2005年12月14日

翻訳者と師走

地球の温暖化で、だんだん暖かくなっていると日ごろ感じてはいるのですが、しかしここ数日間福岡はとても寒い。さすがは師走です。

師走は、寒いだけでなく、とても忙しい。まず、クリスマスなどで、家族の買い物に忙しい。子供は、知ってか知らずか、長女が「サンタさんに渡しといてね。」などといって(彼女自身の分も含めて)下の子たちが書いた(長女が書かせた?)サンタさんへのお願いリストの手紙などを渡してくる。

忘年会など、集まりが多い。あまり付き合いがいいほうではありませんが、やはりたまには夜更けまで付き合ったりして胃が痛くなったりする。今年は会社では、蟹なべの飲み会にしました。

期末の試験時期で、試験問題を作ったりする。これも、コース別に別々の問題を作らなければならないので結構時間をとられたりする。

そして、普段だと、東京(家内の実家)に車ででかけたりの旅行が増える。そういう訳で例年、師走は忙しい。

幸か不幸か不思議と、仕事は現在ひま。
見積もりは相変わらず忙しいんですけど、お客様にもいろいろオプションが広がっているということでしょうね。
勉強宣言をして、しばらく受注抑制体制にしている影響もあると思いますけど。でも、あまりひまになると給料が支払えなくなるので、極端にひまになるのも考え物なのですけど、やはり忙殺されずゆっくりできるのは心の底ではうれしい。暇なときは広告をすればいいのですけど、ちらしを撒きにいくのも外は寒いし。

そういう訳で暇なときの冬は、九州では温泉に限ります。
クリスマスにかけて別府に行き、思いっきり温泉三昧の予定。
息子は、海で練習。子供のウエットスーツ、ウエット手袋とかなかなか見つからず、買い物が大変。
そして遊んだ後の年末年始は今年は東京に行かず、福岡にとどまって、年末年始の「駆け込み寺的翻訳依頼」を多量に受ける体制を敷くかな。ばりばり稼いで、とりあえず収益の落ち込みをここで巻き戻して来年の勉強資金を作っとこ。



nagae_shunichi at 01:07│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔