2012年02月11日

長野灯明まつりに「かるかや山西光寺」で紙芝居のゆうべ

最低気温ー4,9度、最高気温0,7度。

今日から始まった「第9回 長野灯明まつり」。
歴史の町長野を紡ぐ会」が行ったのは「紙芝居のゆうべ」。
会場としてお借りしたのは「かるかや山西光寺」の庫裏の広間。
午後4時からと午後6時から、2回上演。
途中の休憩時間には、お茶でご接待もしました。
一般の皆様や会員の家族など大勢が参集。熱心にご覧いただきました。
karukaya

私たちの会の行事に続いて2回、かるかや山西光寺の副住職夫人竹澤環江さんによる「石童丸のお話」の紙芝居の上演もありました。お客様を引き込む見事な紙芝居をご披露していただきました。

来月3月末で閉会する本会の最後の行事となった、今日の行事。
皆さまの温かい拍手をいただき、終演となりました。
お寒い中、足を運んでくださった皆さまに、心から御礼を申し上げます。

naganoetokino1 at 23:07│Comments(0)TrackBack(0) 歴史の町長野を紡ぐ会 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google  ブログ内検索は、一番上で「blog」選択。一番下の「Search」を押してご覧ください。











最新記事
Archives