秋田ノーザンハピネッツ

2017年05月14日

ハピネッツ2部降格

2017-04-29-19-35-43

写真は、先月29日・30日にタクミアリーナ(樹海体育館)で行われたプロバスケ1部・秋田ノーザンハピネッツの試合の様子です。自分が観戦した初日は延長戦の末に負けはしたものの、集まった大勢のお客さんに、手に汗握る戦いを見せてくれました。

そんなハピネッツですが、この週末に行われた1部残留プレーオフに敗れ、残念ながら来季のB2(2部)降格が決定してしまいました。2勝を挙げれば1部残留に望みが出てくるプレーオフでしたが、昨日の初戦を落とし、今日の2戦目で辛くも勝利を手にして次のラウンドへの進出決定戦(前後半5分)に持ち込みました。
この試合では、前半リードしていたのに後半で点が取れず、それでも残り数秒まで1点差でリードしていました。しかし、最後の最後でシュートを打たせてしまい、終了のブザーとともにこのシュートが決まり、土壇場での茫然自失の逆転負け。「前半リードしていながら後半に攻撃も守備も停滞して、最後に勝ち越しを許す」という今シーズンのハピネッツを象徴するような試合でした。

来シーズンの2部東地区は東北の6チームで占められるということになりそうですが、監督交代や主力選手の流出などが心配ですし、1からのチームづくりになるかも知れません。それでも、1年で1部に復帰できるように、これからも応援していきたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

nagakigawa at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月12日

樹海体育館でハピネッツ

image

今夜は樹海体育館でハピネッツ観戦です。東地区3位のハピネッツは、西地区9位の高松ファイブアローズと対戦。なかなか得点できない時間帯もありましたが、後半はリズムを掴んで最後は82-64でハピネッツが勝利し、MVPには35番のターナー選手が選ばれました。
シュートが決まるともちろんすごく盛り上がりますが、テンポよくパスをつないでシュートに持ち込んだり、見事にシュートブロックが決まったりというのも、見ていて楽しいですね。1対1の攻防も、プロならではの緊張感があります。高松は要所でシュートが決まらなかったという印象ですが、1番と14番の両外国人のダンクシュートは迫力があり、敵ながらハピネッツブースターもどよめいていました。

地元秋田ということで観客のほとんどがハピネッツブースターで占められていましたが、シュートが決まると盛り上がりますが、それ以外の時でももっと一体感のある盛り上がりがあればいいなと思います。サッカーでは応援の核になるような応援団的なグループがいますが、バスケではそういうグループはないのかな。高松側で印象的だったのは、1人で「ファイブアロー!」と連呼しながら棒みたいなグッズをカンカン鳴らしながら応援していた方。女性のように見えましたが、四国・高松から遠く離れたアウェーの地でまさに孤軍奮闘という感じで、すごいなと思いました。
後は、ハピネッツのチアリーディングチーム。切れのあるダンスと統率された動き、そしてチームと会場に華やかさと盛り上がりを与えてくれる影響力がありました。

いつも思いますが、プロスポーツの生観戦はやっぱりいいですね。バスケは来年秋にいよいよ『Bリーグ』が開幕。日本で真のバスケ最高峰のリーグが誕生するわけで、新リーグとハピネッツの活躍が今から本当に楽しみです。

秋田ノーザンハピネッツ http://www.happinets.net/
高松ファイブアローズ http://www.fivearrows.jp/
TKbjリーグ http://www.bj-league.com/
NBL http://www.nbl.or.jp/
Bリーグ(来秋開幕) http://www.bleague.jp/

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

nagakigawa at 23:14|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2015年03月28日

週末はハピネッツ

image

今日は樹海体育館でプロバスケットボールbjリーグの秋田ノーザンハピネッツと信州ブレイブウォリアーズの試合を観戦してきました。観戦は今回で2回目でしたが、2年ぶりくらいかなと思っていたら、前回は4年も前でした。

デイリーオーダテ:大館でGO!ハピネッツ(2011年1月29日)

この日は試合序盤からハピネッツが少しずつリードを奪い、6点リードで前半終了。後半はウォリアーズがじりじりと追い上げ、試合終盤には3点差までリードを縮められましたが、最後は逃げ切って99-94でハピネッツが勝利しました。
ハピネッツの試合観戦、相変わらず楽しいです。試合を通して場内には音楽や効果音、DJ風のアナウンスが流れ、頻繁にチアが登場して応援を盛り上げています。ハーフタイムにはファン参加型のイベントもあり、とにかく観客を飽きさせない演出です。地元秋田のチームという愛着と、水町選手やボイキン選手などの人気選手の存在、そしてチームとしての強さ(昨シーズンファイナル進出、今シーズンも現在東地区2位)が人気の理由ですよね。

日本のバスケ界は今大きな転換期を迎えようとしています。ご存じのとおりプロリーグであるbjリーグと企業チーム中心のNBLが併存している状態が国際バスケットボール連盟(FIBA)から問題視され、日本は国際試合への参加資格を停止されている状態。現在FIBA主導でタスクフォース(プロジェクトチーム)が置かれ、日本国内での一貫した競技力強化に向けて両リーグを統一した新リーグの創設に取り組んでいるところです。
先日示された新リーグの参入条件案では、リーグ構成は1〜3部として、1部は収容数5,000人、2部で3,000人規模の専用アリーナを持つこと、年間売上収入が1部で2億5,000万円以上、2部で1億円以上を目安とすることなどが挙げられています。

ハピネッツは新リーグの1部参入を目指すとのことですが、巨額の費用を要する新アリーナ建設の可能性については現時点で佐竹知事は明確に否定しており、また健全な財政運営やユースチームの創設などクリアしなければならない課題があるようです。一番気になるのはアリーナかな。既存の施設の座席増設でも対応できるのでしょうか。地元初のプロバスケチームとして地域に根差し、他チームと比べても人気度・盛り上がり度が高いハピネッツ、ここで新リーグ1部参入が見送られるなんて事態になれば、地元ファンや関係各位の失望は計り知れません。ぜひとも1部参入を果たせるよう、応援していきたいです。

秋田ノーザンハピネッツ:http://www.happinets.net/
bjリーグ:http://www.bj-league.com/
NBL:http://www.nbl.or.jp/
朝日新聞:統一新リーグの参入条件を発表 バスケ2リーグ併存問題(2015年3月25日)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村

nagakigawa at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月29日

大館でGO!ハピネッツ

happinets

樹海体育館で開催されたバスケットボール・bjリーグの秋田ノーザンハピネッツ対琉球ゴールデンキングスの試合を観戦してきました。

大館でプロスポーツの試合を観戦できるなんて素晴らしいですね。バスケットボールのプロ選手の真剣勝負はもちろんのこと、チアリーダーや場内DJ(と呼ぶのでしょうか)による試合の盛り上げ、また観戦グッズ販売など、試合だけでなくいろいろな面でプロスポーツの雰囲気を味わえたのがとてもよかったです。
今までプロ野球やJリーグなどのプロスポーツの試合を観戦してきましたが、bjリーグはまだ歴史が浅いです。会場運営(周辺の交通整理も含め)に気になる点もありましたが、これもこれから改善されていくものと思っています。

さて、2,200人超の観客を集めたこの試合は、66-71で残念ながらハピネッツは負けてしまいました。NBAの試合をテレビ観戦していた時期もあったものの、自分はバスケットの知識についてはほぼ素人ですが、シュートの精度とリバウンドの奪取という点で、キングスより少し負けていたように見えました。ハピネッツがリードする時間帯もありましたが、後半はキングスに距離のあるシュートを次々と決められ、リバウンドもなかなか取れなくなり、再度逆転することができないまま試合が終わってしまいました。
近くの席で観戦していたどこかのお母さんは、かつて自分もバスケット選手だったのか、はたまた子どもさんがバスケット部なのか、とても熱く観戦されていて、ハピネッツがリバウンドを奪われる度に「リバウンドー」と絶叫されていたのがとても印象的でした。

とにかく、大館でプロスポーツの生観戦の機会を与えてくれたハピネッツに感謝です。今日(日曜日)は見にいけませんでしたが、次回大館で開催されることがあれば、また観戦しに行きたいです

秋田ノーザンハピネッツ・ホームページ:http://www.happinets.net/





nagakigawa at 22:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
twitter


オーダテカレンダー
最新のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
タグ(キーワード)一覧
アクセスカウンタ(07/8/7-)

現在の閲覧者数:


訪問者数