2018年01月20日

「長野灯明まつり」善光寺と行灯で結ばれる奈良井宿

善光寺と表参道一帯で「第15回 長野灯明まつり」が開催されます。
2月7日(水)〜12日(月)18:00〜21:00まで。
平成10年(1998)2月の長野冬季オリンピックを記念して、平成16年(2004)から始まった行事です。

善光寺本堂を始め、仁王門や山門などが五色にライトアップされる「ゆめ常夜灯」「宿坊ゆめ茶会」もあります。

また善光寺表参道に光のアートが並ぶ「ゆめ灯り絵」があります。
今年は初めて、「ゆめ灯り絵」約300基が、善光寺から奈良井宿へ舞台を移します。
長野灯明まつりin奈良井宿
2月13日(火)〜22日(木)毎日18:00〜21:00まで
点灯式 13日(火)18:00〜 奈良井宿観光案内所前

善光寺表参道の「ゆめ灯り絵」300基の行灯が並べられる奈良井宿。
木曽11宿の中で一番大きな宿場。重要伝統的建造物群指定。(1月18日撮影)
DSC02693 (2)

江戸時代、江戸と京を結ぶ重要な街道だった中山道。
上方から善光寺に参拝するには、奈良井宿、贄川宿、本山宿、洗馬宿で善光寺街道に入り、善光寺を目指します。
この度、善光寺と奈良井宿が行灯で結ばれるのは、大変意義深いことです。

私は1月18日、奈良井宿観光案内所を訪れ、木鋪絵理佳さんにお話を伺いました。
奈良井宿の様子は、またブログで紹介します。

naganoetokino1 at 22:30│Comments(0) 祭り・行事 | 長野と他の地域

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google  ブログ内検索は、一番上で「blog」選択。一番下の「Search」を押してご覧ください。











最新記事
Archives