人出てほしいななんて思っていたのだけど叶わなかったですね。村澤選手の怪我の具合も今の状況は分かりませんが…。給水を渡したのが村澤選手っていうのが泣ける…。2人が一緒に映っている映像も流れてました。
窪田選手が2位でしたが途中で飲み込まれて2位集団が5人に。
日大のベンジャミン選手と山梨学院大のオムワンバ選手がやはり速いですね。
でもオムワンバ選手の後ろに早川選手がぴたりとくっついてしばらく並走していたのも凄いなと思いました。
ベンジャミン選手も2位まで上がり2位集団がちょっと離れていきましたね。
早大の平賀選手も上げていって10位集団が8人に。
最終的にベンジャミン選手が1位で襷リレー。日体大の本田選手が集団を振り切って3位で襷リレー。
学連選抜の早川選手も早かったです。粘って9位に浮上してました。素晴らしかったー。
早稲田も上がりましたね。5人抜きで12位でした。
中央大学がドキドキしましたけど、襷が繋がってよかったです。
3区
何だか物凄い強風が吹いていますね。海風が凄いのが画面を見ても伝わってきましたもん。旗は破けそうでしたし木がすんごい揺れてたし。
1位で日大が襷を渡しましたが、2位になり、日体大に抜かされその後の集団に抜かされましたね…その日体大も途中落ちてきて、本当に風が辛かったんでしょうね。最終的には10位になってました。
早大の大迫選手が流石です。区間2位で悔しいですけど9人抜きは素晴らしいです。1区の遅れが悔やまれますね…。
青山学院大の久保田選手も素晴らしい走りでした。流石スーパールーキー。
個人的には明大の菊地選手も応援していました。北海道出身で室蘭大谷出身だったので。良い位置にいたのでニセコ町出身って何度か言っていたので嬉しかったです。最後は落ちちゃいましたけど最終的には区間5位ですから素晴らしい走りでした。
あ、そうそう。大迫選手に給水を渡していたのがお友だちだというディーン元気選手だったときはちょっと興奮しました^^そういえば同じ早大陸上部ですもんね。
4区
2位争いをしていた早大日体大駒大から駒大が落ちましたね。そこから順位がどんどん下がっていて心配でした。早大佐々木選手も初めは2位集団を引っ張っていましたが日体大の木村選手が上がってきましたねー。
タイムで早かったのが順大。シード圏外だったのに8位集団を牽引してましたね。
1位との時間も縮まってきて、面白くなってきました。
帝京大の早川選手も素晴らしい。以前西村選手が区間新記録を獲りましたし、馬場選手も区間賞を獲ったそうで。4区は得意区間なんですね。最終的に6位になりました。
順大も田中選手が早くて駒大も抜いて7位に!スバラシイ!そして区間賞!嬉しい〜。
5区
1位と2位の差が1分49秒差。更に3位が2分7秒差。許容範囲だなと思ってはいましたが、東洋大についに追いつき追い越して。服部選手と山本選手の並走が本当に素晴らしかったです。
法政大の関口選手が13位からなんと6位に!7人抜きです。嬉しいよー。区間2位ですし!素晴らしい走りでした。
トップは服部選手が振り切り単独に。それにしても本当に風が強いですね。山登りな上に強風。辛すぎる…。
服部選手の安定した走りがとにかく素晴らしかったです。登りも下りもフォームが崩れませんでしたね。去年の19位からの見事な大躍進でした。
山本選手も最後はギリギリ2位でしたけど2分の差をよく縮めましたよ。区間3位でしたし。大健闘でした。
でもその一方で2校が棄権。城西大は最後に映った時からフラフラしていたので心配していたのですがやはり棄権。
ビックリしたのは中央大学です。放送が終了して「中央大のゴールが見れない〜」と思ったら最後の最後で「中央大もリタイアのようです」って言って番組が終わるから「えええ〜〜〜!!!」と思って終わっちゃいましたよ。
28年連続でシード権を獲得していたけど、これで途切れちゃいましたね。2区を終えた段階で厳しくはありましたが…。
今回はとにかく敵は風だったような気がします。
明日はもっと穏やかな天候であることを望みます。
明日も楽しくドキドキしてみていようと思います。

往路結果
1位日体大
2位早大
3位東洋大
4位明大
5位法大
6位青山学院大
7位帝京大
8位順大
9位駒大
10位学連選抜
11位山梨学院大
12位大東大
13位中央学院大
14位国学院大
15位日大
16位上武大
17位東京農大
18位神奈川大
途中棄権=城西大、中央大

ニューイヤー駅伝2013

コニカミノルタ優勝おめでとうございます!
トヨタ自動車九州過去最高位準優勝!おめでとうございます!

毎年恒例ニューイヤー駅伝。
いや〜今年は興奮しました〜楽しかった〜!!
トヨタ自動車九州の2位がめちゃくちゃうれしい!ずっと応援してたんですよ〜!
楽しみの一つに箱根駅伝を走って卒業した選手がどこの実業団に入ってどこを走るのかというのがあります。
今年1番気になっていたのは日清の矢澤選手だったのだけど、エントリーされておらず。残念でしたー。見たかったな。
私が応援しているのは毎年言ってますけど日清とトヨタ自動車九州です。
後は個々に応援してます。
1区
有言実行でトヨタの宮脇選手が出ましたね。そして旭化成の大西選手が後を追うという形になりました。ここ数年の箱根の1区みたい。
そして応援している日清の北村選手が出遅れて。思わず「きたむらぁぁ〜〜!!」って叫んでしまいました。失礼失礼。
2区
スピード区間で外国人選手が多い区間。その中で旭化成は自ら志願して鎧坂選手が走っていました。検討してましたよー。日清は13人抜きしてましたね。
3区
変動しましたね〜。トップを走っていたトヨタの睥啻手がいつも驚異的な走りをしているのに何だか調子が悪そうで心配でした。旭化成の深津選手が良い走りしてましたー。びっくりしたのはトヨタ自動車九州。早い段階で今井選手がスタンバイしていたので早いなと思ったらなんと10人抜きしていたんですね。凄い!
安川電機が2位なのが意外でした。
区間賞は12人抜きをした深津選手。区間2位はなんとトヨタ自動車九州の小西選手!スバラシイ!
4区
22キロもあるんですねー。私の注目はやはり今井選手!大学2年生のときに5区で11人抜きしたあのときから、ずーっと応援してるんですから^^同い年ですしね。
今井選手は初めに5人抜き。それからもずっと猛追してました。たくさん映像が出てきて映っていたので凄く嬉しかったです^^いつも良い走りをしているのですが、順位が上ではなかったのでちょっと映って襷リレーということが多かったので。
途中からトップの後ろからチラチラ見えていましたもん!もう凄すぎます!ウレシー!録画しておけばよかったー←
最終的には11人抜き〜!!2位ですよ2位!!今までで最高じゃないでしょうか。この位置。う、嬉し過ぎます〜!!
最初から何だか展開が激しいです。カネボウの木原選手が7キロ地点でドンと宇賀地選手の前に出ましたし。でも宇賀地選手は更に冷静で、静かに猛追してました。そしてトップをとらえて前に出ました。自己ベストが1番速いとはいえ凄いです。
中国電力の石川選手も早かったですね。14人抜きしましたもん。
地元SUBARUの小林選手も速かったです。23歳ということは社会人1年目ですね。中央学院大…すみません^^;存じ上げませんでした…。
今井選手はトップと1秒差で襷リレーですよ!しかも区間新記録!キャ〜〜!!!1秒とはいえ凄い!今井選手を好きで良かった〜!!
(でも元祖山の神って言われるのイヤだなー。元々北村選手が今井選手に言ってくれた言葉なのにー)
日清は高瀬選手。山梨学院出身の選手。9位まで上げましたねー。
5区
こちらも変動がありますねー。集団が多くてどこがどうなるか分からないレースでした。
1位集団は3人だったのですが、最終的に1人になりましたね。凄いルーキーですね。コニカミノルタの伊藤選手。何となく名前は聞いた事があります。国士舘大学なんですね。
三津谷選手もずっと集団にいたのですが、11キロ地点くらいで伊藤選手に離されちゃいましたね〜。
後続も集団でどうなるか分かりませんでした。日清も上がってきました。保科選手も同い年なのでガンバレーと思ってました。基本タメな方は応援する人^m^
区間1位はコニカミノルタ伊藤選手、2位はトヨタ自動車九州の三津谷選手。
6区
トヨタ自動車九州は1位と26秒差でした。
日清食品は佐藤選手。怪我もされたそうですが相変わらず綺麗なフォームで走っている姿に見とれちゃいます。
九電工は福山選手。私は勝手に真魚君と呼んでます^^上武大学で1番最初に学連選抜で箱根を走った人なのです。もう25歳なんですねー。
7区
コニカミノルタがダントツでトップ。2位で襷を渡したトヨタ自動車九州は結構遅れましたねー。
2位集団が5人と7位集団が3人。2位集団が何だかペースが遅かったので、7位集団に吸収されるんじゃないかとドキドキしていたら微妙に吸収されてドキドキして、最終的に2位から8位まで団子状態で入賞はするけど前の方に来てほしいなーと思っていたら酒井選手が最後団子状態を制して何と2位!結果6区でタスキを渡した時と同じ順位に!
もう感動しちゃいましたよ〜!凄い!過去最高位!ウレシー!!
おめでとうございます!途中から録画して良かった〜←
日清食品が惜しくも9位だったのが残念でした。最初が31位でしたし、佐藤選手も万全じゃなかったですもんね。来年楽しみにしています。

全日本大学駅伝

久しぶりにリアルタイムで見れました。
と言っても寝こけてたので見たのは5区あたりからですけど。
駒澤大学連覇おめでとうございます!
いやー8区の大逆転劇は本当にすごかった。1分5秒くらいで襷を渡したから微妙かなぁと思ったけど、全然微妙じゃなかった。窪田選手が本当に早かったです。でもいきなり来るんじゃなくてジワジワとくる感じが凄かった。
並走してからの上り坂のちょっと手前からのスパートとか、上手いなぁと思いました。
ああいう走りを見ると、常勝駒大の走りだなぁと思います。脅威に感じるような走り。最近だと高林選手とか宇賀地選手とか。だからやっぱりこういう選手がいなくっちゃ!って嬉しくなりました。ちょっと偉そうですみません。
窪田選手は何となく顔を覚えていたんですけど、ここまでエースとは。本当に走りに貫録がありました。綺麗な顔して髪もさらさらって感じだったのに坊主になっていてちょっとショックだったけど←
早稲田も悪くはなかったですけど、最初でつまづいちゃったのが原因でしょうか…12位っていうのはね…。
大迫選手が追い上げたけどねー。前田選手も区間新記録の走りが素晴らしかったです。箱根で早大が優勝した時に4区あたり(ざっくり)を走ってましたよね。顔に見覚えが…。そうかー4年生かー。
個人的に悔しかったのが上武大です。ベンジャミン選手の追い上げは凄かったけど、あのままいけば6位でシードとれたのになぁ。でも、去年はシード獲ってるんですよね。上武大は凄いですね。
あと印象的だったのは東海大ですね。きっと村澤選手は走らないだろうなと思ったらやはり走っていなかったです。残念。8区は早川選手だったのですが、早川選手のコメントで、もう村澤選手と襷リレーをすることがないからさびしいと言われていて。
そうだ。箱根駅伝に出られないからこの大会で最後なんですよね。
早川選手がゴールして、最初に抱えたのが村澤選手でした。そのシーンに、何だか泣きそうになりました。この2人は、学連選抜で出てほしいなぁ・・・。

エスビー食品陸上部廃部

マニアックなネタですみません。朝に新聞記事を見てショックを受けたので。
私はエスビー食品の全盛期を知りません。それでも有名選手でエスビー食品出身の人はたくさんいたので存在はもちろん知っていました。過去のニューイヤー駅伝の映像で良く拝見しますし。
でも、そのニューイヤー駅伝は2000年に出場して以降出場していなかったんですね。私は毎年期待していました。大好きな選手が所属していますし、いつか出てくれるんじゃないかと信じていたので。
過去にたくさんの選手を輩出して、引退されても監督として活躍されている方が多数いらっしゃる実業団なので本当に残念でなりません。今所属している選手たちが襷を繋ぐ姿を見たかったです。でも、今所属しているのは6人だったんですね。びっくりしました。
竹澤選手は?上野選手は?長谷川選手は?どこへ配属になるのでしょう。(知っている選手だけ書いててすみません)早大の渡辺監督もエスビーからの出向社員だったような…。もちろんどこへ行っても応援し続けることにかわりはありません。どうかすぐに所属が決まりますように。

引退。

私の大好きなマラソン選手の一人だった、日清食品の徳本一善さんが、今日のびわ湖マラソンを走り終えた後、引退を表明したそうです。
2時間15分なんて、良いタイムなのに。
でも、プロっていう事を考えるとそうなのかもしれないですね。
徳本さんが法政大にいた時、徳本さんが区間賞かと思ったら駒大の松下選手が区間賞を取って凄く悔しそうにしていたのが凄く印象に残っています。でも、どの駅伝か覚えていない…すみません^^;おそらく出雲…だと思う。
そして4年生の時の箱根駅伝。私が徳本さんを知ってからの最初で最後の箱根駅伝。徳本さんがどんな走りをするのか物凄く楽しみにしていたのだけど、もういろいろ忘れられない。号泣したなぁ…あの時は。もう9年も経つんですね〜
って、徳本さんのいいとこ書いていない!
実業団に入って、ニューイヤー駅伝で走られていた姿、私は今でも目に残っています。初優勝時も6区を走っていましたよね。それがすっごく嬉しかった!でも6区だったから優勝インタビューの時にいなかったんだけど・・・ぼそり。
引退後は大学の駅伝監督になられるそうですね。大学名は…すみません、初めて知りました。箱根を目指すのでしょうか。徳本監督としてテレビに出られるのを楽しみにしています。
徳本さん、本当にお疲れ様でした。
徳本さんの走り、大好きでしたー!

第88回 箱根駅伝復路

解説は早大OBの高野さんと東洋大OBの高見さん。
二人とも箱根を走っている姿を見ていたのでちょっと懐かしさを感じていたり^^
何だかお二人とも実業団には入られていない…?感じですね。肩書が大学OBという感じだったので。
6区
東洋の選手は3年連続だから覚えてます。1番最初ぼっちゃん刈りだったイメージなんですけど勇ましい髪型になって^^;去年は高野選手に負けましたが、今年は区間賞狙いの安定した走りでした。
早大は西條選手。去年高野選手と6区争いをしていたのだそうだ。最初は明大を離していたけど抜かれましたねぇ〜…
早かったのは中央大の代田選手。ここ最近中央大の山下りって早いイメージがあります。去年と一昨日と山下選手が早かったし。最後は抜かされましたが良い走りでした。東農大の佐藤選手も早かったですね。実際の記録はトップと40分以上ついているんですけど、昨日ゴールしたから残った記録。襷の重みを感じます。
7区
応援しているのは早大だけど、明大の北選手も気になってました。北選手は鎧坂選手と中学高校大学と一緒で憧れている先輩だからずっと追いかけてるって言ってました。それを知ってから見るのが初めてだったので楽しみにしていました。北選手は2位で襷リレーをしましたが、駒大早大が来て2位集団になりました。
シード争いも熾烈ですね。でも7位以降が一斉スタートなのでぱっと見分からないのが難点です。中央大の須河選手が良い走りをしているのだけど11位後方にいる國學院大が10位だから見えない敵?と闘っている感じですよね。出も最終的には中央大は9位になっていましたから大健闘です。
東洋大の設楽選手が区間新記録。東洋やりすぎです^^;
学連選抜が7位で襷リレー。学連先発が一桁なのは2008年以来ではないでしょうか。
順大的野選手も順位を上げて11位に。ここまで来たら久しぶりにシード権を獲得してほしい。
8区
早大の志方選手は去年エントリーしていたけど直前にけがをしてエントリーされず。今年念願の出場ですね。走りも素晴らしかったです。区間2位。1位の東洋はもうおいておいて^^;
明大の有村選手は1年生なのに駒大の4年生高瀬選手とずっと並走。最後は離していました。凄い選手です。
東海大上武大日体大は繰り上げスタート。1位が本当に早いですもんね…日体大が繰り上げスタートは棄権以外では初めてなのだそう。
上武大の坂口選手は上武大では初めて4年連続で走った選手。最後の箱根で繰り上げはつらいですね…。
9区
復路のエース区間。
東洋大の田中選手の走り、特に去年の走りは覚えています。数十秒のトップとの差。ドキドキしてみていた記憶があります。でも終盤で様子がおかしかったですね。あのような走りは初めて見ました。
早大の前田選手と駒大の窪田選手が並び抜かして並走していました。そして終盤窪田選手が離しました。
順大が順位を上げて9位に!11位でぎりぎりだったから大丈夫かなと思ったけど。凄いよ凄いよ!区間5位ですし。今井選手が卒業してからずっとシード権を獲得できていなかったけど5年ぶりに食い込んでいて本当に嬉しいです。
青学大横山選手は山の手高校出身。去年も名前を見かけた気がしますがあまり良くなかったんですね。今年はいい走りをしていました。過去最高の順位を狙う城西大がずっと5位をキープしていましたがぬかしましたもん。2チームは時間差はなくスタートしているから本当にそのままの順位。区間記録も4位。素晴らしいです。
逆に城西大の吉元選手が調子が悪そうなのが気になりました。大失速しないか心配でしたが、何とか6位で襷リレーしましたね。
繰り上げスタート直前に神奈川大が来ましたが本当にぎりぎりで。倒れながらの襷リレー。上武大は本当に数秒でした。神奈川大の襷リレーは順天堂大の82回の襷リレーを思い出しました。
10区
東洋大の斉藤も早大の市川選手も名前を存じ上げない選手なので未知数でした。駒大の選手は聞いたことがあったのできっと去年も走ったんだろうなと思いました。(すみません、ザックリで^^;)
注目は明大の鎧坂選手。坐骨神経痛で出場が危ぶまれ、昨日エントリーされていなかったのでどうなるかと思いましたが今日エントリー変更で名前を見て出るんだとうれしくなりました。オリンピックも控えているので無理しないでほしいとは思いますが。
優勝はやはり東洋。圧巻でしたね。10区も区間賞の走りで。本当に素晴らしかった。
でも、優勝と2位を映しすぎて?語りすぎて?3位が早大から明大に入れ替わったこと全く映していなかったですよね。瞬間も映さない。ゴール直前しか映さない。
さんざんカメラを回しているくせにそこを映さないって順位が変わるのに映さないっておかしくない?鎧坂選手の走りも見たかったのに。ほぼゴールしか見れなかった。あ〜腹立つ〜!!
10区は中盤も凄かったですね。順大の小澤選手と中央大塩谷選手がどんどん前にいる選手を抜いていきました。でも終盤中央大が蛇行して走っていて本当に辛そうで、それなのに前に前に行こうとしていてその姿に涙しました。襷があるから、あんなに頑張れるんですよね。
城西大も一つ順位を落としましたが6位。本当によかったです。ゴールした後、去年卒業した石田選手の姿も見えて嬉しかったです^^
順大も7位!凄い!復路スタートしたときは厳しいかと思っていたけど、本当に何が起きるかわからない。5年ぶりのシード権獲得おめでとうございます!
そして中央大。最後まで記録を伸ばそうとしていた力が8位という順位に結びつけたんですね。
順大の小沢選手が区間3位。中央大の塩谷選手は区間2位!本当に最後まで諦めなかったからこの素晴らしい記録が生まれたんですね。本当に感動しました。
山梨学院大も9位で2年ぶりのシード。10位は國學院大2年連続のシード権獲得。

個人的には早大を応援していたので残念な結果でした。4位でも十分すごいんですけど。でも、八木選手や三田選手の走りが見られなかったのが残念でした〜。
でももう一つ応援していた順大が7位で5年ぶりにシード権を獲得したのが本当にうれしかったです。
来年はほかに応援している亜細亜大と法政大も本戦に出場してほしいなと思います。
自己紹介
苗坊と申します。
生まれも育ちも生粋の道産子。読書とゲームとマラソンとV6を愛してやまないオーバー30です。47都道府県を旅行して制覇するのが人生の夢。
過去記事にもTB、コメント大歓迎です。よろしくお願いいたします。
Categories
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス解析
記事検索
Recent Comments
ブログリスト
カウンタ





  • ライブドアブログ