デイリーオーダテ

秋田県大館市(オーダテ)の毎日の小さな話題をご紹介するブログです。

タグ:大館大文字まつり

大文字まつり、夜の部は大文字焼きと花火大会がメインです。

IMG_4444
スマホで撮りましたが、大文字と花火、そしてレーザーの光すべてを綺麗に撮るのが難しい(笑)撮るなら、ちゃんとしたカメラと三脚を持って行けばよかった。

IMG_4460
IMG_4484

今年は花火に“光と音の演出”ということで、花火に合わせてレーザーの緑色の光と「ジュピター」の曲を流す演出がありました。
自分はラグビー練習場あたりで観ていましたが、感想としては、音の出どころが遠くだったので音楽が聞き取りにくかったのと、レーザーの演出がそれほど派手ではなかったかなというところです。

遠くから見ると、レーザーは空に映された緑色の筋しか見えませんでしたが、地上に近いところでは小さいオーロラのような模様が少し見えたので、音の聞こえ方も含めてもう少し屋台村に近い場所で観ればよかったなと思いました。

また、大文字まつりの11日(山の日)開催については、今朝の地元紙を見ると「休日開催で来られてよかった」「日程変更で、例年の出演者で参加できない人もいた」「(大文字焼きは)送り盆行事だから日程は変えて欲しくなかった」など、やはり賛否両論のようです。自分的には休日にまつりをゆっくり楽しめてよかったですが、一方で例年お盆前の週末は帰省する友達も交えて中学や高校などの同窓会をしていたので、今回は週末とまつりが重なって、同窓会を開催しにくかったかな。
11日と週末が重なると、まつりで忙しい人がいたり、街なかが混雑して大変そうというのがその理由ですが、11日と週末が別になれば大丈夫かなと思います。

見る方、参加する方という観点では、これは開催日をいつにしても来れない方が出てくるのは致し方ないところもあると思いますが、今後も11日開催で行く場合、「送り盆行事」という大文字焼きの趣旨をどうするのかが気になります(「迎え盆」行事になる?)。

とはいえ、大文字まつりは観光振興的な側面も大いにあるのが実際のところ。昨年同時期の記事にも書きましたが、何をするにも「本来の意味を大切にする気持ちを忘れない」ことが大事だと思うので、伝統と観光振興との兼ね合いがうまくいけばいいなと思います。
今年もまつりで大いに楽しませてもらって、まつりの運営に携わる皆さんには本当に感謝です。

夏の大館の恒例行事・大館大文字まつりが始まりました。

IMG_4396

昼の部はおおまちハチ公通りで、大勢のお客さんが集まる中、スクールバンドやはちくんダンス、よさこい演舞、大文字踊りが披露されました。
午前中は雨も降りましたが、午後になって天気は見事に持ち直し。暑いですが風もあって心地よかったです。

よさこいもはちくんダンスも、みんな笑顔で楽しそうに踊っていたのが印象的でした。
はちくんダンスでは、終盤に演奏が止まるハプニングがあり、最初からもう一度やり直した上に、アンコールに応えてまさかの3回目を踊る頑張りぶり。福原市長をはじめ大人から子どもまで大人数でみんな笑顔で踊る姿に、元気をもらいました。

IMG_4401

旧正札竹村の建物はこれから解体工事が本格化します。工事は来年12月までの予定ですが、オレンジ色の正札マークの建物をバックに大文字踊りを見られるのも今年限りでしょうか。来年はどうかな?

さて、夜はいよいよ大文字焼きと花火大会です。


FullSizeRender

8月の大館の恒例行事・大文字まつり。今年は11日開催ですよ。
大文字まつりは例年8月16日に開催してきましたが、参加者が参加しやすいように、また帰省客の来場を見込んで、今年は試験的に祝日の11日にしたとのこと。

昨年はハートの犬文字焼きで盛り上がりましたが、今年は花火大会はレーザーの光の演出があるそうですよ。
伝統を守りながらも新しいことに挑戦する姿勢がいいですね。明日が楽しみです。


本日は夏恒例の大館大文字まつり。久しぶりに大文字踊りを見ようと大町に向かいましたが、出かけるのが遅く間に合わなかったので、長木川河川敷に足を運んでみました。

2015-08-16-16-11-51

お盆に少し天気が崩れたものの、今日は朝から太陽が照り付ける夏らしい天気でしたね。河川敷を歩いていると、強い日差しを受けて本当に熱中症になるのではと思うような暑さでしたが、太陽と青い空の組み合わせ、まさに『夏』というこの雰囲気が好きなのです。そして、青い空を眺めていると爽快で気持ちがいい反面、時折ふと切ない気持ちになるのは自分だけでしょうか。去りゆく夏を惜しむ気持ちなのか、夏の青い空が遠い昔の夏の記憶を思い起こさせるのか・・・なーんて。

daimonji

そして夜は大文字点灯と花火大会。大館市の公式ページを見てふと思いましたが、この花火大会、「長木川河川敷花火大会」という名前だったんですね。何年かぶりに河川敷で観覧しました。プログラム最後の花火の時「本日最後の花火になりました」というアナウンスに、会場から少し笑いが起こったのは「もう終わり?(笑)」というニュアンスだったのでしょうか。夏の終わりの大館の風物詩を楽しませていただきました。

toro

北岸では灯篭流しも。河川敷を歩く自分の頬を撫でる風は涼やかで、もう秋の匂いがした気がします。日中の暑さも徐々にやわらいでくれるといいな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

このページのトップヘ