2018年01月23日

長野日赤移転地「検討会議」旧カネボウ跡地が最適と報告 

23日「信濃毎日新聞」は、建て替えを検討している「長野赤十字病院」(長野市若里)の移転新築先について報じました。
2017年6月ブログ「移転新築を検討中の長野日赤、長野市に要望書を提出

22日、長野市と病院の事務担当者らでつくる「検討会議」は、移転新築の候補地を公表しました。場所は、同病院近くの、若里多目的広場(旧カネボウ綿糸長野工場跡地の一部)です。
現在、建物はなく、ビックハットの駐車場(乗用車約800台)として使用しています。

・広場は病院の東側にほぼ隣接。
・敷地の広さも同病院とおおむね変わらず、2万5千平方m余ある。
・平地のため「すぐ病院建設ができる」

他に上がっていた候補地は2か所
・北側の信大工学部の敷地
・病院西側の市営住宅若里団地
住民の移転や現在の建物の撤去などが難しいと判断。

一方、候補地となった広場は、現在、ビックハットの催し開催時に、使用しているため支障が生じる。代わりの駐車場の確保が必要。
また「千年に一度」の確率で想定する規模の大雨の際、広場は犀川の氾濫で浸水する区域に含まれているので、対策を考慮する。

病院側は、2025年度着工、2027年度完成の工程を描いています。
候補地は「2017年度中にめどを付けたい」(事務部)としています。

naganoetokino1 at 22:25│Comments(0) 建物・施設 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google  ブログ内検索は、一番上で「blog」選択。一番下の「Search」を押してご覧ください。











最新記事
Archives