image

総合病院近くのお蕎麦屋さん・まつくらの「山のかき揚げそば」(800円)です。細く、ややもちもち感のある蕎麦が美味しいですね。サクサクのかき揚げもgoodです。

ここのお店の麺は、蕎麦の実全粒を挽いた「藪そば」、蕎麦の実の中心だけを挽いた「更科そば」、米粉のうどんである「舞めん」の3種類。メニューは「温」がかけそば(600円)をはじめ、カレー南蛮(850円)、海のかき揚げ(1,000円)、山の天ぷら(1,200円)、海の天ぷら(1,500円)など。かき揚げ・天ぷらは蕎麦かうどんかを選べます。「冷」も大体「温」と同じラインナップですが、替え玉が頼めます。

前身の「松くら」から経営を引き継いで、新たに「まつくら」として再オープンしています。市内で蕎麦が食べられるお店といえば、おなじみだった三朝庵(清水町)や駒形庵(常盤木町)が閉店し、今は櫟(いちい、清水町)や瀬波(常盤木町)といったところが思い浮かびますが、つなぎに小麦粉を使わないグルテンフリーの蕎麦という独自性を打ち出した「まつくら」の今後が楽しみです。次回は海のかき揚げを食べてみたいですね。