2005年10月22日

NHK受信料問題を材料に、民主主義の練習はいかが?

ゆうべ深夜、なにげなくTVを見ていたら、「NHK決算審議」というのの中継番組(録画)をやっていた。だらだらただ見ていただけだったのだが、要するに、

●受信料払わないヤツには、今後民事訴訟も行う。

ということを話し合ってたみたいだ。
それだけ未払いの金額が膨らんでいるのだろう。たいへんですね、そちらは、ね。


与党の質問は、いわゆる”出来レース”的形式的なものが当然多く、議員の狙いは、いかに自分がかっこよい発言が出来たか(=目立てたか)、それだけを考えている感じがした。
NHKの会長や理事が、かわりばんこに回答するのだが、ほとんど台本ができているらしく、主役はむしろ議員だ。驚いたのは、NHK側の回答の最中に議員が指で「話が長いぞ、短くしろ」サインをピッピッと送ると、とたんに理事側が回答を短く切り上げたことだ。それだけツーカーというか、なあなあというか、打ち合わせができているというか、議員の言いなりになっていることが、はっきりと分かる瞬間だった。

野党の若手女性議員で、鋭いところをつっこんでいる人もいた。
その議員が言うには、番組制作中に政治家から圧力がかからないように(いわゆる中立ですね)、標語をかかげるだけでなく、なんらかのルールを決めて体外的にも社内的にも示してほしい、ということ。
大賛成! いいっこと言うわ。
でもNHKの理事は、のらりくらりとかわしていたけれど。

この番組を見ていて、決めた。
僕は、以下のように主張して、その成り行きをオープンにして行こうと思う。

・僕は、受信料を払わないとは言わない。納得できれば払ってもよい。これは商品を買うときと全く同じ”常識”である。
・そこで、受信料がどのような理由で集められているのか(公共放送の意義というヤツ)、まずは教えてもらいたい。
・そして受信料制度がどの程度公平なものか、十分検証させてもらいたい。その際、このような制度が出来上がった歴史や背景も、きちんと教えてもらいたい。
・さらに、議員等からの政治的な圧力とは関係ない、公共放送として自立した報道を行っていく取り組みを、精神論だけではなく目に見える形として示して欲しい。
・つまり、政治家の呼び出しに応じないような内規を作り、チェックシステムを作り、それをガラス張りにして視聴者だれもが確かめられるシステムを作ってほしい。
・そして、今回話題になっている、昭和天皇が有罪になったという世界ナントカ法廷の番組を、ノーカットで放送してほしい。これが中立なのか偏っているのかは、政治家ではなく国民が判定すべきである。もちろん従軍慰安婦だった女性たちの発言も、カットしてはいけない。

以上のことが満たされれば、僕はそれ以降受信料を払うことにする。

ただし、以上のことが満たされないうちは、払わない。
そして、集金人の発言からこちらの質問事項への解答、その他NHKとの間で起きる個人的な事象をそのまま、画像、動画、文章などなどで、ネット上で公開する。
NHKとの話し合いがつかず、民事訴訟される場合でも、法治国家として許される範囲内ですべての情報を開示する。僕の意見に賛同する人も反対する人も、僕の行動とNHKの動向がすべて分かり、一つの判断材料になるように、情報提供する。
最悪、訴訟に負けて差し押さえがくる結果になるとしても、その一切合財を記録して公開する。

公共放送は必要なものだと思う。たとえば、災害時の情報(津波警報なんか特に)が無くてよいなどとは決して言えない。
しかし、公(おおやけ)というものが何なのか、が重要である。
今のNHKは、明らかに権力者の方を向いている。
NHKの報道姿勢が、国民一人一人の方を向こうと努力していることが”確認”できれば、僕は金を払う。たんなる「NHKは変わります」みたいな掛け声は、必要ない。具体的な形を示してもらいたい。

こんな風に、すべての役所の税金が、別々に個人宅に徴収に来る制度だったらいいのにな、などと夢想した(現実にはありえないが)。たとえば、防衛庁には支払わないとか、選ぶことができるもんな。

NHK受信料の問題は、一見ささいなことに見えて、実は、極めて大事な問題だと思われる。日本の、”形だけ民主主義”が本当に一人一人に根付いた民主主義になれるかどうかの、ひとつの試金石だと僕は思う。
受信料は、項目別に徴収される税金に似ている。
もちろん、国民皆の意見が完全に揃う必要はない。ないが、なんらかの形で市民の意見が反映されない公共放送など、権力の道具にすぎない。
大本営発表の垂れ流しを信じ込むほど、僕らはバカではないつもり。

ちなみに、実際のNHKの番組には、良いものもたくさんあるのを知っている(特にドキュメンタリー系)。しかし、今は、払えと言われて「はい、払いましょう」とは言えない。

てことで、NHKさん。とりあえず受信料取りに来る人、よろしくお願いしまーす。
大丈夫、冷静な話し合い(その前に質問ね)を望んでいるだけですから。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nag00077/50147520
この記事へのトラックバック
「清廉潔直を尊ぶ日本人としての誇りがあるなら、たとえ僅かではあっても欺瞞や腐敗に否と言う自尊心があるなら、決して受信料は払ってはいけない。無分別に払ったほんの少しのお金が、悪臭芬々たる巨悪を生むのだ。」 この事件を未だに黙殺していて、それでも公共放送で...
橋本会長発言、「NHK崩壊を狙った自爆テロでは?」…livedoor...【水谷まちこのSPAM大好き!】at 2005年10月22日 19:14
マスメディアの資本集中排除について勉強しようと思って、「放送の自由」(鈴木秀美・信山社)を読んでいたら、受信料のあり方に関するドイツ連邦最高裁判決の紹介に目がとまった。「あらかじめ危険の源泉から違法な権限行使の可能性をできるかぎり排除する法的構造が準備さ...
政治権力と放送の自由に関するドイツの放送受信料判例〜危険への感受性【情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士】at 2005年10月23日 03:19
松尾「北海道のおじさん(中川議員をさす)は凄かったですから。そういう言い方もするし、口の利き方も知らない。どこのヤクザがいるのかと思ったほどだ。」…本田「放送中止を求めたのか?」中川「まあ、そりゃそうだ。」 月刊現代9月号に「衝撃スクープ・巨大メディアは何...
安倍中川両議員は、自ら政治的圧力をかけたことを認めていた【安倍中川のNHKへの「政治介入」の決定的証拠】at 2005年10月23日 03:36
NHKについて僕がああだこうだ言う義理はないんだけど、ぶっちゃげ災害が起きた時と四年に一度のオリンピックぐらいしかNHKは見ないしね。でもそれぐらいなら他の民放でも放送するしね。スカパーとかBSみたく見たい人は申し込んだ上で受信料を払ってもらい、アンテナ....
NHKと徹底的に戦おう【Tsukasa's weblog】at 2005年10月25日 22:25