2018年01月10日

「やわたの八幡さま」武水別神社に初詣

8日(祝・月)に千曲市の「武水別(たけみずわけ)神社」に参拝しました。
「やわたの八幡さま」と呼ばれて親しまれています。

境内にはケヤキ・スギなどがあり、「武水別神社社叢」として長野県指定天然記念物に指定されています。
KIMG0873

本殿」は、諏訪出身の立川和四郎・富昌(2代目)によって嘉永3年(1850年)に完成。
手前の「拝殿」は立川和四郎の後見の下、峰村弥五郎によって安政3年(1856年)に完成。家族連れの参拝者が、次々に訪れていました。
KIMG0877

摂社 高良社」は室町後期の建築。昭和50年県宝の指定。平成5年解体復元工事を行い、創建当時の姿に修復。平成6年には保存のための覆屋も竣工。
KIMG0891

境内の茶店「うづらや」は200年の歴史があり、7代目。
KIMG0889 (1)

名物のうづら餅は、本殿を造った際に、神社の近くの千曲川に群れ遊んでいたうずらを、立川和四郎富昌が彫刻に使ったといういわれがあります。
KIMG0895

昨年2017年9月の火災で、神社と道路をはさむ「武水別神社神主松田家館跡」(県史跡)の主屋や斎館など5棟が全焼しました。千曲市は平成30年度の一般公開に向けて、17年から保存整備事業を進めていました。
神社では、斎館の寄付を募っていました。


naganoetokino1 at 15:56│Comments(0) 寺社・史跡 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google  ブログ内検索は、一番上で「blog」選択。一番下の「Search」を押してご覧ください。











最新記事
Archives