苗坊の徒然日記

読書とV6をこよなく愛する苗坊が気ままに書いてます。 お気軽にどうぞ。

益田ミリ

沢村さん家のそろそろごはんですヨ 益田ミリ



図書館帰りにスーパーのお惣菜売り場を覗いたり、コマーシャルで見た新製品調味料をお母さんにリクエストするなど、定年後も食への興味はつきないけれど、回転寿司に行ったあと「若い頃はもっと食べられた」と毎回つぶやくようになってしまった70歳のお父さん。
丸ごとトマトのかぶりつきをお昼ごはんにしてみたり、サヤに3つ入ったそらまめを見て自分たち家族を思い出して絵手紙を綴ったり、お父さんには内緒で友達と高級ランチに行ったりと、社交的で日々の生活を楽しんでいる69歳のお母さん。
会社帰りにばったり会ったお父さんに焼き芋を買ってもらうなど平和な実家ぐらしを送ってはいるけれど、いつのまにか家族の外食を仕切る立場となったことをちょっぴりさみしく思ったりもする、未婚で彼氏なしの40歳ベテランOLのヒトミさん。
そんな平均年令60歳の沢村さん一家を描いた「週刊文春」で連載中の人気ホーム・コミック単行本第四弾。
高齢になった親、長年連れ添った夫婦、40代の娘、それぞれの視線で描かれた日常は、「あるある」と共感し、笑いながら思わずホロリとくるシーンが満載。
描き下ろし6ページ漫画「沢村さん家のスキヤキ」も収録。

こちらの作品はシリーズものなんですね。何冊か沢村さん家のお話が出ていると読んだ後に知りました。家族の年齢も変わっていたりするのかな。
お父さんお母さん娘それぞれの目線で日常や仕事や人間関係や家族の事が綴られていて、ほのぼのしたり、ちょっと切なくなったり。
好きだったのは娘が体調が悪くて会社を早退して、自分が小さかった時の同じような状況の時を思い出して家に帰ってきたら、表に出てお母さんが待っていたシーン。いくつになっても親にとって子どもは子どもで。
こちらが温かい気持ちになりました。
他のシリーズも読んでみたいです。

マリコ、うまくいくよ 益田ミリ



社会人2年目、12年目、20年目。同じ職場で働く、3人のマリコ。「今日も会議で意見が言えなかった」「〈会社用の自分〉に、自分がのっとられそう」「後輩は増えるけど、年上の実感ってない」。彼女たちの問いに、心が揺れ動く。きっと、私たちは、もうひとりのマリコ。発売前から共感の嵐! 読めば、じわりと勇気が湧いてくる、お仕事漫画。

益田さんの作品が好きで、新刊が出ると手に取ることが多いです。
私は30代なので12年目のマリコに近いのかなと思いますが、2年目と12年目は分かる分かるというところもありました。でも、それぞれに何だか周りを見下しているような感じがして、それが何だか嫌だったな。20年目のマリコさんはベテランなだけあって、上手く立ち回りつつ空気を読んでいる感じがしたけど…。
3人が働く職場が昔ながらの年功序列で男尊女卑な風潮が残りすぎているような気が…。やっぱり今もそういう職場が多いということなのでしょうか。まあ、私も経験ありますけど。
男性社員の女性の管理職に対する扱い、酷すぎませんかね。私の職場はもう初は過ぎているからそう思うんでしょうか。まあ、50代以上の男性ではまだいますけどね、こういう人。
私は今自分の仕事の事でいっぱいいっぱいで、あの人はこうだとかこの人はこうだとかそう思う余裕がないです。分かる部分がありつつも、今の気持ちで読むには心が重くなる1冊でした。
あくまで私の意見です^^;

OLはえらい 益田ミリ4

OLはえらい (文春文庫PLUS)OLはえらい (文春文庫PLUS)
著者:益田 ミリ
文藝春秋(2006-10-01)
販売元:Amazon.co.jp

私の名はロバ山ロバ子。サラブレッドではないけれど、いつかきっといいことがありそうな…恋に憧れ、夢みる普通のOL27歳。家族や職場の仲間の人間模様をシニカルに眺めつつ、でも一生懸命がんばる日々。会議での発言、社員食堂の席、宴会のカラオケの選曲に気を遣い、休み明けの職場へのお土産にも迷うOL人生。じんわり心に響く4コマコミック。

私は多分OLではないので、分かる部分とそんなことを考えなければならないのか。大変だなと思う部分とありました。
ここまで男女での差があるものなんでしょうか。新人なら自分でお茶を出して自分で下げればいいのに。私は多分なんでもイライラしちゃうから向いてないかもしれないな。
今は職場へのお土産はそこまで悩まないけど、昔は悩んだなぁ。今は全体的に若いから悩まないのかも。でも若い人が多い職場というのはそれはそれで色々ありますよねぇ…疲。

<文芸春秋 2006.1>

泣き虫チエ子さん 旅情編 益田ミリ4

泣き虫チエ子さん 旅情編 (集英社文庫 ま 22-4)泣き虫チエ子さん 旅情編 (集英社文庫 ま 22-4)
著者:益田 ミリ
集英社(2017-08-22)
販売元:Amazon.co.jp

秘書のチエ子さんと靴修理屋のサクちゃん。仲良し夫婦は日々の暮らしや旅先で、支えあったりぶつかったりしながら生きています。ささやかな日常の大切さに気付かせてくれるほんわかコミック。

この本は続編だったんですね。失敗。でもこの本から読んでも十分楽しめました。面白かったです。チエ子さんとサクちゃん夫婦。とても仲良しでラブラブな夫婦です。
ケンカまではいかないけどお互いの意見の言い合いはよくありました。でも、日本人は言わないのが良いみたいな文化があるから、こうして何でも言い合えるって良いなと思いました。馴れ初めもとっても可愛い。
でも、チエ子さんは同僚の自分を好いていると分かっている男の子を良くご飯に誘ったりしてるけど、それはいいのかなぁ。なんて思ったりして。私はどうも決まった相手がいるのに男女2人っきりでご飯食べに行くとかできない人なので^^;

<集英社 2017.8>

お茶の時間 益田ミリ

お茶の時間お茶の時間
著者:益田 ミリ
講談社(2016-06-29)
販売元:Amazon.co.jp

ゆるっと、ふわっと、今日もどこかへお茶しに行こう。
ちょっと気分を変えたいとき、カフェに足を運ぶ方は多いと思います。少し騒がしい店内で、「あそこの女子会では何に盛り上がっているのだろう?」「あのカップル、初々しいなぁ」「あっちの男性はパソコンで何をしているのだろう?」、そんな風に周囲を見渡しながら、実は自分自身もあれこれと思索にふけったりしているのではないでしょうか。
まったりゆったりしているからこそ、ふと人生について考えることもある。
じんわり染みて後を引く面白さ。
益田ミリが描く、カフェあるある満載なコミックエッセイ!

益田さんのエッセイの中に、良くカフェで休憩するシーンがよく出てきますよね。
羨ましいなーと思って読んでました。街中にはいろんなカフェがあってそれぞれ特色があると思うので、入ってみたいとは思うのですが、長時間いるのが苦手なんですよね。周りの声が聞こえて来ちゃったりするのとかあまり好きじゃなくて。
でも、新しい世界が広がるかもしれないから、少しずつ入ってみようかな〜。
以前東京へ行った時に行った私語が厳禁のカフェは居心地が良くて好きでした。2時間くらいいた気がします。そこへはまた行きたい。

<講談社 2016.6>

今日の人生 益田ミリ5

今日の人生今日の人生
著者:益田ミリ
ミシマ社(2017-04-20)
販売元:Amazon.co.jp

ただただむなしいとき、おいしいものにであえた日、年齢を感じる瞬間、町で出会った人、電車の光景、そして肉親との別れ。
2コマで終わる「今日」もあれば、8ページの物語になる「今日」もある。
「今日の人生」の積み重ねが私の人生…。
描き下ろしを加え「みんなのミシマガジン」の人気連載「今日の人生」4年分が一冊に。

一日一日を人生として終わらせて描かれているコミックエッセイ。不思議な構造になっていて、凄く空白のあるページもあれば何ページにもなるものもありました。
そうですよね、日々特に何もない日もあれば目まぐるしくいろんなことがあった日もあります。日記を書くのでも「今日の人生」で締めくくるとその一日一日が重たく感じます。重たいものなんですよね、一日一日。
お父さんとのケンカで始まりお父さんのことを想って終わる。「今日の人生」という言葉がとてもしっくりきました。
先週仕事のことで個人的に色々あって考えることもあって、だから益田さんが人間関係のことや仕事のことで悩んでいる日の事を読んでいると胸が痛くなったりしたのですが、心がささくれている時って、好きなものを食べて自分を甘えさせても心の中のもやもやって晴れないんですよね。でもふとしたこととか出来事に救われたりする。不思議ですね。
ミリさんがある歌手の歌の歌詞に救われたと書かれていましたが、それは私もとてもよく分かります。毎日何気なく音楽を聴いていて、歌詞もちゃんと知っているのに、その時に聴いていた曲の歌詞がやたら響いたりする。散々聞いているはずなのに涙が出てくる。
毎日自分も色んな感情を持っていて色んな日がある。
嬉しいと思う時も悲しいと思う時も。
でも出来れば嬉しいことやほんの小さなことでも幸せに感じられる時が多ければ良いな。そう思えたら良いなと思って読み終えました。
そうそう、ミリさんが行かれた岐阜市立中央図書館が気になりました。いつか行ってみたいです。

<ミシマ社 2017.4>H29.8.12読了

週末、森で きみの隣りで 益田ミリ

週末、森で (幻冬舎文庫)週末、森で (幻冬舎文庫)
著者:益田 ミリ
幻冬舎(2012-04-12)
販売元:Amazon.co.jp

きみの隣りできみの隣りで
著者:益田 ミリ
幻冬舎(2016-03-17)
販売元:Amazon.co.jp

そうだ、田舎で暮らそう。ある日思い立って森の近くで暮らしはじめた翻訳家の早川さんと、週末ごとにお土産を手に、早川さんを訪ねてくる経理部ひとすじ14年のマユミちゃんと旅行代理店勤務のせっちゃん。畑を耕すことも、ナチュラルライフにはまることもなく、仲良し3人組がてくてく森を歩く…働く女性に贈る共感度120%の四コマ漫画。

始めに続編の「きみの隣りで」を読んでしまって、「週末、森で」も急いで借りて読みました。
「週末、森で」では35歳の仲良し3人組。それぞれに環境は違うけど、マユミちゃんとせっちゃんの働き先での人間関係とか、読んでいて切なくなりました。あんなセクハラのような人いるんだね。いるんだよね。そう考えたら私は恵まれているのかなと思うけど、自分が30代半ば、アラフォーになって言った時どうなるんだろうという不安はある。
早川さんの言葉一つ一つが心に染み入りました。
益田さんの本は、精神的に辛いときに読むと本当に辛いけど^^;それでも前向きにさせてくれます。生きずらい世の中だけど生きなきゃなと思わせてくれる気がします。

どうしても嫌いな人 すーちゃんの決心 益田ミリ5

どうしても嫌いな人 すーちゃんの決心 (幻冬舎文庫)どうしても嫌いな人 すーちゃんの決心 (幻冬舎文庫)
著者:益田 ミリ
幻冬舎(2013-04-10)
販売元:Amazon.co.jp

その人のことを思い出すだけで、心の中がざわざわしてくる。カフェの店長になって2年目のすーちゃん36歳には、どうしても好きになれない人がいる。いとこのあかねちゃん30歳もまた、苦手な先輩にイライラ……。クラス替えも卒業もない大人の社会で、人は嫌いな人とどう折り合いをつけて生きているのか。ベストセラー4コマ漫画第3弾。

すーちゃんシリーズはわかるわかると思う部分がリアルで読むのが少し怖くなる時があります。でも今回は違いました。
ものすごく分かります。同じ職場で働いていたら毎日顔を合わせなきゃいけないし付き合わなきゃいけない。しょうがないと割り切れればいいですが割り切れないところもありますよね。
あかねちゃんの気持ちもわかります。私は結婚の予定がないからその道に逃げる事はないけど、結婚している人には失礼ですがこんなにつらい仕事を続けなければいけないなら結婚したいって思ったことはあります。新卒の若いころですけど。
あかねちゃんの両親はちょっとイラっとしますね。言われなくてもわかってるよと思います。何をしても「嫁の貰い手が…」ってウザい!って思います。親に「妹に先こされちゃったね」なんて言われたら、私は立ち直れないかも。親戚に言われただけでも予想していたにもかかわらずちょっとショックだったのに。私は結婚しない発言をしているから本心はどう思っているかわかりませんが親は何も言わないのでそこはラクです。まあ、妹の方が先にいったかとは思ってると思いますけどね。言わないでくれているのはありがたいと思います。
私もいます。どうしても嫌いな人。好きになれない人。
私に話しかけるときは職場の人の悪口か自分の愚痴か溜息しかつかない人。
私の方が遅く入社したので同い年ですが先輩で、向こうは偉そうにしている訳ではありませんし、すーちゃんの同僚のように私の悪口を言っている訳ではありません。
それでもねー、入って2日目から職場の悪い状況や特定の人の悪口をずーっと聞いてるっていうのはつらいものがあります。その特定の人は私自身が被害を被っている訳ではないので勝手に悪いイメージがついてしまって申し訳ないと思うくらい。
それにいつも悪口を言っていたら私の悪口もどこかで言ってるのかも…なんて思っちゃいますよね。
一度愚痴を聞くのがつらすぎて、皮肉めいて「そんなに溜息ついていたら幸せが逃げていきますよ」って言ったことがありました。そしたら「もう幸せじゃないからいいんだ〜」ですって。
私自身は愚痴を聞くのが嫌なのでなるべく言わないようにしています。体調が悪い時も本当に体調が悪くてしょうがない時以外は言わないようにしています。きれいごとかもしれないですが。我慢できなくて言っちゃうときもありますけど。
だから本当に最初の頃は愚痴ばかりなのがつらくてつらくてしょうがなかったです。せっかくの新しい職場で頑張ろうとしているのに尚更^^;最近はほんの少しだけ受け流せるようになりましたが。
誰かさんが苦手な人でもその人のつむじを見れば可愛いと思ってしまって苦手じゃなくなるなんて言ってましたけど、私は出来ません。そう思える誰かさんは本当にすごいなと思います。でも私は出来ません。
逃げてしまうのは凄く癪で悔しいけど、逃げてしまっていいと思います。だからすーちゃんの決心は私は間違っていないと思います。最後のお母さんの言葉も凄く良かったです。
何だか今の自分に重なる部分もあったりして、私の気持ちも少しだけ晴れた気がしました。

〈幻冬舎 2010.8〉H25.10.29読了

五年前の忘れ物 益田ミリ4

五年前の忘れ物五年前の忘れ物
著者:益田 ミリ
講談社(2013-07-12)
販売元:Amazon.co.jp

「女の人の中に入っているとき、温度わかりますか?」友人の結婚式の帰りに、偶然再会した元上司。バーでのエロティックな会話の応酬のあと、終電を逃しタクシーに手を上げて……「五年前の忘れ物」
「結婚されているんですか?」ゴルフ練習場で出会った感じのいい男性に不意に訊かれ、恋人とうまくいっていないわたしの心は揺れる……「一羽だけの鳥かご」ほか、
「セックス日和」「デニッシュ」「とびら」など30代の女性を描く、新鮮な短篇集。

益田さんの小説は初めて読みました。
益田さんの作品は30代女性を主人公にしたエッセイを読んでいるのでその印象で行くとちょっとビックリするかもしれません^^;
私はあらすじを読んでいたので多少分かってはいましたが…。
実は結構エロいことをしゃべっていたり表現されていたりしているのにそこまで感じないのが凄いなと思いました。
出てくる女性たちの気持ちが分かるかと言ったらあんまりわかっていないかもしれないけど。年齢の問題じゃなくて、私が恋愛について分かってないから。
カマトトぶっているわけではありません。ウブなわけでは絶対ないし^^;
益田さんの作品は読んでいてリアルすぎてへこみそうになる時もあるのだけどこの作品はそんなことはなかったです。面白く読みました。

〈講談社 2013.7〉H25.9.16読了

ちょっとそこまでひとり旅だれかと旅 益田ミリ4

ちょっとそこまで ひとり旅 だれかと旅ちょっとそこまで ひとり旅 だれかと旅
著者:益田 ミリ
幻冬舎(2013-06-27)
販売元:Amazon.co.jp

八丈島、宝塚、奈良、萩はひとりで。
年2回ほどは、母と2人で(金沢、京都、スカイツリー)。
女友達3人で行って気に入ったフィンランドはひとり再訪! いつだって出かけられる。
八丈島の山の中に、夜になると光るきのこがあるらしい。それは、美しく、幻想的な光景らしい。という噂を耳にして、ものすごく見てみたくなる。でも、八丈島ってどこにあるんだろう? 調べてみれば、なんと東京の島だった。よし、行ってみよう;…『47都道府県女ひとりで行ってみよう』の著者による旅エッセイ。今回はひとり旅だけではなく、母とのふたり旅や女友達との3人旅などなど、誰かとの旅もあります。気になったり、行ってみたい場所には、「ちょっとそこまで」の気持ちで行ってみる。いつだってどこだって行ける!

以前も益田さんの旅エッセイを読みましたが面白かったのでまた読みました。
読むたびに良いなぁと思っちゃいます。
47都道府県全部行くとかさー私がやりたいって思ってることをやってらっしゃるんだもの。って八つ当たりですけど^^;
今回だって海外へ行かれてて場所がフィンランドとスウェーデン!
私が行きたい外国のツートップなんですもん。
読みながら良いなー良いなーって思ってました。
そして読んでみてやっぱり行きたいなと思いました。
日本国内も行ったことがないところばかりだったので興味深かったです。
阪急電車に乗ってみたいなー。
深大寺にも行きたい。
行きたい意欲だけ満載で読み終えました。

〈幻冬舎 2013.6〉H25.7.29読了

心がほどける小さな旅 益田ミリ

心がほどける小さな旅心がほどける小さな旅
著者:益田ミリ
飛鳥新社(2012-04-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

人気イラストレーター・益田ミリさんが2012年初刊行する書き下ろし女子旅エッセイ!
ときにはひとりで、たまにはふたりで・・・。
晴れ晴れとするステキな日本の景色、ドキドキの非日常空間に出会ってきました。
旅で切り替わる気持ちもある! これで明日もきっと元気になれる!
★行ってみたところ★
桜花賞、鹿児島大声コンテスト、九州の肥薩線、郡上八幡のオールナイト盆踊り、新江の島水族館のクラゲナイト、山形県の山寺、奥入瀬渓流ホテル、高知県の牧野植物園、釧路湿原でカヌー、第九の合唱・・・etc

久しぶりに益田さんのエッセイを読みました。
行かれた場所は結構マニアックなところ…ですよね。私も旅行に行くのが大好きなので(給料が安いのでたくさんは行けないのが悲しいですが)面白く読みました。
読めば読むほど旅に出たくなりました。今年度はまだ行ってないよ〜。コンサート行くもんだと思って一切有休使ってないのですよ。
特に興味深かったのは九州のローカル線での旅にオールナイト盆踊り。それから大声選手権、あとは山形県の山寺かな。
私の人生の目標は47都道府県制覇なので^^参考にしてぜひとも旅に行こうと思います。

<飛鳥新社 2012.4>H24.8.23読了

青春、手遅れ 益田ミリ3

青春、手遅れ青春、手遅れ
著者:益田 ミリ
販売元:角川学芸出版
発売日:2010-04-21
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

「わたしの青春は、手遅れなのである」。放課後の告白、ふたりで観覧車、きんちゃく袋のプレゼント……。益田ミリがやっておきたかった「青春」が、あなたの胸をきゅんとうつ! 哀愁のエッセイ&コミック。

章が終わる毎のマンガが面白かった。
確かに高校生とか制服じゃないとできない事が多かったけど、私はどれも憧れなかったなぁ。2人乗りとか、第2ボタンをもらうとか。
共感ができるところがあったかというと、そうでもなかったりした^^;
でも、自虐っぽくいうんだけど、でも、「ああ、そうだよね」と思うところもあったりした。
「芸能人では誰が好き?」というトークをしなくなったと。しなくなった理由は知ったところでどーでもいいと思っているからだと言っていた。
確かに。
自分が気にしているほど相手って自分に興味がないんですよね^^;
つい先日、大学の先輩が勝手に私がV6が好きだと後輩に言いふらして若干小ばかにされてなんでこんな思いをしなきゃいけないんだといらいらもやもやしていたのだが「私は芸能人が誰が好きなのか興味をもたれているんだ」とおもって無理矢理前向きに出来たりしました。
タイミングが良かった。
分かるところと分からないところがあって、きっと30代後半や40歳になったら、もうちょっと読み方は変わるのかなと思いました。

〈角川学芸出版 2010.4〉H22.10.12読了

47都道府県女ひとりで行ってみよう 益田ミリ4

47都道府県 女ひとりで行ってみよう47都道府県 女ひとりで行ってみよう
著者:益田 ミリ
販売元:幻冬舎
発売日:2008-06
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

32歳から37歳まで、毎月毎月出かけていった。わたしには、ひとり旅に出られない理由がないのだった。

タイトルに惹かれて読みました。私の人生の目標の一つに47都道府県全制覇するというのがありまして。だから、羨ましいなと思って。
全制覇して約220万って事は5年で44万なら頑張れば出来るかも!と思ったのですが、よくよく考えると、それは著者さんは東京だからなしえた事で。
札幌に住んでいる私はどこへ行くにも飛行機だから、倍以上かかるに違いない。だって飛行機乗り継がないといけないところがあるもの。
でも、どの場所も日帰りでも泊まっていても、3ページくらいで収まっちゃっているので、もったいないなと思いました。きっといろんなところへ行っているだろうに。
私の住んでいる北海道には網走市へ行った模様。流氷が見れる時期に行くなんて・・・チャレンジャーですね。北海道に住んでいても寒いですよ。でも、流氷を砕いて進むガリンコ号に乗っているのはなかなか良いですよ^^
あと気になったのは岩手。私も去年岩手旅行へ行った時に平泉に行ったので、同じーと思って。
私も一人旅が好きで、ちょこちょこ行ってます。1人で行ったのは東京と広島と岩手。もうどこでもいける気がします。益田さんは人の目が気になったみたいですが、私は全然気になりません。あの人一人なんだ〜って思っている人には思わせとけばいいんです。一人でいるほうが気が楽な事もたくさんあるし。
私が今行きたいのは宮城と鳥取です。
私の中で今仙台が熱いんですよね〜。「ゴールデンスランバー」が公開されて、青柳逃亡ルートの観光地図があるらしくて^^行きたい。
鳥取は、水木しげるに触れたいのと、青山剛昌記念館に行きたいんです。去年広島に行った時に広島県立図書館を覗いたのですが、そこで何故か鳥取特集をしていて^^;それで興味を持ちました。今の水木しげるブームに乗ったのではありません^m^
ちなみに。私が今制覇している都道府県は、1都1道2府9県(修学旅行や家族旅行を含む)
bf2492fc.jpg


・・・う〜ん。まだまだですね。
でも、お金がかかりそうだから、旅行が好きで、毎年何ヶ所か旅行にいけるくらいの所得を持っている人と結婚するしかないか^m^

〈幻冬舎 2008.6〉H22.8.23読了
自己紹介
苗坊と申します。
生まれも育ちも生粋の道産子。読書とゲームとマラソンとV6を愛してやまないオーバー30です。47都道府県を旅行して制覇するのが人生の夢。
過去記事にもTB、コメント大歓迎です。よろしくお願いいたします。
Categories
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス解析
記事検索
Recent Comments
ブログリスト
カウンタ





  • ライブドアブログ