2006年02月13日

翻訳者とオリンピック

Timeという米国の雑誌がある。読者が全世界的にいるので、話題は比較的世界的レベルの関心事になる傾向があるので、このタイムの記事になるのは、例えば福岡ローカル新聞の西日本新聞の3面記事に載るのとはわけが違い、大変なことだと思っている。さらに、その表紙写真ともなれば一層で、タイムのマンオブザイヤーが誰になるかは、多くの人にとって大騒ぎの問題である。

ついこの間、このタイムの表紙は、Live doorのホリエモンこと堀江氏だった。
確かに日本では彼のかつての人気ぶりもあって大騒ぎの感があったが、本質は中規模程度の企業(マイクロソフト、トヨタとかの世界的規模、世界的影響を与える大企業に比べれば、という意味です。勝手に中規模なんていって申し訳ありません。)微妙に証券取引法を犯して株価を人為的高さに引き上げる行動をしていた、ということで、犯罪の容疑の中身の重篤さは不勉強でよく知りませんが、その企業の規模から考えて世界のタイムが表紙写真にして取り上げるほどの世界的規模の出来事とは思ってもみなかったので、驚きました。

時をおかずして、ついこの間の表紙はフィギュアスケーターの安藤さんでしたか、記事は今年の冬季オリンピック日本のフィギュアスケート選手の活躍を予想するものでした。

最近、世界の動きとしては、政治的には中東に関心が集中している感があり、また、経済的には石油の面から中東、経済発展の原動力として中国、インドが関心を集めていますが、ところが、これら、タイムの表紙を見ると、ひそかに2006年は日本注目の年なのかも知れません。

さて、その冬季オリンピックはすでに始まりましたが、世界の注目に応えて日本フィギュアスケートの選手の皆さんをはじめ、ジャンプ、スピードスケートその他、日本選手の活躍を期待している次第です。

翻訳者としては、今年、日本注目の趨勢にあやかり、ますます多くの翻訳仕事を承りたいものです。



nagae_shunichi at 20:22│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ブロパラ君   2006年02月16日 13:07
ぶろぐチェックさせてもらいました☆
もし良かったら何ですけど、
今度ぶろぱら- BlogRankParadaice -ってランキングサイトに登録してみませんか?
http://r-capybara-blog.com/?cs1420

最近立ち上げたばかりで、現在ご利用者&登録サイトを大募集中です☆
よろしければ、是非是非ご登録&ご利用下さい☆
(まだまだ工事中ですヶド…^_^;)
http://r-capybara-blog.com/?cs1420

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔