成田うどん店

2010年10月25日

成田うどんを満喫

昨日ご紹介した十二所の成田うどん店に行ってきました。
お昼時を避けて早めに到着する予定が、もたもたしている間にバッチリお昼時にぶつかってしまいました。案の定店内は並ぶほどの繁盛ぶりでしたが、意外とすぐ座ることができました。

satsuma
さつま天うどんです。小さめに切られたさつまいもの天ぷらがつながっていて、切り離しながら食べるんですが、これが本当にホクホクでおいしいのです。

gobo
こちらはお気に入りのごぼう天うどん。

gobo_up
薄く長く削り出されたごぼうをまとめて揚げています。これが何ともサクサクで香ばしくておいしい

nikujiru
これもお気に入りの肉汁うどん。

nikujiru_up
この肉汁の脂でコテコテで甘じょっぱいつけだれが超自分好みなのです。家でも作ってみたいですね。
以前は「写真撮影お断り」の張り紙がありましたが、今は料理の撮影は大丈夫のようです。張り紙もありませんでした。

おなじみのどんぶりの底の当たりくじを期待していましたが、何も書いていませんでした。来週末で閉店なのでくじはおしまいだったのか、それとも単にはずれただけなのか(笑)。でも「閉店の前にまた来てね」と半額券をいただきました。話を聞くと、閉店はネガティブな理由でないだけに、お店の方自身も閉店を残念がっていました。お客さんの自分としてはもっと残念です。もしまた機会があるなら、ぜひこういうお店を開いて、いいうどんを提供してほしいです。おいしいうどんと元気なお母さんたち。成田うどん店、本当にありがとうございました

enter



nagakigawa at 00:56|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2010年10月24日

成田うどん店が閉店

narita

十二所の成田うどん店が今月いっぱいで閉店するとのこと。今朝の地元紙に広告が載っています。

自分にとってこれはちょっと驚きのニュースですね。比内地鶏の玉子を使用したオリジナリティあふれるふわふわの麺とバラエティ豊かなメニューの数々、そして利用しやすいリーズナブルな価格設定・・・鹿角市との市境にほど近い、郊外も郊外という場所にありながら、お昼時はにぎわっていた印象がありました。
また、チェーン店にはない温かみのあるサービスも見逃せません。どんぶりやお皿の底に「半」と書いていればうどんの半額券が、「おにぎり」と書いていればおにぎり無料券がもらえるというサービスが何ともほほえましく、うれしかったです。

自分はふわふわの麺とサクサクのごぼう天、肉汁たっぷりのつけだれがお気に入りでした。つい最近も新聞に営業広告を載せていたのに・・・いったん閉店して移転再オープンとか、そういう話ではないのでしょうか。本当に閉店してしまうのでしょうか。にわかには信じられないnagakigawaです



nagakigawa at 05:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年02月13日

ふわふわうどん

narita_udon
写真は、十二所は土深井駅近くの国道103号沿いにある成田うどん店です。いつ頃できたお店なのかわかりませんが、最近週末に時々お昼を食べに行っています。
こぢんまりしたお店で、座れるのは20人弱くらいでしょうか。昔ながらの食堂のような温かな雰囲気です。お昼時になると家族連れなどで満席になります。ご近所っぽい常連さんらしき方もいらっしゃるようです。

ここは大館ではめずらしく代金先払いのお店。テーブルにいったん着いてから、壁に所狭しと貼られているメニューを見て決め、レジに代金を払いに行きます。
メニューが豊富で、なす天・さつまいも天・ごぼう天うどんや、そば冷麺、いろいろな揚げ物が入った満足うどんのほか、生姜焼き丼などのご飯ものもあるのですが、いずれも値段が500〜700円台が中心でとにかくリーズナブルなのです。

この日はなす天うどんを食べたのですが、店内に「写真撮影はご遠慮ください」との張り紙があったので、残念ながら写真はありません
ここのうどんは比内鶏の卵を使っているのですが、麺がとにかくふわっふわ!今までのうどんのイメージが変わります他のお店にはない、まさにここだけのオリジナリティを感じますね。
自分的な一押しは、何といっても『ごぼう天うどん』!細く薄く長ーく削りだしたごぼうを大きなかたまりにして揚げたものが出てくるのですが、サクサクで香ばしく、とてもおいしいのです

そして食べた後にもお楽しみが。
どんぶりやお皿を持ち上げて底(裏)を見て、『半』と書いていたらうどん半額券、『おにぎり』と書いていたらおにぎり無料券がもらえるのです
駄菓子屋のくじというか、大町の大学いも屋の100グラムおまけというか、古き良き時代のサービス精神が垣間見え、何とも言えない嬉しい温かい気持ちになれます。

長々と書いてしまいましたが、百聞は一食にしかず(?)。北鹿新聞などにも時々広告が載っているこのお店、日中しか営業していないのが残念ですが、ぜひ一度行ってみてください。

【成田うどん店】
●所在地:大館市十二所字中野96-3(国道103号沿いの大館・鹿角の市境付近)
●電話:0186-47-7225
●営業時間:朝7:00〜15:00
●定休日:毎週水曜日



nagakigawa at 23:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
twitter


オーダテカレンダー
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグ(キーワード)一覧
アクセスカウンタ(07/8/7-)

現在の閲覧者数:


訪問者数