永井俊作いきいき市民の会

明石市議 永井俊作のブログ

●自治基本条例と議会基本条例を活かし 市民参画と情報の共有で市民が主人公のまちづくりを
                                                     目指していきます
 
●市民の皆さんと政策や事業の評価 見直し 実施を目指しています

所得の再配分を! 内部留保が377兆円

内部留保の377兆円を再配分の原資に!
 賃金は、3年間で3%減少し、消費も4.6%減少した。
財務省が9月1日に発表した2015年度の利益剰余金に
当たる内部留保が、約23兆円(+6.6%)増え、
過去最高の377兆円8689億円に達した(金融・保
険業を除く)。ちなみに法人260万社のうち66%の
173万社が赤字だそうだ。
大企業や多国籍企業に集中している富を、中小企業の
支援や非正規の賃上げの原資にすべきである。

アベノミクスは大企業と1%の金持ちを優遇する政策! 
 法人企業統計によると、現金・預金は安倍政権が
発足してから27%増え、3月末で181兆円と過去最大
になった。
 一方で、設備投資や支払う給与は抑制しており、
今年1〜3月期に従業員に支払った給与は28兆円と、
前年同月比でほぼ横ばいである。安倍政権発足時の
H12年10〜12月期と比べると3%減少している。
 8月の消費支出は276,338円(二人以上の世帯)で
前年同月比4.6%減だった。マイナスは6か月連続で、
3月以来の落ち込みとなっている。
 アベノミクスにより、賃金は抑制され、年金は引き下
げられ、消費は低迷している。デフレ脱却どころか、
国民の家計が破たんし、中小企業や地域が閉塞状態に
陥っている。
 安倍政治を終わらせ、国民の生活重視の政治に転換
させなければならない。
継続している。

日米地位協定の改定を!


 沖縄の女性遺棄事件は、日本国土の0.6%の沖縄に74%の
米軍基地が集中し、沖縄県民の安全や基本的人権が奪われて
いることを明らかにした。

 沖縄では、本土復帰後、米軍人・軍属による凶悪事件が
574件も発生している。「基地あるがゆえの事件」のたびに、
沖縄県民は「日米地位協定の見直し」「基地の撤去」を訴えて
きたが、何の進展もないまま今日に至っている。

 毎日座り込みを続けている「辺野古新基地反対運動」は、
まさにこのためだ。
 事件後、アベ首相らは「口先だけの怒りの表明」を演出し、
在日米軍高官は「形式的な謝罪」をするが、「辺野古推進計画に
変わりはない」と公言する。新軍事基地の建設と、居座り、そして
不平等で差別的な地位協定の存続を主張している。

 翁長知事は「綱紀粛正と再発防止だけでは何も変わらない。
基地の撤退や地位協定の改定について、日米両政府の責任は
大変大きい」と強調した。


消費増税の先送りのためにサミットを利用


  アベノミクスの失敗を隠すため、世界に財政出動を求める!
 伊勢志摩サミット(G7首脳会議)には、大きな期待がかかっていた
一つは、世界にはびこる飢餓や貧困を克服し、人間が平等に
暮らせる持続可能な未来を築くこと(国連の「持続可能な開発目標」)、

二点目は、「パナマ文書」で明らかにされた大企業や富裕層の
課税逃れ(タックス・ヘイブン)対策、

三点目は、オバマ大統領の広島訪問と核兵器の廃絶であった。

 ところが、議長国の安倍首相は「世界経済はいま、多くの国が
マイナス成長に転落したリーマン・ショックのような危機」にあり、
その危機対応を求めた。それに対し、メンケル独首相から「経済は
バラつきはあるが安定している」と反論され、他の首脳からも
危機認識に協調する意見はなかった。
 安倍首相は、「先進国の長期停滞」を克服するため、財政出動や
消費増税先送りを首脳宣言に盛り込みたかったのである。

 つまり参院選挙に勝つために、サミットを利用して消費増税の
再延期を画策したわけだ。
そのため、サミットに期待された課題解決の議論は煮詰まらず、
G7首脳はリーダーシップを発揮できずに終了してしまった。

明石市立保育所と幼稚園が民間移管か廃止される?

待機児童ゼロと矛盾! まず保育所や分園の増設を!

 2月1日時点で保育所待機児童数が464人に増えました。
「こどもを核にしたまちづくり」を推し進め、「子育てなら明石市」と
シティーセールスしている泉市長は、3月市議会の施政方針で、
1年後に1000人の受け入れ枠を確保し、「待機児童ゼロ」を表明
しました。

 ところが、就学前教育・保育施設再構築基本計画(案)では、
10年後には、幼稚園を10園に、保育所を4か所に削減し、20
年後には幼稚園も保育所も民間移管もしくは全廃し、13か所
の認定こども園に変更するとしています。

 しかし、1月に行ったパブリックコメントでは、(欅藹蠅鯒兒澆靴董
待機児童ゼロを実現できるのか。∧欅蕕簍鳥教育の質を維持で
きるのか。J欅藹蝓⇒鎮娜燹認定こども園の選択肢を残すべきだ。
で兒澆垢詬鎮娜爐篳欅藹蠅量樵阿慮表は急がず、まず、市民に
説明をすべきだ。ト達障害児の保育や特別支援教育を拡充すべ
きだ、などの計画(案)に反対の意見が出されました。
 
  政府も介護離職ゼロ等で、保育を50万人の拡充の緊急対策を
打ち出しましたが、保育士7万人と保育所の増設が必要です。
約70万人の潜在保育士が保育所に復帰するため、賃金の大幅
アップや配置基準の見直しなど労働条件の改善が不可欠です。

2016年1月 行動予定

今年は、正念場の年です。
格差と貧困を拡大し、そして更に搾取・収奪をごり押しする「新自由主義」と
対決しよう!
安保関連法(戦争法)の廃止を実現させるため、参院選挙で安倍政権を
退陣に追い込もう!

2016年 1月行動予定
 1日  金曜日 清三寶大荒神初詣
 2日  土曜日
 3日  日曜日 あいさつ回り
 4日  月曜日 新年交歓会
 5日  火曜日 アクトス
 6日  水曜日 明石駅早朝行動
 7日  木曜日                 自治労旗開き
 8日  金曜日           左義長竹取り 高砂市職労
 9日  土曜日 和坂連合自治会左義長 鳥羽小学童 西明石町新年会
 10日 日曜日     出初式           貴崎校区自治会新年会
 11日 月曜日     成人式              
 12日 火曜日 西明石駅東早朝行動    「日本と原発」実行委員会
 13日 水曜日 西明石駅新幹線口        まち研
 14日 木曜日                  第九合唱団新年会
 15日 金曜日
 16日 土曜日 執行委員会    国労新年会 今井先生お祝いの会
 17日 日曜日
 18日 月曜日
 19日 火曜日           市労連集会 安保法廃止総がかり行動
 20日 水曜日 大久保駅早朝行動
 21日 木曜日                  
 22日 金曜日 予算案説明会               党新年講演会
 23日 土曜日           年金者組合新年会
 24日 日曜日   JR西労朝霧人身事故追悼式
 25日 月曜日   氷見市視察
 26日 火曜日   金沢市視察            党学習会
 27日 水曜日 魚住駅早朝行動         まち研
 28日 木曜日  ピオレ内覧会         大分県人会役員会
 29日 金曜日
 30日 土曜日  給食展 市退職者会新年会
 31日 日曜日           国際交流協会   党新年会

2月
 1日
 2日      特別委員会視察
 3日      特別委員会視察

明石市が、まず取り組むのは待機児童ゼロ!

 7月12日の 神戸新聞の一面に、「保護者が育児休業中の
場合、児童を待機児童にカウントしていない。隠れ待機児童
が1.3万人もいる」と公表数と実体の乖離を批判する記事
が掲載されました。

 兵庫県内では、神戸、尼崎、宝塚そして明石市が名指しさ
れました。その上、明石市は待機児童が156人もいると報
道されました。

 また、同日の神戸新聞の明石版に「泉明石市長らが、垂水
区のマリンピアで、明石市へ転入を促す街頭キャンペーンを
した記事が掲載されました。

 人口減少対策として、近隣市と人口移動で奪い合うのは、
政策でもなく、正道ではありません。

 保育所等の増設や子育て支援の充実、子育て世代の住宅
対策を推進することで、「子育てするなら明石市」を具体化する
のが市長の役目ではないでしょうか。

 保育所の待機児童が156人もいる明石市が、待機児童ゼロを
めざし、実現してこそ、「住みたい明石市」と言えるのです。


反安保・反安倍の統一戦線を!

自民党の参考人も、憲法学者の96%が
「安保法制 法案は憲法違反」
6月4日の衆院憲法調査会で、自民・民主・維新の参考人の
長谷部、小林、笹田3氏が「集団的自衛権の行使は明らかに
違憲だ」と表明した。
更に、200人以上の憲法学者も「安保法制法案は
憲法違反である」と言っている。
  憲法第99条では、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、
裁判官、公務員は、憲法を尊重し擁護する義務を負う」
第98条では「憲法に違反する法規は効力を有しない」と
うたわれています。
安倍政権や自民党は、憲法を尊重擁護しようとせず、近代憲法
の柱の立憲主義の「国家権力を縛るのが憲法である」を
理解しようとしていない。

選挙戦最終日となりました。

最終日。午前中は宣伝カー、午後はたくさんの支持者が参加してくれる中、西明石町周辺をモモタロー、街宣の最後は、JR西明石駅東口でスポット演説をしました。午後7時15分からは地元・西明石町で個人演説会をしました。本当に多くの地元の方々・支持者の方々が激励に駆けつけてくれました。西明石町自治連合会長、神戸市議・小林るみ子さんからも、力強い応援を受け、胸がいっぱいになりました。皆さんに応援してもらい、持てる力を出し切って、闘い抜いた選挙でした!

P1090096
P1090132
P1090169
P1090173
P1090209

選挙戦もあと2日となりました。

ますます気合が入ります。
スポット演説もしますので、見かけたら気軽に声をかけてください!

朝、JR西明石駅前にて、出発前に記念撮影。

11193345_1630430630502654_8795603380665512695_n

みなさん投票に行ってください

今回の明石市議選は、明石市長選とダブル選で、投票率が上がると言われています。投票率が上がれば、市議選の当選ラインも上がります。ぜひ、みなさん、必ず投票に行ってください!26日に用事がある方は、期日前投票をご利用ください!
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ