島田屋

2016年04月14日

かつ重とかけうどん〜島田屋

image

有浦の島田屋で夕ご飯。かつ重(並)とかけうどん(小)です(820円+税)。島田屋に行くといつもカツカレーを食べてしまうのですが、この日やようやく?このセットを食べることができました。やわらかいかつは、だしが染み渡りしっとりとしたころもに包まれていますが、決してべたっとしているわけではなく、味・食感とも申し分ありません。長年の営業で培われたであろう絶妙なおいしさです。うどんもこしがあって、汁に生姜を入れるとさらにおいしくなりますね。満足の一品です。
この日は平日夜でしたが、店内は老若男女様々なグループで満席。島田屋はここのブログでも何度かご紹介していますが、安定した人気の高さが伺えます。また食べに行きたいと感じさせてくれるお店です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

nagakigawa at 23:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年02月16日

島田屋カツカレー

katsu_curry

有浦のかつ重と讃岐うどんのお店・島田屋のカツカレー。900円くらいだったかな。外はサクサク、中はやわらかお肉のカツと、辛めのカレーの組み合わせが食欲をそそります。どんどん食べてしまいますね。

up

もともと釈迦内の国道7号沿い、スーパーのザ・ビッグ近くにあった島田屋。当時からかつ重は人気でしたが、島田屋と並行して、別店のような形で有浦の地に『讃岐うどん・麺工房うらしま』をオープンさせました。その後ほどなくして釈迦内の島田屋が現在の有浦の場所に移転してうらしまの讃岐うどんを引き継ぎ、新たに『かつ重と讃岐うどん・島田屋』としてリニューアルし、現在に至ります。

島田屋と聞けば『かつ重』、充実の蔵書数を誇る『マンガ』を思い起こしますが、お一人様からカップル、友達グループ、家族連れなど、あらゆる層のお客さんが安心して利用できる大館屈指のお店と思います。いつも行く前はかつ重と讃岐うどんのセットを食べたいと思うのですが、実際に行くと結局かなりの高確率でカツカレーを食べているような気がする自分(笑)。次回こそはセットを食べたいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村




nagakigawa at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月16日

島田屋でかつ重

2015-03-17-01-20-52

有浦のかつ重と讃岐うどんのお店・島田屋のかつ重(並・680円)です。厚くてやわらかいかつは、ころもがしっとりとサクサクが同居した不思議な食感です。だしの利いた味付けも何とも絶妙で、おいしーいビジュアルから味まで何年も変わらない安定感がありますね。

久しぶりにお店に入ったのですが、テーブル席から小上がり、おひとり様用の席、また喫煙席など、席種が豊富です。実際、おひとり様からファミリー、友達グループからカップル、お年寄り夫婦など、お客さんの層の多様さにも気づきます。これは席の配置もそうですが、スタッフのみなさんの笑顔やあいさつ、丁寧な接客など、誰でも安心して利用できる雰囲気づくりのたまものと思いますね。飲食店なのでおいしい料理はもちろん重要ですが、過去に大館にあったお店の中には、接客がよくなかったり店内の席やものの配置が行き届いていなかったりして、その店の持つべき「お客さんをお迎えするいい雰囲気」のないお店がいくつかありました。でも、島田屋にはそんな心配は全くありません。安心して利用できる雰囲気とおいしい料理、どなたにも自信をもってオススメできるお店です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

nagakigawa at 23:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年04月22日

島田屋カツカレー

curry


お久しぶりの有浦・島田屋のカツカレー。カツはちょっと小ぶりですが、肉厚のころもサクサクでカレーとの相性が最高ミニサラダがついて860円。カツカレー大は1,030円だそうですよ。おなか超満足で帰ってきました。接客のよさや、出来上がりの早さもいいですね。お昼の1時過ぎでしたが、仕事中のサラリーマンやお年寄りグループなどで店内はにぎわっていました。

【かつ重と讃岐うどん 島田屋】
●所在地:大館市有浦二丁目1−70(本のイレブンの右隣)
●電話:0186-42-0659
●駐車場:あり(お店の手前と奥)

nagakigawa at 23:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年09月12日

お気に入りカツカレー

curry

有浦の島田屋で食べたカツカレーです。値段は・・・忘れました。肉厚でジューシーなカツとカレーが最高の組み合わせ。味もボリュームも満足の一品ですよ。お一人様から家族連れ、友達グループまで安心して利用できる、大館の定番と呼べるお店の一つですね

でも、このカツカレー一つとっても、大館のいろいろなお店で提供していますが、それぞれオリジナリティがありますよね。市内のカツカレーを食べ歩いてこのブログで紹介する「大館カツカレー選手権」みたいなのをやってみたいです!

【かつ重と讃岐うどん 島田屋】
●所在地:大館市有浦二丁目1−70(本のイレブンの右隣)
●電話:0186-42-0659
●駐車場:あり(お店の手前と奥)



nagakigawa at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月19日

島田屋で

katsu_udon

こちらは、有浦のお食事処・島田屋で食べた、かつ重と讃岐うどんのセット(並盛り・780円)です。かつがとにかくやわらかくて、おいしいの一言サクサクとしっとりが同居したころもも特徴的です。もちもちの讃岐うどんも楽しめる、お得な一品です。

お店は、讃岐うどん専門店だった「麺工房うらしま」がリニューアルしたものです。うらしまは、もともと釈迦内にあったかつ重のお店・島田屋の方が昨年5月に営業を始めたお店ですが、昼夜通しての営業だったのが、いつからかお昼のみの営業になり、少し前にはリニューアルを理由として閉店していました。先月から「かつ重と讃岐うどんのお店・島田屋」として再オープンしており、メインのかつ重と讃岐うどんのほか、各種定食やカレーなどメニューも豊富になりました。釈迦内のお店は閉めたのでしょうか。

うらしまの時は丸亀製麺のようなセルフ方式でしたが、新しいお店では店員の方が注文を取ってくれるオーソドックスなスタイル。自分的にはこれが一番落ち着くかな?
店内は対面型カウンターが14席(7席が仕切りを挟んで向かい合う形)、4人がけテーブルが4つ。小あがりにも4人が座れるテーブルが4つほどありました。これらのエリアは禁煙で、これらと仕切られる形で喫煙できる席もあるようです。

そして、島田屋らしいなと思ったのは、壁面の本棚いっぱいのマンガ。注文を待っている間などにマンガを読まれている方が結構いらっしゃいました。これを一つの楽しみとして来店する方も少なくないのではと思いました。お昼時に行ったのですが、店内はほぼ満席。新しい島田屋としての再出発は、成功だったのではないでしょうか。かつ重(580円)はお持ち帰りもできますよ〜。

ex

【かつ重と讃岐うどん 島田屋】
●所在地:大館市有浦二丁目1−70(本のイレブンの右隣)
●電話:0186-42-0659
●営業時間:11:00〜14:30、17:00〜20:00
●定休日:毎週火曜日
●駐車場:あり(お店の手前と奥)



nagakigawa at 23:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
twitter


オーダテカレンダー
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグ(キーワード)一覧
アクセスカウンタ(07/8/7-)

現在の閲覧者数:


訪問者数